海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > シュタインバッハ特派員ブログ > ハイデルベルクの絶景に出会える哲学の道がおススメ!

ドイツ/シュタインバッハ特派員ブログ 増井 尚美

ドイツ・シュタインバッハ特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2017年11月 7日

ハイデルベルクの絶景に出会える哲学の道がおススメ!


メール プリント もっと見る

ハイデルベルクの絶景に出会える哲学の道がおススメ!

観光地再発見の旅⑫-2

日本でも良く知られているドイツ観光の王道、"Heidelberg(ハイデルベルク)"は、ネッカー川沿いに佇む古城と歴史ある大学の町です。
ハイデルベルクは、いつ行っても、訪問者に四季折々の美しい姿を見せてくれます。
Heidelberg_Philosophenweg 5.JPG

こちらの写真は、"Alte Brücke Heidelberg(アルテ・ブリュッケ・ハイデルベルク)"の真ん中辺りからハイデルベルク城を見上げて撮ったものです。 この目線覚えておいて下さいネ。
Heidelberg_Philosophenweg 3.JPG

Steingasse(シュタインガッセ)
【アルテ・ブリュッケへの歩き方】
ハイデルベルク観光の目玉の1つである旧市街、ランドマークは、聖霊教会
"Heiliggeistkirche(ハイリックガイストキルヒェ)"(写真奥中央)
この教会の南が、中央通り"Hauptstraße(ハオプトシュトラーセ)"、北が、マルクト広場"Marktplatz(マルクトプラッツ)"。 やはり、この周辺が旧市街の中心地で、いつも賑わっています。
北のマルクト広場が"Fischmarkt(フィッシュマルクト)"に変わる交差点に、アルテ・ブリュッケへ通じる道、シュタインガッセが北へ真っ直ぐ伸びていています。 
その延長線上に、アルテ・ブリュッケがあります。

アルテ・ブリュッケから旧市街を振り返って見てみれば、活気があって雰囲気バッチリのシュタインガッセが目の前に... そう、個人的に思うのですが、先日ご紹介したチョコレート屋さんの通りから振り返って見える、ホテル、ツム・リッター・ザンクト・ゲオルクと言い、ハイデルベルクの旧市街は、振り返ってみる通りの景色が最高です。 皆さんも是非、来た道を振り返って美しい景色を堪能して下さいネ。
Heidelberg_Philosophenweg 1.JPG

さて、ネッカー川に架かるアルテ・ブリュッケです。
ちなみに、通常ならこの橋は2本の塔が聳える門をくぐって渡るのですが、現在アルテ・ブリュッケの門のファサードは改修工事中で、私たちが訪れた時には白いカバーで覆われていました。工事期間は、年末までの見込みです。

さて、ここまで来たら是非対岸まで歩いてみましょう。
ここにも振り返って見てみれば、高台に建つ美しいハイデルベルク観光の目玉、"Schloss(シュロス)"古城が目に飛び込んできます。 でも、渡りきったら終わりというのは勿体ない!

この先に、ちょっと上るのは大変ですが、ステキな景色に出合える、哲学の道"Philosophenweg(フィロゾーフェンヴェック)"というハイキングコースがあります。

過去に一度実際に足で歩いて上った経験がありますが、この日は天気が悪かったので、西側から車でアプローチしました。
Heidelberg_Philosophenweg 2.JPG

Schlangenweg(シュランゲンヴェック)
ドイツ語で"Schlenge(シュランゲ)"と言うのは、ヘビと言う意味です。
アルテ・ブリュッケを渡りきって大きな通りを渡ったところに、哲学の道へ上がる道、蛇の道があります。
「ジャ(蛇)の道」ってスゴイインパクトですよね、でも結構な長さの道なのでそれも納得です。

ただ、その先に広がる景色を思い浮かべれば、「蛇の道も然りです!」と個人的な意見としてお伝えしておきます。 大変な道のりではあるけれど、せっかくハイデルベルクを訪れたなら是非体験して頂きたい!それが哲学の道散策です。
前回訪れた時には、と言ってもう10年以上前の事ですが、その時も確か、時期的には秋のシーズンで、蛇の道を上がったところで栗拾いしている人立ちを見つけて、一緒に栗を拾って帰ったのを覚えています。 季節を感じた良い思い出です。
Heidelberg_Philosophenweg 4.JPG

私たちがハイデルベルクを訪れた日は、残念ながらあまり天気の良い日ではありませんでした。
ですから、ネッカー川の美しさを愛でることはできませんでしたが、それでもこの橋から望むネッカー川越しに見る古城や旧市街の景色は、秋の紅葉も彩りを添えて何とも言えない美しさでした。 しばし足を止めて心の洗濯!
時間が許すなら、是非ハイデルベルク観光のルートに、哲学の道を...おススメです!

