海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > シュタインバッハ特派員ブログ > ドイツ四季便り第19号: アスパラガス街道の町&q...

ドイツ/シュタインバッハ特派員ブログ 増井 尚美

ドイツ・シュタインバッハ特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2017年4月18日

ドイツ四季便り第19号: アスパラガス街道の町"Schwetzingen(シュヴェッチンゲン)"


ドイツ四季便り第19号: アスパラガス街道の町"Schwetzingen(シュヴェッチンゲン)"

ドイツには、ロマンチック街道、古城街道、メルヘン街道と日本人にはお馴染みの有名な観光街道があるのはご存知ですよネ。 でも、バーデン・アスパラガス街道なるものがあるというのをご存知でしたか?
Spargel_Schwetzingen 1.JPG

実は、私も昨年その存在を知って、「美味しい"Spargel(シュパーゲル)"を食べに行くぞぉ~」という思いをずっと温めて冬を越しました。
Spargelstrasse.JPG

バーデン・アスパラガス街道とは、アスパラガスの町と称される"Schwetzingen(シュヴェッチンゲン)"からカールスルーエ、ラシュタットを経由してシェルツハイムに至る全長約136kmのルートです。
(ドイツ観光局「バーデン・アスパラガス街道」 より) 

さて、ドイツでは2週間程前に"シュパーゲル"が解禁、2017年の今年も「春を告げるシュパーゲル」の季節 がやって来ました。
ずっと待っていたシュパーゲルの季節、満を持してこの"Ostersonntag(オスターゾンターク)"イースタの聖日曜日に、同僚家族を誘ってシュヴェッチンゲンへ行ってきました。
今日は、シュヴェッチンゲンで食す2017年の我が家の初シュパーゲルレポートをお届けします。
Spargel_Schwetzingen 6.JPG

シュヴェッチンゲンがアスパラガスの町と呼ばれる所以は、ここのSchloss(シュロス)/宮殿でアスパラガスの栽培が行われるようになり、ここからアスパラガスを食す習慣が広まったからからということの様です。

そう、上の写真の奥に見えているのが、プファルツ選帝侯の夏の離宮、プファルツ地方の小ヴェルサイユと称される宮殿です。 ここはお庭がとても有名だということです。 また、このシュロスの宮廷劇場はオリジナルを保ったもので、ここでオペラも上演されるとのことですので、色々な楽しみ方が出来そうですね。
Spargel_Schwetzingen 5.jpg

写真のブロンズ像にズームインしてみましょう。
このブロンズ像、プレートには"Spargelfrau(シュパーゲルフラオ)/アスパラ婦人"とありました。
流石は、アスパラガスの町ですネ。 このブロンズ像のある"Schlossplatz(シュロスプラッツ)/宮殿前広場"には、3・4軒の出店がたっていて、新鮮なシュパーゲルとジャガイモの直売をしていました。

本当は、この広場にあるブラオハウス(ビール醸造所兼レストラン)"Zum Ritter(ツム・リッター)"でシュパーゲルをと考えていたのですが、予約なしでは入れず、「オスターゾンタークは2週間前から予約でいっぱいだよ。残念だけど...」と断られてしまい途方に暮れた私たち。 向かいのレストランでも同様に断られ、もしやシュパーゲルに有りつけない危機?と思いきや、ブラオハウスのお隣のカフェハウスに入ることができました。
カフェと言っても、バーもあり食事もでき、もちろん、新鮮なシュパーゲル特別メニューもあったので、Kneipe(クナイペ)ですね。
Schwetzingen_Kneipe 1.JPG

外の見た目からは想像できませんでしたが、内装はアール・ヌーボーでとてもお洒落な感じでした。
Schwetzingen_Kneipe 2.JPG

某評価サイトで、「待ち時間が長い」ということで一つ★がつけられていましたが、確かに食事を頼んでから出てくるまでにもの凄い待たされましたね。
でも、待っただけの価値のある美味しい食事だったので、私たちは大満足♪

さて、ここからは写真でシュパーゲルを味わって下さい。
Spargel_Schwetzingen 2.JPG

まずは、娘の大好物"Spargel Suppe(シュパーゲル・ズッペ)"白アスパラガスのスープです。
ドイツ料理屋さんでは、日本人には、「塩が効きすぎていてしょっぱい!」ということが多いのですが、こちらのスープはマイルドでとても美味しかったらしいです。
これにポメス(フライドポテト)で十分!
Spargel_Schwetzingen 7.JPG




