海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > シュタインバッハ特派員ブログ > 毎年恒例Adventskranz(アドヴェントクラ...

ドイツ/シュタインバッハ特派員ブログ 増井 尚美

ドイツ・シュタインバッハ特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2016年11月26日

毎年恒例Adventskranz(アドヴェントクランツ)作り!


毎年恒例Adventskranz(アドヴェントクランツ)作り!

ドイツ四季便り第12号
Adventskranz.JPG

皆さん、明日の日曜日は、第1アドヴェントです。 いよいよ明日から"Advent(アドヴェント)"が始まります。
我が家の毎年恒例の行事、Adventskranz(アドヴェンツクランツ)作りで、木曜日は忙しかったぁ~。
今日はそんなドイツ暮らしの一コマをお届けします。
会社帰りの木曜日、忙しなくお花屋さんへ! アドヴェンツクランツ制作用のモミの木の枝を買いに行ってきました。 只今ドイツのお花屋さんには、ほらご覧の通りアドヴェンツクランツや、その素材がたくさん並んでいます。
Blumen_Adventskarnz.JPG
Blumen_Adventskranz 2.JPG

Adventskuranz(アドヴェンツクランツ)とは、訳すとアドヴェントのリースです。 皆さんは、クリスマスに飾るリースと聞くとどんなものをイメージしますか? やはり、ドアに飾るリースを想像しませんか?

2001年ドイツへ来て2か月程経った11月、日本人のフラワリストさん主催のクリスマスリースを作る会というのに参加しました。 その時に私がイメージしていたのはまさに、ドアに飾るタイプのリースでした。 ところが、皆で作ったリースは、4本のろうそくがついたドイツのアドベンツクランツだったのです。 当時「なぜ?」と疑問を持ちながらも慣れないドイツ生活と仕事に追われ、疑問は疑問のまませっかくのアドベンツクランツは1度も火を灯されることなく終わってしまいました。

ドイツでは、聖アドヴェントの日曜日ごとにアドベンツクランツの4本のろうそく1本ずつに火を灯していき、Heiligeabend(ハイリゲアーベント)/クリスマスイヴまでをカウントダウンをしていく独特の風習があります。

イヴまでの聖日曜日は4回、だからろうそくは4本なんですね。第1アドベントには1本だけのろうそくに火が灯り、第2アドベントには、2本目、第3アドベントには3本目、第4アドヴェントには4本目が灯り、4本のろうそく全てに火が灯るとハイリゲアーベント/クリスマスイヴを迎えると言う訳です。 ステキでしょう♪

この風習を知ってからというもの、私は毎年モミの木の枝をお花屋さんで買ってきて自分でアドベンツクランツを作っています。


【Adventskranz(アドベンツクランツ)の作り方】

(材料)
-藁でできたクランツの土台(発泡スチロールのものもあります。)
*グリーンのフローラテープを巻きつけておくと、モミの枝の巻きつけ方が大雑把でも目立たちません。
-ろうそく台
-ろうそく4本(替え用にさらに4本以上必要)
-リボンや松ぼっくりリンゴなどデコレーション用に好きな資材
-グリューガン

(作り方)
1. グリーンのフローラテープを巻きつけたクランツ(リース)にカットしたモミの木の枝をグリーンのワイヤーで巻き付けていく。
Adventskranz 2.jpg

2. ろうそく台を4つ刺しろうろくをセットする。
(ワイヤーU字ピンの頭を熱しろうそくの後ろに差してろうそくをそのまま刺す方法もありますが、面倒な上に蝋が溶けて汚くなるのでおススメしません。)
Adventskranz 3.JPG

3. リボンを巻いたり、デコレーション用の資材をグリューガンでつけてアレンジすると出来上がり♪ 
Adventskranz 4.JPG

一度講習会に行ったとは言え、その時のことはスッカリ忘れてしまっていて全て自己流なのでかなりいい加減ですが、それでも、それなりに見えるのです。
どうですか、意外と簡単でしょう?

日本で生のモミの木の枝をゲットするのは難しいかもしれませんが、もし可能ならアドベンツクランツを作って、ドイツ流イヴまでのカウントダウンを楽しんでみませんか?

ドイツのクリスマス、フラワーアレンジメントがお好きな方には最高に楽しいものだと思います。
ドイツのヴァイナハツマルクトでは、デコレーション用に使えそうな素材もたくさん売られていますので、マルクトへ来られた際には、是非色々と物色して下さいね。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー イベント・行事・お祭り 生活・習慣・マナー
2016年11月26日
« 前の記事「ドイツのスタバレポ:冬の季節特別メニュー"レープクーヘンラッテ"」へ
»次の記事「フランクフルトの大きなツリー点灯!」 へ
おすすめ記事
    シュタインバッハ特派員 新着記事
    DIY初級者の実体験レポ:ドイツでキッチンリフォーム
    ドイツ四季便り第25号:日本の桜、ドイツの桜 近所の桜も真っ盛り! ~春の装い旅支度(どんな服装?)~
    ドイツへ来たら是非食べよう! 自家製ハンバーガー天国なドイツ
    ベルリンを歩くPart 4: 1冊の本を携えて負の記憶をたどる旅②
    ベルリンを歩くPart4: 1冊の本を携えて負の記憶をたどる旅①
    ベルリンを歩くPart3: ポツダム広場周辺 観光モデルコース~必見!ソニーセンター
    本場のドイツで伝統的なバウムクーヘンを食べよう!
    オリジナルリッタースポーツチョコを作ろう!

    ドイツ 航空券情報


    ドイツ旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■ドイツの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    ヨーロッパ特派員ブログ一覧

    アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2ウクライナ/オデッサエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/コートダジュールフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ

    ヨーロッパにもどる

    • 特派員プロフィール
    • シュタインバッハ特派員

      シュタインバッハ特派員
      増井 尚美
      ヨーロッパの街並みや文化、歴史が大好きで、「ヨーロッパに住んでみたい!」と、ずっとヨーロッパ生活に憧れていました。念願かなってドイツに就職先が見つかり、2001年の9月に渡独、そこから私のドイツ生活が始まりました。現在は、“家庭と仕事の両立”を目指し日々奮闘中です。そんなドイツ生活の中から、色々な旬の情報を発信できたらと思っています。 DISQUS ID @disqus_gT480tjXAD

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集