Philosophenweg(フィロゾーフェンヴェック)
【哲学の道歩き方(おススメルート)】
アルテ・ブリュッケを渡ったら、大きな通りNeuenheimer Landstraße(ノイエンハイマー・ラントシュトラーセ)を渡ったところにある小さな道、シュランゲンヴェックに入り、ひたすら登って行きましょう。
"Zum Philosophenweg(ツム・フィロゾーフェンヴェック)"という看板が、「哲学の道へ」と言う目印です。
哲学の道へたどり着いたら、東から西へネッカー川沿いに歩いてみましょう。
西の端にちょっとした見晴らし台がある小さな公園があります。 ここが最終地点。
その後、細いくねくね道の住宅街を抜けて、最初に渡ったノイエンハイマー・ラント通りまで歩いて下り、川沿いにアルテ・ブリュッケまで戻ると言うコースがおススメです。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 自然・風景 見所・観光・定番スポット
2017年11月 7日
« 前の記事「実はスイーツ天国だった!Heidelberg(ハイデルベルク)の新たな魅力」へ
»次の記事「古の学生たちの息吹が感じられる異空間へ!ハイデルベルク学生牢」 へ
おすすめ記事
    シュタインバッハ特派員 新着記事
    手芸好きさん集まれ!Kreativ Welt 2017がフランクフルトで開催されました。
    ヴァイナハツマルクト2017:各地のマルクト日程
    古の学生たちの息吹が感じられる異空間へ!ハイデルベルク学生牢
    ハイデルベルクの絶景に出会える哲学の道がおススメ!
    実はスイーツ天国だった!Heidelberg(ハイデルベルク)の新たな魅力
    ハロウィンにちなんでドイツの面白カボチャと季節のメニュー
    ドイツ子育て事情:共働きの強い味方!牧場Reiterhof(ライターホフ)チャイルドケア
    夏の食材ラストスパート:黄色いキノコ"Pfifferlinge(プフィファリンゲ)"
    1年前の同じ月に投稿された記事
    フランクフルトの大きなツリー点灯!
    毎年恒例Adventskranz(アドヴェントクランツ)作り!
    ドイツのスタバレポ:冬の季節特別メニュー"レープクーヘンラッテ"
    ドイツ四季便り第11号:あと1週間でAdvent(アドヴェント)です!
    子供とマルクトを楽しむための旅のヒント
    冬休みに子供と一緒にマルクトの旅-ベルリンへGO!
    子供目線で選ぶNO1マルクトエスリンゲン!
    子供目線で楽しむヴァイナハツマルクト!
    Martinstagって一体何の日?聖マーティンの日について
    11月11日聖マーティンの日:11月の風物詩ラターネ行列

    ドイツ ツアー最安値


    2017/11/20更新

    ドイツ 航空券情報


    ドイツ旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■ドイツの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    ヨーロッパ特派員ブログ一覧

    アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イタリア/シチリア島イタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バレンシアスペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスロヴェニア/リュブリャナチェコ/プラハ2チェコ/ブルノチェコ/プラハデンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルン2ドイツ/ケルンドイツ/シュタインバッハドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/レーゲンスブルクノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/サンローフランス/トゥルコアンフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ

    ヨーロッパにもどる

    • 特派員プロフィール
    • シュタインバッハ特派員

      シュタインバッハ特派員
      増井 尚美
      ヨーロッパの街並みや文化、歴史が大好きで、「ヨーロッパに住んでみたい!」と、ずっとヨーロッパ生活に憧れていました。念願かなってドイツに就職先が見つかり、2001年の9月に渡独、そこから私のドイツ生活が始まりました。現在は、“家庭と仕事の両立”を目指し日々奮闘中です。そんなドイツ生活の中から、色々な旬の情報を発信できたらと思っています。 DISQUS ID @disqus_gT480tjXAD

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集