海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > ドイツ/シュタインバッハ特派員ブログ

ドイツ/シュタインバッハ特派員ブログ 増井 尚美

ドイツ・シュタインバッハ特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。


メール プリント もっと見る

ドイツは世界屈指の見本市/展示会大国です。毎月どこかで何かしらの展示会が開催されています。 ドイツでは、見本市/展示会のことを、”Messe(メッセ)”と呼びます。
Kreative Messe 13.JPG

今日は、11月2日(木)~5日(日)の4日間フランクフルトで開催さていた手芸メッセ”Kreativ Welt(クリアティヴ・ヴェルト) 2017”のレポートです。
このメッセは、ハンドメイド関連の業者さんが一斉にブースを出していて、消費者がその場でマテリアルを購入できる珍しいメッセなのです。
その場でお目当てのマテリアルが買えるとあって、日本人のミセスの間でも人気で話題になっています。


お気に入りのブース紹介 Part1 クロスステッチのお店


ハンドメイド関連と言っても、刺繍、パッチワーク、ビーズ、紙ナプキンデコパージュ、テディー、編み物、ペーパークラフト、ハンコ、クリスマス関連グッズ等々、本当に多岐に渡っているので手芸好きさんにはたまりません。
Kreative Messe 12.JPG
これらの写真は、今回このメッセに一緒に足を運んだママ友さんと私のお気に入りのクロスステッチ専門店のブースになります。
11月の開催とあって、これからの季節もの、”Weihnacht (ヴァイナハト)”つまり、クリスマス関連のモチーフがたくさん置いてありました。 ドイツと言えば、クリスマスマーケット”Weihnachtsmarkt(ヴァイナハツマルクト)”が有名ですが、クリスマスや”Advent(アドヴェント)”モチーフのクロスステッチの作品は本当にステキです。 壁一面に各図面の完成版が額装して飾ってあるのでイメージがしやすいのが良いですネ。 Kreative Messe 11.JPG

どれもこれも可愛いく、目移りしてしまいます。 小さなクロスステッチ用の布と図案、刺繍糸が一式入ったセットEur 5,00-を4種類も購入してしまいました。
悩みに悩んだ結果選んだモチーフは、アドヴェントクランツのある窓辺の風景、クリスマスの暖炉の風景、マルクトのスタンド、レープクーヘン屋さんとアドベントクランツ屋さん。
Kreative Messe 10.JPG

ドイツの暗くて長い冬、暖かい家の中で針仕事を楽しむ季節と言えますネ。 ですから必然的に冬のモチーフが多いのかもしれません。
でも、四季折々のモチーフももちろんあって、春の苺や夏のピクニックに海のモチーフ、秋のカボチャなど見ているだけでハッピー♪です。

「作品も、ちゃんと額装して飾ると本当にステキだなぁ~」とこちらの店舗を見てあらためて思いました。
せっかくなので、この冬はチクチクと針仕事に精を出そうと意気込んでいます。

手芸好きの皆さん、日本とはちょっと違うマテリアルを求めて、このメッセ期間中を狙っての旅の計画なんていうのは如何でしょうか。

2018年 Creativ Welt Messe Frankfurtの開催日程は、11月1日(木)~4日(日)です。

≪お店紹介≫
Liebevolle kreuzstichentwürfe
住所:Sperberkamp 20, 22175 Hamburg
Tel:+49 (0)40 640 42 11
e-mail:LKE@liebevolle-kreuzstichentwuerfe.de
Wehsite: www. liebevolle-kreuzstichentwuerfe.de
*第1~第3アドヴェントの金曜日と土曜日10:00~16:00に展示会開催予定。
作品展示会場:Bundesstraße 11, 21522 Hohnstorf Elbe


<アクセス> 中央駅からメッセ フランクフルトへの行き方


Messe Frankfrut
住所:Ludwig-Erhard-Anlage 1, 60327 Frankfurt am Main
Kreative Messe 2.JPG

    ① 地下鉄U4で”Festhalle/Messe(フェストハレー/メッセ)”下車

    →”Bockenheimer Warte(ボッケンハイマー・ヴァルテ)方面行き1つ目、地下鉄出口を上がると、メッセ会場の入口の目の前に出ます。


    ② 中央駅の中央出口を出て目の前の乗り場から、トラムStraßen Bahn(シュトラッセン・バーン)16番・17番線で”Festhalle/Messe”下車(3つ目)

    →こちらも会場の前の通りが降車場です。

     

    ③ SBahn(Sバーン)のS3番(Bad Soden方面)、S4番(Kronberg方面)、S5番(Bad Homburg/Friedrichsdorf方面)、S6番(Friedberg/Gross Karben方面)で、”Messe(メッセ)”下車。

