海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > ブルガリア/ソフィア特派員ブログ

ブルガリア/ソフィア特派員ブログ Chika

ブルガリア・ソフィア特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

EU加盟国の中で、著しくワクチン接種率が低いのがブルガリアとルーマニア。
10月11日時点で必要回数のワクチン接種が完了した人は全人口の19.3%です。

またデルタ株がブルガリア国内で確認されて以降、感染拡大は続いています。
国としては強い規制は強いていませんが、感染拡大が著しい国内の一部の地域では独自の規制が始まりました。
首都であるソフィアも独自規制が入る地域のひとつで、10月12日から24日まで下記の規制が適用されます。
以下は10月12日に在ブルガリア日本大使館領事班から発行されたメールの引用です。

【ポイント】
●ブルガリア国内で現在最も感染拡大が深刻な地域に含まれるヴィディン県、ソフィア県、キュステンディル県が、先日先行して実施したガブロヴォ県と同様に、国の規制より厳しい県独自の臨時感染拡大予防措置を導入しました。
●9月6日から9月23日までの間にブルガリア国内各地で採取された新型コロナウイルスのサンプル179件を調査したところ、全てがデルタ株でした。
●10月12日発表のブルガリア国内の新規感染者数3,471名(3千人超えは4月13日以来)、新規死者数157名、陽性率14.78%(14%超えは4月22日以来)。
●全国28地域のうち、8地域がダークレッドゾーン、15地域がレッドゾーン。
●過去7日間の死者数597名。人口100万人あたりの過去7日間の死者数世界ワースト3位に上昇。
●人口100万人あたりの累計死者数世界ワースト5位に上昇。

【本文】
○ブルガリア国内で最も感染拡大が深刻な地域に含まれ、10月12日現在、ダークレッドゾーン(過去14日間の人口10万人あたりの新規感染者数が500人以上)のヴィディン県、ソフィア県、キュステンディル県は、国の規制より厳しい県独自の臨時感染拡大予防措置を導入しました。

<規制実施期間>
◇ヴィディン県:10月11日から24日まで
◇ソフィア県:10月12日から24日まで
◇キュステンディル県:10月13日から11月10日まで

<規制内容>
以下のとおりです(先行して実施したガブロヴォ県の臨時規制と基本的に同一)。
(1)語学センター、学習センター、及びその他の教育関連センターや、舞踏・音楽系センター・スクールの対面式集団クラスは一時中止。
(2)子供のための集団サービスを提供する児童施設、児童クラブ等の利用は一時中止。
(3)プライベートの性質を有する集まり(結婚式、洗礼式、葬式等)は一時中止(ソフィア県は、15名以下の参加者での開催を許可)。
(4)大会・会議系イベント、セミナー、コンクール、研修、チームビルディング、展覧会、及び同種の出席を伴う公共イベントは一時中止(ソフィア県の規制にはこの項なし)。
(5)音楽フェスティバル、民族的イニシアティブ等を含む全ての同種の大規模イベントは一時中止。
(6)大規模スポーツイベントは、屋内外いずれも一時中止(ソフィア県は、屋外は無観客で開催)。ただし、国の年間スポーツカレンダーに記載されたものは例外として無観客で開催。
(7)フィットネス、スポーツホール、スポーツクラブ、スイミングプール、複合スポーツ施設、スパ施設、ウェルネスセンター、海洋療法施設の利用は一時中止(ソフィア県は、この項なし)。
(8)屋内の映画館、劇場、サーカス、コンサート、その他の舞台芸術については、会場キャパシティーの使用上限30%、着席用座席のみの使用とし(着席は1席おき)、最低1.5メートルの物理的距離の確保、マスク着用を条件に許可。
(9)博物館、美術館の集団での訪問は一時中止。
(10)商業施設、行政施設、及びその他の市民へのサービスを提供する施設の全てのオーナーまたは運営者(個人・法人を問わず)は、施設内における1人あたり8平方メートルの空間を確保できるよう訪問者を調整。
(11)全ての市場、商店街、バザール、展示会では、移動は一方通行のみとし、利用者一人あたり8平方メートルの空間、及び訪問者間の最低1.5メートルの距離を確保する。重要員及び訪問者はマスク着用が義務づけられる。
(12)生徒は、学年ごとに、ローテーション制で対面式とオンライン学習を実施。
(13)幼稚園、及び保育園は、厳格な感染予防措置を講じた上で、稼働。
(14)遊び場、及び公園は、特別訪問様式(距離を取り、密を避ける)で開放。
(15)県内からのグループ旅行は、一時中止。
(16)医療施設への面会は、一時中止とし、一定の状況の場合のみ例外とする(患者が末期で、医療施設の長が許可し、特別な措置を講じる等)。
(17)社会福祉サービスを提供する専門施設、及び子どもや高齢者のための住宅型施設における面会は、一時中止とし、一定の状況の場合のみ例外とする(患者が末期で、医療施設の長が許可し、特別な措置を講じる等)。

