海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > シュタインバッハ特派員ブログ > 欧道紀行 UK編:欧州大陸から車でドーバー海峡を渡...

ドイツ/シュタインバッハ特派員ブログ 増井 尚美

ドイツ・シュタインバッハ特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2017年3月28日

欧道紀行 UK編:欧州大陸から車でドーバー海峡を渡る!


欧道紀行 UK編:欧州大陸から車でドーバー海峡を渡る!

今回のロンドンの旅は、ドイツ・シュタインバッハ-ロンドン間、約770kmを走る車の旅。
ヨーロッパは陸続き、私たちはこのくらいの距離を車で走行する旅には慣れっこですが、ドイツへ来たばかりの方からは、「距離感覚おかしいですよ!」とダメだしされることも多々あります...
Dover 3.JPG

ヨーロッパは陸続き、でも、皆さんもご存知の通り、UKは島国、欧州大陸とはドーバー海峡で隔てられています。
日本ではなかなか知ることの無い"車で渡るドーバー海峡"について紹介してみようと思います。

欧州から車でUKへ渡るには、2通り方法があります。
1つは、フェリーでドーバー海峡を渡る方法、そしてもう1つは、車ごと列車でユーロトンネルを通ってドーバーを渡る方法です。
Carais 2.JPG

今回の旅では、行きも帰りもフェリーを利用した私たちですが、2010年のアイスランドの火山噴火時、帰る手段が無く、最終的に友人の車を借りてドーバーを渡った時には、列車でユーロトンネルを渡った経験があります。 この場合、車ごと列車に乗り込んで、35分程ですが、デッキがある訳ではなく、車窓からの景色もなく、ひたすら車の中で座って過ごさなければなりません。

それに比べると、1時間半と時間はかかりますが、フェリーなら車を降りてドーバー海峡の景色を見ながら客室やデッキで時間を過ごすことができます。 お値段もフェリーの方が安いんです。

参考までに、フェリーVS列車の比較シミュレーションをしてみました。
(2017年3月12日現在)

≪INFORMATION≫
Website: Direct Ferries
想定日時:4月14日(金)イースター聖金曜日/9:00頃
想定条件:車1台(VWパサート)+大人2名+子供1名(10歳)
*注意:価格帯は時間や日にちなどの条件によって大きく異なります。

Railway(列車)の場合
Calais(カレー)/France→Folkestone/UK 所要時間35分
価格帯:£86,00‐£93,50- (Le Shuttle)
Ferry (フェリー)の場合
Calais(カレー)/France→Dover/UK 所要時間1時間半
価格帯:£48,00‐£53,00- (P&O FerriesとDFDSの2社)
Carais 3.JPG

利用方法ですが、まずは、上記のサイト等で予約を入れましょう。 カレーに着いたら、船着き場まではフェリー乗り場の案内に従って行けば大丈夫です。 道路標識も分かり易くなっていますので心配要りません。

フェリー乗り場についてからも標識に従って移動します。 まずはチェックインの手続きが必要です。
予約を入れた船会社の受付で予約番号を提示すると、どこのレーンに並ぶのか教えてくれます。 同時に、バックミラーにぶら下げる乗船券を受け取ります。 その後フランス出国ゲート、UKの入国審査ゲートを通ります。
この時にはパスポートコントロールがあり、ヨーロッパでは貴重なスタンプの刻印がされます。

出入国が終わったら、指定されたレーンで搭乗時間まで待機です。 この待機場所には、トイレもありますのでご心配なく。
Calais.JPG

時間が来ると、係員の指示に従って前から順番に車を乗船させます。 車を停めたら、車を降りて客室へ。
Dover 1.JPG

後は客室内で寛ぎながら時間を過ごすだけ! 客室内にはカフェ・バーがあり、飲食が可能になっています。 そこでは、スターバックスのコーヒーやフラペチーノも楽しめますよ。
Dover 2.JPG