    →こちらは、ちょうど会場入り口の反対側に建つ塔のところになるため、8分~10分程歩くことになります。


2017年11月12日

ヴァイナハツマルクト特集①:
もう間もなく、ドイツ各地で、Weihnachtsmarkt(ヴァイナハツマルクト)/クリスマスマルクトが始まります。
今年はAdvent(アドヴェント)の始まりが12月3日の日曜日と、最もアドヴェントの期間が短い年となります。
ですからマルクトの開催期間も去年と比べると軒並み短くなっています。


ドイツ3大ヴァイナハツマルクト


Dresden(ドレスデン):11月29日(水)~12月24日(日)


Dresdner Striezelmarkt (ドレスナー・シュトリーツェルマルクト)
ドレスデンは、”Stollen(シュトレン)”発祥の地だって知っていますか?
毎年第2アドヴェントの土曜日にシュトレン祭りが行われています。 今年は12月9日(土)。
いつか行ってみたいなぁ~と思います。 今年は実現するかな?
Weihnachtsmarkt_Dresden.JPG

ヴァイナハツマルクトオフィシャルサイト→ www.dresden.de 
シュトレン祭りのオフィシャルサイト→ www.dresdnerstolle.com “Stollenfest”

Nürnberg(ニュルンベルク):12月1日(金)~12月24日(日)


Christkindlesmarkt(クリストキンドゥレスマルクト)
去年家族と友達と訪れた、ドイツで古い歴史を持つ有名なヴァイナハツマルクト。
フラオエン教会前の広場に広がるマルクトは、旅人をも温かく迎えてくれるアットホームな雰囲気。
名物のニュルンベルガーソーセージや、エリーゼンレープクーヘンをどうぞ!
宜しければ去年の記事を参考にして下さい。
Nuernberg_Lebkuchen 3.JPG

写真:過去記事「Nürnberg(ニュルンベルク)レープクーヘンのお話」より


過去記事:
ドイツ3大クリスマスマーケット:Nürnberg(ニュルンベルク) (→)
Nürnberg(ニュルンベルク)レープクーヘンのお話 (→)
Nürnberg(ニュルンベルク)ニュルンベルガーソーセージのお話 (→)
Nürnberg(ニュルンベルク) プラム人形”ツヴェッチゲンメンレ”のお話 (→)

Stuttgart(シュトゥットガルト):11月29日(水)~12月23日(金)


Stuttgarter Weihnachtsmarkt (シュトゥットガルター・ヴァイナハツマルクト)
何度も過去に足を運んでいるマルクトです。
新宮殿、旧宮殿、マルクト広場に至る広範囲に繰り広げられる規模の大きなマルクトです。
シュヴァーベン地方の郷土料理、シュペッツレの屋台がスペシャル感アリ!
Weihnachtsmarkt_Stuttgart.JPG

オフィシャルサイト→ http://stuttgarter-weihnachtsmarkt.de/de/home/

主な都市/観光地のヴァイナハツマルクト

Frankfurt(フランクフルト):11月27日(月)~12月22日(金)


Frankfurter Weihnachtsmarkt (フランクフルター・ヴァイナハツマルクト)
昨年フランクフルトから出した自分宛のポストカードもかなり遅かったけれど娘のところに無事届きました。可愛らしいマルクトのスタンプは、やはり特別感があって楽しいものです。
皆さんも是非、フランクフルトやニュルンベルクからカードを出してみて下さいね。
Weihnachtmarkt_Frankfurt.JPG

過去記事:
フランクフルトの大きなツリー点灯! (→)
ドイツから日本へエアメールの送り方~フランクフルトのマルクトから出してみよう! (→)

Düsseldorf (デュッセルドルフ):11月23日(木)~12月30日(土)
冬休みを利用して旅を計画されている方に朗報です! 
「今年はデュッセルドルフのマルクト、クリスマスを過ぎても開催されるんだぁ~」と思わず叫んでしまいました。 大体クリスマスイヴの前に終わってしまうマルクトにあって貴重です。*24日と25日はお休み
旧市街からライン川沿いにかけてのマルクトは華やかです。
Weihnachtmarkt_Duesseldorf.JPG

オフィシャルサイト→ www.duesseldorf-tourismus.de

Köln (ケルン):11月27日(月)~12月23日(土)
ケルンと言えば、大聖堂。 
大聖堂前のマルクトでは国際色豊かな出店が並んでいます。
川沿い、市庁舎のある旧市街のマルクトにも是非足を運んでみて下さい。
オフィシャルサイト→ www.koelntourismus.de 

