海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > シュタインバッハ特派員ブログ > お上りさんのロンドン徒然旅日記②:ピカデリーサーカ...

ドイツ/シュタインバッハ特派員ブログ 増井 尚美

ドイツ・シュタインバッハ特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2017年2月20日

お上りさんのロンドン徒然旅日記②:ピカデリーサーカス界隈を歩く


お上りさんのロンドン徒然旅日記②:ピカデリーサーカス界隈を歩く

ロンドンと言えば、"West End(ウエスト・エンド)"がショッピングや劇場等、エンタメの中心地ですね。 そしてシュタインバッハからやって来たお上りさんからすると、この近辺こそ、「うおぉ~!」とため息(雄叫び?)が出てしまう都会らしさを醸し出しているエリアと言えます。
UK diary_Piccadilly 1.JPG

今回の私たちの旅の目的に、「ロンドンでミュージカルを観る!」や、娘のたっての希望で、「シャーロックホームズ博物館に行く!」というのがあって、"West End(ウェスト・エンド)"には何度か足を運びました。

必然的に、この界隈で2階建てロンドンバスに乗ることも多かった私たち。
2階建てロンドンバスで"Oxford Street(オックスフォード・ストリート)""Regent street(リージェント・ストリート)"を走ると車窓に映し出されるショッピング街に目を奪われます。 引き寄せられるかの様に中心街へ、さして時間も無かったのですが、ショッピングも楽しみつつ、ちょこちょこと町ブラをしました。
UK diary_Picadilly 4.JPG

地下鉄"Piccadilly Circus(ピカデリー・サーカス)"、ここから私たちが観る予定にしていたミュージカル"Les Miserable(レ・ミゼラブル)"の劇場、"Queen's Theatre(クイーンズ・シアター)"は歩いて行ける距離目と鼻の先です。 ショッピングをするにしても、やはり、ここが出発地ですかネ。 いずれにしても、ピカデリー・サーカスに降り立つと、気分が盛り上がります。
UK diary_Piccadilly.JPG

ドイツでは広告用の電光掲示板やネオンと言ったものに遭遇することがあまりないのですが、ここはやはり大都会ロンドン、眩しいです。
UK diary_Piccadilly 5.JPG

劇場へ行くにしても、お目当てのショップへ向かうにしても、ピカデリー・サーカスを中心として方向を確認してから進みましょう。 この写真を見ていると、ガイドブックを確認している人が、いかにも観光客と分かるのが一目瞭然ですネ。 こういう時、注意が散漫になるので、持ち物には注意しましょうネ。


ショッピングのお目当ては、ロンドン在住の友人から教わった、UK発祥でチェーン店展開されているブランド、"NEXT"。 ここでは、リーズナブルな洋服で可愛いものが見つかると言うので娘のジーンズを買いに行ってきました。

何度か車窓からも「あっここにあるね」と確認したNEXT地図上で再確認し、バスを上手く利用しつつ行ってきました。
UK diary_NEXT.JPG

確かに、お手頃価格で可愛いお洋服がありますねェ~。 こちらで目的のジーンズゲットです。
ついでに、月~日の1週間分のパンツが1パックになったWeeklyパンツもゲット。 旦那様までこちらでワイシャツとスーツをゲットです。

高級ブランドではない、お手頃価格の洋服屋さんでも、カフスボタン用のワイシャツがラインナップされているところは、流石ロンドン、と脱帽でした。

余談ですが、塩野七生さんが、「男たちへ」と言うエッセイ集の中で、イギリス紳士とイタリア紳士のお洒落対決の話や、カフスボタンに纏わるイギリス紳士のお洒落に対する遊び心について書かれていたことをフッと思い出し、「我が夫にも是非カフスボタンのワイシャツを着てほしいなぁ~。」と、スーツ姿で颯爽とロンドンの町を闊歩している紳士を見ながら思う私でした。
UK_Diary_Super dry.JPG

ピカデリー・サーカスの近くに、ヨーロッパで人気のブランド、"Superdry(スーパードライ)"のお店もありました。
"極度乾燥(しなさい)"と言う日本人にはちょっと、いやかなり恥ずかしい訳のロゴが売りのスーパードライですが、縫製もしっかりしているし、何と言ってもデザインがかなり可愛いく、要チェックのブランドです。 ドイツでもティーンを中心にかなり人気が定着しているブランドですから、もちろんチェックしました。 ココの店舗くらい大きいスーパードライには、なかなか出会えないので見応えありましたが、時間も予算もオーバーのため、今回は見るだけです。

やはり、ロンドンはどこもかしこもスケールが大きいなぁ~と目を見張ってばかりの私たちでした。 とてもじゃないけど見切れない! また行きたいなぁ~ロンドン!

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー ショッピング・雑貨・お土産 旅行・ツアー・ホテル
2017年2月20日
« 前の記事「お上りさんのロンドン徒然旅日記①:便利なロンドンバスに感涙」へ
»次の記事「お上りさんのロンドン徒然旅日記③:ウエスト・エンドで『レ・ミゼラブル』を楽しむ♪」 へ
おすすめ記事
    シュタインバッハ特派員 新着記事
    DIY初級者の実体験レポ:ドイツでキッチンリフォーム
    ドイツ四季便り第25号:日本の桜、ドイツの桜 近所の桜も真っ盛り! ~春の装い旅支度(どんな服装?)~
    ドイツへ来たら是非食べよう! 自家製ハンバーガー天国なドイツ
    ベルリンを歩くPart 4: 1冊の本を携えて負の記憶をたどる旅②
    ベルリンを歩くPart4: 1冊の本を携えて負の記憶をたどる旅①
    ベルリンを歩くPart3: ポツダム広場周辺 観光モデルコース~必見!ソニーセンター
    本場のドイツで伝統的なバウムクーヘンを食べよう!
    オリジナルリッタースポーツチョコを作ろう!

    ドイツ 航空券情報


    ドイツ旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■ドイツの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    ヨーロッパ特派員ブログ一覧

    アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2ウクライナ/オデッサエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ

    ヨーロッパにもどる

    • 特派員プロフィール
    • シュタインバッハ特派員

      シュタインバッハ特派員
      増井 尚美
      ヨーロッパの街並みや文化、歴史が大好きで、「ヨーロッパに住んでみたい!」と、ずっとヨーロッパ生活に憧れていました。念願かなってドイツに就職先が見つかり、2001年の9月に渡独、そこから私のドイツ生活が始まりました。現在は、“家庭と仕事の両立”を目指し日々奮闘中です。そんなドイツ生活の中から、色々な旬の情報を発信できたらと思っています。 DISQUS ID @disqus_gT480tjXAD

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集