海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > シュタインバッハ特派員ブログ > Martinstagって一体何の日?聖マーティンの...

ドイツ/シュタインバッハ特派員ブログ 増井 尚美

ドイツ・シュタインバッハ特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2016年11月 5日

Martinstagって一体何の日?聖マーティンの日について


メール プリント もっと見る

Martinstagって一体何の日?聖マーティンの日について

ドイツ四季便り10号(2)
さて、前回に引き続き、聖マーティンに関するお話です。
聖マーティンの日というからには、キリスト教(カトリック)にまつわる、聖人、聖マーティンを祝う日ですね。
St. Martin 1.jpg

実は、もう1つ聖マーティンの日にちなんだとても有名な童謡があります。
まずは、どんなメロディーなのか聞いてみて下さい。

"Sankt Martin ritt durch Schnee und Wind"
ザンクト・マーティン・リッ(トゥ)・ドゥルッヒ・シュネー・ウン(トゥ)・ヴィントゥ
(こちらは、聖マーティン、雪と風の中を馬で行くという感じですね。)

この童謡は、聖マーティンにまつわるエピソードを歌ったものです。

このエピソードは、ドイツ人ならまず間違いなく誰もが親しんだお話と言えます。 内容ですが、こんな感じです。

マーティンは、慈悲深き心優しいローマの兵士。
ある凍てつく寒い夜、誰もがコートの襟元を固く握り締めて帰り道を急ぐ晩、1人の貧しき物乞いが、靴もなく着るものも無い裸同然の格好で今にも死にそうに震えています。
そこを馬で通りがかった1人のローマ兵が馬を下り、自分のマントを剣で切り裂いて、その物乞いにかけてやります。 そのローマの兵士こそ、後の聖マーティンです。

誰もが知っている聖マーティンが貧しき人にマントを与えるエピソードは、11月頃、聖マーティンのイベントや幼稚園の劇で演じられることの多いとても有名なお話です。
花咲かじいさんとか浦島太郎とかの童謡をイメージすると分かりやすいですね。

今では大分分かってきたとはいえ、娘が2歳くらいから毎年11月11日に同じ事をしていたのに、最初の2・3年は聖マーティンの日って何なのか? 聖マーティンって誰なのか? さっぱり分からないまま行事に参加していました。 

それではあまりに寂しいので、聖マーティンとはどういう人物なのか?ということについて自分なりに分かってきたことを皆さんとシェアしたいと思います。

聖マーティンについて
St. Martin 4.JPG


2008年2歳の時に参加したObeursel(オーバーウアゼル)のラターネ行列では、馬に跨ったSt. Martinが現れて、子供たちにプレッツェルを配ってくれました...

聖マーティンは、殉教をしていないにも拘らず聖者に列せられた最初の人物。
316年にローマ将校の息子として生まれ、後に自らもローマの兵士となるが、その人柄は終始、常に人を助ける慈悲深き人であった。物乞いを助けた有名なエピソードの翌晩、その物乞いがイエス・キリストの姿で夢に現れる。
それを機に軍を辞め、キリストの教えを学ぶためフランスの町、ポワチエへ移り住む。
その慈悲深く正しい行い故に、フランスのトゥールの市民より司教になって欲しいと頼まれるが、恐れ多いと辞退するも、最終的にはトゥールの司教に就き、後30年間勤めることになる。
彼はその所業故に多くの市民から愛され、彼の葬式には多くの人が駆けつけ、長蛇の列をなして行進が続いたと言われている。
今では、ブドウ栽培農家、羊飼い、皮なめし職人、帽子仕立て屋など多くの職業の守護聖人として崇められている。

聖マーティンがどういう人なのか、聖マーティンの日についてちょっとでも分かってくると、キリスト教徒ではありませんが、参加している行事も少し意味合いが違ってくるから不思議です。


【参考資料】
St. Martin Laterneunzueg
http://www.kidsweb.de/schule/kidsweb_spezial/sankt_martin/sankt_martins_umzuege.html
Sankt Martin - Wer war das?
http://www.br-online.de/kinder/fragen-verstehen/wissen/2005/01165/
WIKIPEDIA "Martinstag"(ドイツ語)
https://de.wikipedia.org/wiki/Martinstag 
WIKIPEDIA "聖マルティヌスの日"(日本語)
ja.wikipedia.org/wiki/%E8%81%96%E3%83%9E%E3%83%AB%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%8C%E3%82%B9%E3%81%AE%E6%97%A5 

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー イベント・行事・お祭り 文化・芸術・美術
2016年11月 5日
« 前の記事「11月11日聖マーティンの日:11月の風物詩ラターネ行列」へ
»次の記事「子供目線で楽しむヴァイナハツマルクト!」 へ
おすすめ記事
    シュタインバッハ特派員 新着記事
    ドイツ四季便り第25号:日本の桜、ドイツの桜 近所の桜も真っ盛り! ~春の装い旅支度(どんな服装?)~
    ドイツへ来たら是非食べよう! 自家製ハンバーガー天国なドイツ
    ベルリンを歩くPart 4: 1冊の本を携えて負の記憶をたどる旅②
    ベルリンを歩くPart4: 1冊の本を携えて負の記憶をたどる旅①
    ベルリンを歩くPart3: ポツダム広場周辺 観光モデルコース~必見!ソニーセンター
    本場のドイツで伝統的なバウムクーヘンを食べよう!
    オリジナルリッタースポーツチョコを作ろう!
    ベルリンを歩くPart2:ハッケシャー・マルクト駅周辺をブラリ歩けば...

    ドイツ 航空券情報


    ドイツ旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■ドイツの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    ヨーロッパ特派員ブログ一覧

    アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2ウクライナ/オデッサエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/トゥルコアンフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ

    ヨーロッパにもどる

    • 特派員プロフィール
    • シュタインバッハ特派員

      シュタインバッハ特派員
      増井 尚美
      ヨーロッパの街並みや文化、歴史が大好きで、「ヨーロッパに住んでみたい!」と、ずっとヨーロッパ生活に憧れていました。念願かなってドイツに就職先が見つかり、2001年の9月に渡独、そこから私のドイツ生活が始まりました。現在は、“家庭と仕事の両立”を目指し日々奮闘中です。そんなドイツ生活の中から、色々な旬の情報を発信できたらと思っています。 DISQUS ID @disqus_gT480tjXAD

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集