海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > ソフィア特派員ブログ > ソフィアの温泉事情♪

ブルガリア/ソフィア特派員ブログ Chika

ブルガリア・ソフィア特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2019年4月 1日

ソフィアの温泉事情♪


ソフィアの温泉事情♪

温泉といえば日本の心、と言われているほど日本人にとって温泉は身近な存在だと思います。でも日本だけでなく海外にも温泉で有名な場所があることを皆様ご存知でしょうか。
 実はブルガリアにも温泉があるのです!
 以前テルマエロマエという映画がありましたが、その中で古代ローマ帝国時代のお風呂・温泉事情について触れていました。皆様ご覧になったことがあるでしょうか。ソフィアは紀元前29年には古代ローマ帝国に征服され、以降809年までは東ローマ帝国の一部でした。ローマ人はソフィアの地理的条件と温泉を高く評価し、ローマ時代のコンスタンティヌス大帝はソフィアの中心部にあるSerdikaを愛し、
「Serdikaは私のローマである」
という言葉を残したそうです。






中心地にある温泉の名残


 そのような歴史を持つソフィアの中心地Serdika駅のすぐそばにソフィア地域歴史博物館があります。

blog4-1.JPG
こちらの建物、かつては中央浴場として使われていたそうです。建物の前には噴水広場が広がっていて、ベンチで休憩している人もたくさんいます。建物に近づいていくと、入り口を挟んで左右にチョロチョロとお湯が出ている水道が見えてきます。これはきっと以前の公衆浴場の名残でしょう。水道から目線をあげると、温泉の成分表示と注意書きが書いてありました。そこにはブルガリア語と英語で「No bathing ,washing and washing-up!」との記載が。昔を懐かしむあまりに入浴したくなる人もいたのでしょうか。でも現在は入浴は禁止されているので少し触って見る程度にしてくださいね。
blog4-2.JPG
blog4-3.JPG




 ソフィア歴史博物館の左側に回ってみると、そこにはもっとたくさんの温泉が出ている場所があります。ここは<チェシマ>という温泉水の汲み場で、ここから出てくる温泉は飲泉として利用されています。多くの方が大きめのペットポトルを抱えて温泉水を汲んでいました。触ってみるとなかなかの熱さの温泉が出ていました。温泉に触れた後は心なしか手がしっとりしたように思えます。
訪問された際は記念にぜひ手で触れてみてください。
blog4-4.JPG





郊外にある入浴施設


 また中心地ではないのですが、隠れ家のような入浴可能な温泉施設もあります! その施設はソフィア中心地からタクシーで20~30分程度離れたパンチェレーボ湖という人口の湖のすぐそばにあります。ただし残念ながらこちらは英語があまり通じない&Webサイトも存在しないほどのとてもローカルな場所なのでチャレンジする際には少し勇気が必要かもしれません。 入り口にはブルガリア語表記で<Mineral Banya>と書かれています。 中に入るとすぐに受付があり、男女別の共同浴場と、個室になった家族風呂に分かれています。 個室は2階、共同浴場は1階で男性用は受付の左側、女性用は右側です。筆者家族はまだ小さい子供がいるので2階の個室しかチャレンジしたことがありませんが、1回1時間利用可能で、利用後には毎回清掃が入ります。蛇口をひねると温泉が出るので毎回お湯をためて入るので衛生面も安心でした。ただしタオルなどの貸し出しはないので、もしチャレンジする際にはご注意ください。ちなみにタオルを忘れてしまった場合には建物外にある売店にて購入可能です。 アクセスが悪いのが難点ではありますが、筆者家族は冬場は月に1度は訪れるほど気に入っており、以前イギリスから来た友人を案内した際にも好評でした! なのでソフィア市内の観光に飽きたらぜひ勇気を出してチャレンジしてみてください♪ blog4-5.jpg blog4-6.JPG



  • ソフィア地域歴史博物館
  • 【住所】1 Banski Sq,1000 Sofia Center, Sofia

    【アクセス】地下鉄M1/M2 Serdika駅 徒歩6分



  • Mineral Banya
  • 【目印】Swimming Pool Pancharevo<Korali>(webサイトはこちら:http://koralite.com/en

    【アクセス】市内より上記目印の施設まで車で約20〜30分。 そこから徒歩5分程度。(Koraliの入り口を背に左側に道なりに進むと右手にあります)

    記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
    カテゴリー 見所・観光・定番スポット
    2019年4月 1日
    « 前の記事「ブルガリアといえば、やっぱりヨーグルト!」へ
    »次の記事「ソフィアの市内交通〜公共交通機関編」 へ
    おすすめ記事
    ソフィア特派員 新着記事
    カザンラクのバラ博物館とバラ摘み体験記
    2019年版ブルガリア最大級のお祭り!バラ祭りのメインイベント
    ブルガリア料理のご紹介
    ブルガリアの世界遺産:ボヤナ教会
    5月の天気@ソフィア
    ブルガリアの世界遺産:リラ修道院
    ブルガリア正教会のイースター(ヴェリクデン)
    ソフィアの市内交通ータクシー&おすすめアプリ編
    [an error occurred while processing this directive]

    ブルガリア ツアー最安値


    2019/6/20更新

    ヨーロッパ 航空券情報


    ブルガリア旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■ブルガリアの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    ヨーロッパ特派員ブログ一覧

    アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンダルイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イギリス/ロンドン4イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/ナポリ3イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2ウクライナ/オデッサエストニア/タリンエストニア/タルツオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スペイン/レオンスロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュイスブルクドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ブレーメンドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/アンボアーズフランス/カンヌフランス/コートダジュールフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/トゥールーズフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/ブールジュフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンフランス/リヨン2フランス/レンヌブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/サンクトペテルブルグロシア/モスクワ

    ヨーロッパにもどる

    • 特派員プロフィール
    • ソフィア特派員

      ソフィア特派員
      Chika
      ブルガリアの首都・ソフィア在住。2018年7月より夫の赴任に伴い、当時4歳の息子と2歳の娘を連れて渡航しました。他のヨーロッパや周辺の国と比べて日本人が極端に少なく、情報も少ないブルガリアですが実は見所が盛りだくさん!そんなブルガリアの魅力をお届けしたいと思います。 DISQUS ID @disqus_ITF3SrZXJ4

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集