海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > ブルガリア/ソフィア特派員ブログ

ブルガリア/ソフィア特派員ブログ Chika

ブルガリア・ソフィア特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。


ヨーロッパでスキーといえばスイスやオーストリア、イタリア、フランスなどが有名かと思います。
けれど、実はブルガリアにも有名なスキー場があるのをご存ですか?
日本では全く無名かと思いますが、ヨーロッパの中ではブルガリアは隠れたスキースポットなのです!

ブルガリアの有名なスキーリゾートとしてはバンスコ・ボロヴェッツなどが挙げられますが、ソフィアにも手軽に楽しめるスキー場があります。
今回はアクセスの良さ、中心地からの近さが魅力で、ヴィトシャ山にあるソフィアのスキー場のご紹介をしたいと思います。

blog6-1.JPG



ソフィアのヴィトシャ山のゲレンデ:アレコ

山に囲まれたソフィアですが、そんなソフィアを代表する山がヴィトシャ(Vitosha)山。
ソフィア中心部からアクセスしやすいゲレンデは、ヴィトシャ山にあるアレコ(Aleko)というスキー場です。
このスキー場はヴィトシャ自然公園の一部で、夏にはハイキングをすることもができます。
(ヴィトシャ自然公園に関する記事はこちら をご参照ください)
ブルガリアでは12月〜3月頃がスキーシーズンで、毎年積雪量に応じてスキー場のオープン期間が変わります。
2019・2020年冬は12月21日から、終了時期は積雪量などによるため未定。
ちなみに昨年度は4月7日まででした。

ブルガリア人のスキーインストラクター曰くスキーのおすすめ時期は2月、3月だそうです。
ただし今年は温暖化のため積雪量が少ないとのことだったため、訪れる前に公式サイト をチェックすることをおすすめします。


スキー場:アレコへのアクセス方法

blog6-5.JPG
アレコに行くには車で行く方法とリフトを利用する方法があります。

リフトの運行は週末のみ、平日は車(レンタカーもしくはタクシー)にてアレコまでアクセスすることが可能です。
なお週末リフト運行中はアレコへの車でのアクセスが制限されおり、11時から14時は車道を警察が封鎖しているのでご注意ください。

リフト利用の際はSofia Ring Mallというショッピングセンター付近にあるSimeonovoというリフト乗り場を利用します。
(リフトに関する詳細はこちらの記事 をご参照ください)
ゴンドラ型のリフトに乗って揺られること約30分。3回目の停車(終点)で降りるとそこにはスキー場が広がっています!




スキー場アレコ:レンタル・スキー教室などサービスは?

blog6-6.JPG
ゴンドラを降りてリフト降り場の出口をでてすぐ横にレンタルショップがあります。
こちらでスキー板&ストック・ブーツはレンタル可能ですが、ウェアや小物類のレンタルはありませんのでご注意を!
ウェアは各自ご用意ください。
サングラス・帽子などはレンタルショップの目の前で販売もされているので、忘れた場合などには利用可能です。
レンタルショップにはスキースクールも併設されていて私の息子(5歳)はスクールに入りました。
またこのレンタルショップ内にコインロッカーがあり、受付でお金を払って鍵を受け取って利用することができます。


日本では近年スキーよりもスノーボードを利用する人が多い印象ですが、ブルガリアのスキー場では圧倒的にスキーを楽しむ人が多いようです。
スノーボードをしている人は技を決めたりパイプの上を滑ってジャンプしたり、私から見るとかなり上級者という印象です。
またリフトが日本でよくあるベンチ式のリフトではなくT字バーのようなリフトや、ロープに捕まって行くタイプのリフトも多いのでスノーボーダーたちは利用が難しいらしく、地道に板を抱えて登っていました。



スキー場:アレコのレストラン事情

スキー場といえばお昼ご飯なども気になるところ。
けれどご安心ください、アレコには3ヵ所のレストランがあります。
一軒目はゴンドラを降りてすぐのスキーレンタルショップの横、2軒目はその斜め向かい側にあるロッジ。
この2軒はセルフサービスの食堂のようなイメージ。
メニューはおもにブルガリア料理。サラダやキョフテ(ブルガリア版ハンバーグ)、スープ、トマト煮込みなどがあり、チーズケーキや水切りヨーグルトなどのデザートもあります。
味はスキー場とは思えないほどおいしく、日本人の口にも合います。
市民に親しまれているブルガリア料理が食べたい方にはおすすめです。

そして3軒目はメインのゲレンデを通り過ぎたところにあるゲストハウスMoten に併設されたレストランです。
Motenはおいしいレストランとしてソフィアに住む人々にもよく知られているので、もし訪れる機会があればぜひ行ってみてください!


