海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > シュタインバッハ特派員ブログ > 渡辺七奈さん、最優秀賞第2位受賞おめでとうございま...

ドイツ/シュタインバッハ特派員ブログ 増井 尚美

ドイツ・シュタインバッハ特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2016年6月13日

渡辺七奈さん、最優秀賞第2位受賞おめでとうございます!


渡辺七奈さん、最優秀賞第2位受賞おめでとうございます!

地球の歩き方編集部・取材&日記で紹介された"【ドイツ・観光街道キャンペーン】インターナショナルフォトコンテストで日本人フォトジャーナリストが最優秀賞を受賞! "という記事、ご覧になりましたでしょうか?

ドイツ観光局主催の「観光街道」をテーマにしたインターナショナルフォトコンテストで、日本人ジャーナリストの渡辺七奈さんが撮影された、"Schloss Neuschwanstein(シュロス・ノイシュバンシュタイン)/ノイヴァンシュタイン城"が最優秀3作品に選ばれ、その中でも第2位になったという嬉しい報告でした。

ノイシュヴァンシュタイン城と言えば、日本ではドイツで最も人気のある有名な観光地なのではないでしょうか?
ロマンティック街道の南の終着点でもあります。
Neuschwanstein1.JPG

私は、2003年6月6日にドイツで結婚式を挙げたのですが、その時は主人側と私側と各10名ずつ親戚・友人が日本から参列してくれました。 結婚式後、日本からのお客様全員とのミニバスツアーを企画したのですが、その時に選んだのが、ロマンティック街道だったので、個人的にとても思い出深い地でもあります。
上の写真は、当時結婚式とその後のツアーに参加してくれた親戚の1人が撮影したものです。

今回最優秀賞に選ばれた渡辺さんの作品"ノイシュヴァンシュタイン城とホーエンシュヴァンガウ城"がアルプスの雄大な景色に溶け込んでいる写真は、ドイツのすばらしい一面を映し出していて本当にステキな作品だと思いました。
渡辺さんの作品については、編集部ブログでも紹介されているこちらのサイトでご覧ください。
キレイ・ライフスタイル「ロマンチック街道を行く」

今日は、結婚式に参列して下さった親戚が、恐らくとってもオーソドックスなアングルから撮影した、"ノイシュヴァンシュタイン城"の姿を紹介しながら、思い出を写真で辿ってみようと思います。

ノイシュヴァンシュタイン城は、渡辺さんの写真が語りかけているように、大自然の中に佇んでいます。
ノイシュヴァンシュタイン城観光の拠点地となる麓の町、Füssen(フュッセン)から見上げるノイシュヴァンシュタイン城です。
Neuschwanstein 3.JPG

チケット売り場はフュッセンの町中にあり、ここからノイシュヴァンシュタイン城までは結構な距離があります。
写真からもお分かりになりますか?
チケットを購入すると、城内への見学時間が指定されます。 その時間までにお城まで行かなくてはならないのですが、かなりの健脚でない限り、シャトルバスや乗り合い馬車で上へあがるのが良いでしょう。 

もうかなり前の事になり記憶があやふやなのですが、当時、行きがシャトルバスで、帰りは皆で分散して乗合馬車で下りた様に思います。
いずれにしても、チケットをゲットした時点で、何だか期待感が高まりウキウキします。
Pfard 1.JPG Pfard 2.JPG

ノイシュヴァンシュタイン城が最も美しく見えるフォトポイントとして、Marien-brücke(マリエンブリュッケ)/マリエン橋が有名ですね。
私たちも例外なく、このマリエン橋へ立ち寄り美しいノイシュヴァンシュタイン城の雄姿を堪能しました。
Marien Bruecke.JPG

22名のグループだったので、私たちだけでもういっぱいですね。
ちなみに、現在マリエン橋は修復のため閉鎖されているようですのでご注意下さい。 閉鎖期間は、2016年の7月下旬とありますが、この前後に行かれる予定の方は、ツーリストインフォメーションで確認しましょう。(→ )

マリエン橋から撮影したノイシュヴァンシュタイン城が最初の写真です。
Neuschwanstein 2.JPG

そしてもう1枚、別の親戚が撮影したノイシュヴァンシュタイン城を。
ノイシュヴァンシュタイン城の美しさは圧倒的で、どんな人も、にわかフォトグラファーに変貌します。

それでも、流石プロの写真家は、その美しい雄姿もちょっと違った視点でとらえ、別の魅力を私たちに気付かせてくれますね。 渡辺さんの写真は、ドイツの自然と美しさ、その中に佇む文化遺産が融合していて、ドイツの魅力を訴えかけてくます。
私も、現地特派員として、
「"ちょっと気づかない、でもそこにある!"ドイツの魅力を少しでもお伝えできたら良いなぁ~」と改めて思いました。

受賞された渡辺七奈さん、受賞おめでとうございます。
そしてとてもステキな写真をありがとうございました。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー イベント・行事・お祭り 自然・風景 見所・観光・定番スポット
2016年6月13日
« 前の記事「スーパーマニアドイツ編① 今ドイツが熱い!スーパーでも大盛り上がりEURO 2016」へ
»次の記事「ドイツ四季便り第2号「苺の季節がやって来た!」」 へ
おすすめ記事
    シュタインバッハ特派員 新着記事
    DIY初級者の実体験レポ:ドイツでキッチンリフォーム
    ドイツ四季便り第25号:日本の桜、ドイツの桜 近所の桜も真っ盛り! ~春の装い旅支度(どんな服装?)~
    ドイツへ来たら是非食べよう! 自家製ハンバーガー天国なドイツ
    ベルリンを歩くPart 4: 1冊の本を携えて負の記憶をたどる旅②
    ベルリンを歩くPart4: 1冊の本を携えて負の記憶をたどる旅①
    ベルリンを歩くPart3: ポツダム広場周辺 観光モデルコース~必見!ソニーセンター
    本場のドイツで伝統的なバウムクーヘンを食べよう!
    オリジナルリッタースポーツチョコを作ろう!

    ドイツ 航空券情報


    ドイツ旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■ドイツの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    ヨーロッパ特派員ブログ一覧

    アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2ウクライナ/オデッサエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ

    ヨーロッパにもどる

    • 特派員プロフィール
    • シュタインバッハ特派員

      シュタインバッハ特派員
      増井 尚美
      ヨーロッパの街並みや文化、歴史が大好きで、「ヨーロッパに住んでみたい!」と、ずっとヨーロッパ生活に憧れていました。念願かなってドイツに就職先が見つかり、2001年の9月に渡独、そこから私のドイツ生活が始まりました。現在は、“家庭と仕事の両立”を目指し日々奮闘中です。そんなドイツ生活の中から、色々な旬の情報を発信できたらと思っています。 DISQUS ID @disqus_gT480tjXAD

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集