海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > ソフィア特派員ブログ > ブルガリアの母の日は日本とは違う?!

ブルガリア/ソフィア特派員ブログ Chika

ブルガリア・ソフィア特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2020年3月13日

ブルガリアの母の日は日本とは違う?!


ブルガリアの母の日は日本とは違う?!

母の日といえば日本では5月の第2日曜日ですが、ブルガリアの母の日は日本とは異なり、3月8日を母の日としています。
また3月8日は国際女性デー (International Women's day)。
ブルガリアでは毎年この日を盛大にお祝いします!
今回のブログではその様子をご紹介します。


ブルガリアでは3月8日に女性に花を贈るのが一般的

IMG_3206 (1).jpg
冒頭でもご説明した通り、3月8日は母の日&国際女性デー。
国際女性デーは【すべての人は平等である、女性の尊厳も大切に】というテーマで制定された日。
世界各国でそれぞれの祝い方があるようですが、ブルガリアでのメジャーなお祝いの方法は花を贈ること。


IMG_3204 (1).jpg
この時によく贈られるのは紫のヒヤシンス。
その理由は国際女性デーのテーマカラーが紫だからです。
紫は尊厳と正義を象徴する色とされていて、女性の権利を求める国際女性デーのシンボルカラーとなっています。

母の日なので子供から母へ花を贈るのは一般的ですが、それだけではなく、父親から娘へ、仲のよい女性同士などすべての女性に花を贈る習慣があります。
学校のある日には女性の先生に子供から一輪の花を贈るパターンも多くて、この日は花を持った人を町でたくさん見かけます!
(今年はたまたま日曜日だったのと、インフルエンザによる休校のためあまりその姿が見られず個人的には残念でした......)


3月8日には特有の挨拶まである!

国際女性デーにあたり英語では"Happy IWD!(International Women's Day)"、"Happy Women's day!"などの挨拶が交わされますが、ブルガリアでは
"Честит 8 март!!"(3月8日おめでとう)
という特有の挨拶もあります。

お花屋さんで花を買った時や、お店で買い物をした時などに店員さんから声をかけられたり、友達同士の会話やメッセージのやり取りで使ったり。
3月には先日ご紹介したバーバマルタもあるのでお祝い事が多くて、何だか幸せな気分に浸ることができます♪



3月8日限定のセールを行うお店や花屋さんの露店が出たりする!

IMG_3205.jpg
3月8日には38%オフのセールをしたり、女性用の下着屋さんが一部セールをしていたり、お店を訪れる女性客に小さなギフトをくれたり。
町に出るとこの日の特別感を感じることができます。

また花を贈る習慣があるため、駅前や町角には花屋さんの露店が現れます。
先日まではマルテニッツァの露店があった場所で花が売られているパターンが多いです。
スーパーでも花売り場が充実していたり、花屋さんでもカラフルな花束が並んでいたりと見ているだけでも楽しめます。



ブルガリアの3月8日の過ごし方についてご紹介しました!
日本ではまだあまりメジャーではない国際女性デーですが、個人的に花を贈る習慣が素敵だなと思っています。
この時期にブルガリアを訪れる機会があれば花であふれる町角の風景をぜひお楽しみください!

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー イベント・行事・お祭り
2020年3月13日
« 前の記事「【2020年】ブルガリア解放記念日のソフィアの様子」へ
»次の記事「【新型コロナウイルス関連】ブルガリア政府緊急事態宣言発令」 へ
ソフィア特派員 新着記事
ソフィア市民待望のヴィトシャ山・ヴィトシャ自然公園解禁!
緊急事態宣言終了後初の週末 首都ソフィアの中心地の様子は?
【新型コロナウイルス関連】緊急事態宣言終了!生活への影響は?
【新型コロナウイルス関連】2020年5月8日時点での最新情報
【新型コロナウイルス関連】ブルガリア国内での規制緩和
【新型コロナウイルス関連】イースターを機により強固なロックダウンへ
【2020年】新型コロナウイルスのイースターへの影響は!?
春らしさ満点!ブルガリアの花の日♪
1年前の同じ月に投稿された記事
ブルガリアといえば、やっぱりヨーグルト!
【はじめまして】自然豊かな街ソフィア特派員ブログ開始

ブルガリア ツアー最安値


2020/5/31更新

ヨーロッパ 航空券情報


ブルガリア旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■ブルガリアの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/ウェルシュプールイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンダルイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イギリス/ロンドン4イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/ナポリ3イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ベネチアイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2イタリア/ローマ3ウクライナ/オデッサエストニア/タリンエストニア/タルツオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/ウィーン2オーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スペイン/レオンスロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュイスブルクドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ブレーメンドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/アンボアーズフランス/カンヌフランス/コートダジュールフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/トゥールーズフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/パリ3フランス/ブールジュフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンフランス/リヨン2フランス/レンヌブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/サンクトペテルブルグロシア/モスクワ

ヨーロッパにもどる

  • 特派員プロフィール
  • ソフィア特派員

    ソフィア特派員
    Chika
    ブルガリアの首都・ソフィア在住。2018年7月より夫の赴任に伴い、当時4歳の息子と2歳の娘を連れて渡航しました。他のヨーロッパや周辺の国と比べて日本人が極端に少なく、情報も少ないブルガリアですが実は見所が盛りだくさん!そんなブルガリアの魅力をお届けしたいと思います。 DISQUS ID @disqus_ITF3SrZXJ4

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集