海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > ソフィア特派員ブログ > ブルガリアでの自然体験ーヴィトシャ自然公園

ブルガリア/ソフィア特派員ブログ Chika

ブルガリア・ソフィア特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2019年7月29日

ブルガリアでの自然体験ーヴィトシャ自然公園


ブルガリアでの自然体験ーヴィトシャ自然公園

ブルガリアの首都・ソフィアは山に囲まれていますが、ソフィアにおける代表的な山といえばヴィトシャ山です。
そんなヴィトシャ山の一部は実はバルカン半島で最も古い自然公園として指定されています!

ヴィトシャはブルガリアのみならず、バルカン半島でも最も古い自然公園です。1934年10月24日に国定公園に指定された公園は、2000年に自然公園に再指定されました。現在の面積は27079ヘクタールです。園内には、2つの生物圏保護区(ビストリシコ・ブラニシテ、トルフェノ・ブラニシテ)と自然名所のドゥフラタ洞窟があります。
(引用:ブルガリア・オフィシャル観光サイトより http://bulgariatravel.org/ja/object/237/vitosha#map=6/42.750/25.380

IMG_2835.jpg
広大な敷地を持つヴィトシャ自然公園にはハイキングやトレッキングのため多くの人が訪れます。 山でのトレッキング・ハイキングというと一見大変そうに思いますが、子供連れの私でも気軽にアクセスし自然と親しむこともできました。
ヴィトシャ自然公園へのアクセス
IMG_2784.jpg ソフィアの中心部からヴィトシャ自然公園までは車かケーブルカーで行くことができます。 車では約1時間、ケーブルカー利用の場合はケーブルカー乗り場まで約30分+ケーブルカーの乗車して30分程度です。 今回私はケーブルカーで公園まで行きました。 ケーブルカーに関しての記事はこちらの記事 で詳しくご紹介しておりますのでご参照ください。
ヴィトシャ自然公園でのハイキングレポート
IMG_2795.jpg ケーブルカーを降りるとそこはすでにヴィトシャ自然公園の中です。 冬はこの場所はアレコと呼ばれるスキー場として多くのスキー客で賑わっています。 標高約1800mに位置しているため夏場でも涼しく感じられました。 私たちは6月末に訪れました。ソフィア中心部では半袖で十分なほど暑い日でしたがが、薄手の上着が必要なくらいの涼しさでした。
IMG_2790.jpg 少し歩くと湧き水を汲むことができる場所があり、多くの人がペットボトルに水を詰めていました。 触ってみると夏場でもとても冷たく気持ちよかったです。
冬場はスキー場になっている傾斜を登ったり、遊歩道を歩いているとさまざまな植物を目にすることができました。 6月~10月はワイルドフラワーが咲き乱れるため、ハイキングにはちょうどいい季節だとブルガリア人の友人は言っていました。
IMG_2789.jpg ケーブルカー乗り場の近くにはログハウスがあったり、 遊歩道の途中にはゲストハウス兼レストランがあったりするため山頂での食事にも困りません。
IMG_2857.jpg 今回私たちはゲストハウス兼レストランの[Guesthouse Moten ]というお店で昼食を取りましたが、どの料理も美味しく店員さんは英語も通じたため安心して食事をとることができました! ソフィア市内のブルガリア料理レストランで食事をすると、あまり魚は食べられないのですがここでは鱒の塩焼きがありました。 リラの僧院でもそうでしたが、山の近くの川では鱒がよく取れるそうです。 臭みもなくとても美味しく頂きました。
山などに登った際、特に子連れだとトイレ探しに苦労することもあります。 けれどこちらのゲストハウスにも、ケーブルカー乗り場近くのレストランにも比較的きれいな洋式トイレがありました。 おかげで3歳の娘を連れていてもトイレがないor和式しかないため用を足すことができない!などの問題で困ることはありませんでした。
ヴィトシャ自然公園の楽しみ方まとめ
●ソフィア中心部から約1時間でアクセス可能なため気軽に行くことができる。 ●本格的なハイキング・トレッキングも、気軽なお散歩も可能。 ●山頂でおいしい食事をとることもできる。
今回私たち家族は、スーパーに行こうと思って家を出たけれど、天気がよいので山に行ってみようと気軽にヴィトシャ山に行ってみました。 それくらい気軽にアクセスすることもできるヴィトシャ自然公園。 多くの植物を目にすることもでき、空気もきれいなのでよいリフレッシュになりました。 ソフィアにお越しの際、お時間があればぜひ訪れてみてください。
●ヴィトシャ自然公園●
・住所:17, Antim I St., Vazrazhdane Sq., 1303 Sofia
・Tel: +359 2 988 58 41; +359 2 989 5377
・e-mail: dppvitosha@dag.bg ・公式サイト:http://bulgariatravel.org/ja/object/237/vitosha#map=6/42.750/25.380

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 自然・風景
2019年7月29日
« 前の記事「ケーブルカーでヴィトシャ山へ」へ
»次の記事「ソフィアのインターネット事情ーおすすめのプリペイド式SIMカードは?」 へ
おすすめ記事
ソフィア特派員 新着記事
ソフィア唯一のモスク:バーニャバシ・ジャーミーに行ってみよう!
ソフィアで一番おいしい!?ラーメン店「Umamido Sofia」
ブルガリア版のファミレスーHappy Bar&Grill
ブルガリアの新学期と祝日
ソフィア近郊の日帰りリゾート:温泉の街Bankya
ブルガリアワインの名産地メルニック
ブルガリア(サンダンスキー)のスパホテル
ブルガリアの温泉都市:サンダンスキー

ブルガリア ツアー最安値


2019/10/14更新

ヨーロッパ 航空券情報


ブルガリア旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■ブルガリアの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンダルイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イギリス/ロンドン4イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/ナポリ3イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ベネチアイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2イタリア/ローマ3ウクライナ/オデッサエストニア/タリンエストニア/タルツオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/ウィーン2オーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スペイン/レオンスロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュイスブルクドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ブレーメンドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/アンボアーズフランス/カンヌフランス/コートダジュールフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/トゥールーズフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/ブールジュフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンフランス/リヨン2フランス/レンヌブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/サンクトペテルブルグロシア/モスクワ

ヨーロッパにもどる

  • 特派員プロフィール
  • ソフィア特派員

    ソフィア特派員
    Chika
    ブルガリアの首都・ソフィア在住。2018年7月より夫の赴任に伴い、当時4歳の息子と2歳の娘を連れて渡航しました。他のヨーロッパや周辺の国と比べて日本人が極端に少なく、情報も少ないブルガリアですが実は見所が盛りだくさん!そんなブルガリアの魅力をお届けしたいと思います。 DISQUS ID @disqus_ITF3SrZXJ4

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集