地域によって若干の違いはありますが、
●プレイベートでの大人数での集会の禁止(ソフィアは16人以上の集まり禁止)
●音楽フェスティバル・大規模スポーツイベントの原則禁止(ソフィアは屋外・無観客の場合は開催可)
●学習センターや習い事などの利用の中止
●幼稚園・保育園は継続、学校は学年ごとにローテーション制(対面式とオンライン学習を交互に実施)

などが大きな変更点でしょう。
現時点では買い物時間の制限や新たな飲食店営業に関する規制は課されていません。

現在飲食店の営業は7:00~23:00、公共交通機関でのマスクの着用義務がブルガリア全土で課せられていますが、それらの規制が守られておらず、当局は見回り・取締りを強めているという報道もあります。

今後も規制を守らない人が減らず、さらに感染拡大が続けば規制が強まる可能性もあります。
そのためニュースからは目が離せません。

急な規制変更もありうるので、現在ブルガリア在住の方は日本大使館への在留届の提出やたびレジなどのサービス登録をを行い、いち早く正確な情報を入手するように準備をしておくことをおすすめします。
また渡航予定の方も大使館やブルガリアの英語ニュースサイトからの情報収集をお忘れなく。
大きな変更があればこちらでもお伝えする予定です。


2021年10月13日

ブルガリアでブルガリア料理を食べようと思ったとき、観光で訪れた人は伝統的なブルガリア料理のお店に訪れるでしょう。
もちろん伝統的なブルガリア料理もおいしいですが、”少し変わったブルガリア料理を食べたい!”、もしくは”ちょっとアジアの味が恋しい……”と思ったら、【Chef’s restaurant】に行ってみることをおすすめします!

今回紹介する【Chef’s restaurant】は創作ブルガリア料理&アジア料理のお店。

IMG_0960.jpg
ロゼネッツというエリアに店を構えるChef’s restaurant。
このエリアはソフィアの中心部に近く、外国人が多く住む少しおしゃれなエリアです。

IMG_0961.jpg
お店の内装はシックで、上品な雰囲気が漂います。

IMG_0962.jpg
席によっては、厨房をのぞくこともできます。
ちなみにこの写真の左奥に厨房がありますが、その横に写真のパネルが飾ってあります。
実は【Chef’s restaurant】のメインシェフであるヴィクトール・アンゲロフ氏はブルガリア版料理の鉄人(Hell’s kitchen)などTV出演歴もある有名シェフなんです!
IMG_0966.jpg
IMG_0974.jpg

このふたつはブルガリア料理。
シュケンベ・チョルバ(牛の腸を使ったスープ)と、キョフテのリュテニッツァ(ブルガリア版ハンバーグ、トマトソース添え)。
シュケンベ・チョルバはお店によってはかなりクセが強く、食べにくいと感じることもありますが、ここで食べたものは臭みも少なくとてもおいしかったです♪
IMG_0975.jpg
IMG_0976.jpg

ナシゴレンとパッタイ。
それぞれ少しスパイシーさもありますが、アジアらしい味つけで食欲を誘います。

IMG_0979.jpg
最後はデザート。
パイナップルを贅沢に使ったクレームブリュレ♪
見た目のインパクト大ですが、味もばっちり!
ブリュレの中にもカットされたパイナップルが入っていて、お腹がいっぱいだと思っていたのに気づいたら完食していました……!


ブルガリアのレストランにしては少しお値段が高めなので、ビジネスランチや記念日のディナーなどに使われることも多いと評判の【Chef’s restaurant】。
私も夫の誕生日祝いにこのお店に行ってみたのですが、接客もていねいでとてもいい気分で食事を楽しむことができました。

ブルガリアに長期滞在している方の場合、少し気分転換したいときにぴったりです。
ちなみに金曜や週末には混み合うことが多いため、予約することをおすすめします!
詳しい情報は下記をご参照ください。

●Chef’s restaurant
・住所: 13 ul.Lubata.,Lozenets, Sofia, Bulgaria
・営業時間: 11:30~23:30
・休業日: なし
・電話番号: +359 896 723 222
・メールアドレス: office@chefs-bg.com
・公式サイト: https://chefs-bg.com/en/

2021年10月 3日

ブルガリアの首都ソフィアのシンボルとも言われるヴィトシャ山。
ヴィトシャ山にはいくつかの名所がありますが、せっかくソフィアに長期滞在するからには一度は訪れて欲しいのが今回紹介するゴールデンブリッジ(Golden blidges)です!
IMG_1037.jpg

