海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > ソフィア特派員ブログ > 【 2020年2月27日時点】ブルガリア(ソフィア...

ブルガリア/ソフィア特派員ブログ Chika

ブルガリア・ソフィア特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2020年2月27日

【 2020年2月27日時点】ブルガリア(ソフィア)でのコロナウイルスの余波


【 2020年2月27日時点】ブルガリア(ソフィア)でのコロナウイルスの余波

中国から始まりアジアに広まり、最近ではついにヨーロッパでも感染が確認されている新型コロナウイルス(以下COVID-19と表記します)。
ネット上では海外でのアジア人差別や、旅行などで渡航しようとしても健康チェックなどを受け入国に時間がかかったなどの情報も見受けられます。

ではブルガリアでは一体どのような状況になっているのか。
本日時点(2020年2月27日)での情報や私自身が生活をしていて感じることについて、ご紹介します。


ブルガリアにおけるコロナウイルスの感染者&対策は?

現在ブルガリア国内では感染は確認されていません。
けれどブルガリアの隣国であるギリシャ・北マケドニアにて、本日感染が確認されたとの報道もあり、すぐそこまで迫っている様子です。
(参照:Situation update worldwide,ECDC: https://www.ecdc.europa.eu/en/geographical-distribution-2019-ncov-cases

ブルガリア政府としてはWHOとECDC(European Centre for Disease Prevention and Control)の指針に従った対策を取っています。
具体的には下記のような対策です。
(参照 在ブルガリア日本大使館発行PDF: https://www.bg.emb-japan.go.jp/files/000570972.pdf


●ブルガリア入国時の検疫強化
ブルガリア保健省は,中国やその他感染事例が確認されている国(日本、韓国、イラン、イタリアなど)から渡航する者に対し,ブルガリア入国時の検疫を強化することを2月3日に発表しました。

それを受け、ソフィア,ヴァルナ,ブルガスの各空港に到着した旅行者でそれらの国から渡航する者はサーモカメラにより体温測定を実施しています。
その結果、発熱やその他症状がある者は近隣医療機関へ搬送、診断結果が新型コロナウイルス感染の場合は14日間の隔離措置が、また陰性診断の場合も14日間の在宅経過観察措置がとられるそうです。
また,ブルガリア国民に対し,中国への渡航中止を勧告しています。



●感染予防行動の推奨●
・石けんを使用した手洗い乃至アルコール除菌液の使用(石けんの場合30秒が目安)

・洗っていない手で目,鼻,口を触らない

・症状のある人との至近距離での接触を避ける

・症状があるときは外出しない

・咳やくしゃみをする際はティッシュやハンカチで口鼻を覆い,ティッシュやハンカチが無い場合は手のひらではなく,腕全体で口鼻を覆う

・多くの人が触った物(ドアノブ等)をこまめに拭く,又は消毒する


ブルガリア(ソフィア)での実際の生活への影響は?

ブルガリアでは現在はCOVID-19の影響による学校の休校や企業のテレワーク推奨などの対策は特にとられておらず、通常通りの生活です。
けれどもともとアジア人が少ないソフィアなので、アジア人が道を歩いていると嫌が応にも目立ってしまいます。
ブルガリアでは予防のためにマスクを使用している人はほとんどおらず、マスクをつけている=咳やくしゃみなどの症状がある人という認識です。

そのため、日本人がマスクをつけていると非常に目立ってしまいます。
ニュースなどでは他国でアジア人だという理由で暴行を受けたり嫌がらせをされるという話を聞きますが、私自身が生活しているなかでは明らかな危害を加えられるということは今のところありません。
稀に道で嫌な顔をされたり、エレベーターで一緒になった見知らぬ人に鼻や口を覆って怪訝そうな顔をされる程度です。

冒頭でご説明した通り、現在ブルガリアではCOVID-19の感染は確認されていません。
そのため、この期間旅行される方で症状がない場合は誤解をさけるためにマスクをつけない方が無難だと言えるでしょう。
WHOの見解でも、流行していない国では予防としてのマスク着用は推奨されておらず、症状がある人のみマスク着用をすすめられています。

世界的な流行となりつつあるCOVID-19の感染、疑心暗鬼になってしまう気持ちもわかりますが噂に惑わされず落ち着いて情報収集、行動していきたいですね。
日本では感染拡大に伴い、イベントの中止や学校の休校も決まり、いつもと違った生活を余儀なくされている方も多いかと思います。
一刻も早く事態が終息することを祈ってやみません。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー お知らせ
2020年2月27日
« 前の記事「ちょっと変わった?和食レストラン【Hamachi】」へ
»次の記事「春の訪れを祝う無形文化遺産【バーバマルタ】」 へ
ソフィア特派員 新着記事
ソフィア市民待望のヴィトシャ山・ヴィトシャ自然公園解禁!
緊急事態宣言終了後初の週末 首都ソフィアの中心地の様子は?
【新型コロナウイルス関連】緊急事態宣言終了!生活への影響は?
【新型コロナウイルス関連】2020年5月8日時点での最新情報
【新型コロナウイルス関連】ブルガリア国内での規制緩和
【新型コロナウイルス関連】イースターを機により強固なロックダウンへ
【2020年】新型コロナウイルスのイースターへの影響は!?
春らしさ満点!ブルガリアの花の日♪

ブルガリア ツアー最安値


2020/5/27更新

ヨーロッパ 航空券情報


ブルガリア旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■ブルガリアの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/ウェルシュプールイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンダルイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イギリス/ロンドン4イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/ナポリ3イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ベネチアイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2イタリア/ローマ3ウクライナ/オデッサエストニア/タリンエストニア/タルツオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/ウィーン2オーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スペイン/レオンスロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュイスブルクドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ブレーメンドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/アンボアーズフランス/カンヌフランス/コートダジュールフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/トゥールーズフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/パリ3フランス/ブールジュフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンフランス/リヨン2フランス/レンヌブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/サンクトペテルブルグロシア/モスクワ

ヨーロッパにもどる

  • 特派員プロフィール
  • ソフィア特派員

    ソフィア特派員
    Chika
    ブルガリアの首都・ソフィア在住。2018年7月より夫の赴任に伴い、当時4歳の息子と2歳の娘を連れて渡航しました。他のヨーロッパや周辺の国と比べて日本人が極端に少なく、情報も少ないブルガリアですが実は見所が盛りだくさん!そんなブルガリアの魅力をお届けしたいと思います。 DISQUS ID @disqus_ITF3SrZXJ4

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集