海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > シュタインバッハ特派員ブログ > 実はスイーツ天国だった!Heidelberg(ハイ...

ドイツ/シュタインバッハ特派員ブログ 増井 尚美

ドイツ・シュタインバッハ特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2017年10月31日

実はスイーツ天国だった!Heidelberg(ハイデルベルク)の新たな魅力


メール プリント もっと見る

実はスイーツ天国だった!Heidelberg(ハイデルベルク)の新たな魅力

観光地再発見の旅⑫
日本人に人気のドイツ観光名所の1つと言えば、"Heidelberg(ハイデルベルク)"を挙げない訳には行きません。
それほど、日本人にも良く知られた観光地ハイデルベルクです。
Heidelberg_Marktplatz.JPG

大学町ハイデルベルクは、ネッカー川沿いに佇む、古いお城の麓にあるドイツ最古の大学を持つ歴史ある町です。
ヨーロッパを旅していて思うことですが、やはり有名な観光地は有名なだけある!ということ。
あまりに有名で観光客が多く情緒を楽しむということが出来なかったとしてもやっぱり1度は訪れたい場所なのだと心から思います。

ここ、ハイデルベルクもそんなドイツ観光の王道、かなり有名な観光地ですが、是非1度は足を運んで頂きたい美しい町です。

そんな有名な観光地をちょっと違った角度からレポートする観光地再発見の旅シリーズ、今日はハイデルベルクの魅力を、美味しいスイーツで綴ってみたいと思います。
Heidelberg_Lindt.JPG

今回久々に訪れたハイデルベルクで再発見したことですが、この町、実は美味しいスイーツに出会えるスイーツ天国の町でした。
最初の写真は、旧市街の中心地を貫く目抜き大通り"Hauptstraße(ハオプトシュトラーセ)"から一歩入ったマルクト広場"Marktplatz(マルクトプラッツ)"です。 そこには、スイス生まれの世界的有名なチョコレートメーカー、"Lintd(リンツ)"の専門店があります。
ちょっと通りがかっただけなのに、目敏くチェックしていたらしい娘の強い要望でこちらの専門店へ。
ドイツでなら、デパートだけでなくスーパーでも、あらゆる種類が並んでいて比較的手軽に手に入るもの、それがリンツのチョコレートです。 それでもこの専門店の様に、違う種類のチョコを好きな様にセレクトして詰め放題で買えるところは珍しい!
娘は一緒に来たばぁばに詰め放題をオネダリして色々と好きなチョコを買ってもらいました。
Heidelberg_Kornmarkt.JPG

おばあちゃんはと言えば、この大通りを挟んでちょうど反対側、車を停めた"Karlsplatz(カールスプラッツ)から"Kornplatz(コルンプラッツ)"(写真上)の間にあるパン屋さん兼コンディトライ"GUNDEL(グンデル) "で、ここの名物である"Heidelberger Pflasterstein(ハイデルベルガ―・プフラスターシュタイン)"なるチョコレート菓子とザッハトルテを購入されていました。
Heidelberg_Pflasterstein.JPG

"pflasterstein(プフラスターシュタイン)"って何?かと言うと、写真上の石畳に使われている石のことでした。
それを知った私、「なぁ~るほど」と妙に納得。 気になる方は是非お店のHP(Spezialitäten)でチェックしてみて下さい。
いずれも試させて頂きましたが、見た目ほど甘くなくて上品なチョコレートの風味が何とも言えず美味しいです。 ここは、カフェが併設されていて店内で一休みすることも可能です。「次回は是非ゆっくりとカフェでもしてみたいなぁ~」

さて、ハイデルベルクには、とても有名なチョコレートがあるのをご存知ですか?
その名前が何ともユニークです。
その名とは、"Studentenkuß(シュトゥデンテンクース)"学生のキッスというものです。
Studentenkuess 4.JPG


KNÖSEL(店舗)

住所: Haspelgasse 16, 69117 Heidelberg
Tel:+49 (0)6221 2 23 45
e-mail:knoesel@t-online.de
Website: http://www.studentenkuss.com/

【歩き方】
ハイデルベルクの目抜き通り、"Hauptstraße(ハウプトシュトラーセ)"で一際存在感のある"Hotel Zum Ritter St. Geog(ツム・リッター・ザンクト・ゲオルク)"から1直線に伸びる道を川沿いに真っ直ぐ進みます。
聖母教会を見ながら"Marktplatz(マルクトプラッツ)"を過ぎたら学生のキッスの看板が見えてきます。

