海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > シュタインバッハ特派員ブログ > イチ押し!美味しい夏の食材 "Pfiff...

ドイツ/シュタインバッハ特派員ブログ 増井 尚美

ドイツ・シュタインバッハ特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2016年8月 4日

イチ押し!美味しい夏の食材 "Pfifferlinge"


メール プリント もっと見る

イチ押し!美味しい夏の食材 "Pfifferlinge"

ドイツ四季便り第5号
Pfifferlinge 1.JPG

ドイツ、いえヨーロッパで夏になると、市場やスーパーで良く見かける見た目もグロテスクな黄色いキノコがあります。
私は実は、最初はその見た目から手を出す勇気が持てず、倦厭していました。
でも、思い切って買ってみてビックリ。 これがまぁなんと美味しかったこと。
それ以来私はこの黄色いキノコ、ドイツ語で、"Pfifferlinge(プフィファリンゲ)"の大ファンになりました。 毎年このプフィファリンゲが旬の夏が待ち遠しい!

プフィファリンゲ、ネットで検索してみると、日本ではアンズダケというそうですが、はっきり言ってこのアンズダケというものに日本で遭遇したことは無く、よって食べたこともありませんでした。 皆さんは如何ですか?
あまりメジャーな食材ではないですよね。 ドイツでは夏が旬のメジャーなキノコです。

いよいよ、プフィファリンゲの夏がやってきました。
Pfifferlinge Woche.JPG

通勤路にあるシュタインバッハのビストロの壁に書かれた"Pfifferlinge Wochen(プフィファリンゲ・ヴォッフェン)/プフィファリンゲ週間"に誘われて先日こちらのビストロへ。
Bistro_Stenbach.jpg

我が町シュタインバッハにある、"Bistro Restaurant Ile De Re" は、クナイペの様にお酒が一通り揃った食事も充実したレストランです。 食事のメニューも豊富でいつ行っても満足できるレストランです。 ヴァイツェンの樽からビールが飲めるレストランはなかなか無いのですが、ここではヴァイツェンの生ビールが飲めます。
写真(上)に見られる様に、泡が中央部分だけこんもり盛り上がる様に注がれたビール、最適温度で上手に注がれた証拠です。 「うぅ~ん、旨い!」


【レストランの特別メニュー】
Pfifferlinge Specialitaeten_Menu.JPG

以前、ドイツ四季便り第1号シュパーゲルの記事で紹介した通り、ドイツのレストランでは、旬の食材を使った特別メニュー"Spezialitäten(シュペツィアリテーテン)"が用意されています。
今日は、実際のメニューを参考までに載せてみますね。  英語圏では無い国のレストランでのメニュー選びって、結構骨が折れますよね。

私は、自分が食べたい食材、例えば、ホタテとか伊勢海老とかの名前だけ予めその国の言葉を調べておきます。 そうすれば、「あれ?こんなちょっと??」「イメージと違う...」なんてこともありますが、食べたい食材の料理にはありつけます。

さて、今回私たち家族がここへやって来た目的は、プフィファリンゲですから、もちろん、旬の食材を使った特別メニューから、色々と選びました。

まずは、"新鮮なプフィファリンゲ炒めと煎った種のサラダ・ガーリックバゲット添え"を前菜に。 前菜と言っても、私たちは大抵"Alles Zusammen(アーレス・ツザーメン)/すべて一緒に"と頼むのでいっぺんに出来てきます。
Pfifferlinge 2.JPG

今回は、オーダーを取り終えた店員さんのアドバイスにより、特別にサラダ小=kleine Portion(クライネ・ポルチオン*ポーションのこと)にしてもらいました。
「これ、3名分では多いのでは? サラダ、かなり大きいですよ。」と言ってくれたのです。
このサラダ、プフィファリンゲと植物の種のコンビネーションが最高なんです。 自家製ドレッシングがまた良く合います。

