海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > ドイツ/シュタインバッハ特派員ブログ

ドイツ/シュタインバッハ特派員ブログ 増井 尚美

ドイツ・シュタインバッハ特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。


メール プリント もっと見る

観光地再発見の旅⑩
皆さんは、オーストリアの有名な建築家”Hundertwasser(フンデルトヴァッサー)”の名前を聞いたことがありますか?
私は、友人が大好きだったことがきっかけで、フンデルトヴァッサーに興味を持つ様になりました。
Hundertwasser_Waldspirale 7.JPG

ドイツには、フンデルトヴァッサーが設計した建築物がいくつかあります。
その中に、私が住むシュタインバッハから気軽に行ける距離に2つ、彼が設計した集合住宅があります。
最も近いのが、ご近所様の”Bad Soden(バート・ゾーデン)”にあるアパートメント、そしてもう1つが、 “Darmstadt(ダルムシュタット)”にある”Waldspirale(ヴァルトシュピラーレ)”と呼ばれる集合住宅です。
Hudertwasser_Waldspirale 1.JPG

ダルムシュタットは、シュタインバッハから約38km、車で約30分程のところにある町です。
フランクフルトからも左程変わらない距離です。
さる日曜日、フラリと家族でドライブがてらアート鑑賞!ということで、ヴァルトシュピラーレへ行ってきました。
Hundertwasser_Waldspirale 3.JPG

ダルムシュタット市のホームページによれば、ヴァルトシュピラーレは1998年から2000年にかけて建築された105世帯(アパート)が集まる集合住宅なのだそうです。
Hundertwasser_Waldspirale 2.JPG


Waldspirale(ヴァルトシュピラーレ)
Wald(ヴァルト)=森
Spirare(シュピラーレ)=螺旋
フンデルトヴァッサーは、「自然界に直線は存在しない!」と言って極度に直線を嫌ったと言うことですが、彼の建築には、とにかく曲線が多用されています。
住所:Waldspirale,64289 Darmstadt
(Friedberger StraßeとBüdinger Straßeが交差するところ)

フンデルトヴァッサーに興味を持ってから色々と調べていて、自然界には無い直線を避け、自然な線を用いて建築物を造った自然を愛した芸術家であるということを知りました。
Hundertwasser_Waldspirale 8.JPG

ダルムシュタットのヴァルトシュピラーレを眺めていると、まさに納得!
さすがに窓自体は直線の枠、いえ、直線なのは、窓の枠くらい、いやそれもさらに自然の線でその窓枠をわざわざ囲っているのが、拘りなのでしょうか?
そんなことを思ったりして、見ていて飽きません。 「面白すぎる…」
Hundertwasser_Waldspirale 6.jpg

自然線と言えば、私は、アパートへのアプローチである階段のこの歪み具合、「何とも良い味を出していて、ホントにステキ♪」と思うのです。
「好きだなぁ~これ」 私にとっては、この階段、まさにツボです。
Hundertwasser_Waldspirale 5.JPG

集合住宅ですから、生活感あふれる場所ももちろんあります。
例えば、こちらは、地下駐車場への入口。
こんなに生活感あふれる場なのに、何だかお洒落なのですよ。
Hundertwasser_Waldspirale 4.JPG

こちらは、中庭の風景。
良くある子供の遊び場が見えますネ。 滑り台やら砂場があるのを見ると、まさにアパートなんだなぁ~と実感します。
こんな場所に住むってどんな感じなんでしょうね。 家の中も見てみたいものですネ。
外から眺めているだけでもワクワクするフンデルトヴァッサーの世界、是非皆様も体感してみて下さい。
実は、フンデルトヴァッサーが設計した建築物、日本にもあるんですよネ。
興味があれば是非、足を運んでみて下さい。
私も、これからも、フンデルトヴァッサーの世界を色々と体感しに行こうと思っています。 

《参考資料》
Darmstadt official Website: “Waldspirale”(https://www.darmstadt.de/darmstadt-erleben/sehenswuerdigkeiten/waldspirale/) 
Hundertwasser official Website:http://www.hundertwasser.at/index_en.php 


2017年9月21日

Kuerbis 1.JPG

お久しぶりです。 
「夏休みが終わってしまった…」と思っていたら、ドイツはアッと言う間にもう秋の気配まっしぐらです。
もう9月も半ばを過ぎましたから当然と言えば当然なのですが、朝晩はかなり冷え込み、薄手のコート、長袖、ショールは必須な今日この頃です。
Kuerbis 2.jpg

昨日、近くの農家直営店へ買い物に出かけると、色々なかぼちゃ、”Kürbis(クゥェルビス)”が店頭に並んでいました。
Kuerbis 3.jpg

そう、ドイツで秋を感じさせられる食材、または、家のデコレーション素材と言うと、この時期やはりかぼちゃが代表格です。
これは、年々ドイツでもエスカレートしている感のあるハロウィンの影響なのかなとも思われますが、レストランのシーズンメニューにも登場してきますから、一概にハロウィンの影響だけではなさそうです。
Kuerbis 4.JPG

