海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > シュタインバッハ特派員ブログ > ドイツ流?クリスマスツリーの飾り付けはいつするの?...

ドイツ/シュタインバッハ特派員ブログ 増井 尚美

ドイツ・シュタインバッハ特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2016年12月26日

ドイツ流?クリスマスツリーの飾り付けはいつするの???


ドイツ流?クリスマスツリーの飾り付けはいつするの???

ドイツの常識、日本の非常識②
Weihnachtsbaum 3.jpg

クリスマスに欠かせないモノの1つにクリスマスツリーがあります。
ドイツ語では、Weihnachtsbaum(ヴァイナハツバウム)とか、Christbaum(クリストバウム)と言います。

我が家も毎年、生のモミの木Tannenbaum(タンネンバウム)を買ってヴァイナハツバウムの飾り付けをします。
ドイツでは、アドヴェントが始まる頃から、生のモミの木を道端の専門出店で、ガーデンセンターでと、色々なところで売り出されるので気軽に買うことが出来ます。

今日はそんなモミの木にまつわるお話です。
Weihnachtsbaum 2.JPG

このモミの木ですが、何と23日になっても買っているドイツ人を見かけることがちょくちょくあって、「何でこんなに遅くに買うんだろう? せっかく飾ってもすぐ終わっちゃうじゃない?」とそんな光景を見る度にいつも不思議に思っていました。

でも、これ、全然不思議では無かったのです。
ドイツは地方色が強く習慣や慣習も地方によって様々なので、一概に"ドイツ"と言って良いのか分かりませんが、少なくともここフランクフルト近郊での習慣によるとクリスマスツリーを飾るのは24日なのだそうです。 最近では、ライフスタイルに合せて、早くから飾るお家も多い様ですが、伝統的には、24日Heilige Abend(ハイリゲ・アーベント)/イヴの夜のミサから帰ってきて家族皆で食卓を囲みその後に皆で飾り付けをするのだとか。

我が家の近所のお家でも、買ったまま、ネットに巻かれたままのモミの木がドアの外に24日の朝まで置いてあるおうちが2軒ほどありましたよ。
でも、ミュンヘンに住むドイツ人の旦那様を持つ知人もこのことを知らなかったし、最初にお世話になったデュッセルドルフの大家さんのところは確か早くからツリーを飾っていたので、もしかするとフランクフルト近郊の慣習なのかもしれませんね。

ドイツでは、通常ヴァイナハツバウムを1月6日の"Heilige Drei Könige(ハイリゲ・ドライ・ケーニゲ)"つまり、東方三博士の日まで飾って片付けます。
この日がアドヴェントから始まる一連のクリスマスの締めくくりなのですね。
だから、ヴァイナハツバウムを新鮮に保つためには、できるだけ24日直前に買って飾り付けるのが一番なのだと言えます。とても合理的なドイツ的感覚から生まれた慣習なのかしら?
Weihnachtsbaum 1.jpg

我が家では、2016年の今年、18日の日曜日に買いに行き、飾り付けができたのは22日、伝統的にはちょっとフライング気味にツリー完成でした。
今年は185cmのスリムなモミの木を見つけ、「これなら...」とやっと背の高いモミの木を買うお許しが出たので初めて念願のこのサイズのモミの木に飾り付けをしました。 毎年買い集めてきた飾りをたくさん飾ることが出来て飾り甲斐があるし、また「見た目にもやっぱりこのサイズが良いなぁ~」というのが皆の感想でした。

ドイツのモミの木の歌、"O Tannenbaum(オー タンネンバウム)"で締めくくります。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー イベント・行事・お祭り 生活・習慣・マナー
2016年12月26日
« 前の記事「クリスマスショッピング :プレゼント用のラッピング」へ
»次の記事「ドイツ流大晦日(Silvester)の過ごし方」 へ
おすすめ記事
    シュタインバッハ特派員 新着記事
    ドイツ四季便り第27号:秋の楽しみフェダーヴァイサーを求めてツェルへ!
    DIY初級者の実体験レポ:ドイツでキッチンリフォーム
    ドイツ四季便り第25号:日本の桜、ドイツの桜 近所の桜も真っ盛り! ~春の装い旅支度(どんな服装?)~
    ドイツへ来たら是非食べよう! 自家製ハンバーガー天国なドイツ
    ベルリンを歩くPart 4: 1冊の本を携えて負の記憶をたどる旅②
    ベルリンを歩くPart4: 1冊の本を携えて負の記憶をたどる旅①
    ベルリンを歩くPart3: ポツダム広場周辺 観光モデルコース~必見!ソニーセンター
    本場のドイツで伝統的なバウムクーヘンを食べよう!

    ドイツ ツアー最安値


    2018/12/13更新

    ドイツ 航空券情報


    ドイツ旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■ドイツの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    ヨーロッパ特派員ブログ一覧

    アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンダルイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イギリス/ロンドン4イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2ウクライナ/オデッサエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュイスブルクドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ブレーメンドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/コートダジュールフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/トゥールーズフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンフランス/リヨン2ブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/サンクトペテルブルグロシア/モスクワ

    ヨーロッパにもどる

    • 特派員プロフィール
    • シュタインバッハ特派員

      シュタインバッハ特派員
      増井 尚美
      ヨーロッパの街並みや文化、歴史が大好きで、「ヨーロッパに住んでみたい!」と、ずっとヨーロッパ生活に憧れていました。念願かなってドイツに就職先が見つかり、2001年の9月に渡独、そこから私のドイツ生活が始まりました。現在は、“家庭と仕事の両立”を目指し日々奮闘中です。そんなドイツ生活の中から、色々な旬の情報を発信できたらと思っています。 DISQUS ID @disqus_gT480tjXAD

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集