海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > シュタインバッハ特派員ブログ > オクトーバーフェストにビールを出せる栄えあるブラウ...

ドイツ/シュタインバッハ特派員ブログ 増井 尚美

ドイツ・シュタインバッハ特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2016年10月15日

オクトーバーフェストにビールを出せる栄えあるブラウエライ


メール プリント もっと見る

オクトーバーフェストにビールを出せる栄えあるブラウエライ

【ドイツビールが美味い-2】
Oktoberfest_Hofbreu.JPG

Oktoberfest 2016に参加したので、ミュンヘンのブラオエライ(ビール醸造所)についてのお話を...
有名なドイツのビール祭り、オクトーバーフェストにビールを出せるBrauerei(ブラウエライ)/醸造所・ビール製造業者は、今年発令から500周年となるビール純粋令を厳格に守る"伝統と格式を誇る"6つの選ばれしブラオエライのみだということご存知でしたか?

実際には、オクトーバーフェスト会場には、大小6つ以上のテントがあるのですが、どのテントでも出されるビールは、この6つのブラオエライのいずれかのビールだけなんですね、知らなかったぁ~!

今日は、そのミュンヘンが誇る6つの名ブラオエライについてご紹介したいと思います。

【ミュンヘンが誇る老舗ブラオエライ】

Hofbräu(ホフブロイ):1589年
Oktoberfest_Hofbreu 1.JPG

バイエルン公ヴィルヘルム5世が、「北ドイツのビールをもっと低価格で入手する方法はないのか?」と臣下に問い、「では、醸造所を造ったら如何でしょう?」と提言され、その考えを気に入ってその日の内に醸造所を造ることが決まったと言う、バイエルン公直属の王立醸造所、それが、ホフブロイ。だから王冠が載ってるんだぁ~...
HB Website "Our History"<英語>

Paulaner(パウラナー):1634年
Oktoberfest_Paulener.JPG

Paulanerの前身は、修道院"Neudeck ob der Au(ノイデック・オップ・デア・アウ)" 四旬節の断食用に造られていたビールの余りを食堂で貧者に恵んだり、一般に販売したりしていたのが始まり。1634年、ミュンヘンで人気を博す修道院製造ビールへの不満を、個人経営醸造家たちがミュンヘン市に対し訴えた手紙が最初の公式文書として残っている。
Paulaner Website "History"<英語>

Augustiner (アウグスティナー):1328年
Oktoberfest_Augstuner.JPG

1294年にミュンヘン郊外に建てられたアウグスティーナ修道院で14世紀初めごろからビール造りが始められた。 1328年から修道院醸造所として名が挙げられるようになる。 ホフブロイが創業するまでは、バイエルンの君主であったWittelsbach(ヴィッテルスバッハ)家にビールを献上していた格式ある醸造所。
Augustiner Website "History"<英語>

Hacker-Pschorr(ハッカー・プショール):1417年
Oktoberfest_Pschorr.JPG

Sendlingerstrasßeゼントリンガー通りとHackenstraßeハッケンシュ通りの角にあったBrauhaus(ブラウハウス)/醸造所が1417年の文献に登場。 これがHacker社の前身。 Hacker家の娘と結婚をしたJosef Pschorr(ジョゼフ・プショール)の商才によりミュンヘン屈指の醸造所となる。 彼は、Pschorr社を設立。 個別に運営する時期もあったが、現在は2社合同経営のブラウエライ。
Hacker-Pschorr Website "Historie"<英語・ドイツ語>

Spaten(シュパテン):1397年
Oktoberfest_Sparten.JPG

1397年の税帳に記載されているNeuhausergasse(ノイハウスエアガッセ)4の醸造所が前身。 その後何度も所有者が変わり、王家のホフブロイマイスター、Sedlmayer(セドルマイヤー)氏が買い取ってから、セドルマイヤー家の下大きくなっていった醸造所。現在は、フランチスカーナを傘下に(1922)、またレーヴェンブロイ(1997)と提携している。
Sparten Website "Die Geschichte"<ドイツ語>

Löwenbräu(レーヴェンブロイ):1524年
Oktoberfest_Loewenbreu.JPG

アサヒビールがライセンスを取得し、日本でも製造されるドイツビール。 "Zum Löwe"と言う宿屋がビールを製造し宿泊客に出していたという記録が1383年の公式文書にあり、レーヴェンブロイは、ここに由来するという説も。
オフィシャルサイトでは、1524年、醸造家"Jörg Schnaitter"の名が、Löwengrube 17という場所に言及されるというところから歴史が始まる。 Löwenbräu(レーヴェンブロイ)と言う名前は、1746/47に、ある目録("Biersudverzeichnis(ビアズードフェアツァイヒニス)"-ビアーズードとはビールを煮て作るソース?の目録)に、突然現れたとある。
Löwenbäu Website "Die Geschichte"<ドイツ語>