学生のキッス"StudentenKuß(シュトゥデンテンクス)"と言うブランドに纏わるエピソードが、お店のHP で紹介されています。

1863年創業の"Chocolaterie(ショコラティエ)兼Café Knösel(カフェ・クヌェゼル)"は、当初からハイデルベルクの社交の場として人気で、ユーモアあふれるショコラティエでコンディトライの"Fridolin Knösel(フリドリン・クヌェゼル)"とそのカフェは高く評価されていたのだそうです。
特に上流階級の女子学生の間でスイーツが人気となり若い女性が足しげく通うようになったとか。
その女子学生目当てに集まる男子学生、彼女たちの気を引こうと視線を投げる若者たちですが、当時の女子学生は、お付の者が常に目を光らせていて現代の様に気軽に話をすることも出来なかった様ですね。
そんな学生たちの秘めた目線のやりとりに気付いたフリドリン・クヌェゼルが、とりわけ上品なチョコレートを作り、学生のキッス"StudentenKuß(シュトゥデンテンクス)"と名付けて、彼らを驚かせます。プレゼントとしてこのチョコレートを贈られた女性客の1人は、お付の者にこのチョコレートについての反対意見は何も言わせなかったのだそうです。
以後、学生たちは、相手への想いのメッセージとして学生のキッスを贈るようになったということです。
Studentenkuess 2.JPG

そんなエピソードが残る学生のキッスは今もKnösel一家によって、手作りで伝統の味が守られています。
店舗自体はそれほど大きいものではありませんが、学生のキッスチョコが所狭しと並べられています。
Studentenkuess 3.JPG

お店のマダムに写真撮影と掲載の許可を頂きましたが、とても気さくでステキな方で、歴史ある「学生のキッス」のことをとても誇りに思っているのが伝わってきました。
大学町ハイデルベルクの歴史とオーバーラップする「学生のキッス」と言う名のチョコレート、皆様も如何ですか?
同じ通りの20番地には、Café Knöselがあり、歩き疲れたらここで一休みというのも良いですネ。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー ショッピング・雑貨・お土産 見所・観光・定番スポット
2017年10月31日
« 前の記事「ハロウィンにちなんでドイツの面白カボチャと季節のメニュー」へ
»次の記事「ハイデルベルクの絶景に出会える哲学の道がおススメ!」 へ
おすすめ記事
    シュタインバッハ特派員 新着記事
    DIY初級者の実体験レポ:ドイツでキッチンリフォーム
    ドイツ四季便り第25号:日本の桜、ドイツの桜 近所の桜も真っ盛り! ~春の装い旅支度(どんな服装?)~
    ドイツへ来たら是非食べよう! 自家製ハンバーガー天国なドイツ
    ベルリンを歩くPart 4: 1冊の本を携えて負の記憶をたどる旅②
    ベルリンを歩くPart4: 1冊の本を携えて負の記憶をたどる旅①
    ベルリンを歩くPart3: ポツダム広場周辺 観光モデルコース~必見!ソニーセンター
    本場のドイツで伝統的なバウムクーヘンを食べよう!
    オリジナルリッタースポーツチョコを作ろう!
    1年前の同じ月に投稿された記事
    ヴァイナハツマルクト2016:各地のマルクト日程
    スーパーマニアフランス編①:ブルゴーニュワインはフランスで!
    スーパーマニアドイツ編⑦: Dijonnaise(ディジョネーゼ)
    "暮らす様に滞在する"アパートメントホテル(A/H)の薦め♪
    ドレスデンの穴場教えます!~お洒落な新市街町歩き~
    オクトーバーフェストにビールを出せる栄えあるブラウエライ
    Oktoberfestってこんなとこ-体験レポ②:Pschorr(プショール)
    Oktoberfestってこんなとこ-体験レポ①:Augustiner(アウグスティナー)
    ドイツ四季便り第9号:芸術の秋、新オペラ座で親子で親しむオペラ・カルメン
    スーパーマニアドイツ編⑥:チアシードで健康生活♪

    ドイツ ツアー最安値


    2018/7/16更新

    ドイツ 航空券情報


    ドイツ旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■ドイツの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    ヨーロッパ特派員ブログ一覧

    アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2ウクライナ/オデッサエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ

    ヨーロッパにもどる

    • 特派員プロフィール
    • シュタインバッハ特派員

      シュタインバッハ特派員
      増井 尚美
      ヨーロッパの街並みや文化、歴史が大好きで、「ヨーロッパに住んでみたい!」と、ずっとヨーロッパ生活に憧れていました。念願かなってドイツに就職先が見つかり、2001年の9月に渡独、そこから私のドイツ生活が始まりました。現在は、“家庭と仕事の両立”を目指し日々奮闘中です。そんなドイツ生活の中から、色々な旬の情報を発信できたらと思っています。 DISQUS ID @disqus_gT480tjXAD

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集