ちなみにスキー場にはATMもあり、レンタルショップ・レストランともにクレジットカードの利用が可能です。
今回はソフィアから気軽に行けるスキー場・アレコについてご紹介しました!
冬にブルガリアに訪れる方はぜひ一度お試しください。


2020年1月21日

新年あけましておめでとうございます!
すでに1月も中旬に差し掛かってしまい季節外れな感もありますが、今回の記事ではブルガリアの新年に祝い方についてご紹介したい思います。
IMG-1399.jpg



ブルガリアには年末年始の休暇はない?!

ブルガリアでは新年よりもクリスマスに重きを置く習慣があります。
日本では12月29日〜1月3日にかけてほとんどの企業、役所などが休みになりますね。
けれどブルガリアではそういった年末年始の休暇はありません。
新年を祝うため1月1日はほとんどの会社がお休みですが、12月31日まで仕事をして、1月2日には仕事始めです。

ただし学校は冬休み期間中であり、働く人の中にはクリスマス休暇以降しばらく休みを取る人もいるため、年末年始の街は比較的静かで穏やか。
お店も1月1日を除いては基本的に通常通り空いていて、旅行や短期滞在の場合でもあまり不便を感じることはないでしょう。
ちなみにお正月飾りなども特にないためか、1月中旬を過ぎてもまだショッピングモールや町中ではクリスマスの飾りを見かけることも多々あります。


年越しは各地でパーティーが開かれる

ブルガリアでは年越しは厳かに行われるというより、お祭り騒ぎのような感覚。
そのため、ホテルやクラブなどで多くのNew year partyが開催されています。
多くのヨーロッパの国と同じように、新年になった瞬間には個人が行う打ち上げ花火や爆竹の音が鳴り響きます。

酔っ払った人も多く街に出ているため、年越しのタイミングでの外出は危険ともいわれています。
もし滞在中の方で大晦日の夜に外出される場合には十分注意してください。


子供にとっての楽しみ!日本と同じような◯◯◯の習慣がブルガリアにもある!?

IMG-1398.jpg
日本のお正月、子供たちにとっての楽しみといえばお年玉。
実は日本から遠く離れたこのブルガリアでもそれににたような習慣があり、子供たちはお正月にお金やお菓子をもらうことができます!
けれど、ブルガリアではあることをしなければお年玉(お金やお菓子)はもらえません。

それにはこの写真にあるスルバチカと呼ばれる木で作られポップコーンや唐辛子で飾り付けられたスティックを使います。
子供たちはこのスルバチカを持って、年長者のところに行き、特別な詩(スルバチカスルバチカ・・・という呪文のようなもの)を唱えながらスルバチカで優しく背中を叩きます。
こうすることで相手の健康や幸せを祈るという儀式です。
この儀式全般をスルバカネと呼び、この儀式を行った後にお金やお菓子をもらうことができます。

昔は子供たちはグループになって、ハロウィンのように近所の家を回ってご近所の方々の背中を叩いて回ったようです。
残念ながら現在のソフィアでは、防犯上の理由でほかの家を回ることはあまりないとのことでしたが、各家庭では変わらずこの習慣が行われているそうです。

このスルバチカは手作りももちろんできますが、12月20日頃から町に少しずつスルバチカを売るお店が出始めます。
多くは駅や広場に出店を構えているので、もし見かけたら思い出に買ってみるのは如何でしょうか。
IMG-1397.jpg


以上、ブルガリアの新年の祝い方についてご紹介しました。
今年もブルガリア(おもにソフィア)の観光情報や文化についてこのブログにてご紹介していく予定です。
みなさまどうぞよろしくお願いいたします。


2020年1月13日

先日ブルガリアのクリスマスマーケットについての記事を書きましたが、クリスマスマーケット以外にもソフィア市内はイルミネーションで彩られています。

IMG_8601.jpg
今回はソフィアの伝統的なブルガリアのクリスマスの過ごし方、最近のソフィア市内のイルミネーションの紹介とクリスマス時期にブルガリア滞在する際の注意点についてご紹介します!


伝統的なブルガリアのクリスマスとは?

