海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > ソフィア特派員ブログ > ブルガリアのちょっと変わったワイナリー

ブルガリア/ソフィア特派員ブログ Chika

ブルガリア・ソフィア特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2021年5月22日

ブルガリアのちょっと変わったワイナリー


ブルガリアのちょっと変わったワイナリー

ブルガリアは隠れたワインの名産地。その歴史は古く、なんと紀元前6世紀頃からという説もあるほど!
しかもブルガリアには、ブルガリアのある地域でしか採れない種類のブドウもあり、それを使ったワイン作りも行われています。
これについて"ブルガリア特有の風土がもたらす自然の恵み"と、誇りに思っているブルガリア人もいるんだとか。
今回はそんな、ブルガリアのある地域でしか採れないブドウを使ったワイン作りをしている、そして少し変わった特徴を持ったワイナリー【Villa Melnik】の紹介です!
IMG_5709.jpg



ブルガリアの固有種のブドウ・メルニックも使ったワイン作り

IMG_5711.jpg
ブルガリアのある地域でしか採れない固有種のブドウ。その代表がメルニック地方で採れるメルニックというブドウです。
メルニックはブルガリアの中でも南側に位置し、ギリシャとマケドニア国境のすぐ近くにあります。そして、このメルニックというブドウから作られる赤ワインは世界的にも高い評価を得ています。

Villa Melnikもそのメルニック地方にあり、ワイナリー周囲に30ヘクタールもあるブドウ畑を持っています。
広大なブドウ畑ではメルニックはもちろん、カヴェルネなどメジャーなブドウも栽培していて、自家製のブドウを使ってメルニックのみを使ったワインや、ほかのブドウとかけあわせたワインなど、さまざまな種類のワインを造っています。




メルニック地方の特徴を活かしたユニークな洞窟ワインセラー

IMG_5708.jpg IMG_5710.jpg
今回私はどうしてもVilla Melnikに行きたい!と思って訪問したのですが、その理由はユニークなワインセラー。
実はこのワイナリーでは洞窟をワインセラーとして利用しているんです!
洞窟内は年間通してエアコンなどの機材を使用せず、自然の力で同じ温度・湿度に保つことができます。
しかも、メルニック地方は火山があり、土壌には砂岩が多く含まれているため、通常の地面よりも柔らかく、簡単に掘ることができるとのこと。
昔からワイン作りが盛んだったメルニック地方。ブルガリアでは酒類の個人生産が禁止されていないので、家庭でワイン作りをしている人もいます。そのためこの地域では各家庭でも洞窟をワインセラーとして活用していた歴史があるとワイナリーツアー中に説明していただきました。
Villa Melnikではそういった地域の伝統にならってこの方法を取っています。
昔からの知恵を利用したワインセラー、一見の価値ありです!



テイスティングも楽しめるワイナリーツアー

IMG_5706.jpg
私たちは当日にワイナリーに行くことを決めたので、ワイナリーツアーに参加可能かを訪問前に電話で確認しました。
すると自分でワイナリーにアクセスし、ワイナリーツアーに参加する場合、特に予約は不要とのこと!

Villa Melnikは2013年にオープンして以降、テイスティングを含むワイナリーツアーをほぼ毎日開催しています。海外からのゲストも多いため、ツアーはブルガリア語のほかに、英語・ギリシャ語・スペイン語でも実施しているそうです。
ツアーにはテイスティングを含むいくつかのコースがあり、4種のワインテイスティング付きのツアーでも10BGN/人程度(約650円)で参加できます。

ワイナリーから見渡せるブドウ畑・メルニックの土地の特徴の説明を受け、その後ワイン作りの工程を学び、洞窟ワインセラーを通って、最後にワインのテイスティング。
テイスティングではまったく違ったタイプのワインを楽しむことができます♪
ワイナリーツアーのコースによっては、ブルガリアのおいしいチーズやサラミなどのおつまみ付きでワインを飲むことができてとってもお得です!
(ブルガリアワインに関しては以前こちら 。)の記事で紹介しています)



さまざまな賞を受賞しているVilla Mernik

IMG_5705.jpg IMG_5703.jpg
私がワイナリーを訪れたとき、入口を入ってすぐの場所に飾られているワインがあり、そこには"Japan Woman's wine award2021"の文字が!
実はサクラアワード2021という、日本の女性審査員が評価する国際的なワインコンペティションにて、このワイナリーでメルニックから作られたワインが金賞に選ばれたそうです。
私自身も試飲して気に入ったのでこのワインを購入♪

