海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アジア  > シンガポール特派員ブログ > 6300km の距離を超えた情熱「Passion ...

シンガポール/シンガポール特派員ブログ 仲山 今日子

シンガポール・シンガポール特派員が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2018年2月22日

6300km の距離を超えた情熱「Passion Made Possible」


6300km の距離を超えた情熱「Passion Made Possible」

6300km の距離を超えた情熱
...と言っても、何も遠距離恋愛の話ではありません。

シンガポール政府観光局は今、「Passion Made Possible」と銘打ち、世界にシンガポールがアツい!と伝えるプロモーションを行っていますが、2月21日には、世界18箇所目として、オーストラリアにこのブランドを上陸させました。

「Passion Made Possible」には、ファッション、デザインなど7つの柱がありますが、オーストラリアもシンガポールと同じく、特に「食」を大切にする国、ということで、その共通項をアピールしようと、シンガポールのメディアの食の担当者と、オーストラリアメディアの食の担当者を集めての食事会が行われました。

「食事会」と言っても、IT国家シンガポールならではの、ハイテク食事会。私たちシンガポールメディアは、円卓の半分に座り、その向こうにはなんとテレビのスクリーン。7つのテーブルがインターネットでつながり、マイクとスピーカーを通して会話し、食事を楽しむという趣向。

th_1AU x SG Dinner Event_2.jpg

一緒に席を囲んだ仲間たちも、「こんな食事会は初めて」と口を揃えてこの斬新な体験を楽しんでいました。

料理を担当したのは、シンガポールとオーストラリアを代表する、それぞれ2人のシェフ。

th_1AU x SG Dinner Event.jpg

シンガポールからは、CandlenutのMalcolm Leeシェフ、日本でもデザートバーを展開していることでも知られる、2am:dessertbarのJanice Wongシェフ、オーストラリアからは、テレビ番組、Destination Flavourで知られる、シドニーのAdam Liaw シェフ、Shangri-La シドニーの、Anna Polyviou シェフ。

あらかじめ、オーストラリア在住の二人のシェフは、シンガポールを訪れ、それぞれMalcolmシェフ、Janiceシェフと共に、様々なシンガポールの味を試食。共に料理を作り上げ、4Hands x2=8Handsという豪華な内容に。


th_1IMG_5076.jpg


th_1IMG_5075.jpg

バタフライピーと呼ばれる青い花のエッセンスを使った食前酒のジントニックからデザートに至るまで同じメニュー、よく見ると、卓上の花まで同じで、まるで本当に同じテーブルを囲んでいるかのよう。

th_1IMG_4992.jpg

まずは、シンガポールならではのローカルフードの盛り合わせ。

th_1IMG_5039.jpg


Pork Satay 豚肉のサテは、甘いピーナッツソースと合わせて。


th_1IMG_5098.jpg


Otak Otak 魚のすり身を通常はバナナの葉に挟んで焼き上げる料理ですが、セルクルで抜いて上品な見た目の仕上がりに。

th_1IMG_5097.jpg

Fruit Rojak 同じく、ローカルフードのサラダ、ロジャックは、トーチジンジャーの花を刻んだものを散らして。

th_1IMG_5100.jpg

メインコースは、海南系の血を引くAdamシェフが特にこだわりを持つ海南風チキンライス。

th_1IMG_5045.jpg

シンガポールで食べられているチキンライスは主に海南風ですが、プラナカン出身のMalcolmシェフと話し合い、チリクラブの要素を入れようと、チリソースにカニみそを加えたコクのある味わいに、そしてシンガポールらしいブアクルアのペーストを添え、海南&プラナカン風チキンライスに。

th_1IMG_5042.jpg

柔らかくシルキーな口当たりの身、ゼラチン質の皮.

th_1IMG_5047.jpg

横に添えられたのは、しっかりとしたコクのあるスープと、食べ終わると鶏肉の脂が少し底に残るほど、濃厚な鶏のエキスがしみ込んだぱらっとしたご飯。

th_1IMG_5049.jpg

このご飯がチキンライスのメイン、という人がいるくらい、重要なところですが、こちらにチリクラブ風チリソース、ブアクルアペースト、中国のキャラメル感のある甘い醤油、ダークソイソース、パイナップルときゅうり、唐辛子たっぷりのシンガポール風の漬物、アチャーと一緒にいただきます。

th_1IMG_5048.jpg

デザートは、
Passion-Ate Singapore

th_1IMG_5058.jpg

情熱的、という言葉と食べる、という言葉を掛け合わせた面白いネーミング。

まず渡されたのは、トーチジンジャーの香りを染み込ませたおしぼり。

th_1IMG_5066.jpg

香りでシンガポールらしさを感じてからデザートに移るという流れは、ただ香りを嗅ぐだけでなく、自分でおしぼりを手に取り、拭いて香りを感じるという演出、という意味でとても新鮮でした。


