海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > シュタインバッハ特派員ブログ > ビール純粋令とヴァイツェンの謎!

ドイツ/シュタインバッハ特派員ブログ 増井 尚美

ドイツ・シュタインバッハ特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2016年7月 5日

ビール純粋令とヴァイツェンの謎!


ビール純粋令とヴァイツェンの謎!

土曜日は、EM ドイツVSイタリア戦、最後の最後まで手に汗握る白熱した試合でした。
フランクフルトは、午前中は曇天に時折雨がパラパラという天気の悪さでしたが、午後から徐々に天気が良くなり太陽も顔を出して暑いくらいの時もありました。 やっと天気に恵まれたドイツ戦、日曜日は、至る所でBBQを楽しみながらEM観戦を楽しんでいたことと思います。 夏を感じました! そろそろビールが似合う季節がやってきますネ。 

ということで、今日は、ドイツのビール純粋令とミュンヘンを代表する地ビール、ヴァイツェンの謎についてのお話です。 先日、今年は、"ビール純粋令500年の記念の年"ということを紹介しました。
Weizenbier_Paulaner.jpg

ビール純粋令は、ドイツ語で"Reinheitsgebot(ラインハイツゲボゥト)"です。
1516年4月23日にバイエルン公ヴィルヘルム4世によってIngolstadt(インゴルシュタット)で公布された条例で、「ビールには、大麦(麦芽)、ホップ、水(後に酵母が追加)以外の原料は使ってはならない」というものです。

もう少し掘り下げてみると、ビール純粋令は、以下の3つの柱が骨格となるそうです。

  • 1. 法外な値段でビールを売ることを禁止する。
    2. 一般庶民の主食、パンの原料である小麦をビール醸造の目的で使用することを禁止する。
    3. 粗悪で健康に害を及ぼす原料を使用することを禁止する。

  • そこで、ちょっと疑問が湧いてきました...えっと、大麦、ホップ、水、あれっ?小麦の使用は禁止??? 
    では、「ミュンヘンを中心にしたバイエルン地方の地ビール、"Weizenbier(ヴァイツェン・ビアー)"は許されるの?」

    なぜなら"Weizen(ヴァイツェン)"とは、小麦のことで、日本では、Weizenbier(ヴァイツェン・ビアー)"は、小麦ビールとか白ビールと呼ばれていますね。
    小麦使用のビールが、ビール純粋令誕生のお膝元、バイエルン地方で綿々と造り続けられているということですから、ちょっと訳が分からなくなってしまいました。 まさにこれは、謎だ!
    Weizenfeld.JPG
    シュタインバッハにある我が家から最寄駅へ向かう途中にある一面の畑、畑越しにフランクフルト市内が見えます。 
    良く見てみれば、麦です。
    こんなに身近なところに麦畑があるなんてビックリです。

    Wizen.JPG
    我が家から駅までの良く通る道の脇に広がる麦畑。
    何だかとっても身近な存在の麦なんですね。

    さて、「なぜ、小麦ビールが純粋令下でも受け継がれ、今やバイエルンを代表する地ビールになったか?」と言う謎ですが、この「ビール純粋令」、"ただし"というのがあって、一部の富裕層や貴族、ビール製造の伝統を持つ修道院には、小麦を使ったビール造りが認められていたということらしいのです。

    そもそもヴィルヘルム4世が小麦の使用を禁じたのは、主食となるパンの原料の確保であり、小麦を使ったビールの品質が悪いと評価した訳ではないので、ヴァイツェンビール製造のライセンスを買うことが出来た、ということらしいです。 つまり、相当な金額を支払える富裕層だけが得られた特権と言う訳ですね。 
    小麦の使用が禁止されていた1798年までの間、この白ビール製造のライセンス料や、白ビール醸造所の創設によってもたらされる売上が、その時々の公爵領の良い収入源になっていたと言う一面もある様です。

