海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > シュタインバッハ特派員ブログ > これはイケる!おススメしたいドイツの焼き鶏

ドイツ/シュタインバッハ特派員ブログ 増井 尚美

ドイツ・シュタインバッハ特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2016年9月 9日

これはイケる!おススメしたいドイツの焼き鶏


これはイケる!おススメしたいドイツの焼き鶏

皆さん、ちょっと質問です。 ドイツ料理のイメージってどんなですか? Halbes Haenchen 3.JPG

「ドイツ料理と聞いて肉と魚どちらを想像しますか?」
やっぱり肉ですよネ。"シュバイネハクセ" "アイスバイン" "シュニッツェル"、あっ"ソーセージ" でも、やっぱりこれも"肉"ですね。

「ドイツ料理はどちらのイメージですか? こってり? あっさり?」
上記の肉料理を考えても、やっぱり"こってり!"ですよね。

そのイメージ、間違っていません。 前回ご紹介した通り、ドイツ料理は、とにかくボリュームたっぷりのこってり肉料理が多いです。

もう1つ質問です。
「ドイツ料理=肉のイメージですね、ではどんな肉をイメージしますか?」
やはり、豚肉、そして牛肉ではないでしょうか?

でも、ちょっと待って下さい! 実は、肉料理だけど、比較的アッサリ系でペロリと食べられる、日本人の舌に合ったお肉があります。 それは、鶏肉です。
母がこちらへ来た時の感想「ドイツの鶏は昔みたいに鶏らしい鶏の味がする。」と言う言葉の通り、ドイツの鶏は、鶏自体がとても美味しいです。
今日は、そんなあまり知られていないけど美味しいドイツの鶏料理を紹介したいと思います。

炭火でじっくりと焼いた鶏肉、Brathänchen(ブラートヘンヒェン)を半分にカットした"Halbes Hänchen(ハルペス・ヘンヒェン)"です。
広い場所でのびのびと育てられたドイツの地鶏、それを炭火でじっくり焼いたハルペス・ヘンヒェンはとてもおススメのドイツ料理の1つです。
Halbes Haenchen 1.JPG

この"Halbes Hänchen(ハルペス・ヘンヒェン)"、Halb(ハルプ)とはそのままズバリ半分と言う意味で、ハルぺス・ヘンヒェンとは、まさに、鶏が半分と言う意味です。
あまり日本のガイドブック等で紹介されていないのですが、実は、ドイツではとってもポピュラーな"ハルぺス・ヘンヒェン"です。 軽トラックの荷台で鶏がクルクル回っているバン(軽トラック)屋台が町のマルクトに週1で来たり、大きなスーパーやパン屋さんの前に、このバン屋台を見かけたりします。
どちらかというと、レストランで食べる本格的な料理というよりは、バン屋台で気軽に食べるファーストフードです。

デュッセルドルフでは、このハルペス・ヘンヒェンを専門とするレストランがあったのですが、フランクフルトでは、バン屋台は良く見かけても、レストランは未だに見つけられません。
でも、Steinau(シュタイナウ)の近くに、このハルペス・ヘンヒェン専門のとっても美味しいレストランがあります。 私たちは、勝手に"鶏屋さん"と呼んで親しんでます。

【Brathähnchenfarm】
住所: Im Ohl 1, 36396 Steinau an der Straße
電話: 06663 228
営業時間: 12:00~22:00
休業日: 月曜日 *ただし、祝祭日については営業

ここのレストランの売りはやはり、農家で育てている新鮮な鶏を使っていること!そして、その鶏を炭火でじっくりと焼いていること!
Brathähnchenfarm_Steinau 2.JPG

そして、サーブする時のパフォーマンス! につきます。 
Brathähnchenfarm_Staineu 3.JPG

大きな鉄の串に刺さったままの丸ごと鶏肉がテーブルまで運ばれてきます。 その1羽の鶏をテーブルで2つにカットしてくれます。
注文数によっては、お隣さんのところとシェアされ、お隣さんのテーブルでカットされた残りの半分が運ばれてしまうこともありますので、どうしても自分のテーブルでパフォーマンスしてもらいたければ、ハルペス・ヘンヒェン2つ以上の注文が必要です。
一番最初のモノクロの写真は、まさにテーブルで1羽の鶏を大きなはさみで2つに分けてくれているところです。
丸ごとの1羽のヘンヒェン(写真左下)が、左右対称に縦に半分(写真右下)になります。
Ganzes Haenchen.JPG Halbes Haenchen 2.JPG

気になるお味の方ですが、皮はパリパリ、中はジューシーで鶏肉の本来の味が感じられてとても美味しいです。
しかしながら、串を下ろしてからスパイスをふりかけるのですが、この時に店員さんがふり過ぎるとちょっとしょっぱ過ぎと感じることもあるかもしれません。
ドイツ歴の長い私たちは慣れてしまっていても、繊細な舌を持つ日本人にはしょっぱいと感じるかな?と思うこともあります。 ただ、鶏肉本来の鶏らしい味は味わっていただけると思います。

旅行者の方には少々行き図来ところにあるのですが、是非足を運んでみてほしいレストランの1つです。
こちらのレストランまではちょっと...と言う方でも、町でハルペス・ヘンヒェンのバン屋台を見かけたら是非一度トライしてみて下さい。
ハルペス・ヘンヒェン、きっと満足して頂けると思います。
KFCとは違った味わいのドイツの焼きチキンを是非味わってみましょう。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー レストラン・料理・食材
2016年9月 9日
« 前の記事「旅行者にも行きやすいショッピングモール:Skyline Plaza」へ
»次の記事「ドイツの常識、日本の非常識①「綱吉もビックリ!愛犬に税金」」 へ
おすすめ記事
    シュタインバッハ特派員 新着記事
    DIY初級者の実体験レポ:ドイツでキッチンリフォーム
    ドイツ四季便り第25号:日本の桜、ドイツの桜 近所の桜も真っ盛り! ~春の装い旅支度(どんな服装?)~
    ドイツへ来たら是非食べよう! 自家製ハンバーガー天国なドイツ
    ベルリンを歩くPart 4: 1冊の本を携えて負の記憶をたどる旅②
    ベルリンを歩くPart4: 1冊の本を携えて負の記憶をたどる旅①
    ベルリンを歩くPart3: ポツダム広場周辺 観光モデルコース~必見!ソニーセンター
    本場のドイツで伝統的なバウムクーヘンを食べよう!
    オリジナルリッタースポーツチョコを作ろう!

    ドイツ 航空券情報


    ドイツ旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■ドイツの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    ヨーロッパ特派員ブログ一覧

    アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2ウクライナ/オデッサエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ

    ヨーロッパにもどる

    • 特派員プロフィール
    • シュタインバッハ特派員

      シュタインバッハ特派員
      増井 尚美
      ヨーロッパの街並みや文化、歴史が大好きで、「ヨーロッパに住んでみたい!」と、ずっとヨーロッパ生活に憧れていました。念願かなってドイツに就職先が見つかり、2001年の9月に渡独、そこから私のドイツ生活が始まりました。現在は、“家庭と仕事の両立”を目指し日々奮闘中です。そんなドイツ生活の中から、色々な旬の情報を発信できたらと思っています。 DISQUS ID @disqus_gT480tjXAD

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集