続いてメインですが、娘は、"新鮮なプフィファリンゲのハーブクリームソースパスタ"、私は、"豚肉フィレ・新鮮なプフィファリンゲ・ズッキーニ・トマト・ローズマリーのジャガイモニョッキ"をオーダー。
Pfifferlinge 4.JPG Pfifferlinge 3.JPG

オーダ―を見て頂くとお分かりの通り、プフィファリンゲはクリームソースとの相性がとっても良いのです。 わが娘は、このプフィファリンゲのクリームソースパスタが大好物で、この時期どのドイツ料理レストランでも決まってこれをチョイス。
ここのも美味しい♪と言って頬張っておりました。
私の方も、シャキシャキプフィファリンゲと野菜の相性がバッチシで美味しくいただきました。 ここのレストラン、お肉が少々固いのが難点なのですが、ニョッキはあまり得意ではない(メニューからはニョッキだとは分からなかった...)私でも大満足な今シーズン初のプフィファリンゲでした。

主人は、ここの自家製バーガーを。 手作りハンバーガーは、ファーストフードのものとは違ってジューシーなお肉の味がしっかり伝わって美味しいですよ。
ファーストフードのハンバーガーとは一味違う、自家製バーガーも試してみる価値ありです。 ビールとの相性もバッチリですしね。
Homemade Hamburger.JPG

日本ではなかなか味わえないキノコ、見た目はグロテスクですが味わい豊かで、シャキシャキな食感を楽しんで頂きたいと思います。 プフィファリンゲが旬の夏にドイツへ来られる際には、ドイツの夏の食材プフィファリンゲを使った料理を試してみて下さい。 
この味を知らないなんてもったいない! 是非一度試して頂きたいイチ押しの食材です。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー レストラン・料理・食材
2016年8月 4日
« 前の記事「言葉図鑑①:Brexit:今ヨーロッパで囁かれている言葉」へ
»次の記事「あまり知られていない魅力的な町 "Ludwigsburg" Part1」 へ
おすすめ記事
    シュタインバッハ特派員 新着記事
    ダルムシュタットで身近に感じるアート"Hundertwasser(フンデルトヴァッサー)"
    ドイツ四季便り第22号:かぼちゃで感じるドイツの秋:"Kürbis(クゥェルビス)"
    欧道紀行イタリア編:イタリア車の旅 最大の難関はミラノ渋滞
    欧道紀行イタリア編:チンクエ・テッレ&ポルトヴェーネレで食べる、飲む!
    欧道紀行イタリア編:チンクエ・テッレ観光に最適なポルトヴェーネレ
    欧道紀行イタリア編:チンクエ・テッレ サクッと滞在ヴェルナッツァとマナローラ
    欧道紀行イタリア編:チンクエ・テッレ 広々砂浜ビーチがある村モンテロッソ・アル・マーレ
    欧道紀行イタリア編:チンクエ・テッレ 碧い海にカラフルな家の村リオマッジョーレ

    ドイツ ツアー最安値


    2017/9/24更新

    ドイツ 航空券情報


    ドイツ旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■ドイツの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    ヨーロッパ特派員ブログ一覧

    アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イタリア/シチリア島イタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ミラノイタリア/ミラノエキスポイタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バレンシアスペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスロヴェニア/リュブリャナチェコ/プラハ2チェコ/ブルノチェコ/プラハデンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルン2ドイツ/ケルンドイツ/シュタインバッハドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミンデンドイツ/レーゲンスブルクノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/サンローフランス/トゥルコアンフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ

    ヨーロッパにもどる

    • 特派員プロフィール
    • シュタインバッハ特派員

      シュタインバッハ特派員
      増井 尚美
      ヨーロッパの街並みや文化、歴史が大好きで、「ヨーロッパに住んでみたい!」と、ずっとヨーロッパ生活に憧れていました。念願かなってドイツに就職先が見つかり、2001年の9月に渡独、そこから私のドイツ生活が始まりました。現在は、“家庭と仕事の両立”を目指し日々奮闘中です。そんなドイツ生活の中から、色々な旬の情報を発信できたらと思っています。 DISQUS ID @disqus_pGMYQXXLR9

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集