*Franziskaner (フランツィスカナー):1363年
初めてブラウエライとして明記された醸造所。 "Bräustatt bey den Franziskanern(ブロイシュタット・ベイ・デン・フランツィスカナーン)"フランシスコ修道院のそばの醸造所として知られていた、ブルジョワ階級の醸造所が由来。
Franzuskaner Website "Die Geschichte"<ドイツ語>

各ブラオエライの歴史を調べていて感じたことですが、14世紀まで遡ることができるブラオエライ、想像を絶しますネ。 あまりに古すぎて、起源がはっきりしていない感のあるブラオエライもあり、ヨーロッパの"老舗"というのは、本当にスケールが違います。

フランクフルトでも、パウラナーやフランツィスカーナの瓶ビールは普通のスーパーで手軽に買うことができます。 オクトーバーフェストの時期なら、レーヴェンブロイやハッカープショールやシュパテンなど普段はあまり見られないブラオエライのヴァイスビアーも売り出されます。
それでも、やはり地元ミュンヘンで飲む、"樽からビール(生)"は、格別です。

各ブラウエライ直営のレストランでの雰囲気は、実際に現地に行って体験してみないと分からない特別感があります。
有名なホフブロイハウスなら、オクトーバーフェスト期間中でなくても、1リットルマスで生ビールが飲め、バンドもフェストさながら、空間も人もまんまオクトーバーフェストです。 ビール好きなら一度は足を運んでみて下さい。 きっと満足して頂けると思いますよ。


【INFORMAITON】
Hofbräuhaushttp://www.hofbraeuhaus.de/en/index_en.html
住所/Platzl 9, 80331 München

Paulanerbräuhaushttp://www.paulaner-brauhaus.de/
住所/Kapuzinerplatz, 580337 München

Augustiner-Kellerhttp://www.augustinerkeller.de/home/?L=3%3FL%3D3
住所/ Arnulfstr. 52, 80335 München
Zum Augustinerhttp://www.augustiner-restaurant.com/
住所/Neuhauser Str. 27, 80331 München
Augustiner Bräustubenhttp://www.braeustuben.de/index.php
住所/ Landsberger Str. 19, 80339 München

Hacker-Pschorr Bräuhaus: http://www.hacker-pschorrbraeu.de/Herzlich-Willkommen.2.0.html
住所/Theresienhöhe 7, 80339 München
Der Pschorrhttp://www.der-pschorr.de/
住所/Viktualienmarkt 15, 80331 München
Altes Hackerhaus: http://www.hackerhaus.de/
住所/Sendlinger Str. 14, 80331 München

Franziskaner Gartenhttp://www.franziskanergarten.de/
住所/Friedenspromenade 45, 81827 München

Löwenbräukeller: http://www.loewenbraeukeller.com/en/pub-and-beer-garden/
住所/ Nymphenburger Straße 2, 80335 München (Neuhausen)

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 夜遊び・クラブ・お酒
2016年10月15日
« 前の記事「Oktoberfestってこんなとこ-体験レポ②:Pschorr(プショール)」へ
»次の記事「ドレスデンの穴場教えます!~お洒落な新市街町歩き~」 へ
おすすめ記事
    シュタインバッハ特派員 新着記事
    DIY初級者の実体験レポ:ドイツでキッチンリフォーム
    ドイツ四季便り第25号:日本の桜、ドイツの桜 近所の桜も真っ盛り! ~春の装い旅支度(どんな服装?)~
    ドイツへ来たら是非食べよう! 自家製ハンバーガー天国なドイツ
    ベルリンを歩くPart 4: 1冊の本を携えて負の記憶をたどる旅②
    ベルリンを歩くPart4: 1冊の本を携えて負の記憶をたどる旅①
    ベルリンを歩くPart3: ポツダム広場周辺 観光モデルコース~必見!ソニーセンター
    本場のドイツで伝統的なバウムクーヘンを食べよう!
    オリジナルリッタースポーツチョコを作ろう!

    ドイツ ツアー最安値


    2018/7/17更新

    ドイツ 航空券情報


    ドイツ旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■ドイツの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    ヨーロッパ特派員ブログ一覧

    アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2ウクライナ/オデッサエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ

    ヨーロッパにもどる

    • 特派員プロフィール
    • シュタインバッハ特派員

      シュタインバッハ特派員
      増井 尚美
      ヨーロッパの街並みや文化、歴史が大好きで、「ヨーロッパに住んでみたい!」と、ずっとヨーロッパ生活に憧れていました。念願かなってドイツに就職先が見つかり、2001年の9月に渡独、そこから私のドイツ生活が始まりました。現在は、“家庭と仕事の両立”を目指し日々奮闘中です。そんなドイツ生活の中から、色々な旬の情報を発信できたらと思っています。 DISQUS ID @disqus_gT480tjXAD

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集