海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > ブルガリア/ソフィア特派員ブログ

ブルガリア/ソフィア特派員ブログ Chika

ブルガリア・ソフィア特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。


海外旅行をしていて、急な怪我や病気になってしまった時は焦りますよね。
特にブルガリアでは公用語がブルガリア語。英語が通じる病院はどこにあるのか、私も住み始めた時はどこに行けばいいか本当に困りました。
そこで今回はブルガリア(首都ソフィア)でもしも病気や怪我をしてしまった際に受診するおすすめの病院<Acibadem Tokuda Hospital>についてご紹介します!
IMG_7390.jpg


Acibadem Tokuda Hospitalとは?

IMG_6753.jpg
ブルガリアの中でも最大規模の病院で40近い診療科に分かれていて、約600床の入院施設も併設されています。
Acibadem Tokuda Hospitalをおすすめする理由は3つあります。
まずは上記の通りの病院の規模。
次にInternational departmentという英語が通じる部署の存在。
そして最後に場所の分かりやすさです
公共交通機関を用いてのアクセスはバスのみ(電車の最寄駅からは徒歩14分)ですが、タクシーで「Tokuda Hospital」と伝えれば間違いありません。
ちなみに「Tokuda」だけだと「Tokuda Bank」という銀行もあるため、必ず病院も忘れずに伝えてください。
Tokudaという名前を見て「日本の病院?」と思う方もいるかもしれません。
Acibadem Tokuda Hospitalは徳洲会という日本でも多くの病院を持つグループ病院の一部として2006年に開設されました。
その後売却され現在の経営母体が変わり、Acibademグループというトルコのグループ病院の一部となりました。


Acibadem Tokuda Hospital受診時のポイント

IMG_6756.jpg
受診の際はパスポートとお財布を持って来院しましょう。
支払いの際には基本的にカードも使えます。

Acibadem Tokuda Hospitalは日本の出資で開設された病院ということで、内部の構造は日本の総合病院と似ています。
正面入り口を入るとすぐ左側に案内所があり、初診時にはそこで登録が必要です。
この受付にいる方は大体英語が話せるのですが、もし英語が話せなくても下記の診療時間内であればInternational Departmentという英語が通じる部署に電話でつないでくれます。
案内所にて症状やどこに行けばいいか確認後、その指示の通りに移動してください。

2回目以降の受診で予約などがある場合は直接診療科の窓口に行って構いません。

日本の医療システムとの大きな違いは、個別会計である点です。
日本では検査・診療を終えて最後に会計を行いますが、ここでは診察を受けたら各診療科の窓口での会計、検査を受けたら検査部での会計となります。
各窓口でお金を請求されますが、そういうシステムなのでご安心ください。

海外での体調不良は心細いと思うので病院に縁がないに越したことはありませんが、ブルガリアでもしもの時にはこのAcibadem Tokuda Hospitalの受診をおすすめします。

●Acibadem Tokuda Hospital●
・所在地:"At. Dukov" str., bul. "Nikola Y. Vaptsarov" 51Б, 1407 Promishlena zona Hladilnika, Sofia
・連絡先:+359 2 403 4000
・診療時間:9:00~17:00
(※24時間対応の救急もあるけれど英語が通じない場合もあるため、上記時間内の受診がおすすめです。詳細は診療科毎に異なる場合もあるため受診の際は電話をするとよりスムーズ。)
・公式サイト:https://www.tokudabolnica.bg/en
・アクセス:路線バス88番か120番に乗車、Tokuda Hospitalにて下車後、徒歩6分。 もしくは地下鉄M2線James Bourchier駅から徒歩14分。