ガーデンシティーという別名を持つ、シンガポールを象徴する意味で作ったという、エディブルフラワーを飾ったわたあめに、温かいパッションフルーツとマンゴーのソースをかけて溶かしていただきます。


th_1IMG_5062.jpg

わたあめの輪の中はバナナのムースケーキ、パッションフルーツをゼリーに閉じ込めた球体、ココナッツのアイスクリーム、キャラメルやクレープダンテルを挟み込んだパッションフルーツののムース。ピーナッツとライスパフを飴で固めた、おこしのようなローカル菓子など。Janiceのそんな話を聞くと、わたあめに包まれた様々な形のデザートが、風水の影響で、様々な形のビルが立ち並ぶシンガポールの街並にも見えてきます。

th_1IMG_5068.jpg

Janice シェフは、オーストラリアの人の口に合うように、酸味を強く、糖度を控えめにしたということで、スッキリした味わい。シンガポールにも実は結構いる、甘いものが苦手、という人たちにも評判が良かったです。

th_1IMG_5057.jpg

食べながらも、Adamシェフがシンガポールで気に入ったという、ローカルカレーの店などお気に入りのレストランについてや、シンガポールとオーストラリアのフードトレンドについての情報を交換するなど、食を愛するもの同士、様々な話で盛り上がりました。

th_1IMG_5073.jpg

一緒に食事をするというのは、世界共通の根本的なコミュニケーション。シンガポールとオーストラリア・シドニー、場所は6300kmも離れているのに、すっかりと打ち解けられたのは、スクリーンを通して一緒に食事を取るという体験のおかげかも。

コラボレーションを終えて、Adam Liaw シェフは、

「素晴らしい共同作業だった、Malcolmと一緒に働くことで、プラナカン料理のスタイルについて洞察することができた。プラナカン料理は大好きだけれども、これまでは、自分が育って来た食文化の背景の中でしか理解して来なかったと思う。プラナカン出身のMalcolmと一緒に料理を作ることで、シンガポールの食文化をよりよく理解することに繋がったし、オーストラリアとシンガポールの食通たちがコラボレーションして同じ料理を一斉に食べるというのはシュールリアリズムみたいな出会いで、本当に面白かった。

海南系の出身だから、チキンライスは生まれてからずっと食べて来た味。チキンライスと一口に言っても、家庭ごとに、また店でもシェフの考え次第で、色々なバラエティがある。鶏肉の火の入れ具合にしても、ピンク色が残ったくらいのレア目に仕上げるところもあれば、しっかり火を通すところもあるし。骨つきで切るのか、骨を取り外して切るかも違う。チリソースの味のバランスや、出汁で炊いたご飯の香りもね。シンガポールで色々な所でチキンライスを食べたけれど、それぞれのこだわりを比べてみるのも楽しかったな。だからこそシンガポールの人たちは食べ物についてこんなにも話し合うんだろうな、と思ったよ。

今回のイベントでは、プラナカンの良さと、本場海南の良さを合わせようと話し合ったんだ。海南のスタイルは、とても慎ましやかで合理的なのが特徴。鶏の骨も脂肪も、無駄なく使って、あまり他のものを加えないシンプルなスタイル。プラナカンの料理はもっと精緻で円熟している。だから、今回はスープやご飯に様々な香りの要素を加えたよ。レモングラスやガランガル(生姜の一種)、昆布、干したシーフードを色々。チリソースにも、豪華な食材であるカニミソを入れて味わいをより高めてあるのも、プラナカンらしい感じだね。4種類のソースは、シンガポールの多様性を表現してもいるんだよ」とのことでした。

Anna Polyviouシェフは、
「Janiceとコラボレーションしたことで、シンガポールを地元の人のように見ることができるようになったし、それは私たちのコラボレーションデザートの 'Passion-Ate Singapore'にもきっと現れているはず。Janiceのスタイルは伝統の影響を受けたアーティスティックなスタイルで、私はもっと、エッジのきいたスタイル。それが合わせたデザートを作ったことによって、将来的にもっと常識から離れた面白いアイデアが湧いてくるように思ったわ。例えば、ジンジャーフラワーとカヤなんて、私は考えもしないもの。かつ私のオーストラリアのヘリテージとジャニスのシンガポールのバックグラウンドが溶け合ったフュージョンだと思うわ」と話していました。

