海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > シュタインバッハ特派員ブログ > ドイツ四季便り第9号:芸術の秋、新オペラ座で親子で...

ドイツ/シュタインバッハ特派員ブログ 増井 尚美

ドイツ・シュタインバッハ特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2016年10月 6日

ドイツ四季便り第9号:芸術の秋、新オペラ座で親子で親しむオペラ・カルメン


ドイツ四季便り第9号:芸術の秋、新オペラ座で親子で親しむオペラ・カルメン

Oper_Carmen workshop.JPG

9月18日(日)、フランクフルトにある新オペラ座、"Oper Frankfurt (オパー・フランクフルト)"へ行ってきました。 今日はその時のレポートです。
何をしに行ったか?と言いますと、我が娘、友達親子と会社の同僚(♀)とオペラ・カルメンのワークショップに参加しに行ってきたんです。

前にも言及しましたが、フランクフルトにはオペラ座が新旧2つあります。 こちらの"Oper Frankfurt"が、実際にオペラが演じられる新オペラ座です。EU中央銀行の目の前にあります。 以前ご紹介した旧オペラ座に比べて見た目もかなりモダンな感じがしますよね。

今回の目的は、オペラ・カルメンの親子ワークショップ/Familienworkshop zu Carmen(ファミリエンワークショップ・ツ・カルメン)です。
オフィシャルサイトによれば、実際に衣装を着て役を演じオペラ・カルメンを学ぶというワークショップの様ですが、一体どんなことをやるんだか、実際に体験してみるまで正直良く分かりませんでした。 

当日になってみれば、一体どんなことをやらされるのかかなり不安...
しかも、大丈夫か私たちのドイツ語...と子供よりも母親2人がオロオロです。
ちなみに、一緒に同行した同僚は日本人女性ですが、ドイツ語上級のため問題無し!
Oper _Carmen workshop 2.JPG

6歳くらいから13歳くらいまでの子供と大人総勢30名くらいのグループでした。
このプログラムかなり人気があるそうで、アッと言う間にチケットが売り切れてしまうそうです。それだけ、オペラが身近な存在なんですネ。

時間がくると、お客さんが入場するメインの入口ではなく、従業員やオケのメンバーが仕事場へ向かう関係者入口から、実際にオペラのプロベを行うプロベⅡの部屋へ。

さて、実際にどんなことをしたかというと、まずは、円になって自己紹介。 
決まったフレーズが用意されていて、節をつけて皆同じ様に自己紹介です。
「Ola!(おら!)=スペイン語でハロー」(胸を張って一歩前に...)
「Ich bin Naomi!(イッヒ・ビン・なおみ)=私はなおみです。」という具合です。
流石ドイツ人、人前でも全然臆しません。 日本人の私たちはちょっと小っ恥ずかしい。

それから、音楽に合わせて歩き回ったりして、リラックスムード作りです。 次は、ジェスチャーゲーム、グループ毎に1つのテーマが与えられ、何人かで一斉にジェスチャーして周りの皆が何のテーマだったかを当てるというものですが、「同じテーマでもこれだけ表現方法は人それぞれです!」という例でした。 
「ホント上手にレクチャーするなぁ~」

そして、メインのワークショップへ。 4名くらいずつのグループに分かれて、それぞれ役を担います。
何の役をやりたいか、役毎に挙手をしていくのですが、私たち日本人女性3名(大人)は、手をあげないでいたら、Jose(ジョゼ)、スペイン語読みではホセ、つまり、カルメンをナイフで刺してしまうメインの男性役になってしまいました。 場面シーン毎なので、ホセ役が何人もいるんですね。

配役が決まったら、各自衣装を選びます。ちゃんとしたものではありませんが、それなりにその気になる???
Oper _Carmen workshop 3.jpg

そして、各シーン毎のグループに分かれてそれぞれ、その場面設定の説明書(まずもってこれがドイツ語)に基づいて、自分たちでセリフを決めて場面を作って行きます。

いやぁ~これはドイツ語のあまり得意でない私と友人は冷や汗ものでした。
私は、タバコ工場でもめ事をおこしたカルメンを牢屋に入れるが、その妖艶な魅力に魅了されカルメンを解放してしまい、身代りに自分が牢屋に入れられると言う場面でした。 (多分...未だにホントにそうだったのか不明)