2019年10月18日

ブルガリアの現在のメインの宗教はブルガリア正教(キリスト教の一派)で、街中のいたるところに教会があります。
けれどブルガリアは約500年間オスマントルコ帝国に支配されていた時期もあり、現在もブルガリア国民の約9%がトルコ系。そしてトルコのメインの宗教はキリスト教ではなく、イスラム教です。
イスラム教徒にとってのお祈りの場はモスクと言われる寺院。
ブルガリアに住むトルコ人やイスラム教徒はどこでお祈りをしているのでしょうか?
今回はブルガリアにあるモスクについてご紹介します。

ブルガリア唯一のモスク:バーニャバシ・ジャーミー
IMG_9458.jpg

トルコに統治されていた時代にはソフィア市内に70箇所程のモスクがあったとのことですが、現在残っているのはこのバーニャバシ・ジャーミーのみ。

このバーニャバシ・ジャーミーを建築したのはミマール・スィナン。
ミマール・スィナンはオスマン帝国時代のモスク建築における第一人者で、彼が建築したモスクで最も有名なものはトルコ・イスタンブールにあるスレイマニエ・モスク(いわゆるブルーモスク)です。
いつ作られたものかははっきり分かっていませんが、恐らく1566~1567年頃に建設されたと考えられています。

入り口の扉の上部のアーチ部分に974の数字が刻まれていることから、イスラム暦の974年、西暦で1566年~1567年に建設されたと考えられています。(引用:ブルガリア・オフィシャル観光サイト


バーニャバシ・ジャーミーの場所は?
IMG_9461-2.jpg

バーニャバシ・ジャーミーは地下鉄Serdika駅から徒歩2,3分程度の場所、セントラル・ハリという中央市場の目の前に位置しています。 ソフィアの観光の中心部にあるので気軽に立ち寄ることができます。

このモスクの名前の由来となったバーニャ’Banya’はブルガリア語でお風呂という意味。すぐ近くから温泉が湧き出ていて、かつてこの近辺には公衆浴場があったことから、バーニャ・バシ・ジャーミーと呼ばれるようになりました。
現在は公衆浴場は閉鎖され、その跡地はソフィア地域博物館(Regional History Museum Sofia)という博物館になっています。

バーニャバシ・ジャーミーには入れるの?
IMG_9473.jpg

バーニャバシ・ジャーミーの中には一般の人も入ることができます。観光施設ではないため無料です。 ただし、モスク(寺院)として稼働しているため祈祷をしている方がいるため、中に入る際にはタイミングを選びましょう。 特に毎週金曜日には祈祷が行われており、多くのイスラム教徒の方々が出席しているので祈祷の妨げにならないよう注意が必要です。

モスクの入り口には看板があり、注意事項が書かれています。
●土足での立ち入り禁止(靴は脱ぐ)
●女性は肌を露出しない(ミニスカートやショートパンツでの入場は不可、入り口にあるスカーフを頭に巻く)
●動物は入場不可(観光の際にはあまりないと思いますが、ペットを連れての入場は禁止です)


IMG_9474.jpg
中に入ってみると天井や柱の装飾が美しく、外からの印象とは全く異なります。
偶像崇拝を禁止しているイスラム教なので人物がなどはなく、エキゾチックな模様が描かれていて見ていて飽きません。

ブルガリア正教の教会との違いを楽しむためにもソフィアに来たらぜひ訪れて欲しい場所のひとつです。


●バーニャバシ・ジャーミー

・住所:bulevard “Knyaginya Maria Luiza” 18, 1000 Sofia Center, Sofia,Bulgaria

・連絡先:+359 2981 6001

・閉館日:なし(金曜は礼拝の日なので注意が必要)

・Webサイト:ブルガリア・オフィシャル観光サイト


2019年10月 7日

旅行でも留学でも仕事でも、長い間日本を離れると日本食が恋しくなることありますよね。
寿司は近年の和食ブームで食べられるお店も見かけますがラーメンが食べられるお店って少ない・・・。
そこで本日はソフィアのラーメン店「Umamido Sofia」についてご紹介します!