それぞれの地域に息づく伝統的な組み合わせも、初めて食べる人からするととても意外で面白かったりするもの。私も、二人のオーストラリア人のシェフの目を通して、当たり前に食べて来たシンガポールの味を、改めて新鮮な切り口で見られた気がします。

シンガポールの魅力を伝えるPassion Made Possible、これからも新しい都市でイベントを行い、シンガポールの魅力を発信していくそうです。


<DATA>
■Passion Made Possible
日時:2018年2月21日 17:00〜(終了)
会場:Shangri-La Hotel, 22 Orange Grove Road, 258350, Singapore
TEL:+65 6737 3644
URL: http://www.visitsingapore.com/about-passion-made-possible/
アクセス:MRTオーチャード駅から徒歩10分程

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー イベント・行事・お祭り レストラン・料理・食材
2018年2月22日
« 前の記事「ミシュラン一つ星、beniのバレンタインデースペシャルメニュー」へ
»次の記事「[台湾]ミシュラン授賞式も開催、マンダリンオリエンタル台北「雅閣」」 へ
おすすめ記事
    シンガポール特派員 新着記事
    プーケットの「天国」Paresa Resort Phuket
    ミシュランシンガポール2018発表!
    [International Wine Challenge] ロンドンで世界一の日本酒発表!
    [パリ]パラスホテルの三ツ星レストラン「Le Cinq」
    [モナコ] アラン・デュカス氏の三つ星旗艦店、Le Louis XV
    [パリ] 揺るがないオリジナリティ、三ツ星「L'Astrance」
    [フランス]鮮やかな南仏の自然の息吹を伝える二ツ星「Mirazur」
    [リヨン] 巨匠、ポール・ボキューズの旗艦店「もっとも大きな変革とは変わらないこと」
    1年前の同じ月に投稿された記事
    【Asia's 50 Best Restaurants】アジアNo.1レストランGaggan x Miele One to Watch 受賞Toc Toc、これからのアジアの味を感じるコラボレーションブランチへ
    【Asia's 50 Best Restaurants】授賞式・アジアで一番美味しいレストランは?Day 2
    【Asia's 50 Best Restaurants】アジアのベストレストランイベントへ・Day 1
    [Robert Perker] MONTIでドイツ二ツ星、Ophiliaのスペシャルイベント開催!
    [Art at Curate] 2017年スタート!「レストランよねむら」どこにもない、ここだけの味

    シンガポール旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■シンガポールの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    アジア特派員ブログ一覧

    インドネシア/ジャカルタインドネシア/ジャカルタ2インドネシア/バリ島インドネシア/バリ島2インドネシア/バンドゥンインド/デリーインド/トリヴァンドラムインド/ベンガルールインド/ムンバイウズベキスタン/タシケントカザフスタン/アスタナカンボジア/シェムリアップカンボジア/プノンペンシンガポール/シンガポールシンガポール/シンガポール2スリランカ/コロンボタイ/チェンマイタイ/バンコクタイ/バンコク2タイ/バンコク3ネパール/カトマンドゥバングラデシュ/チッタゴンパキスタン/カラチフィリピン/セブフィリピン/セブ2フィリピン/パナイ島フィリピン/パナイ島2フィリピン/マニラベトナム/タインホアベトナム/ニンビンベトナム/ハノイベトナム/ハノイ2ベトナム/ホーチミンマレーシア/クアラルンプールマレーシア/クアラルンプール2マレーシア/ペナンミャンマー/バガンミャンマー/ヤンゴンモンゴル/ウランバートルラオス/パークセーラオス/ビエンチャン中国/フフホト中国/マカオ中国/上海中国/上海2中国/上海3中国/北京中国/南京中国/広州中国/深セン中国/蘇州中国/香港中国/香港2台湾/北投台湾/台北台湾/台北2台湾/高雄東ティモール/ディリ韓国/ソウル韓国/ソウル2韓国/ソウル3韓国/済州韓国/釜山

    アジアにもどる

    • 特派員プロフィール
    • シンガポール特派員

      シンガポール特派員
      仲山 今日子
      元テレビ山梨、テレビ神奈川アナウンサー。現在はフリーアナウンサー、ディレクター、ライターとしてお仕事を受けています。シンガポールのテレビ局J Food & Culture TV 勤務、All Aboutシンガポールガイドブログ。趣味は海外秘境旅行&食べ歩き、現在約40カ国更新中。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集