このゴールデンブリッジは大きな岩が連なってできた”石の川”。
名所と言われる由縁は、この石の川のサイズが大きく、2.2kmに渡って続いているから。
冬場は雪で覆われてしまうこのゴールデンブリッジ、私は実は初めてこの付近を訪れたのは冬だったので素通りしてしまった経験があります。
でも昨年の秋に訪れたときにはその壮大さに目を奪われました。
春~秋にかけてはこの名所を見るためにやってきて、周囲をハイキングしていくというのがひとつのレジャーとして人気を博しています。
ちなみになぜ”ゴールデン”という名前がついているかというと、この岩に付着しているコケが金色に見えることからそう名づけられたと言われています。
(私にはごく一般的なコケの色に見えたので正直ネーミングに関しては少し「?」という感覚でした。)


このゴールデンブリッジは名所ということもあり、近くまでバスが通っていたり、周囲に車を停める場所がたくさんあります。
平日は空いていますが、休日の午後にはたくさんの人が訪れるので車で行く場合には注意が必要です。


IMG_1019.jpg
ちなみに私のお気に入りのハイキングコースは【Septenvri hut】という山小屋でお茶やランチをして帰るコースです♪
車がある場合は、車でこのSeptenvri hutのすぐ近くまでいくこともできますが、ゴールデンブリッジからそれほど厳しくないハイキングコースを30分程度歩けば到着できるので、歩いてみるのがおすすめです。
IMG_1033.jpg
(写真はSeptenvri hut近くの看板)

IMG_1025.jpg
私が気に入っているポイントはこの開放感!
建物の窓越しに注文をし、好きなテーブルで食事や休憩をすることができます。
芝生があったり、水が流れている場所があったりでのびのびできます。

IMG_1023.jpg
スパークリングワインやビールといったアルコールや、ホットココアやハーブティーといった温かい飲み物、そしてケバブチェ(棒状のハンバーグ)やキノコのスープ、ショプスカサラダ(きゅうり・トマト・チーズのサラダ)といったブルガリア料理など幅広いメニューがあります。
ちなみにデザートもおいしくて、チーズケーキ好きの夫は「ここで食べたチーズケーキは人生で5本の指に入るぐらいおいしい!」と絶賛していました♪

11月下旬からは雪が降り始めるためこの場所に行くのは少したいへんになりますが、4月~10月の間はかなりおすすめです!
ちなみにわが家はここにいくとしたら休日の早い時間(11時~13時)が多いのであまり混んではいませんが、休日の午後~夕方にかけてはかなり混み合い、食事メニューの売り切れもあるとのこと。
訪れる際にはご注意ください。


●Golden bridges
・住所: 1616 Sofia,Bulgaria(下記Google Map参照)
・アクセス: 63番バス【Zlatnite mostove】下車徒歩約3分
・公式サイト(Vitosha山に関するサイト): https://park-vitosha.org/управление/дирекция-на-пп-витоша/
●Septenvri Hut(Хижа Септември)
・住所: Vitosha mountain, 1616 Sofia
・・アクセス: 63番バス【Zlatnite mostove】下車徒歩約27分
・電話番号: +359877066812
・メールアドレス: info@septemvrihut.bg
・公式サイト(Facebook): https://m.facebook.com/septemvrihut/

2021年9月28日
2021年9月27日
2021年9月20日
2021年9月13日
2021年8月23日
⇒すべての記事を見る

ブルガリア旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■ブルガリアの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/ウェルシュプールイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンダルイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イギリス/ロンドン4イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/ナポリ3イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ベネチアイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2イタリア/ローマ3ウクライナ/オデッサエストニア/タリンエストニア/タルツオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デルフトオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/ウィーン2オーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スペイン/レオンスロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュイスブルクドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ブレーメンドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/アンボアーズフランス/カンヌフランス/コートダジュールフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/トゥールーズフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/パリ3フランス/ブールジュフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンフランス/リヨン2フランス/レンヌブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/アントワープベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ブリュッセル2ベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/サンクトペテルブルグロシア/モスクワ

ヨーロッパにもどる

  • 特派員プロフィール
  • ソフィア特派員

    ソフィア特派員
    Chika
    ブルガリアの首都・ソフィア在住。2018年7月より夫の赴任に伴い、当時4歳の息子と2歳の娘を連れて渡航しました。他のヨーロッパや周辺の国と比べて日本人が極端に少なく、情報も少ないブルガリアですが実は見所が盛りだくさん!そんなブルガリアの魅力をお届けしたいと思います。 DISQUS ID @disqus_ITF3SrZXJ4

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集