海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > シュタインバッハ特派員ブログ > フランクフルト郊外にあるB級グルメの隠れた名店:F...

ドイツ/シュタインバッハ特派員ブログ 増井 尚美

ドイツ・シュタインバッハ特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2017年4月25日

フランクフルト郊外にあるB級グルメの隠れた名店:Fritten Toni(フリッテン・トニ)


メール プリント もっと見る

フランクフルト郊外にあるB級グルメの隠れた名店:Fritten Toni(フリッテン・トニ)

ドイツを代表するB級グルメと言えば、焼きソーセージ"Bratwurst(ブラートヴルスト)"!
そして、ベルリン発祥の"Curry Wurst(カリー・ヴルスト)"は、今や全国的に人気のメニューです。

日本人コミュニティーではあまり知られていないけど、フランクフルト郊外の町、"Oberursel(オーバーウアゼル)"に、地元の人に大人気のカリー・ヴルストの屋台があります。

その名は、"Fritten Toni(フリッテン・トニ)" 
見た目は掘立小屋ですが、実は、知る人ぞ知るB級グルメの隠れた名店です。
Fritten Tony 1.JPG

親しくしているドイツ人の友人家族から教えてもらった"フリッテン・トニ"ですが、ここのカリー・ヴルストとポメス(フライドポテト)を一度食べたら病み付き、なかなかここのを凌ぐものには出会えません。 本当に美味しいです!
よく家族で「何が違うんだろう?」談義で盛り上がるのですが、やはりかかっているソースが絶品なのと、ソーセージの焼き具合、ポメスの揚げ具合が最高なのだと思います。

では、ここで問題です。
「下の写真のカリー・ヴルスト、AとBでは何が違うのでしょうか?」

カリー・ヴルストA
Fritten Tony 4.JPG


カリー・ヴルストB
Fritten Tony 3.JPG

もうお分かりでしょうか?
Fritten Tony 2.JPG

正解:「ヴルストの種類が違います。」
Aは、オーソドックスな"Bratwurst(ブラートヴルスト)"で豚肉のソーセージです。
一方、Bの方は、フランクフルト地方特有の"Rindswurst(リンツヴルスト)"で、牛肉のソーセージです。

フランクフルトでは、この赤い色の"Rindswurst(リンツヴルスト)"がスタンダード、屋台でも、「赤? 白?」みたいに聞かれるのが常日頃なので、どこでもそうなのかと思いきや、このリンツヴルストはフランクフルト特有のものだったんですネ。
去年一緒にヴァイナハツマルクト(クリスマスマーケット)に行ったデュッセルドルフ在住の友人が、「やっぱりこっちでは赤いソーセージが普通にあるんだね。」というコメントをしたのがきっかけで気付いた私です。
ドイツ在住16年目にも関わらず、この程度ですよ。 というよりも、ドイツはやはり地方色が豊かなので、こういうことが起きるんでしょうね。

そう、カリー・ヴルストの本場、ベルリンではこのリンツヴルストのものは味わえませんので、フランクフルトへお立ち寄りの際には是非、リンツヴルストを試してみて下さい。

旅行者には不便な場所にある、フリッテン・トニですが、わざわざ足を運ぶ価値ありの名店です。
興味があれば、是非一度足を運んでみて下さい。


≪INFORMATION≫
Fritten Toni(フリッテン・トニ)
住所:Frankfurter Landstraße 59, 61440 Oberursel Bommersheim(Taunus)
Tel: 06171/287580
営業時間:月-金 9:00-17:45 / 土:10:00-16:00
最寄駅: U3 Bommersheim または、S5 Oberursel下車徒歩8分
こちらのU3ですが、市内"Hauptwache(ハウプトヴァッフェ)"から1本です。
*2017年4月24日~30日は、工事によりRiedbergからOberursel区間についてバス運行になっていますのでご注意下さい。
電車の路線図はこちら→RMV Schnellbahnplan

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー レストラン・料理・食材
2017年4月25日
« 前の記事「スーパーマニアドイツ編 ⑩:チアシードを飲んじゃおぅ!」へ
»次の記事「番外編:生粋のバレンシア人直伝のスパニッシュオムレツ」 へ
おすすめ記事
    シュタインバッハ特派員 新着記事
    ドイツ四季便り第25号:日本の桜、ドイツの桜 近所の桜も真っ盛り! ~春の装い旅支度(どんな服装?)~
    ドイツへ来たら是非食べよう! 自家製ハンバーガー天国なドイツ
    ベルリンを歩くPart 4: 1冊の本を携えて負の記憶をたどる旅②
    ベルリンを歩くPart4: 1冊の本を携えて負の記憶をたどる旅①
    ベルリンを歩くPart3: ポツダム広場周辺 観光モデルコース~必見!ソニーセンター
    本場のドイツで伝統的なバウムクーヘンを食べよう!
    オリジナルリッタースポーツチョコを作ろう!
    ベルリンを歩くPart2:ハッケシャー・マルクト駅周辺をブラリ歩けば...

    ドイツ 航空券情報


    ドイツ旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■ドイツの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    ヨーロッパ特派員ブログ一覧

    アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2ウクライナ/オデッサエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/トゥルコアンフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ

    ヨーロッパにもどる

    • 特派員プロフィール
    • シュタインバッハ特派員

      シュタインバッハ特派員
      増井 尚美
      ヨーロッパの街並みや文化、歴史が大好きで、「ヨーロッパに住んでみたい!」と、ずっとヨーロッパ生活に憧れていました。念願かなってドイツに就職先が見つかり、2001年の9月に渡独、そこから私のドイツ生活が始まりました。現在は、“家庭と仕事の両立”を目指し日々奮闘中です。そんなドイツ生活の中から、色々な旬の情報を発信できたらと思っています。 DISQUS ID @disqus_gT480tjXAD

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集