海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > シュタインバッハ特派員ブログ > ドイツ流 レストランでのチップの渡し方

ドイツ/シュタインバッハ特派員ブログ 増井 尚美

ドイツ・シュタインバッハ特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2016年8月25日

ドイツ流 レストランでのチップの渡し方


メール プリント もっと見る

ドイツ流 レストランでのチップの渡し方

ドイツでは、ドイツ特有のチップの渡し方があるのをご存知ですか?
過去にイタリアやスペインで試してみましたが、ドイツ流のこの方法は通じませんでした。 
同じヨーロッパでも、習慣やマナーは国ごとに違っているので右に倣え!というわけには行かないようです。
Trinkgeld.JPG

では、ドイツのレストランでどのようにチップを渡したら良いのか?についてご説明します。


【どのくらいあげたら良いの?】
以前、「アメリカでは、ウェイター・ウェイトレスはチップで収入を得るのだから、チップを払うことは常識、最低10%のチップを払うのが前提の文化である。」と言うようなことを聞いたことがあります。 信憑性については分かりませんが、ドイツに関して言えば、チップにはあまりうるさくありません。
自分が受けたサービスに対して、感謝の気持ち分を支払えば良いと思います。
レストランの高級具合や金額にもよりますが、基本端数切り上げ、Eur 2,00-からEur 5,00-くらいを目途にと言った感覚で問題ありません。 


【ドイツのレストランでのチップの渡し方】
<例> レストランの支払金額Eur 58,00-でチップをEur2,00-渡す場合

方法①
最も一般的な方法ですが、Eur 58, 00-きっかり、または、Eur 60,00-/Eur 70,00-/Eur 100,00-を渡してお釣りをもらい、その後にあげたい金額Eur 2,00-のチップをテーブルに置いていく。 

方法②:ドイツ版Keep the change
Eur 60,00-を渡し、"Stimmt so!(スティム ゾゥ)"「お釣は結構です。そのままで」と言えば、Eur 2,00-のチップを渡したことになります。 店員さんも暗黙の了解で分かってくれますので、"Danke(ダンケ)"と返してくれます。
英語で言うところの"Keep the change." です。

方法③:ドイツ特有の渡し方
ドイツ特有の習慣ですが、チップ込みの金額でお釣りをもらう方法があります。
Eur 58,00-の場合、Eur 50,00-とEur 20,00-札しかなく、Eur 70,00-を渡したとしましょう。 その際に、Eur 58,00-にEur2,00-のチップをあげたい場合、"Eur 60,00-(ゼヒツィッヒ オイロ)"「60ユーロで」と言います。 これがドイツなら、チップ込みとすぐに分かってくれ、"Danke(ダンケ)"の言葉とともに自動的にEur 10,00-のお釣りが返ってきます、試してみて下さい。
過去にイタリアで試した時には、きっちりとEur 12,00-のお釣りが返ってきて見事に分かってもらえませんでした。 (笑)


【クレジットカードまたは、ECの場合】
クレジットカードや、EC(エーツェー)カード*EU内で使えるマネーカード*での支払の場合には、ケース・バイ・ケースですが、金額を打ち込む前に、方法②のように予めチップ込みの値段を提示し、その金額を入れてもらうこともできます。
提示の仕方が、レシートにチップと言う欄があって、そこに金額を書く場合や、店員さんが打ち込む前に「いくらで」と言う方法など様々です。
分からない場合は、方法①同様、金額分をカードで支払い、その後にチップを現金でテーブルに置いていくというのが良いでしょう。


どうですか?
「チップ込みの金額を伝えてお釣りをもらう」ドイツ特有の渡し方、特に他の国では通じないと知ってからというもの、「如何にも合理的なドイツ人らしい習慣だなぁ~。」と感心しています。
例に挙げたようなケースでは、このシステム本当に便利なんです。 皆様も是非、試してみて下さい。 


≪こぼれ話:お恥ずかしながら実際の会話から≫
皆様の参考になればと、我が家の実際の夫婦のやりとりをそのまま、レポートします。
Tip.jpg

さぁ、お勘定がやってきました。 今回は、Eur 90,80-のお会計です。
私たちの生の声を...

夫:「(娘の)誕生日に...ってもらったEur 100,00-そのまま飛ぶなぁ~」
Tip_Receit.jpg

私:「良いんじゃない? 美味しかったし、サービスも良かったし。 思い切ってEur 100,00-で」
(一瞬の間)
私:「でも、やっぱEur 10,00-チップはちょっと多過ぎかな?」
夫:「Eur 45,00-きっかりあるなら良いんじゃない?」
私:「あるよ、じゃ、Eur 45,00-出すわ」
(ここでEur 50,00-がEur 20,00 x 2 + Eur 5,00-に取って代わる...)
Tip_Receit 3.JPG

写真の通りお金を挟んでウェイトレスさんに差出し、"Stimmt so!(スティム ゾゥ)"「お釣は結構です。そのままで」と言って渡しました。
例②のパターンです。
この様なレシートが挟まったバインダータイプの場合は、そのままきっかりの金額でお渡しするのがスマートですので、こんな会話が成立する訳です(苦笑)。。。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー レストラン・料理・食材 生活・習慣・マナー
2016年8月25日
« 前の記事「ドイツ製の積み木: 小さなお子様におススメです!」へ
»次の記事「ドイツ料理と言えば、肉!:気合を入れてがっつり肉を食べに行こう!」 へ
おすすめ記事
    シュタインバッハ特派員 新着記事
    手芸好きさん集まれ!Kreativ Welt 2017がフランクフルトで開催されました。
    ヴァイナハツマルクト2017:各地のマルクト日程
    古の学生たちの息吹が感じられる異空間へ!ハイデルベルク学生牢
    ハイデルベルクの絶景に出会える哲学の道がおススメ!
    実はスイーツ天国だった!Heidelberg(ハイデルベルク)の新たな魅力
    ハロウィンにちなんでドイツの面白カボチャと季節のメニュー
    ドイツ子育て事情:共働きの強い味方!牧場Reiterhof(ライターホフ)チャイルドケア
    夏の食材ラストスパート:黄色いキノコ"Pfifferlinge(プフィファリンゲ)"

    ドイツ ツアー最安値


    2017/11/23更新

    ドイツ 航空券情報


    ドイツ旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■ドイツの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    ヨーロッパ特派員ブログ一覧

    アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イタリア/シチリア島イタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バレンシアスペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスロヴェニア/リュブリャナチェコ/プラハ2チェコ/ブルノチェコ/プラハデンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルン2ドイツ/ケルンドイツ/シュタインバッハドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/レーゲンスブルクノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/サンローフランス/トゥルコアンフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ

    ヨーロッパにもどる

    • 特派員プロフィール
    • シュタインバッハ特派員

      シュタインバッハ特派員
      増井 尚美
      ヨーロッパの街並みや文化、歴史が大好きで、「ヨーロッパに住んでみたい!」と、ずっとヨーロッパ生活に憧れていました。念願かなってドイツに就職先が見つかり、2001年の9月に渡独、そこから私のドイツ生活が始まりました。現在は、“家庭と仕事の両立”を目指し日々奮闘中です。そんなドイツ生活の中から、色々な旬の情報を発信できたらと思っています。 DISQUS ID @disqus_gT480tjXAD

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集