海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > ソフィア特派員ブログ > ブルガリア正教会のイースター(ヴェリクデン)

ブルガリア/ソフィア特派員ブログ Chika

ブルガリア・ソフィア特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2019年4月26日

ブルガリア正教会のイースター(ヴェリクデン)


ブルガリア正教会のイースター(ヴェリクデン)

4月に入ってから日によって大きな気温差のあったブルガリア。
そんなブルガリアもようやくすっかり春が訪れました。
ブルガリアではイースターを迎えるころ春がやってくるとも言われています。
IMG_0304.jpg

ブルガリア語でイースターは【ヴェリクデン】、2019年のヴェリクデンは4月28日です。
ブルガリアではキリスト教の中でも正教会(オーソドックス、東方正教会)と言われる宗派がメインです。
正教会のイースターはカトリックやプロテスタントなどキリスト教の他の宗派のイースターと時期が異なります。
(※イースターは毎年決まった日付ではなく、年によって移動します。4月4日から5月9日までのどこかの日曜日です。たまたま同じ日になる場合もあります。)



イースターといえばキリスト教の祭日、イエス・キリストが十字架にかけられ処刑された3日後に蘇ったことを祝う日です。(※正教会ではイイスス・ハリストスと訳されます)
正教会にとってイースターはクリスマス以上のビッグイベント!
ではブルガリアではどのようにしてイースターが祝われているのかをご紹介します。




イースターエッグ


イースターといえば卵は欠かせません。
この時期ブルガリアでは各家庭で卵を染める習わしがあります。
近年では様々な柄のイースターエッグがありますが、伝統的なイースターエッグは赤。
キリストの血をイメージしており、一番最初に染める卵は赤色と決められています。
元々は玉ねぎの皮などを使い、自然の染料で固ゆでにた卵に色つけをしていたようですが、最近は簡単に色つけができるようなキットも販売されています。
また教会などではすでに色付けされたイースターエッグが売られています。


IMG_0254.jpg




特別な食べ物

    コズナック

食パンサイズの大きな甘いパンです。伝統的なものは三つ編みの模様ですが、現代では丸い形のものなど、いろいろな形があります。
伝統的にはイースターの前の木曜日に各家庭で手作りをしていたようですが、近年ではパン屋さんやスーパーにたくさん並んでおり、気軽に楽しむことができます。
味は日本のメロンパンに似たような味で、子供も食べやすいです。


IMG_0353.jpg



    ラム

「イースター直前はラムが値上がりする」というのがソフィアではよく言われています。
それはイースター当日にはラムのローストを食べる習慣があるから。
また羊の胃を使って作るシュケンベ・チョルバというスープもイースターの日によく食べられているそうです。
地域によって伝統的なメニューには多少差があるようですが、日本のお正月料理と似たような感覚でしょうか。





イースターの過ごし方

伝統的な過ごし方としては下記のような流れです。
*木曜日:コズナックを焼いたり、イースターエッグを作ったりする。
*土曜日:教会にお祈りに行き、キャンドルを灯す。
*日曜日:各家庭でラム肉を食べたり、イースターエッグでエッグタッピング(卵をぶつけ合って割れたほうが負けというゲーム)をしたり。大切な人を家に招いたりしてお祝いをする。

イースター当日を挟んだ金曜から月曜の4日間はイースター休暇として学校や会社などは休みになります。そのため、家族で旅行に出かける人もいます。




今回ブルガリアのイースターについてご紹介しましたが、当日は町全体をあげてのお祭り!ではなく、各家庭でのお祝いがメインとなります。
多くの人がイースター前日の土曜日には教会に出かけるので、教会はいつもと比べて混んでいます。とはいえ異教徒立ち入り禁止などはないので立ち寄ることも可能です。
ソフィアではお店が閉まることはあまりありません。ただ、営業時間を変更しているお店もあるのでご注意ください。

ソフィアでは3月下旬からイースター関連の商品が店頭に並び華やぎます。
街全体が華やぐイースターの季節、この時期ブルガリアに訪れる際にはぜひスーパーやお店のディスプレイに注目してみてくださいね♪




*追記*(2018/4/27)
「イースターでお店が閉まることはあまりない」と書いてしまいましたが、レストランやお店によっては閉まっているところもありました。
全てのお店が閉まってしまうわけではないので困るほどではありません。
ですが、お目当のレストランやお店がある方は事前に確認しておいた方がよいです。
IMG_0229.jpg image1.jpeg

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー イベント・行事・お祭り
2019年4月26日
« 前の記事「ソフィアの市内交通ータクシー&おすすめアプリ編」へ
»次の記事「ブルガリアの世界遺産:リラ修道院」 へ
ソフィア特派員 新着記事
【新型コロナウイルス関連情報】急激に厳しくなるブルガリア国内の規制
【新型コロナウイルス関連情報】秋になり感染拡大が続くブルガリア
名物シェフが営むおいしい&おしゃれなレストラン【Chef's restaurant】
ハイキング好きなら見逃せない!【ゴールデンブリッジ】
ソフィアで手軽に食べられるお寿司【Sushi Point】
ソフィアの高級お肉屋さん【Vivenda】
ブルガリアで日本食材を買うなら【Alex Fish】
【新型コロナウイルス関連】2021年晩夏 徐々に状況悪化

ブルガリア ツアー最安値


2021/3/31更新

ヨーロッパ 航空券情報


ブルガリア旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■ブルガリアの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/ウェルシュプールイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンダルイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イギリス/ロンドン4イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/ナポリ3イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ベネチアイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2イタリア/ローマ3ウクライナ/オデッサエストニア/タリンエストニア/タルツオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デルフトオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/ウィーン2オーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スペイン/レオンスロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュイスブルクドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ブレーメンドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/アンボアーズフランス/カンヌフランス/コートダジュールフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/トゥールーズフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/パリ3フランス/ブールジュフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンフランス/リヨン2フランス/レンヌブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/アントワープベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ブリュッセル2ベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/サンクトペテルブルグロシア/モスクワ

ヨーロッパにもどる

  • 特派員プロフィール
  • ソフィア特派員

    ソフィア特派員
    Chika
    ブルガリアの首都・ソフィア在住。2018年7月より夫の赴任に伴い、当時4歳の息子と2歳の娘を連れて渡航しました。他のヨーロッパや周辺の国と比べて日本人が極端に少なく、情報も少ないブルガリアですが実は見所が盛りだくさん!そんなブルガリアの魅力をお届けしたいと思います。 DISQUS ID @disqus_ITF3SrZXJ4

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集