ベルギーからブルガリアにやってきたUmamido Sofia


IMG_6102.jpg今回紹介したいお店の名前は
2017年にオープンしたラーメン店です。
元々はベルギーのラーメン店でしたが、そこで人気が出たためブルガリアにも進出しました。
Umamido Sofiaがあるのはセンターと言われる町の中心部。
Serdika駅から徒歩11分、Sofia University駅から徒歩14分程度の場所にあります。
駅からは少し離れているように感じますが、Vitosha通り、国立劇場など観光名所からは近く、近隣は飲食店も多く賑わっているエリアです。
IMG_6095.jpg

店内はラーメン屋さんというよりおしゃれなカフェのような雰囲気です。
テーブルにお花が飾ってあったり、テラス席があったり。

Webサイトを確認しても本家ベルギーのUmamidoにはソフィア店の情報はなく、Umamido Sofiaには個別のWebサイトもないようです。Facebookのページはこまめに更新されているので、気になる方はそちらをご参照ください!




Umamido Sofiaのメニュー

IMG_6096.jpg
Umamido Sofiaはラーメン店ではありますが、ラーメン以外のメニューもあります。枝豆、キムチ、ポークバン、餃子など。
写真の餃子はラーメンにセットで付けられる少量の餃子です。
思った以上に美味しかったのでちゃんと1人前頼めばよかったと後悔しました!
IMG_6100.jpg
ポークバンはこちらの甘い中華まんの生地のようなパンに豚肉を挟んだ食べものです。
このポークバンには辛いソースが入っているので、辛味が苦手な方はご注意ください。
肉自体は辛味はなく角煮のような味で、美味しかったです。



Umamido Sofia肝心のラーメンの味は?

IMG_6099.jpg
ラーメンは全部で4種類。醤油・味噌・とんこつ・ベジタリアンラーメンの中から選べます。
また12歳以下のお子様だけが頼めるChildren Ramenもあり、これは好きな味のラーメンを少ない量で注文できるというサービスです。
私が訪れた時には醤油ラーメンととんこつラーメンを頼みました。
少し味は濃いめでしたが、どちらも日本で食べるようなラーメンで美味しかったです!


今回はソフィアのラーメン店Umamido Sofiaについて紹介しました!
ブルガリアに訪れた際、日本食が恋しくなったらぜひ訪れてみてください。


●Umamido Sofia●

・住所:ul. “Stefan Karadzha” 12Б, 1000 Sofia Center, Sofia,Bulgaria

・連絡先:+359 88 988 2145

・営業時間:12:00~22:00

・休業日:なし(突発的に休業の場合もあるため下記ページご参照ください)

・URL:https://www.facebook.com/UmamidoSofia(Facebook)

・最寄りの駅:Serdika駅徒歩11分、Sofia University駅徒歩14分


2019年9月30日
2019年9月19日
2019年9月16日
2019年9月11日
2019年8月30日
⇒すべての記事を見る

ブルガリア旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■ブルガリアの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンダルイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イギリス/ロンドン4イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/ナポリ3イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ベネチアイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2イタリア/ローマ3ウクライナ/オデッサエストニア/タリンエストニア/タルツオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/ウィーン2オーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スペイン/レオンスロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュイスブルクドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ブレーメンドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/アンボアーズフランス/カンヌフランス/コートダジュールフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/トゥールーズフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/ブールジュフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンフランス/リヨン2フランス/レンヌブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/サンクトペテルブルグロシア/モスクワ

ヨーロッパにもどる

  • 特派員プロフィール
  • ソフィア特派員

    ソフィア特派員
    Chika
    ブルガリアの首都・ソフィア在住。2018年7月より夫の赴任に伴い、当時4歳の息子と2歳の娘を連れて渡航しました。他のヨーロッパや周辺の国と比べて日本人が極端に少なく、情報も少ないブルガリアですが実は見所が盛りだくさん!そんなブルガリアの魅力をお届けしたいと思います。 DISQUS ID @disqus_ITF3SrZXJ4

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集