海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > シュタインバッハ特派員ブログ > 古の学生たちの息吹が感じられる異空間へ!ハイデルベ...

ドイツ/シュタインバッハ特派員ブログ 増井 尚美

ドイツ・シュタインバッハ特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2017年11月 9日

古の学生たちの息吹が感じられる異空間へ!ハイデルベルク学生牢


メール プリント もっと見る

古の学生たちの息吹が感じられる異空間へ!ハイデルベルク学生牢

観光地再発見の旅⑫-3
ハイデルベルクは、ドイツ最古の大学"Universität Heidelberg(ウニヴェルシテート ハイデルベルク)がある町です。 1386年創立というから、その歴史にビックリですネ。
Studentenkarzer 5.JPG

ハイデルベルク観光のもう1つの有名どころ、それが、「学生牢」"Studentenkarzer(シュトゥデンテンカルツァー)"です。 皆さんの中にも「学生牢」と言う言葉を聞いたことがある方も多いのではないでしょうか?
Studentenkarzer 6.JPG


【学生牢への歩き方】

ハオプト通り"Hauptstraße(ハオプト・シュトラーセ)"を
西へ進むと、"Zum Franziskaner(ツム・フランツィスカナー)"というミュンヘンの有名なビール醸造所の直営レストランがあります。
そのレストランの向かい側にある小道"Augustinergasse(アウグスティナーガッセ)"に入ると、すぐに学生牢の看板が見えてきます。

ハイデルベルクと言えば、フランクフルトから気軽に行ける距離にある有名な観光地なので、日本からゲストが来るたびに何度も足を運んでいながら、前からその存在は気になってはいたものの、なかなか立ち寄ることの無かった学生牢。
今回どうしても行ってみたくて、家族皆で行ってきました。
Studentenkarzer 1.jpg

こちらのチケットですが、学生牢のみでなく、大学ミュージアム"Universitätsmuseum(ウニヴェルシテーツミュセウム)"と旧講堂"Alte Aula(アルテ・アウラ)"のコンビチケットになっています。
旧講堂に入ると、何だかちょっぴり厳粛な気分になります。周りに先生や先輩たちが並ぶ中、真ん中に座らされる新入生の姿を想像したりして当時を偲んでみませんか?
Studentenkarzer 7.JPG

「学生牢」ってそもそも何?

ハイデルベルク大学は創立当初から自らの裁判権を持っていたので、秩序違反をした学生の処罰は市の司法当局ではなく、大学にまかせられていた。
(中略)
処罰の大半は学生牢行きで、学生は不法行為に重さにより、最長4週間、そこに閉じ込められた。

出典:
階段(写真上)を上がったところに置いてあった学生牢についての説明書(日本語)より抜粋

ハイデルベルクを訪れる日本人観光客も多いのでしょう。 日本語の案内が置かれていました。
自治権を持つ大学が、悪事を働いた学生を自ら処罰するために設けられた場所が学生牢だったんですね。
(学生牢は、)1712年に現在の場所、大学の用務員室の3階に移され、1914年まで使用された。」
とありますから、使われなくなってから100年程しか経っていないことになります。
Studentenkarzer 4.JPG

各部屋には小さめの簡易なベットと、それから必ず暖房(ストーブ)が置いてあるのが、「何ともドイツらしいな~」と思いました。 今以上に当時は寒かったでしょうから、極寒のドイツには牢と言えども、暖房無しではやってられない...?

学生牢の中は、階段から各部屋廊下に至るまで学生たちが書いた落書きで埋め尽くされています。
大抵は、横顔のシルエットと名前らしきものなのですが、中には、目を見張るような、物凄い緻密な絵もあったりして、そういう絵を見つけるのも何だか楽しい時間でした。
Studentenkarzer 2.JPG

「黒のインクの代わりに、ろうそくのすすやストーブのすすが使われた」

すすで描くって、スゴイ労力なのでは?と思いを馳せてみたり... びっしり埋め尽くされた絵の中から「これぞ!」というものを探してみたり... 当時のハイデルベルク大学の学生たちの息吹が感じられる学生牢です。 Studentenkarzer 3.JPG

≪INFORMATION≫
「学生牢」
Studendenkarzer(シュトゥデンテンカルツァー)

住所: Augustinergasse 2、69117 Heidelberg


Website:
Studentenkarzer
Museen und Sammelung/ Universität Heidelberg
開館時間:
4月~10月/10:00-18:00 毎日(祝日も開館)
11月~3月/月から土のみ10:00-16:00(日曜・祝日は閉館)
入館料:大人Eur 3,00- *HeidelbergCARD提示でEur 2,50-

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 文化・芸術・美術 見所・観光・定番スポット
2017年11月 9日
« 前の記事「ハイデルベルクの絶景に出会える哲学の道がおススメ!」へ
»次の記事「ヴァイナハツマルクト2017:各地のマルクト日程」 へ
おすすめ記事
    シュタインバッハ特派員 新着記事
    DIY初級者の実体験レポ:ドイツでキッチンリフォーム
    ドイツ四季便り第25号:日本の桜、ドイツの桜 近所の桜も真っ盛り! ~春の装い旅支度(どんな服装?)~
    ドイツへ来たら是非食べよう! 自家製ハンバーガー天国なドイツ
    ベルリンを歩くPart 4: 1冊の本を携えて負の記憶をたどる旅②
    ベルリンを歩くPart4: 1冊の本を携えて負の記憶をたどる旅①
    ベルリンを歩くPart3: ポツダム広場周辺 観光モデルコース~必見!ソニーセンター
    本場のドイツで伝統的なバウムクーヘンを食べよう!
    オリジナルリッタースポーツチョコを作ろう!
    1年前の同じ月に投稿された記事
    フランクフルトの大きなツリー点灯!
    毎年恒例Adventskranz(アドヴェントクランツ)作り!
    ドイツのスタバレポ:冬の季節特別メニュー"レープクーヘンラッテ"
    ドイツ四季便り第11号:あと1週間でAdvent(アドヴェント)です!
    子供とマルクトを楽しむための旅のヒント
    冬休みに子供と一緒にマルクトの旅-ベルリンへGO!
    子供目線で選ぶNO1マルクトエスリンゲン!
    子供目線で楽しむヴァイナハツマルクト!
    Martinstagって一体何の日?聖マーティンの日について
    11月11日聖マーティンの日:11月の風物詩ラターネ行列

    ドイツ ツアー最安値


    2018/7/17更新

    ドイツ 航空券情報


    ドイツ旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■ドイツの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    ヨーロッパ特派員ブログ一覧

    アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2ウクライナ/オデッサエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ

    ヨーロッパにもどる

    • 特派員プロフィール
    • シュタインバッハ特派員

      シュタインバッハ特派員
      増井 尚美
      ヨーロッパの街並みや文化、歴史が大好きで、「ヨーロッパに住んでみたい!」と、ずっとヨーロッパ生活に憧れていました。念願かなってドイツに就職先が見つかり、2001年の9月に渡独、そこから私のドイツ生活が始まりました。現在は、“家庭と仕事の両立”を目指し日々奮闘中です。そんなドイツ生活の中から、色々な旬の情報を発信できたらと思っています。 DISQUS ID @disqus_gT480tjXAD

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集