    大麦麦芽も小麦麦芽も、「自然の原料100%で"Reinheits(ラインハイツ)純正"のビールを」と言う点では何の遜色も無い訳ですから、ヴァイツェンビールがビール純粋令に則ったものではないと言う方が本末転倒な気がしないでもありません。
    Reinheitsgebot_Hop 1.JPG
    Hessenpark(ヘッセンパーク)内にあるHopfen(ホップフェン)ホップ畑
    実際にドイツを旅していると、時折空に真っ直ぐ伸びたホップの木が連なる畑に出会うことがあります。

    いずれにしても、ミュンヘンの名だたる有名な老舗ブラウエライの起源が、修道院や王室・貴族などとの関わりが深いところが多いことは妙に納得です。
    Weizenbier_Hofbreui.JPG
    ミュンヘン屈指のビアホール
    Hofbräuhaus (ホフブロイハウス)
    バイエルン公ヴィルヘルム5世の一声で設立された、バイエルン公直営の醸造所/ブラウエライがHB

    バイエルン地方のビールの味が認められ、バイエルンという一公国の条例が、1906年にドイツ全国で適用されることになる経緯もドイツらしさを感じます。 今はこの純粋令もかなり拡大解釈されている一面もあるようですが、ヨーロッパ諸国からの圧力で法的にはだんだんと緩和されつつあるビール純粋令を守っている醸造所が多いというところに、ドイツ人のビールに対する思い入れと職人気質の心意気を感じます。
    Reinheitsgebot_Bitburger.JPG Reinheitsgebot_Flasche.jpg

    先日南アの友人宅で飲んだピルツビールの瓶に、「ビール純粋令に基づいて醸造しています。」という宣言が書かれたラベルを見つけました。
    ビール純粋令に少し親しんだ今、晩酌で飲んでいるいつもの瓶ビールも心なしかいつもより美味しく感じます。


    参考資料:
    2016 DEUTSCHER BRAUER-BUND(ドイチャー・ブラウアー・ブント)ドイツ醸造者連盟
    "Unser Reinheitsgebot 500Jahre" 英語ドイツ語
    ドイツニュースダイジェスト 「ビール小話」

    記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
    カテゴリー 夜遊び・クラブ・お酒 文化・芸術・美術
    2016年7月 5日
    « 前の記事「フランクフルトが誇る老舗コーヒー店:WACKER'S KAFFEE」へ
    »次の記事「「夏だ!」ドイツで人気のカクテルで乾杯♪」 へ
    おすすめ記事
      シュタインバッハ特派員 新着記事
      DIY初級者の実体験レポ:ドイツでキッチンリフォーム
      ドイツ四季便り第25号:日本の桜、ドイツの桜 近所の桜も真っ盛り! ~春の装い旅支度(どんな服装?)~
      ドイツへ来たら是非食べよう! 自家製ハンバーガー天国なドイツ
      ベルリンを歩くPart 4: 1冊の本を携えて負の記憶をたどる旅②
      ベルリンを歩くPart4: 1冊の本を携えて負の記憶をたどる旅①
      ベルリンを歩くPart3: ポツダム広場周辺 観光モデルコース~必見!ソニーセンター
      本場のドイツで伝統的なバウムクーヘンを食べよう!
      オリジナルリッタースポーツチョコを作ろう!

      ドイツ 航空券情報


      ドイツ旅行 旅スケジュール

      旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■ドイツの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

      ヨーロッパ特派員ブログ一覧

      アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2ウクライナ/オデッサエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ

      ヨーロッパにもどる

      • 特派員プロフィール
      • シュタインバッハ特派員

        シュタインバッハ特派員
        増井 尚美
        ヨーロッパの街並みや文化、歴史が大好きで、「ヨーロッパに住んでみたい!」と、ずっとヨーロッパ生活に憧れていました。念願かなってドイツに就職先が見つかり、2001年の9月に渡独、そこから私のドイツ生活が始まりました。現在は、“家庭と仕事の両立”を目指し日々奮闘中です。そんなドイツ生活の中から、色々な旬の情報を発信できたらと思っています。 DISQUS ID @disqus_gT480tjXAD

      • リーダーに登録

      地球の歩き方Web特派員募集