海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > シュタインバッハ特派員ブログ > ドイツの学校で話題?!なネタでGuten Tag!

ドイツ/シュタインバッハ特派員ブログ 増井 尚美

ドイツ・シュタインバッハ特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2016年5月31日

ドイツの学校で話題?!なネタでGuten Tag!


ドイツの学校で話題?!なネタでGuten Tag!

初めまして、シュタインバッハ特派員となりました増井尚美です。
私はヨーロッパが大好きで、ずっとヨーロッパに住んでみたいと憧れていました。
その夢がかなってドイツに就職先が見つかりドイツへやってきたのが、30歳になる1日前という遅咲きデビューです。
その後は結婚、出産と自分でもかなりビックリな急展開でドイツ暮らしも15年目を迎えます。


現在は、ドイツにある日系のケミカル会社で、ドイツなのになぜかフランス人上司の下、仕事に家庭にと日々奮闘中です。
そんな毎日のドイツ生活の中から、在住者ならではの視点でドイツ・ヨーロッパ情報を皆様にお届けできたらと思います。
どうぞ宜しくお願い致します。


さて、プロフィール写真ですが、何か変なところ、ありませんか?
これ、特撮でも、私が自転車を持ち上げているのでもありません。


実は、先月家族ででかけたヴュルツブルク近郊にあるWeltheim(ヴェルトハイム)のアウトレットに
行った際に立ち寄った、ある面白施設で撮影したものです。


アウトバーンを下りて、アウトレットへ向かって走っていると、9歳の娘が突然、「あ~!アップサイドダウンハウスがある!!」と大興奮。
最初、「どこ?何それ?」とフツウに聞いていた私たち親も、車窓から見えてきた建物にギョッとしました。


DasToppelsHaus.JPG

車窓から見えた建物は、ずばり、これ↑です。
どうですか、一瞬ギョッとしませんか? 「何だ、これぇ~?」と思わず娘に聞いてしまいました。


娘曰く、学校のアートの授業でこのアップサイドダウン・ハウス(逆さまな家)のことを
紹介されたらしく、クラスの皆の間で話題になっていたのだとか。
こちらのヴェルトハイムにある逆さまな家"Das Toppels Haus(ダス・トッペルス・ハウス)" は、
今年の1月末にオープンしたばかりのまさに出来立てホヤホヤの施設です。


SchildvomToppelsHaus.JPG


チケット売り場は、こちらも店内が逆さまインテリアの敷設カフェにあり、そこでチケットを買って入るのですが、
カフェのお兄さんから、「くれぐれもゆっくり進んでね、じゃないと具合悪くなっちゃうよ。」と忠告されました。
入ってみてその意味が良ぉ~く身に染みて分かりました。 何だか建物自体が斜めになっていて、全てが逆さまの世界なので、
クラクラしてくるのです。 これ大げさではなく、本当にそうなので不思議です。

では、プロフィール写真の種明かしです。
まずは、全体写真から。 そして、それが本当はこうなっています。


Fahrradunten.JPG



Fahrradoben.jpg


もう1枚行きますよ。


こんなアクロバットな写真も... 実は、こうやって撮ってます。


Leiterunten.jpg



Leiteroben.jpg


良く見ると窓の外の景色が逆様になっているし、いや良く見なくても髪の毛の感じがおかしいのですぐに分かってしまうのですが、
こんな面白写真を撮ることに家族皆で真剣になるというのも何だか楽しいものです。


9歳の娘も大はしゃぎで、子供部屋では、ホラこの通りコウモリの様になっています。大はしゃぎに見えない?
いえいえ、彼女はかなり大興奮でしたよ。


Kinderzimmer.jpg


これ以外にもリビング、寝室はもちろんのこと、キッチンやバス・トイレまで、丸ごと1件の家が逆さまの世界です。


たまたま、発見したこちらの面白施設、ゆっくり見て回っても20分もあれば周れてしまう小さな施設ですが、
何ともユニークで、家族で楽しめてとても面白いところでした。
写真の撮り方に凝ったりして、「こうしたら?ああしたら?」と、ワイワイと見て回れます。


ホームページによれば、365日年中無休とあるので、お店が開いていない日曜日に、家族で出かけてみるのも楽しいかもしれません。
旅行中の方には、アクセスがあまり良くないので難しいかもしれませんが、観光地ヴュルツブルク、から車で30分くらい、
近郊の町ヴェルトハイムからは15分くらいのところにあります。 タクシー利用の際には、"往復、待ち時間30分"などと条件を出して
最初に交渉してみて下さい。


気になる混み具合ですが、この時は、私たち家族以外に2・3組のカップル、家族連れくらいしかいなかったので、悠々と見て回ることができました。
入場するのに並んで待つということも全くありませんでした。 まだまだ知名度の低い新しいスポットです。


ちなみに、ヴェルトハイムのアウトレットの方は、日曜日は開いていませんので、気を付けて下さい。


Das Toppels Haus
住所:Almosenberg 6 ,  97877 Wertheim
営業時間: 年中無休 10:00-18:00
入場料: 大人 Eur 4,50- 子供(4-14歳)Eur 3,50- *0-3歳 無料
Website: http://www.toppelshaus.de/
上記情報は、2016年4月現在のものです。
営業時間、入場料などは、実際に行かれる前に必ずホームページで確認して下さい。


記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー お知らせ 見所・観光・定番スポット
2016年5月31日
»次の記事「ドイツ四季便り第1号 「春の訪れを告げるシュパーゲル」」 へ
おすすめ記事
    シュタインバッハ特派員 新着記事
    DIY初級者の実体験レポ:ドイツでキッチンリフォーム
    ドイツ四季便り第25号:日本の桜、ドイツの桜 近所の桜も真っ盛り! ~春の装い旅支度(どんな服装?)~
    ドイツへ来たら是非食べよう! 自家製ハンバーガー天国なドイツ
    ベルリンを歩くPart 4: 1冊の本を携えて負の記憶をたどる旅②
    ベルリンを歩くPart4: 1冊の本を携えて負の記憶をたどる旅①
    ベルリンを歩くPart3: ポツダム広場周辺 観光モデルコース~必見!ソニーセンター
    本場のドイツで伝統的なバウムクーヘンを食べよう!
    オリジナルリッタースポーツチョコを作ろう!

    ドイツ 航空券情報


    ドイツ旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■ドイツの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    ヨーロッパ特派員ブログ一覧

    アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2ウクライナ/オデッサエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ

    ヨーロッパにもどる

    • 特派員プロフィール
    • シュタインバッハ特派員

      シュタインバッハ特派員
      増井 尚美
      ヨーロッパの街並みや文化、歴史が大好きで、「ヨーロッパに住んでみたい!」と、ずっとヨーロッパ生活に憧れていました。念願かなってドイツに就職先が見つかり、2001年の9月に渡独、そこから私のドイツ生活が始まりました。現在は、“家庭と仕事の両立”を目指し日々奮闘中です。そんなドイツ生活の中から、色々な旬の情報を発信できたらと思っています。 DISQUS ID @disqus_gT480tjXAD

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集