海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > シュタインバッハ特派員ブログ > お上りさんのロンドン徒然旅日記⑤:シャーロック・ホ...

ドイツ/シュタインバッハ特派員ブログ 増井 尚美

ドイツ・シュタインバッハ特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2017年3月 7日

お上りさんのロンドン徒然旅日記⑤:シャーロック・ホームズ博物館


お上りさんのロンドン徒然旅日記⑤:シャーロック・ホームズ博物館

今回のロンドン旅行、娘の希望は、「"Backer Street(ベイカー・ストリート)"にある"Sherlock Holmes Museum(シャーロック・ホームズ博物館)"に行きたい!」でした。
小4女子のたっての希望がシャーロック・ホームズ博物館って...
ベイカーストリートと言っても、もともとは米花町の方ですよ。 何だか分かりますか?
そうです!ドイツ生まれ、ドイツ育ちの彼女のバイブルは、"名探偵コナン"なのです。
Backer street 2.JPG

朝一でハリー・ポッターの舞台となっているキングス・クロス駅9と3/4プラットホームへ行ってからだったので、出遅れてしまい、着いてみるとすでに行列が出来ていました。
Sherlock Holmes Museum 4.JPG

こちらの列は、博物館内に入るのに並んでいる列でチケットを買うための列ではないので注意が必要です。 この行列に並ぶ前に、博物館入り口横のミュージアムショップでチケットを購入する必要がります。
Sherlock HOlmes Museum 3.JPG

こちら(↑)がチケットを売っているミュージアムショップの入口になります。
Sherlock Holmes Museum 2.jpg

博物館の入口には、小説から飛び出したような門番が立っていて順番にエスコートしてくれます。
この方、気さくに一緒に写真を撮ってくれたりします。 記念撮影用に、ホームズの帽子とパイプまで用意されている徹底ぶりです。
Sherlock Holmes Museum 5.JPG

ホームズ目線で書斎から眺めるベイカーストリート。
Sherlock Holmes Museum 7.JPG

ホームズが住んでいたアパートを訪問した記念に、ホームズの書斎でゲストブックに痕跡を残して行きましょう。
Sherlock Holmes Museum 1.jpg

博物館は、縦に長い造りになっていて、シャーロック・ホームズが住んでいたアパート部分、各小説の有名なシーンを蝋人形で再現した展示部分など階ごとに分かれています。 娘は、このモリアーティ教授の蝋人形に過剰反応しておりました。 まるで有名人に会ったかのような...

シャーロック・ホームズファンでなくても、案外見応えのある博物館でしたよ。 「ちょっとオリジナル読んでみようかな?」なんて気にさせる展示って良い博物館って事ですよネ。 興味を掻き立ててくれる博物館です。

博物館を見終わったら、先程チケットを買ったミュージアムショップもお忘れなく。 ココにもユニークなものがあります。 

【The Sherlock Holmes Museum】
住所:221b Baker Street, London
営業時間: 12月25日以外年中無休 9:30~18:00
入場料: 大人 £15,00- / 子供(16歳未満) £10,00-
Official Website: http://www.sherlock-holmes.co.uk/home.htm

それにしても、アーサー・コナン・ドイルが書いた小説『シャーロック・ホームズ』って本当にスゴイですよね。 駅や道を歩いているだけでも、いかにスゴイかが分かります。
シャーロキアンではなくても、誰もがその名前を知っているシャーロック・ホームズにベイカーストリート。 名探偵コナンが発端とは言え、小4女子をも惹きつけるとは。
Backer street 4.JPG

地下鉄"Backer Street Station"が最寄りの駅になりますが、この駅には、シャーロック・ホームズのモチーフがたくさんあって楽しい空間となっています。
Backer street 1.JPG

プラットホームにも、もちろんシャーロック・ホームズの影絵が...
Backer street 3.JPG

この影絵ですが、近くによってよくよく見て見れば、1つ1つの点もシャーロック・ホームズの影になっているんです。 これを発見した娘は、ドヤ顔で大興奮でした!
Backer street 5.JPG

駅の通路にはめ込まれたタイルにも、シャーロックホームズの横顔。
何とも遊び心があって良いですネ、こういうの。

極めつけは、地下鉄駅を出たところにある、シャーロックホームズ記念像。
ここまで、シャーロックホームズ尽くしだと、博物館への道のりまでに気分も盛り上がるというものです。
Backer street 6.JPG

せっかく博物館へ行って興味も湧いてきたことですから、小説も読んでみないと...
「我が娘よ、名探偵コナンばかりでなく、オリジナルにも興味をもって是非オリジナルを読んで下さい...」

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 旅行・ツアー・ホテル 見所・観光・定番スポット
2017年3月 7日
« 前の記事「お上りさんのロンドン徒然旅日記④:マダム'SナイトPart2」へ
»次の記事「お上りさんのロンドン徒然旅日記⑥:キングス・クロス駅 9と3/4番線」 へ
おすすめ記事
    シュタインバッハ特派員 新着記事
    DIY初級者の実体験レポ:ドイツでキッチンリフォーム
    ドイツ四季便り第25号:日本の桜、ドイツの桜 近所の桜も真っ盛り! ~春の装い旅支度(どんな服装?)~
    ドイツへ来たら是非食べよう! 自家製ハンバーガー天国なドイツ
    ベルリンを歩くPart 4: 1冊の本を携えて負の記憶をたどる旅②
    ベルリンを歩くPart4: 1冊の本を携えて負の記憶をたどる旅①
    ベルリンを歩くPart3: ポツダム広場周辺 観光モデルコース~必見!ソニーセンター
    本場のドイツで伝統的なバウムクーヘンを食べよう!
    オリジナルリッタースポーツチョコを作ろう!

    ドイツ 航空券情報


    ドイツ旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■ドイツの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    ヨーロッパ特派員ブログ一覧

    アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2ウクライナ/オデッサエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ

    ヨーロッパにもどる

    • 特派員プロフィール
    • シュタインバッハ特派員

      シュタインバッハ特派員
      増井 尚美
      ヨーロッパの街並みや文化、歴史が大好きで、「ヨーロッパに住んでみたい!」と、ずっとヨーロッパ生活に憧れていました。念願かなってドイツに就職先が見つかり、2001年の9月に渡独、そこから私のドイツ生活が始まりました。現在は、“家庭と仕事の両立”を目指し日々奮闘中です。そんなドイツ生活の中から、色々な旬の情報を発信できたらと思っています。 DISQUS ID @disqus_gT480tjXAD

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集