IMG_9350.jpg
ブルガリア国民の多くはブルガリア正教会(オーソドックス)というキリスト教の宗派を信仰しています。
そしてオーソドックスにとって重要な日はクリスマスとイースター。
日本のようにクリスマスを商業的に捉えているのではなく、宗教的に重要な意味を持っているため基本的には家族で過ごす日とされています。
そのためクリスマスツリーを飾って、家の中でお祝いするのが一般的です。
ブルガリアの首都・ソフィアは北海道の札幌と同じ緯度にあり、冬はかなり冷えるため「生もみの木」も売られています。


飾り付け以外に、クリスマスの前にすべきことがあります。
40日前からクリスマス前日までの断食です。
断食といっても全く何も食べない・飲まないわけではなく、肉類(卵を含む動物由来の食品)を避けるというもの(現代では断食をする人は少なくなってきたようで、レストランやスーパーなどにもいつも通りお肉・肉料理は並んでいます)。断食が開けるのは25日のクリスマス当日です。

断食最終日に当たるクリスマスイブには家族で集まってディナーを食べます。
この時の食事は断食期間中のため肉や卵を使わない、料理は7皿以上かつ奇数でなければならないという決まりがあります。
断食をしていないブルガリア人も24日の夜は家族で過ごす人がほとんどです。

25日のクリスマス当日には、教会にお祈りに出かけます。
ブルガリア人は毎週教会に行く人は少ないようですが、イースターとクリスマスの時には多くの人が教会を訪れるため混雑します。
そして25日は断食明けのお祝いとして肉(主に豚か七面鳥)を食べます。
前日には家族だけで過ごしたブルガリア人も25日は隣人を招いてパーティーをしたり、友達と出かけることも多いそうです。

また、ほかの海外のような多くの人にプレゼントを配るという習慣はなく、家族間のみで慎ましやかにプレゼント交換が行われます。


ソフィア市内のイルミネーション

IMG_9352.jpg
伝統的なブルガリアのクリスマスは家族で過ごす、プレゼント交換も親しい人のみということであまり商業的ではありません。
けれど、近年ではショッピングモールのイルミネーションが華やかになったり、クリスマスマーケットが行われたり、プレゼントのプロモーションが行われたりと町全体でクリスマスに向けて盛り上がっていくのを感じられます。

特に11月終わり頃からショッピングモールでは、写真のような吹き抜けを利用した華やかな飾り付けが行われ、見ているだけで楽しめます。


IMG_9348.jpg
町中のイルミネーションは基本的には店ごとに行われていますが、Serdika駅前の広場には天使とトナカイのイルミネーションが用意されています。町のシンボルでもある聖ソフィア像と重なって美しく映ります。


クリスマス時期にブルガリア滞在する場合の注意点

IMG_9347.jpg
ブルガリアでは、ヨーロッパの多くの国と同じようにクリスマス休暇としてクリスマス前後(12月23日〜26日頃)には会社も休みになります。
そのため日中は町が混雑することも。
特にこの時期は渋滞したり駐車スペースを見つけるのが大変なので、車で移動する際には注意が必要です。

また、クリスマス時期にはレストランやショッピングモールも営業時間を変更になります。
特に家族で過ごす日とされている24日は、ショッピングモールやスーパーマーケットさえも午後6時に閉まるところがほとんど。

一部のレストランは営業していますが、クリスマスディナーの予約をしているお客さんでにぎわう可能性が高いです。外食を予定している方は必ずお店に問い合わせ、予約をしておくことをおすすめします。

以上、ブルガリアのクリスマス事情をお伝えしました。
クリスマス時期にブルガリアに滞在される方はご注意ください。


2019年12月12日
2019年12月 6日
2019年12月 5日
2019年12月 2日
2019年11月27日
⇒すべての記事を見る

ブルガリア旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■ブルガリアの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンダルイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イギリス/ロンドン4イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/ナポリ3イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ベネチアイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2イタリア/ローマ3ウクライナ/オデッサエストニア/タリンエストニア/タルツオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/ウィーン2オーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スペイン/レオンスロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュイスブルクドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ブレーメンドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/アンボアーズフランス/カンヌフランス/コートダジュールフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/トゥールーズフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/パリ3フランス/ブールジュフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンフランス/リヨン2フランス/レンヌブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/サンクトペテルブルグロシア/モスクワ

ヨーロッパにもどる

  • 特派員プロフィール
  • ソフィア特派員

    ソフィア特派員
    Chika
    ブルガリアの首都・ソフィア在住。2018年7月より夫の赴任に伴い、当時4歳の息子と2歳の娘を連れて渡航しました。他のヨーロッパや周辺の国と比べて日本人が極端に少なく、情報も少ないブルガリアですが実は見所が盛りだくさん!そんなブルガリアの魅力をお届けしたいと思います。 DISQUS ID @disqus_ITF3SrZXJ4

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集