ドーバーが近づいてくるとUKの南海岸線特有の白亜の絶壁が見えてきて気分が盛り上がります。

帰路は、前日にドーバー入りしてそこで宿を取り、翌日の早朝の便でドーバーを渡りましたが、今回泊まったB&Bがとても居心地が良く港からもすぐで便利だったのでここに紹介しておきます。 少々狭いですが、専用の駐車場もあり、車での旅には打ってつけの宿でした。
ちなみに、行きは、ベルギーはブルージュに前日入り、そこで1泊してお昼頃のフェリーに乗りましたよ。
Dover 6.JPG











≪INFORMATION≫
Hubert House (B&B)
住所:9 Castle Hill Road, Dover, CT16 1QW
Tel:+44 1304 202253
e-mail address: stay@huberthouse.co.uk
Official Website: http://www.huberthouse.co.uk/

この日のUK最後の晩餐は、ブリッティッシュ・パブで頂くFish&Tips(フィッシュ・アンド・チップス)とイギリスのビール。
Dover 7.JPG

魚に飢えているドイツ在住者ですから、本格派こてこてフィッシュ&チップスも悪くないと美味しく頂きました♪
Dover 5.JPG.jpg

ドイツにも結構アイリッシュ・パブはあるのですが、何せフランクフルト郊外のシュタインバッハに住んでいるので、なかなか足を運ぶことはありません。
ということで、最後にギネスとラガービールをくいっと美味しく頂きました。

子供にも優しく、店主のおばさんもとても気持ちの良い接客で居心地の良いパブでした。

≪INFORMATION≫
Blakes of Dover(Cellar Bar)
Dover 4.JPG.jpg

住所:52 Castle St, Dover, CT16 1PJ
Tel:+44 1304 202194 / +44 1304 211263
Official Website: http://www.blakesofdover.com/CellarBar

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー レストラン・料理・食材 交通・鉄道・航空 旅行・ツアー・ホテル
2017年3月28日
« 前の記事「お上りさんのロンドン徒然旅日記⑪:ノッティング・ヒル→ポートベローの町ブラが楽しい♪」へ
»次の記事「スーパーマニア 英国編①:流石は紅茶の国イギリスなコーナーに驚愕!」 へ
おすすめ記事
    シュタインバッハ特派員 新着記事
    DIY初級者の実体験レポ:ドイツでキッチンリフォーム
    ドイツ四季便り第25号:日本の桜、ドイツの桜 近所の桜も真っ盛り! ~春の装い旅支度(どんな服装?)~
    ドイツへ来たら是非食べよう! 自家製ハンバーガー天国なドイツ
    ベルリンを歩くPart 4: 1冊の本を携えて負の記憶をたどる旅②
    ベルリンを歩くPart4: 1冊の本を携えて負の記憶をたどる旅①
    ベルリンを歩くPart3: ポツダム広場周辺 観光モデルコース~必見!ソニーセンター
    本場のドイツで伝統的なバウムクーヘンを食べよう!
    オリジナルリッタースポーツチョコを作ろう!

    ドイツ 航空券情報


    ドイツ旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■ドイツの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    ヨーロッパ特派員ブログ一覧

    アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2ウクライナ/オデッサエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/コートダジュールフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ

    ヨーロッパにもどる

    • 特派員プロフィール
    • シュタインバッハ特派員

      シュタインバッハ特派員
      増井 尚美
      ヨーロッパの街並みや文化、歴史が大好きで、「ヨーロッパに住んでみたい!」と、ずっとヨーロッパ生活に憧れていました。念願かなってドイツに就職先が見つかり、2001年の9月に渡独、そこから私のドイツ生活が始まりました。現在は、“家庭と仕事の両立”を目指し日々奮闘中です。そんなドイツ生活の中から、色々な旬の情報を発信できたらと思っています。 DISQUS ID @disqus_gT480tjXAD

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集