海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > シュタインバッハ特派員ブログ > 旅の計画に役立つ HowTo! 「イベント情報を事...

ドイツ/シュタインバッハ特派員ブログ 増井 尚美

ドイツ・シュタインバッハ特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2016年8月10日

旅の計画に役立つ HowTo! 「イベント情報を事前にチェック!」


メール プリント もっと見る

旅の計画に役立つ HowTo! 「イベント情報を事前にチェック!」

「ドイツのフェスト面白いですよ!」
と、何度か紹介してきましたが、旅行者の方が現地のイベント情報を予め入手するのってそんなに簡単なことではないですよね。 
今日は、旅行を予定されている方が、予めイベント情報を入手する方法について紹介してみたいと思います。

有名な観光地等では、英語サイトもかなり充実していますが、それでもやはりドイツ語サイトの方が内容充実です。 ここでは、旅行者の方が、少なくとも、1.旅行期間中に訪問先で何かイベントがあるかどうか? 2.いつ?というところまでを知ることができるように順を追って説明してみます。

各町によって、サイトのデザインが異なるため、今から説明する手順通りで全てカバーできるとは思えませんが、大抵の場合は大丈夫だと思いますのでトライしてみて下さいね。
Ludwigsburg1.png

ドイツでは、ほとんどの町がオフィシャル・ホームページを開設しています。
わが町、シュタインバッハはフランクフルト郊外の小さな町ですが、そんな町ですらオフィシャルサイトがあります。
そのアドレスは、大抵の場合、https://www.町の名前.de/です。例えば、ルートヴィヒスブルクだったら、https://www.ludwigsburg.de/  と言う訳です。 同じ名前が存在したりする場合には、+αがつきますが大抵この法則で検索するとオフィシャルサイトへたどり着けます。
では、実際にルートヴィヒスブルクのWebsiteを例に順を追って見て行きましょう。
町のオフィシャルサイトですから、市民のための住民情報がメインであり、観光情報は、"Tourismus(トゥリスムス)"という別枠に設定されていることが多いです。 
有名な観光地では、観光情報のみを扱うサイトが別途用意されている場合もあります。

では、観光カテゴリーのどこにイベント情報が掲載されているのでしょか?
Ludwigsburg2.png Ludwigsburg3.png

ドイツ語でイベント・催しに当たる"Veranstaltungen(フェアアンスタルトゥンゲン)"とか、英語の"Event(イヴェント)"とカテゴリーされていると思います。
場合によっては、"Kalender(カレンダー)"とか英語表記で"Calender(カレンダー)"となっているかもしれません。
サイトのデザインによっては、観光サイトからではなく、直接イベント情報のページへ飛ぶようになっている場合もありますが、いずれにしても、まずは、"Veranstaltungen(フェアアンスタルトゥンゲン)"/"Event(イヴェント)"を探しましょう。
Ludwigsburg4.png Ludwigsburg5.png

大抵の場合、期間を入れて検索できるようになっています。
ルートヴィヒブルクのサイトも同様です。 訪問期間中を入れてそのままクリックすれば、全てのイベント情報が、さらには、イベントのカテゴリーを選択すればそのイベントのみの情報が検索できます。

今回は、8月1日~31日までの1ヶ月間にルートヴィヒスブルクで開催されるFest(フェスト)/祭りというカテゴリーで検索してみました。
Ludwigsburg6.png

すると、2件の検索結果が得られました。 どんな内容かは、"Details(ディタイルス)/詳細"やイベント名など、リンクの張ってある部分をクリックしてみましょう。
ドイツ語が読めなくても写真などが載っていて様子が分かります。
Ludwigsburg7.png

面白そうと思ったら、その名前を入れてネット検索してみると、英語やあるいは日本語のサイトで詳しい情報を得られるかもしれません。

例に挙げた8月27日のイベントについては、花火のショーらしいということが分かりますね。
さらにリンク先をクリックしてみると、色々な写真が掲載されたサイトへ。
Ludwigsburg8.png

とりあえず、「こんな内容のイベントが8月27日にルートヴィヒスブルクで開催される」というところまで事前に分かりました。
Ludwigsburg9.png

同じことを英語のサイトで試してみると、8月27日のこのイベントについては掲載されていませんでした。 やはりドイツ語のサイトの方が情報が多いですね。

さて、その後のことですが、後は、実際に現地で...ということになります。
ここからは、ちょっと行ってみないと分からない部分も多いですネ。 ホテルやインフォメーションセンターに予めメールで問い合わせしてみると言うのも良いかもしれません。

旅の楽しみの1つとして、行き当たりバッタリ、たまたま楽しいフェストに遭遇したというのもそれはそれで楽しいものです。
ただ、少なくとも予めこんなイベントがあるということが分かるだけでも、旅行先を決めるのに役立つかもしれません。 ドイツのフェストに興味があったら、是非トライしてみて下さい。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー イベント・行事・お祭り エンターテイメント・音楽・ショー
2016年8月10日
« 前の記事「あまり知られていない魅力的な町 "Ludwigsburg" Part1」へ
»次の記事「レジデンツシュロスのお庭 "Ludwigsburg" Part2」 へ
おすすめ記事
    シュタインバッハ特派員 新着記事
    ダルムシュタットで身近に感じるアート"Hundertwasser(フンデルトヴァッサー)"
    ドイツ四季便り第22号:かぼちゃで感じるドイツの秋:"Kürbis(クゥェルビス)"
    欧道紀行イタリア編:イタリア車の旅 最大の難関はミラノ渋滞
    欧道紀行イタリア編:チンクエ・テッレ&ポルトヴェーネレで食べる、飲む!
    欧道紀行イタリア編:チンクエ・テッレ観光に最適なポルトヴェーネレ
    欧道紀行イタリア編:チンクエ・テッレ サクッと滞在ヴェルナッツァとマナローラ
    欧道紀行イタリア編:チンクエ・テッレ 広々砂浜ビーチがある村モンテロッソ・アル・マーレ
    欧道紀行イタリア編:チンクエ・テッレ 碧い海にカラフルな家の村リオマッジョーレ

    ドイツ ツアー最安値


    2017/9/24更新

    ドイツ 航空券情報


    ドイツ旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■ドイツの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    ヨーロッパ特派員ブログ一覧

    アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イタリア/シチリア島イタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ミラノイタリア/ミラノエキスポイタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バレンシアスペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスロヴェニア/リュブリャナチェコ/プラハ2チェコ/ブルノチェコ/プラハデンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルン2ドイツ/ケルンドイツ/シュタインバッハドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミンデンドイツ/レーゲンスブルクノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/サンローフランス/トゥルコアンフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ

    ヨーロッパにもどる

    • 特派員プロフィール
    • シュタインバッハ特派員

      シュタインバッハ特派員
      増井 尚美
      ヨーロッパの街並みや文化、歴史が大好きで、「ヨーロッパに住んでみたい!」と、ずっとヨーロッパ生活に憧れていました。念願かなってドイツに就職先が見つかり、2001年の9月に渡独、そこから私のドイツ生活が始まりました。現在は、“家庭と仕事の両立”を目指し日々奮闘中です。そんなドイツ生活の中から、色々な旬の情報を発信できたらと思っています。 DISQUS ID @disqus_pGMYQXXLR9

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集