持ち時間が終わったら、グループ毎に、最初の場面から順次皆の前で発表して行きます。
"Ich bin Jose!(イッヒ・ビン・ジョゼ!)=私はホセ(役)です!"-1人ずつ何の役なのか自己紹介、すると客席の皆が、手と足を踏み鳴らし、"(バタバタバタ)Bitte!(ビッテ!)=どうぞ、お願いします!"と言う合図で始まります。 ちゃんとやりやすい様な雰囲気作りをしてくれるんです、一応。。。
最後のシーン、ホセがカルメンを刺殺してしまう場面のグループ、大人3名、内1人は我が同僚、男性陣2人が名演技でお腹の底から笑わせて頂きました。 恐るべしドイツ人のプレゼン能力!と改めてその堂々たる演技に脱帽!(笑) 
発表が終わると指導者からコメントがあり、その場面の実際のオペラの音楽を聞かせてもらいます。

これをグループ毎に行う訳ですが、自然とカルメンの各名場面を知ることになります。 
「へぇ~こんな場面があるんだぁ~」って感じです。 私が担当した場面とか、まさにそんな印象でした。

ということで、何だか良く分からないうちに、楽しくオペラ・カルメンに親しんでいたという感じです。 これぞまさしくワークショップだ、お見事! ドイツ語が堪能だったら、きっともっと面白かったと思います。 
「ドイツ人はこうやって小さな頃から、楽しくオペラに親しんでるんだなぁ~」
ヨーロッパの文化ってこうやって根付いているんですネ、きっと。良い経験になりました。 しかし、この後脳が疲れていたのか、かなりグッタリの私でした...

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 文化・芸術・美術
2016年10月 6日
« 前の記事「スーパーマニアドイツ編⑥:チアシードで健康生活♪」へ
»次の記事「Oktoberfestってこんなとこ-体験レポ①:Augustiner(アウグスティナー)」 へ
おすすめ記事
    シュタインバッハ特派員 新着記事
    ドイツ四季便り第27号:秋の楽しみフェダーヴァイサーを求めてツェルへ!
    DIY初級者の実体験レポ:ドイツでキッチンリフォーム
    ドイツ四季便り第25号:日本の桜、ドイツの桜 近所の桜も真っ盛り! ~春の装い旅支度(どんな服装?)~
    ドイツへ来たら是非食べよう! 自家製ハンバーガー天国なドイツ
    ベルリンを歩くPart 4: 1冊の本を携えて負の記憶をたどる旅②
    ベルリンを歩くPart4: 1冊の本を携えて負の記憶をたどる旅①
    ベルリンを歩くPart3: ポツダム広場周辺 観光モデルコース~必見!ソニーセンター
    本場のドイツで伝統的なバウムクーヘンを食べよう!

    ドイツ ツアー最安値


    2018/12/17更新

    ドイツ 航空券情報


    ドイツ旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■ドイツの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    ヨーロッパ特派員ブログ一覧

    アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンダルイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イギリス/ロンドン4イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2ウクライナ/オデッサエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュイスブルクドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ブレーメンドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/コートダジュールフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/トゥールーズフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンフランス/リヨン2ブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/サンクトペテルブルグロシア/モスクワ

    ヨーロッパにもどる

    • 特派員プロフィール
    • シュタインバッハ特派員

      シュタインバッハ特派員
      増井 尚美
      ヨーロッパの街並みや文化、歴史が大好きで、「ヨーロッパに住んでみたい!」と、ずっとヨーロッパ生活に憧れていました。念願かなってドイツに就職先が見つかり、2001年の9月に渡独、そこから私のドイツ生活が始まりました。現在は、“家庭と仕事の両立”を目指し日々奮闘中です。そんなドイツ生活の中から、色々な旬の情報を発信できたらと思っています。 DISQUS ID @disqus_gT480tjXAD

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集