Berlin(ベルリン):11月27日(月)~1月1日(日)
今年の年越はベルリンで!と計画している我が家ですが、ベルリンなら、年末もヴァイナハツマルクトが楽しめるのが今から楽しみです。 29日からなので、赤の広場のマルクトはムリそうですが、今回は入場料を払ってシャンダルメンマルクトに行ってみようかと思っています。
24日を過ぎてもマルクトが楽しめるベルリンです。 24日・25日など会場によって休みがありますので、オフィシャルサイトで確認してくださいネ。
Weinachtsmarkt_Berlin.JPG

Berliner Weihnachtszeit am Roten Rathaus(ベルリナー・ヴァイナハツツァイト アム ローテン ラートハウス)/赤の広場
*12月29日(木)まで
Weihnachtsmarkt auf dem Alexanderplatz:アレクサンダー広場
*12月26日(火)まで
Weihnachtsmarkt auf dem Gendarmenmarkt:シャンダルメンマルクト
*12月31日(日)まで
Weihnachtsmarkt am Potsdamer Platz:ポツダム広場
*12月26日(火)まで

過去記事:
冬休みに子供と一緒にマルクトの旅-ベルリンへGO! (→)

Hamburg(ハンブルク):11月27日(月)~12月30日(土)
何か所にも渡って色々なマルクトが開かれていて、日程もまちまち。 メインの市庁舎前広場のマルクトは12月23日(土)までとなります。 また、クリスマスの日等お休みになるので、それぞれの詳しい日程はオフィシャルサイトで確認して下さいね。
オフィシャルサイト→ www.hamburg.de 

Münchner(ミュンヘン):11月27日(月)~12月24日(日)
何箇所にも渡ってマルクトが開催される。 メインのマルクトは、やはりマリエンプラッツ広場前で開催されるChristkindlmarkt(クリストキンドゥルマルクト)
Resudebz(レジデンツ) の中庭”Kaiserhof(カイザーホーフ)” でも、11月23日(木)~12月22日(金)までマルクトが開催されています。
オフィシャルサイト→ www.muenchen.de 

Rüdesheim(リューデスハイム):11月23日(木)~12月23日(土)
オフィシャルサイト→ www.weihnachtsmarkt-der-nationen.de 

Heidelberg(ハイデルベルク):11月27日(月)~12月22日(金)
オフィシャルサイト→ www.heidelberg-marketing.de 

Rothenburg ob der Tauber(ローテンブルク):11月30日(木)~12月23日(土)
オフィシャルサイト→ www.rothenburg.de 

私のお気に入りのヴァイナハツマルクト


Mainz(マインツ):11月30日(木)~12月23日(土)
マルクト会場は、大聖堂前広場。 
ここから徒歩10分ほどのところにあるザンクト・ステファン教会内の有名なシャガールの青いステンドグラスも必見です。 ステンドグラス鑑賞とマルクトを合わせて如何でしょうか? 大きなマルクトではありませんが、雰囲気が良く個人的に大好きなマルクトです。
Weihnachtsmarkt_mainz.JPG

オフィシャルサイト→ www.mainz.de



Ludwigsburg(ルートヴィヒスブルク):11月23日(木)~12月22日(金)
Barock-Weihnachtsmarkt (バロック・ヴァイナハツマルクト)
個人的に所縁のあるこの町は、過去記事に何度と無く登場しています。
ここのマルクトはバロック・ヴァイナハツマルクトと呼ばれているだけあって、独特の雰囲気があるように思います。 
Weihnachtsmarkt_Ludwigsburg.JPG

オフィシャルサイト→ www.ludwigsburg.de



Ulm(ウルム):11月27日(月)~12月22日(金)
今年は久しぶりにウルムへ出かけよう!と計画しています。
ウルムのマルクトオリジナルのフォイヤーツァンゲンボーレを堪能したいから・・・。 個人的に一押しのおススメです。
Weihnachtsmarkt_Ulm.JPG

オフィシャルサイト→ www.ulmer-weihnachtsmarkt.de



ドイツのヴァイナハツマルクトは、小さな町でもアドヴェントのどこかの週末で開催される程、色々なところで体験できます。 そんな小さなマルクトを含めるともの凄い数です。
ヴァイナハツマルクトの期間は、寒くて暗い冬が一気に華やぎます。 ドイツのヴァイナハツマルクト、是非楽しんで下さい。


2017年11月11日

観光地再発見の旅⑫-3
ハイデルベルクは、ドイツ最古の大学”Universität Heidelberg(ウニヴェルシテート ハイデルベルク)がある町です。 1386年創立というから、その歴史にビックリですネ。
Studentenkarzer 5.JPG

ハイデルベルク観光のもう1つの有名どころ、それが、「学生牢」”Studentenkarzer(シュトゥデンテンカルツァー)”です。 皆さんの中にも「学生牢」と言う言葉を聞いたことがある方も多いのではないでしょうか?
Studentenkarzer 6.JPG