同じお店の去年の秋の様子はこちら。
今年はよりハロウィン要素が強い感じがしますよね。
Kuerbis 5.JPG

スーパーでも色々な種類のかぼちゃが売り出されます。
明らかに、どうみても食材として食べる様なかぼちゃではなさそうなものがたくさん… 
だって見るからに、「美味しくなさそう…」
Kuerbis 6.JPG

家に飾って目で秋を愛でる、ドイツ人の感性を感じます。
ネットで、”Kürbis deko”で画像検索してみると、このようなかわった形の可愛らしいかぼちゃを使ったデコレーションが出てきます。
カゴに小さな色々な形のかぼちゃを入れるだけで秋を感じるから不思議…
興味があれば、是非参考までに覗いてみて下さい。 眺めているだけでも楽しいですよ。


2017年9月18日

5月のロングウィーケンドの旅レポートも最終章です。
シュタインバッハ―ポルトヴェーネレ約906kmを走行する車の旅、4連休なので渋滞を避け、木曜の朝3時に家を出ました。
おかげでドイツ国内はスイスイと抜けることができ、難関ゴッタルド峠も、ここはいつも混んでいるので、その割には9時過ぎには通過で、比較的順調かに見えました。
Euroad_BF 1.JPG



最初の難関であるゴッタルド峠を過ぎて、スイス側で朝食。
やはり、スイスの高速道路のサービスエリアは、何と言っても眺めが良い♪
朝食も、山並みを眺めながら爽やかに…
「いただきまぁ~す!」

余談ですが、今回のドライブですっかりはまってしまった”LATTESSO(ラッテッソ)”。蓋の部分に小さなクッキーが入ってます。
Euroad_BF 2 (3).JPG

こういう発見も旅の楽しみの1つですネ。 「お気に入りスイスプロダクツ見っけ!」

さて、朝食も済んでここまでは順調に来たのですが、第2の難所が…
「この勢いなら、15:00くらいには着くかなぁ~」などと話していたけど甘かった。

「ミラノ渋滞だったぁ~!」
Euroad_Milan 2.JPG

忘れていたけど、ミラノはいつも渋滞だぁ~。
ミラノの料金所が近づくと、中央2列がスゴイ渋滞。 右端はスイスイ。
かなり前から見える料金所の看板、中央から2レーンが現金、カード、残りはTELEPASSとあって、分からないTELEPASSには並びたくないというので、皆左2レーンに並んで渋滞中。
Euroad_Milan 1.JPG

イタリアナンバーの車はどんどん右側を走って抜いて行くけど、怖いので旅行者の私たちはなかなか行けない。
料金所が近づいてくると、2列だったレーンが、右側へ散らばって行くではありませんか?
「なんだぁ~現金の窓口も2つだけじゃないじゃん!」
「って忘れていたけど、前もこんな話してたっけ…」

そうそう、もっと前から右へ移動して抜いて行けば良かったんだネ。
次こそは忘れないぞ!
旅行者の皆様、レンタカーをされてミラノ近辺の高速道路を使うなら、ここ!覚えておいてくださいネ。

渋滞を抜けたところのサービスエリアでランチブレイク。
Euroad_Milan 3.JPG

ここのレストラン、高速道路の上のレストランで、両サイドから入ることができます。
中もとてもきれいで広々としていました。
Euroad_Milan 4.JPG



早々にポルトヴェーネレに着くと思っていたので、本当は、美味しいシーフードランチと期待していたのに、思いのほか、ミラノ通過で時間がかかってしまい、サービスエリアでのランチにガッカリでした。
っが、いえいえどうして、サービスエリアのシンプルパスタ・ポモドーロが意外にも美味しかったぁ~♪

「ここでかなりロスをしてしまい、結果ポルトヴェーネレの宿についたのは、17時頃ですから、何とまぁ~…」
2レーン渋滞のトリックを知っていれば、もう少し早く到着できたかもしれません。
「次こそは、絶対に忘れないぞぉ~!」


2017年8月20日
2017年8月15日
2017年8月13日
2017年8月 9日
2017年7月22日
⇒すべての記事を見る

ドイツ旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■ドイツの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イタリア/シチリア島イタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ミラノイタリア/ミラノエキスポイタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バレンシアスペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスロヴェニア/リュブリャナチェコ/プラハ2チェコ/ブルノチェコ/プラハデンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルン2ドイツ/ケルンドイツ/シュタインバッハドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミンデンドイツ/レーゲンスブルクノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/サンローフランス/トゥルコアンフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ

ヨーロッパにもどる

  • 特派員プロフィール
  • シュタインバッハ特派員

    シュタインバッハ特派員
    増井 尚美
    ヨーロッパの街並みや文化、歴史が大好きで、「ヨーロッパに住んでみたい!」と、ずっとヨーロッパ生活に憧れていました。念願かなってドイツに就職先が見つかり、2001年の9月に渡独、そこから私のドイツ生活が始まりました。現在は、“家庭と仕事の両立”を目指し日々奮闘中です。そんなドイツ生活の中から、色々な旬の情報を発信できたらと思っています。 DISQUS ID @disqus_pGMYQXXLR9

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集