海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > シュタインバッハ特派員ブログ > 世界遺産の町バンベルクのユニークな地ビール:ラオッ...

ドイツ/シュタインバッハ特派員ブログ 増井 尚美

ドイツ・シュタインバッハ特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2017年4月 3日

世界遺産の町バンベルクのユニークな地ビール:ラオッホビアー


メール プリント もっと見る

世界遺産の町バンベルクのユニークな地ビール:ラオッホビアー

観光地再発見の旅⑥&ドイツビールが美味い-3
Bamberg 2.JPG

ドイツの世界遺産の1つに"Bamberg(バンベルク)"の町があります。 
世界遺産に選ばれるくらいですから、ここの街並みは本当に美しくすばらしいです。 私もすでに何度も足を運んでいます。

今日はそんなバンベルクでもう1つ有名な、とてもユニークなバンベルクの地ビール"Rauchbier(ラオッホビアー)の紹介です。
ラオッホビアーとは、日本語では"燻製ビール"と呼ばれます。 最初に飲んだ時には、本当に、燻した匂いがきつくて、「何、これ?スモークサーモン?」と思ったのを記憶しています。

ところが、前にも紹介した"Brauerei(ブラオエライ)"つまりビール醸造所で作りたての新鮮な樽から生ビールを飲んだら、何と美味しかったことか、独特な匂いもキツイではなく、ぷぉーんとほのかに漂ってくる絶妙な感じ。 これはもう病み付きです!
Brauerei_Rauchbier 4.JPG

バンベルク旧市街にある醸造所兼レストラン、"Schlenkerla(シュレンケルラ)"
去年のヴァイナハツマルクト(クリスマスマーケット)の時期にバンベルクを訪れた際に行ってみましたが人で溢れかえっていました。
レストランで食事をと考えていた私たちですが、予約なしでは入れず、他の人々に交じってビールだけゲットして通りで立ち飲みをしました。
Brauerei_Rauchbier 2.JPG

本当にたくさんの人たちが、通りでラオッホビアーを楽しんでいましたよ。
Brauerei_Rauchbier 3.JPG






入口から入ってすぐのところに、ビール専用の窓口があります。
この奥には、ちゃんとしたカウンターがあり(正確には見えただけですが)、「そこまでこの長蛇の列は続いているの? そこまで行って注文するのかな? まだまだだなぁ~?」と思いきやその遥か手前にこの小窓があってあっさりビールゲットできました。

通りでラオッホビアーを楽しんでいる人たちを真似てビールをゲットしようと入口を入ったものの、なかなかどうして人でいっぱい。 列が出来ていて、どこまで続いているのか? どれくらい待つのか分からず一度は断念したんです。
でも、やっぱりと戻って意を決して列に並んでみたら、「あれ?」「何だぁ~」「こんなところに...」とあっさり念願の生をゲットできました。
Brauerei_Rauchbier 5.JPG

「燻製ビール、何で燻製の匂いがするのか?」 気になりますよネ。
"Schlenkerla(シュレンケルラ)" のウェブサイトに答えがありました。

ビールを造りにおいて、大事な材料の1つ、Malt(モルツ)/麦芽は、摘まれたばかりの緑色のものを十分に乾燥させなければならないが、昔は天日干しくらいしか方法がなく、中央ヨーロッパや北ヨーロッパでは非常に難しかったため、火を利用するようになった。 その際に出る煙の匂いが麦芽につくため、燻した様な匂いがするのだそうです。 つまり、昔は、バンベルク以外でも、ビールには多かれ少なかれ燻製の匂いがしていたことになりますネ。 天日干しや火を使わずとも麦芽を乾燥させることができるように技術が進歩した今でも、従来の方法であえて燻した香りをつけたビールを造り続けているのが、バンベルクの伝統なのだそうです。

古の味が感じられるユニークな燻製ビール、世界遺産の町バンベルクへ足を運んだなら是非試してほしい逸品です。 ここでしか飲めない地ビールがバンベルクにはあります。


≪INFORMATION≫
Schlenkerla("Aecht Schlenkerla Rauchbier"醸造所兼レストラン)
Brauerei_Rauchbier 1.JPG

住所:Dominikanerstrasse 6 - 96049 Bamberg
Tel:+49 (951) 56060 / 予約専門Tel:+49 (951) 56050
Website:http://www.schlenkerla.de/
営業時間:09:30~23:30 *温かい食事については、12:00~22:00のみ
ビアガーデンは、イースターから10月初めまでオープン。 ただし天候不順の際はクローズ。


記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー レストラン・料理・食材 夜遊び・クラブ・お酒 見所・観光・定番スポット
2017年4月 3日
« 前の記事「スーパーマニア 英国編①:流石は紅茶の国イギリスなコーナーに驚愕!」へ
»次の記事「グラス・カップのPfand(プファント)/デポジット取扱い方法」 へ
おすすめ記事
    シュタインバッハ特派員 新着記事
    DIY初級者の実体験レポ:ドイツでキッチンリフォーム
    ドイツ四季便り第25号:日本の桜、ドイツの桜 近所の桜も真っ盛り! ~春の装い旅支度(どんな服装?)~
    ドイツへ来たら是非食べよう! 自家製ハンバーガー天国なドイツ
    ベルリンを歩くPart 4: 1冊の本を携えて負の記憶をたどる旅②
    ベルリンを歩くPart4: 1冊の本を携えて負の記憶をたどる旅①
    ベルリンを歩くPart3: ポツダム広場周辺 観光モデルコース~必見!ソニーセンター
    本場のドイツで伝統的なバウムクーヘンを食べよう!
    オリジナルリッタースポーツチョコを作ろう!

    ドイツ ツアー最安値


    2018/7/17更新

    ドイツ 航空券情報


    ドイツ旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■ドイツの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    ヨーロッパ特派員ブログ一覧

    アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2ウクライナ/オデッサエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ

    ヨーロッパにもどる

    • 特派員プロフィール
    • シュタインバッハ特派員

      シュタインバッハ特派員
      増井 尚美
      ヨーロッパの街並みや文化、歴史が大好きで、「ヨーロッパに住んでみたい!」と、ずっとヨーロッパ生活に憧れていました。念願かなってドイツに就職先が見つかり、2001年の9月に渡独、そこから私のドイツ生活が始まりました。現在は、“家庭と仕事の両立”を目指し日々奮闘中です。そんなドイツ生活の中から、色々な旬の情報を発信できたらと思っています。 DISQUS ID @disqus_gT480tjXAD

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集