【学生牢への歩き方】

ハオプト通り”Hauptstraße(ハオプト・シュトラーセ)”を
西へ進むと、”Zum Franziskaner(ツム・フランツィスカナー)”というミュンヘンの有名なビール醸造所の直営レストランがあります。
そのレストランの向かい側にある小道”Augustinergasse(アウグスティナーガッセ)”に入ると、すぐに学生牢の看板が見えてきます。

ハイデルベルクと言えば、フランクフルトから気軽に行ける距離にある有名な観光地なので、日本からゲストが来るたびに何度も足を運んでいながら、前からその存在は気になってはいたものの、なかなか立ち寄ることの無かった学生牢。
今回どうしても行ってみたくて、家族皆で行ってきました。
Studentenkarzer 1.jpg

こちらのチケットですが、学生牢のみでなく、大学ミュージアム”Universitätsmuseum(ウニヴェルシテーツミュセウム)”と旧講堂”Alte Aula(アルテ・アウラ)”のコンビチケットになっています。
旧講堂に入ると、何だかちょっぴり厳粛な気分になります。周りに先生や先輩たちが並ぶ中、真ん中に座らされる新入生の姿を想像したりして当時を偲んでみませんか?
Studentenkarzer 7.JPG

「学生牢」ってそもそも何?

ハイデルベルク大学は創立当初から自らの裁判権を持っていたので、秩序違反をした学生の処罰は市の司法当局ではなく、大学にまかせられていた。
(中略)
処罰の大半は学生牢行きで、学生は不法行為に重さにより、最長4週間、そこに閉じ込められた。

出典:
階段(写真上)を上がったところに置いてあった学生牢についての説明書(日本語)より抜粋

ハイデルベルクを訪れる日本人観光客も多いのでしょう。 日本語の案内が置かれていました。
自治権を持つ大学が、悪事を働いた学生を自ら処罰するために設けられた場所が学生牢だったんですね。
(学生牢は、)1712年に現在の場所、大学の用務員室の3階に移され、1914年まで使用された。」
とありますから、使われなくなってから100年程しか経っていないことになります。
Studentenkarzer 4.JPG

各部屋には小さめの簡易なベットと、それから必ず暖房(ストーブ)が置いてあるのが、「何ともドイツらしいな~」と思いました。 今以上に当時は寒かったでしょうから、極寒のドイツには牢と言えども、暖房無しではやってられない…?

学生牢の中は、階段から各部屋廊下に至るまで学生たちが書いた落書きで埋め尽くされています。
大抵は、横顔のシルエットと名前らしきものなのですが、中には、目を見張るような、物凄い緻密な絵もあったりして、そういう絵を見つけるのも何だか楽しい時間でした。
Studentenkarzer 2.JPG

「黒のインクの代わりに、ろうそくのすすやストーブのすすが使われた」

すすで描くって、スゴイ労力なのでは?と思いを馳せてみたり… びっしり埋め尽くされた絵の中から「これぞ!」というものを探してみたり… 当時のハイデルベルク大学の学生たちの息吹が感じられる学生牢です。 Studentenkarzer 3.JPG

≪INFORMATION≫
「学生牢」
Studendenkarzer(シュトゥデンテンカルツァー)

住所: Augustinergasse 2、69117 Heidelberg


Website:
Studentenkarzer
Museen und Sammelung/ Universität Heidelberg
開館時間:
4月~10月/10:00-18:00 毎日(祝日も開館)
11月~3月/月から土のみ10:00-16:00(日曜・祝日は閉館)
入館料:大人Eur 3,00- *HeidelbergCARD提示でEur 2,50-


2017年11月 9日
2017年11月 7日
2017年10月31日
2017年10月30日
2017年10月26日
⇒すべての記事を見る

ドイツ旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■ドイツの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イタリア/シチリア島イタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バレンシアスペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスロヴェニア/リュブリャナチェコ/プラハ2チェコ/ブルノチェコ/プラハデンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルン2ドイツ/ケルンドイツ/シュタインバッハドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/レーゲンスブルクノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/サンローフランス/トゥルコアンフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ

ヨーロッパにもどる

  • 特派員プロフィール
  • シュタインバッハ特派員

    シュタインバッハ特派員
    増井 尚美
    ヨーロッパの街並みや文化、歴史が大好きで、「ヨーロッパに住んでみたい!」と、ずっとヨーロッパ生活に憧れていました。念願かなってドイツに就職先が見つかり、2001年の9月に渡独、そこから私のドイツ生活が始まりました。現在は、“家庭と仕事の両立”を目指し日々奮闘中です。そんなドイツ生活の中から、色々な旬の情報を発信できたらと思っています。 DISQUS ID @disqus_gT480tjXAD

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集