海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > シュタインバッハ特派員ブログ > 11月11日聖マーティンの日:11月の風物詩ラター...

ドイツ/シュタインバッハ特派員ブログ 増井 尚美

ドイツ・シュタインバッハ特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2016年11月 2日

11月11日聖マーティンの日:11月の風物詩ラターネ行列


メール プリント もっと見る

11月11日聖マーティンの日:11月の風物詩ラターネ行列

ドイツ四季便り10号(1)
11月11日は、Martinstag(マーティンスターク)/聖マーティンの日です。 
この日、ドイツの小さな子供たちにとっては、とても大切な毎年恒例の行事があります。 子供達は、自分で手作りして予め用意したLaterne(ラターネ)/提灯を持って町を練り歩きます。
Laterne.JPG


小1のタイガークラス皆で学校で作ったLaterne(ラターネ)
これを持って皆で学校の近くの森を練り歩きました。
(2012年6歳)

我が娘も、プレイグループや幼稚園で自分のラターネを作って、皆で一緒に行列に参加していました。 
もちろん、小さな子供たちですから、親子で行進です。
学校でも、Vorschule(フォーシューレ)=Pre-school(プレ・スクール)と1年生と2年間、学校主催のSt. Martinのラターネ行列イベントに参加しました。
St. Martin 2.JPG


週1で通っていたインターナショナルチャーチのプレイグループで...
写真ぶれちゃってますがご容赦下さい。
(2008年2歳)

手作りの提灯をぶら下げて、聖マーティンの歌を歌いながら暗い夜道を皆で練り歩きます。
そう、ドイツの11月と言ったら、もう5時にはすっかり真っ暗です。 寒くて暗い、そして大抵天気の悪い夜道を、提灯の明かりを頼りに歩くのですが、親子で歌うラターネの歌と提灯の小さな灯りがホッコリした気分にさせてくれます。 皆で歌を歌いながら練り歩く行列、何ともいえない独特の雰囲気です。 

今日は、ドイツの子供なら必ず知っている聖マーティンの童謡をご紹介します。 
特に有名なこの2曲は町を練り歩く時にもよく歌われます。

"Laterne, Laterne, Sonne, Mond und Sterne"
ラターネ、ラターネ、ゾンネ、モン(ト)、ウン(ト) シュターネ
(これは、提灯、提灯、お日様、お月様 そして お星様と言う意味です。)


"Ich geh mit meiner Laterne"
イッヒ・ゲー・ミット・マイナー・ラターネ
(こちらは、僕(私)、僕の(私の)提灯持って行くのという意味になります。)

どうですか? 
ラターネを持った小さな子供とそれに付き添う大人が暗い夜道を列をなして歩く姿、想像できましたか?

毎年繰り返される聖マーティンの日に歌う曲、この童謡は、かなり親しんだ曲です。 
今この曲を聞くととても懐かしいです。
St. Martin 3.JPG


週2で通っていたバイリンガル幼稚園で作ったラターネを持って、Oberursel(オーバーウアゼル)のラターネ行列に参加した時の写真。
(2008年2歳)

ラターネの灯りと歌とともに皆で一頻り行進をすると、広場に集まってワイワイガヤガヤと談笑します。 子供たちはキャッキャとはしゃぎまわります。
そのそばには、大抵大きな火が焚かれています。 まさにキャンプファイヤーのような感じですね。
ですから、実は、聖マーティンのイベントには、地元の消防車と消防士さんがつきものなんですよ。
St. Martin 5.jpg


小1のラターネ行列後、参加者全員で大きなFeuer(フォイアー)/火を囲んで。
(2012年6歳)

大きな火を囲みながら、プレッツェルや人型のパンを片手に、大人はちょっと早めのグリューワイン(ホットワイン)を飲みながら、聖マーティンのラターネ行列の余韻に浸る一時を過ごします。
ドイツで毎年繰り返される、子供と大人が共有するステキな習慣ですね。 

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー イベント・行事・お祭り 文化・芸術・美術
2016年11月 2日
« 前の記事「ヴァイナハツマルクト2016:各地のマルクト日程」へ
»次の記事「Martinstagって一体何の日?聖マーティンの日について」 へ
おすすめ記事
    シュタインバッハ特派員 新着記事
    ドイツ四季便り第25号:日本の桜、ドイツの桜 近所の桜も真っ盛り! ~春の装い旅支度(どんな服装?)~
    ドイツへ来たら是非食べよう! 自家製ハンバーガー天国なドイツ
    ベルリンを歩くPart 4: 1冊の本を携えて負の記憶をたどる旅②
    ベルリンを歩くPart4: 1冊の本を携えて負の記憶をたどる旅①
    ベルリンを歩くPart3: ポツダム広場周辺 観光モデルコース~必見!ソニーセンター
    本場のドイツで伝統的なバウムクーヘンを食べよう!
    オリジナルリッタースポーツチョコを作ろう!
    ベルリンを歩くPart2:ハッケシャー・マルクト駅周辺をブラリ歩けば...

    ドイツ 航空券情報


    ドイツ旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■ドイツの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    ヨーロッパ特派員ブログ一覧

    アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2ウクライナ/オデッサエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/トゥルコアンフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ

    ヨーロッパにもどる

    • 特派員プロフィール
    • シュタインバッハ特派員

      シュタインバッハ特派員
      増井 尚美
      ヨーロッパの街並みや文化、歴史が大好きで、「ヨーロッパに住んでみたい!」と、ずっとヨーロッパ生活に憧れていました。念願かなってドイツに就職先が見つかり、2001年の9月に渡独、そこから私のドイツ生活が始まりました。現在は、“家庭と仕事の両立”を目指し日々奮闘中です。そんなドイツ生活の中から、色々な旬の情報を発信できたらと思っています。 DISQUS ID @disqus_gT480tjXAD

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集