シュパーゲルと合わせる定番の"Schmitzel(シュニッツェル)"をつけて。 
これが、ドイツ料理初心者にはまず間違いない組み合わせ。
日本人の口に合うこと間違いなしです。

ちなみに、一番最初の写真は、もっともシンプルにシュパーゲル(白アスパラガス)を楽しむメニュー。 白アスパラガスに茹でジャガイモの付け合せでシンプルに。
ソースは、"Hollandaise Soße (ホランダイゼ・ゾーゼ)"ホーランダイゼソースで。
このソースも各お店によって様々、濃厚だったり、あっさり目だったり。
Spargel_Schwetzingen 3.JPG





小エビとゆで卵をあっさりとバターで。
この組み合わせは、初めてで新鮮でした。 
味付けもあっさり塩バターで、しつこくなく美味しかった♪

ここまでのメニュー、シュパーゲルの味が生かされていて、シンプルな味付けでしょっぱくなくとても繊細な味わいでどれもこれも美味しかったのですが、今回のヒットは、こちら。
Spargel_Shwetzingen 4.JPG



"Lachs(ラックス)/鮭"に、白アスパラとグリーンアスパラを合わせ、ホワイトソースで。
このホワイトソースがレモン風味がありあっさりで、本当に繊細な味わいが何とも言えず美味しかったです♪
シュパーゲルのシャキシャキな食感が楽しめてインド米との相性もバッチリ。 これは本当に大ヒットでした。

思いがけず入ったお店でこれだけ美味しいものに出会えたので、「今シーズンまた再訪しよう! 次は、Zum Ritter(ツム・リッター)リベンジだぁ~!」と鼻息荒く帰ってきました。
いやぁ~本当に侮れないアスパラガス街道の町、シュヴェッチンゲンでした。

≪INFORMATION≫
Kaffeehaus Schwetzingen
Address: Sclossplatz 3, 68723 schwetzingen
Tel: 06202-12170
Website: http://www.kaffeehaus.de/Home/2,0,0,0,0,0,1.html
営業時間:(禁煙席) 月-水: 8:00 - 1:00/ 木-土: 8:00 -3:00 日・祝日: 9:00 - 1:00

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー レストラン・料理・食材 見所・観光・定番スポット
2017年4月18日
« 前の記事「Ostereier(オスターアイアー)/イースターのタマゴ」へ
»次の記事「スーパーマニアドイツ編 ⑩:チアシードを飲んじゃおぅ!」 へ
おすすめ記事
    シュタインバッハ特派員 新着記事
    DIY初級者の実体験レポ:ドイツでキッチンリフォーム
    ドイツ四季便り第25号:日本の桜、ドイツの桜 近所の桜も真っ盛り! ~春の装い旅支度(どんな服装?)~
    ドイツへ来たら是非食べよう! 自家製ハンバーガー天国なドイツ
    ベルリンを歩くPart 4: 1冊の本を携えて負の記憶をたどる旅②
    ベルリンを歩くPart4: 1冊の本を携えて負の記憶をたどる旅①
    ベルリンを歩くPart3: ポツダム広場周辺 観光モデルコース~必見!ソニーセンター
    本場のドイツで伝統的なバウムクーヘンを食べよう!
    オリジナルリッタースポーツチョコを作ろう!

    ドイツ 航空券情報


    ドイツ旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■ドイツの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    ヨーロッパ特派員ブログ一覧

    アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イギリス/ロンドン4イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2ウクライナ/オデッサエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/コートダジュールフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンフランス/リヨン2ブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ

    ヨーロッパにもどる

    • 特派員プロフィール
    • シュタインバッハ特派員

      シュタインバッハ特派員
      増井 尚美
      ヨーロッパの街並みや文化、歴史が大好きで、「ヨーロッパに住んでみたい!」と、ずっとヨーロッパ生活に憧れていました。念願かなってドイツに就職先が見つかり、2001年の9月に渡独、そこから私のドイツ生活が始まりました。現在は、“家庭と仕事の両立”を目指し日々奮闘中です。そんなドイツ生活の中から、色々な旬の情報を発信できたらと思っています。 DISQUS ID @disqus_gT480tjXAD

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集