海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > シュタインバッハ特派員ブログ > お上りさんのロンドン徒然旅日記③:ウエスト・エンド...

ドイツ/シュタインバッハ特派員ブログ 増井 尚美

ドイツ・シュタインバッハ特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2017年2月23日

お上りさんのロンドン徒然旅日記③:ウエスト・エンドで『レ・ミゼラブル』を楽しむ♪


お上りさんのロンドン徒然旅日記③:ウエスト・エンドで『レ・ミゼラブル』を楽しむ♪

UK Diary_Les Miserable 4.JPG

今回のロンドンの旅で、私たち家族は、ミュージカル"Les Miserables(レ・ミゼラブル)"を観劇したのですが、娘も、そしてあまりミュージカルに興味のない夫も、ミュージカル大好きな私も皆が楽しめて本当にステキな時間を過ごすことができました。
UK Diary_Les Miserable 2.JPG

行く前から、映画"Les Miserables(レ・ミゼラブル)"(2012年)の各場面の歌をYouTubeや購入したDVDで見て何度も何度も娘と一緒に歌って覚えたり、帝国劇場のミュージカル関連の映像をYouTubeでチェックして、気分を盛り上げて行ったのもありますが、ミュージカルを最大限に楽しめるかどうか?は、特に母国語では無い場合に予習をばっちりしていくことや、そもそもミュージカルそのものの内容はもちろんのことですが、どの席で観劇するか?というのも大きな要因の1つになると思います。

日本とそんなに変わらない価格帯のチケット、親子3人で観劇するとなると高い席を3枚はちょっと...しかも1名はそんなに興味無いし、ギリギリになってからでは高くても良い席はほぼほぼ埋まっちゃっているしと悩みどころでした。

っで、せっかく高い金額を出してもさして良い席を取れないならと、2階のボックス席に目をつけたのです。
UK Diary_Les Miserable 1.JPG




2階Box席の価格帯は、£27,25(2席)-£39,75(4席)-£52,25(2席)という並び。

「最前列2席は、角度的に見にくいかもしれないけど、£52,25の席の隣から3席は悪くないかも。
それにこの3席と£52,25の席はそんなに違いがないのでは?」と思い、間の3席を予約しました。

娘が座っている、写真(左)の席からステージ側に3席になります。

今回私たちが選んだこのBox席は、大当たり。
たまたま、£52,25の2席が空いていたのもあり、前に乗り出すのも気兼ねなくできたから?良かったのかもしれませんが、とにかくステージが近い!
ステージ左サイドで行われるパフォーマンスは確かに少々観辛い部分もあるのですが、さして気になりませんでした。
どちらかというと右サイドで繰り広げられる場面の方が多かった? 特に宿屋の主人と女主人のやりとりのシーンなど、役者さんが大きな方なので、物凄く近くてド迫力でした。 娘、大興奮です。
UK Diary_Les Miserable 5.JPG

とにかく、前と後ろに誰もいないのが良いんですネ。 一切の気兼ね無用!です。バリケードの場面もド迫力で迫ってきます。 ここまで近いと臨場感がありますネ。
UK Diary_Les Miserabe 8.JPG



ミュージカルや映画でいつも居眠りをする我が夫も、今回に限っては一切眠ることなく最初から最後まで感激?いや、観劇していました。
劇場の内装もクラシカルで良い雰囲気です。 天井もシャンデリアが吊り下げられて、THEヨーロッパですね。

今回驚いたことなのですが、UKの劇場って劇場内で買ったドリンクを持ち込んで、飲みながら観劇することが可能なんですネ。 これにはちょっと驚きました。
シャンパン片手に観劇するということができてしまうんです。
ちょっとビックリなロンドン、ミュージカル事情でした。
UK Diary_Les Miserable 6.JPG

それにしても、本当にすばらしいミュージカルでした。
私たちは、10歳の娘との観劇でしたので夜の部ではなく昼の部を観劇しましたが、本来は夜の部で盛り上がるウエスト・エンドです。
劇場付近でディナー早めにして、観劇前の時間を優雅に過ごし、ミュージカル観劇を愉しんだら、その後は、バーで軽く1・2杯して帰宅する大人の時間というのも良いですよネ。

実は、今回はロンドン在住の友人宅に泊めてもらった私たち、友人は日本人女性とイギリス人男性の夫婦+2人のハーフちゃんが居る家族です。
ある一晩は、女性だけでこのウエスト・エンドに繰り出して、まさにそんな大人の時間を楽しませてもらいました。
その時に観劇したのは、友人が選んでくれた"Adelphi Theatre(アデルフィー劇場)"の"KINKY BOOTS(キンキー・ブーツ)"これまた最高に楽しいミュージカルでした。
大人の時間も楽しい、色々な楽しみ方ができるウエスト・エンド、ロンドンの懐の深さを思い知らされました。
やっぱすごいぞぉ~ロンドン。 益々ロンドンに惹きつけられるお上りさんです。

次回は、ミュージカル『レ・ミゼラブル』のチケットの予約方法と受け取り方についてご紹介しますネ。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー エンターテイメント・音楽・ショー 旅行・ツアー・ホテル
2017年2月23日
« 前の記事「お上りさんのロンドン徒然旅日記②:ピカデリーサーカス界隈を歩く」へ
»次の記事「お上りさんのロンドン徒然旅日記④:ウエスト・エンドでナイトライフを満喫♪マダム'S ナイト」 へ
おすすめ記事
    シュタインバッハ特派員 新着記事
    DIY初級者の実体験レポ:ドイツでキッチンリフォーム
    ドイツ四季便り第25号:日本の桜、ドイツの桜 近所の桜も真っ盛り! ~春の装い旅支度(どんな服装?)~
    ドイツへ来たら是非食べよう! 自家製ハンバーガー天国なドイツ
    ベルリンを歩くPart 4: 1冊の本を携えて負の記憶をたどる旅②
    ベルリンを歩くPart4: 1冊の本を携えて負の記憶をたどる旅①
    ベルリンを歩くPart3: ポツダム広場周辺 観光モデルコース~必見!ソニーセンター
    本場のドイツで伝統的なバウムクーヘンを食べよう!
    オリジナルリッタースポーツチョコを作ろう!

    ドイツ 航空券情報


    ドイツ旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■ドイツの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    ヨーロッパ特派員ブログ一覧

    アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2ウクライナ/オデッサエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ

    ヨーロッパにもどる

    • 特派員プロフィール
    • シュタインバッハ特派員

      シュタインバッハ特派員
      増井 尚美
      ヨーロッパの街並みや文化、歴史が大好きで、「ヨーロッパに住んでみたい!」と、ずっとヨーロッパ生活に憧れていました。念願かなってドイツに就職先が見つかり、2001年の9月に渡独、そこから私のドイツ生活が始まりました。現在は、“家庭と仕事の両立”を目指し日々奮闘中です。そんなドイツ生活の中から、色々な旬の情報を発信できたらと思っています。 DISQUS ID @disqus_gT480tjXAD

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集