海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > ソフィア特派員ブログ > ブルガリア第二の都市!プロブディフのいち押しホテル

ブルガリア/ソフィア特派員ブログ Chika

ブルガリア・ソフィア特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2020年9月27日

ブルガリア第二の都市!プロブディフのいち押しホテル


ブルガリア第二の都市!プロブディフのいち押しホテル

前回の記事にてプロブディフの観光情報をお伝えしましたが、そこで紹介した観光名所はすべてプロブディフの旧市街にあり、歩いて移動できる場所にあります!
とはいえ6つの丘の町ともいわれるプロブディフ、石畳でアップダウンの激しい町を一日中歩き回るのはなかなかたいへんです。
またソフィアから自家用車で移動する場合も、時期によっては車を止める場所を見つけるだけで時間がかかってしまうことも。

そんな悩みを解決できる、今回紹介したいのがブルガリア第二の都市であるプロブディフのいち押しブティックホテル【Hotel Evmolpia】です!
IMG_8432.jpg

Hotel Evmolpiaは旧市街の中、ほぼ真ん中に位置するホテル。
本来、一般車両は旧市街の中には入れないのですが、旧市街内にあるホテルに宿泊する場合は車でその区域に入ることができます!
旧市街に入る場所にゲートがあり、宿泊者は事前に車のナンバーをホテルに知らせておくと警備員の方にも連絡が回ってゲートを通ることができる、という仕組みです。
駐車場を探す手間もなく、ホテルについて荷物を置いたらすぐに町歩きが開始できるのは短期間の旅行者にとってはかなりうれしいポイント。


IMG_8299.jpg
ホテルに着いて最初に驚いたのはウェルカムボード! 日本語で「ようこそ」と書かれていてびっくり!
IMG_8430.jpg
(オーナーのヒリスト・ギウレフさん)

これはオーナーであるヒリスト・ギウレフさんのおもてなしのひとつで、ゲストの出身国の言葉をウェルカムボードに記載しているそうです。
そしてチェックインを済ませると、ホテルの説明だけでなく、周辺の観光情報、町歩きのポイントもていねいに説明してくれました。
その上最後には名刺をくれて、
「何か困ったことがあればいつでも連絡して!」
と言ってくれました。
流暢な英語を話すヒリストさん、ブルガリア国内では英語が通じる場所もときどきあるのでこういった方の存在はとてもありがたいです。


IMG_8303.jpg IMG_8421.jpg IMG_8304.jpg
ホテル自体がブルガリア民族復興期に作られた建物を利用して作られたため、趣きが感じられます。
インテリアにもこだわっていて、廊下には昔のブルガリアの切手やお札が飾ってあったり、各部屋の調度品もアンティーク調でまとめてあったりと、細部までこだわりを感じます。


IMG_8427.jpg
また歩き疲れて夜ホテルに戻ってきてからもお楽しみが待っています。
なんと宿泊者にはロビーにてミニワイン&チーズのサービスが!
ワインとチーズはロビー兼食堂で楽しんでも、部屋にワインを持って帰ってもOK。
わが家は子連れだったので部屋にワインを持って行って、子供たちが寝たあとにいただきましたが、とてもおいしくいい気分でした♪


IMG_8425.jpg
朝食では自家製のバーニッツァやジャム、ヨーグルトが用意されていて、典型的なブルガリアの朝食を堪能することができます。


私にとって2度目のプロブディフ観光。
1回目は日帰りであまりしっかり回れなかった点が心残りでしたが、立地のよいホテルを選んだおかげで効率よく回ることもでき、とても満足できる滞在となりました!
最初は利便性重視で選んだホテルでしたが、旧市街の真ん中で、アンティーク調の家具やインテリアに囲まれ過ごしているとまるでタイムスリップでもしたかのような錯覚に陥ります。
利便性、清潔さ、雰囲気のよさ、スタッフの方々の心遣い、どれをとっても満足できるHotel Evmolpia。
プロブディフのホテルをお探しの際にはぜひこちらも合わせて検討してみてください♪

■Hotel Evmolpia
・住所: ul.4 Pernik, Plovdiv, Bulgaria
・電話番号: +359 32 95 77 95
・Email:  hotelevmolpia@hotmail.com
・カード決済: 可
・フリーwi-fi: 有
・エレベーター: 無
・URL: https://hotelevmolpia.com

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 旅行・ツアー・ホテル
2020年9月27日
« 前の記事「ブルガリアの文化都市【プロブディフ】」へ
»次の記事「ソフィア近郊のインスタ映え抜群プール〈Hydropark Wind Mills〉」 へ
ソフィア特派員 新着記事
【新型コロナウイルス関連情報】急激に厳しくなるブルガリア国内の規制
【新型コロナウイルス関連情報】秋になり感染拡大が続くブルガリア
名物シェフが営むおいしい&おしゃれなレストラン【Chef's restaurant】
ハイキング好きなら見逃せない!【ゴールデンブリッジ】
ソフィアで手軽に食べられるお寿司【Sushi Point】
ソフィアの高級お肉屋さん【Vivenda】
ブルガリアで日本食材を買うなら【Alex Fish】
【新型コロナウイルス関連】2021年晩夏 徐々に状況悪化
1年前の同じ月に投稿された記事
ソフィアで一番おいしい!?ラーメン店「Umamido Sofia」
ブルガリア版のファミレスーHappy Bar&Grill
ブルガリアの新学期と祝日
ソフィア近郊の日帰りリゾート:温泉の街Bankya

ブルガリア ツアー最安値


2021/3/31更新

ヨーロッパ 航空券情報


ブルガリア旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■ブルガリアの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/ウェルシュプールイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンダルイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イギリス/ロンドン4イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/ナポリ3イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ベネチアイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2イタリア/ローマ3ウクライナ/オデッサエストニア/タリンエストニア/タルツオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デルフトオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/ウィーン2オーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スペイン/レオンスロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュイスブルクドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ブレーメンドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/アンボアーズフランス/カンヌフランス/コートダジュールフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/トゥールーズフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/パリ3フランス/ブールジュフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンフランス/リヨン2フランス/レンヌブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/アントワープベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ブリュッセル2ベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/サンクトペテルブルグロシア/モスクワ

ヨーロッパにもどる

  • 特派員プロフィール
  • ソフィア特派員

    ソフィア特派員
    Chika
    ブルガリアの首都・ソフィア在住。2018年7月より夫の赴任に伴い、当時4歳の息子と2歳の娘を連れて渡航しました。他のヨーロッパや周辺の国と比べて日本人が極端に少なく、情報も少ないブルガリアですが実は見所が盛りだくさん!そんなブルガリアの魅力をお届けしたいと思います。 DISQUS ID @disqus_ITF3SrZXJ4

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集