海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > シュタインバッハ特派員ブログ > Nürnberg(ニュルンベルク)レープクーヘンの...

ドイツ/シュタインバッハ特派員ブログ 増井 尚美

ドイツ・シュタインバッハ特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2016年12月14日

Nürnberg(ニュルンベルク)レープクーヘンのお話


Nürnberg(ニュルンベルク)レープクーヘンのお話

ヴァイナハツマルクト特集2016 ⑧-2

ドイツ3大クリスマスマーケットの1つとして知られるNürnberg(ニュルンベルク)のヴァイナハツマルクト、"Christkindlesmarkt(クリストキンドレスマルクト)"には、これ!というこのマルクトを特徴づける特別なものがいくつかあります。
Nuernberg_Lebkuchen 3.JPG

今日はそんなニュルンベルクのヴァイナハツマルクトの代表選手の1つ、レープクーヘンについてのお話です。

クリスマスを代表する"Lebkuchen(レープクーヘン)"は、大抵のヴァイナハツマルクトで見かけます。 っが、ここニュルンベルクのレープクーヘンは、特別に"Elisenlebkuchen(エリーゼンレープクーヘン)"と称され、ニュルンベルクを代表する特産品"Nürnberger Spezialitäten(ニュルンベルガー・シュペツィアリテーテン)"の1つとして数えられています。
Nuernberg_Lebkuchen.jpg

"Lebkuchen-SCHMIDT(レープクーヘン・シュミット)社" は、ニュルンベルク内に常設の3店舗を、それ以外に、ミュンヘン、フランクフルト、シュトゥットガルトに支店を持つ著名なレープクーヘンのお店の1つです。 常設店舗の1つは、ヴァイナハツマルクトが開催される開場、Hauptmarkt(ハオプトマルクト)のすぐ横の通り"Plobenhofstraße(プロベンホーフシュトラッセ) 6"にあり、ヴァイナハツマルクト内にも出店されています。 マルクト訪問の際に常設店舗を覗いてみましたが、物凄い人で溢れかえっていました。 そのくらい人気なんですネ。
Nuernberg_Lebkuchen 1.JPG

ヴァイナハツマルクト内の屋台に、気になる張り紙が...
"Liebe Kinder, auch dieses Jahr gibt es aus dem „Hexenofen" wieder Märchenhäuschen"
「親愛なる子供たちへ 今年も魔女のオーブンからメルヘンのお家が出てくるよ。(意訳)」
あまりに気になったので、フラオエン教会のバルコニーへ上った後15時の回へ間に合うかと行ってみると、ギリギリ滑り込みセーフ。 既に鍵を閉め始めていたところ、娘を見ると開けてくれました。 オーブンの中に入っていたのは、小さなお菓子の家。
Nuernberg_Lebkuchen 2.JPG

中には、レープクーヘン・シュミット社のレープクーヘンが入っていました。
ラッキー♫
Nuernberg_Lebkuchen 4.JPG

ところで、「なぜニュルンベルクのレープクーヘンは、Elisenlebkuchen(エリーゼンレープクーヘン)と呼ばれるの?」と気になりませんか?
ニュルンベルク観光局のオフィシャルサイトによれば、名前の由来は、ある伝説にちなんでいるそうです。
「昔、ニュルンベルクのレープクーヘン職人の1人にエリザベスという娘を持つ者がおりました。 その職人はたいそう娘を溺愛しておりました。 ある時、その妻が病気で亡くなりました。 続いて溺愛する娘までもまた重い病に冒され、医者もなす術がありません。 そんな折、職人は、特別な治療法を思いつきます。 オリエントの香辛料の価値を知っていた彼は、小麦粉を廃し、高品質の材料のみを使って特別なレープクーヘンを作りこれをエリザベスに食べさせました。 するとどうでしょう、エリザベスは元気を取り戻し再び健康になったということです。」
それ以来、彼女の名をとってエリザベスのレープクーヘン、エリーゼンレープクーヘンと呼ばれるようになったというお話です。

実際のエリーゼンレープクーヘンですが、通常のレープクーヘンの特徴である、シナモン、バニラ、チョウジ、コリアンダー、オールスパイス(百味胡椒)、ナツメグ、生姜、カルダモンなどの香辛料が香り付けに用いられる一方、小麦粉が10%以下で、アーモンドやハーゼルナッツなどのナッツ類が25%以上の使用と通常のレープクーヘンとは一線を画す特別なレープクーヘンなのだそうです。

レープクーヘン1つでもこんな違いがあるんですね。
ニュルンベルクのマルクトへ行かれたら是非地元の特産品、エリーゼンレープクーヘンに挑戦してみて下さい。
私も、頂いた娘のレープクーヘンを味わってみたいと思います。


《参考資料》
"Die Legende der Elisenlebkuchen" - tourismus.nuernberg.de (ニュルンベルク観光局)



3.Advent 2.JPG

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー イベント・行事・お祭り レストラン・料理・食材
2016年12月14日
« 前の記事「ドイツ3大クリスマスマーケット:Nürnberg(ニュルンベルク)」へ
»次の記事「Nürnberg(ニュルンベルク)ニュルンベルガーソーセージのお話」 へ
おすすめ記事
    シュタインバッハ特派員 新着記事
    DIY初級者の実体験レポ:ドイツでキッチンリフォーム
    ドイツ四季便り第25号:日本の桜、ドイツの桜 近所の桜も真っ盛り! ~春の装い旅支度(どんな服装?)~
    ドイツへ来たら是非食べよう! 自家製ハンバーガー天国なドイツ
    ベルリンを歩くPart 4: 1冊の本を携えて負の記憶をたどる旅②
    ベルリンを歩くPart4: 1冊の本を携えて負の記憶をたどる旅①
    ベルリンを歩くPart3: ポツダム広場周辺 観光モデルコース~必見!ソニーセンター
    本場のドイツで伝統的なバウムクーヘンを食べよう!
    オリジナルリッタースポーツチョコを作ろう!

    ドイツ ツアー最安値


    2018/7/18更新

    ドイツ 航空券情報


    ドイツ旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■ドイツの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    ヨーロッパ特派員ブログ一覧

    アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2ウクライナ/オデッサエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ

    ヨーロッパにもどる

    • 特派員プロフィール
    • シュタインバッハ特派員

      シュタインバッハ特派員
      増井 尚美
      ヨーロッパの街並みや文化、歴史が大好きで、「ヨーロッパに住んでみたい!」と、ずっとヨーロッパ生活に憧れていました。念願かなってドイツに就職先が見つかり、2001年の9月に渡独、そこから私のドイツ生活が始まりました。現在は、“家庭と仕事の両立”を目指し日々奮闘中です。そんなドイツ生活の中から、色々な旬の情報を発信できたらと思っています。 DISQUS ID @disqus_gT480tjXAD

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集