またWorld's Best Vineyardsというブドウ畑を含めたワイナリーを評価する国際的なコンペティションでも、 2020年に初めてTOP50に入りました!
この賞はワインの味、ワイン作りとブドウの栽培についてのツアー全体、景色やレストランなどを総合的に判断して採点されるので、ワイナリー全体への評価が高いことの証です。
Villa Melnikは2013年にオープンしたワイナリー。そこまで歴史は深くないにもかかわらずこのように世界的な賞を多数受賞していることからも、そのすばらしさをうかがい知れます。




Villa Melnikへのアクセス・周辺情報について

IMG_5704.jpg
Villa Melnikは首都ソフィアから車で約2時間半程度の場所にあります。
日帰りできない距離ではない&連日ワイナリーツアーを開催しているため、旅行会社がソフィアからの往復ツアーを販売しています。
私の友人が日本から遊びに来たときには、リラの修道院&ワイナリー見学日帰りツアーに参加し楽しんでいました。
「時間はないけどブルガリアの首都以外も回りたい!!」という方はそういったツアーもおすすめです♪

「せっかく足を延ばすなら、この地方をもう少し楽しみたい!」という方にはメルニック村やサンダンスキーといった周辺地域に滞在するのもおすすめです。
メルニック村はブルガリアの昔ながらの町並みを感じられる小さな村で、Villa Melnikから車で10分程度。
サンダンスキーは温泉プール付きホテルがたくさんある地域で、Villa Melnikから車で30分程度です。
メルニック村・サンダンスキーについてはほかの記事でも紹介しているので詳しくはそちらをご覧ください。
メルニック村に関する記事記事
サンダンスキーに関する記事

魅力がたっぷり詰まったワイナリーVilla Melnik。ワインに興味がある方にはとってもおすすめです!
しかもワイナリーツアーは年中無休で開催されているため、ブルガリア滞在中に思い立ったらぜひワイナリーに連絡してみてください♪

●Villa Melnik
・住所: Winery house Villa Melnik, Harsovo village, Melnik region
・電話番号: +359 884 840320,+359 888 007266
・定休日: なし
・営業時間: 10:00~18:00
・予約: 原則不要
(※たまにウェディングパーティなどイベントが行われれる場合もあるため、訪問前に念のため電話などで確認することをおすすめします)
・URL: Villa Melnik

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 見所・観光・定番スポット
2021年5月22日
« 前の記事「ブルガリア人が喜びに沸く2021年イースター」へ
»次の記事「温泉プールつきスパホテル!ヴィラへの宿泊レポート【サンダンスキー】」 へ
ソフィア特派員 新着記事
【新型コロナウイルス関連情報】急激に厳しくなるブルガリア国内の規制
【新型コロナウイルス関連情報】秋になり感染拡大が続くブルガリア
名物シェフが営むおいしい&おしゃれなレストラン【Chef's restaurant】
ハイキング好きなら見逃せない!【ゴールデンブリッジ】
ソフィアで手軽に食べられるお寿司【Sushi Point】
ソフィアの高級お肉屋さん【Vivenda】
ブルガリアで日本食材を買うなら【Alex Fish】
【新型コロナウイルス関連】2021年晩夏 徐々に状況悪化
1年前の同じ月に投稿された記事
ソフィア市民待望のヴィトシャ山・ヴィトシャ自然公園解禁!
緊急事態宣言終了後初の週末 首都ソフィアの中心地の様子は?
【新型コロナウイルス関連】緊急事態宣言終了!生活への影響は?
【新型コロナウイルス関連】2020年5月8日時点での最新情報
【新型コロナウイルス関連】ブルガリア国内での規制緩和

ブルガリア ツアー最安値


2021/3/31更新

ヨーロッパ 航空券情報


ブルガリア旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■ブルガリアの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/ウェルシュプールイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンダルイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イギリス/ロンドン4イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/ナポリ3イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ベネチアイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2イタリア/ローマ3ウクライナ/オデッサエストニア/タリンエストニア/タルツオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デルフトオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/ウィーン2オーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スペイン/レオンスロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュイスブルクドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ブレーメンドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/アンボアーズフランス/カンヌフランス/コートダジュールフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/トゥールーズフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/パリ3フランス/ブールジュフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンフランス/リヨン2フランス/レンヌブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/アントワープベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ブリュッセル2ベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/サンクトペテルブルグロシア/モスクワ

ヨーロッパにもどる

  • 特派員プロフィール
  • ソフィア特派員

    ソフィア特派員
    Chika
    ブルガリアの首都・ソフィア在住。2018年7月より夫の赴任に伴い、当時4歳の息子と2歳の娘を連れて渡航しました。他のヨーロッパや周辺の国と比べて日本人が極端に少なく、情報も少ないブルガリアですが実は見所が盛りだくさん!そんなブルガリアの魅力をお届けしたいと思います。 DISQUS ID @disqus_ITF3SrZXJ4

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集