海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > シュタインバッハ特派員ブログ > ベルリンを歩くPart1:買い物天国 HOP! H...

ドイツ/シュタインバッハ特派員ブログ 増井 尚美

ドイツ・シュタインバッハ特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2018年1月15日

ベルリンを歩くPart1:買い物天国 HOP! HOP! HOP!


ベルリンを歩くPart1:買い物天国 HOP! HOP! HOP!

観光地再発見の旅⑬-2
ベルリンWelcomeCardを買ったのでバス100番、200番、トラム、Sバーン、地下鉄Uバーンを乗り放題、これらの交通機関を駆使してベルリンを歩き回りました。
クリスマスが終わったこの時期のお楽しみは、何と言ってもセールSALEの始まり。
これはもう、ショッピングに出かけずにはいられない!

【クーダム地区】ベルリンを代表する有名デパートKaDeWe

Shopping_KaDeWe.JPG

ベルリンでショッピングと言えば、ベルリンを代表する有名デパート、"KaDeWe(カー・デー・ヴェー)"は外せません。
KaDeWeとは、"Kaufhaus des Westens(カウフハウス・デス・ヴェステンス)"の略で「西のデパート」と言う意味になります。 ドイツのデパート、日本人の思い描くデパートのイメージとは少々異なる残念な感じのことも多いのですが、KaDeWeは、これぞデパートと言える内容です。 品揃えもなかなか豊富ですし、お洒落なものも多い。 私たちはもっぱら文房具売り場でかなりの時間を過ごしておりました。
Weihnachtsmarkt_Gedachtniskirche 4.JPG



今回ベルリンを歩いていて目についたのが、日本のユニクロ。
ここ、クーダム地区でも、ハッケシャーマルクト付近でも見かけました。
ちなみに、ベルリンには、ハッケシャーマルクト駅近くに無印良品も。
「ドイツであまり見ることの無い日本製品のお店が普通に存在するベルリンって、やっぱり都会だぁ~。」
完全にお上りさんです...

【カイザーヴィルヘルム教会】歩き疲れたら、マルクトで一息、お買い物も楽しもう♪

クーダムのど真ん中には、存在感大なカイザー・ヴィルヘルム教会が建っています。 戦争の記憶を残した記念教会(旧教会)と一見「何このビル?」と思ってしまう程、ちょっと変わったビルの新教会が不思議にコラボしている教会前広場では、年度末までヴァイナハツマルクトが開催されています。

ショッピングで歩きつかれ、小腹が空いたので、マルクトで何か摘まもう!とマルクトへ。
Weihnachtsmarkt_Gedachtniskirche 3.JPG



【カイザー・ヴィルヘルム記念教会:Weihnachtsmarkt an der Gedächtniskirche】

それほど大きなマルクトではありませんが、内容充実したマルクト。
ベルリン名物のカリーヴルストはもちろん、ファンキー・ワッフルや各種フルーツ系グリューワインなど、変り種のB級グルメが楽しめます。

やはりベルリンへ来たなら絶対外せない、本場の"Currywurst(カリー・ヴルスト)"を食べずにはいられません。 もちろん、軽めのランチはカリー・ヴルストで決まりです。 やはり本家本元のカリー・ヴルストは、何かが違う! 私たち夫婦の結論は、やはりソースがキーなのでは?と考えていますが、皆様も食べ比べて検証してみて下さい。


Weihnachtsmarkt_Gedachtniskirche 2.jpg

カリー・ヴルストのお供には、各種フルーツ系のグリューワインを。 最初の1杯目は、焼きリンゴグリューワインを、2杯目はブルーベリーグリューワインをチョイス。
デザートには、どうしても気になって思わず買ってしまったその名もファンキー・ワッフル。
オレオベースにイチゴを追加トッピングしてみました。 これ、甘いけどなかなかイケましたよ。
色々な種類から選べましたので、甘いもの好きの方、是非トライしてみましょう。
Weihnachtsmarkt_Gedachtniskirche 1.jpg

このマルクトには、ローテンブルク発祥の「1年中クリスマス」なクリスマスグッズの名店、ケーテ・ウォルファルト社"Käthe Wohlfahrt(ケーテ・ヴォルファート)"が出店しています。
クリスマスプレゼントをもらっていなかった私、ここでガラスのツリーを買ってもらいました。
日本の皆様、ローテンブルクの本店へ行かなくても、大きなマルクトには大抵ケーテ・ウォルファルトが出店していますので、各マルクトでちょっぴり高級なステキなクリスマスグッズと出会えますよ。

【ハッケシャーマルクト地区】駅近辺~ハッケシャー・ホーフをブラリ

ベルリンで大好きな場所、ミッテ地区にあるハッケシャー・ホーフ。
この界隈はいつ行ってもハイソでお洒落な感じが楽しい♪

旧東側地区の"Alexander Platz(アレクサンダー・プラッツ)駅~"Hackescher Markt(ハッケシャー・マルクト)"駅~"Friedrichst.(フリードリッヒ・シュトラッセ)駅、Unterden Linden(ウンターデン・リンデン)などのエリアはいつもどこかで工事中、今も進化し続けているベルリンを感じます。
Hackescher Markt 2.JPG

ローゼンターラー通り"Rosenthaler Straße(ローゼンターラー・シュトラッセ)"に面した、ハッケシャー・ホーフのファサード。 一見すると普通のショッピングモールの様なのですが、中に入ると、ビル群の各中庭に展開される独特の世界が面白い。
Hackescher Markt 7.JPG

【Die Hackeschen Höfe(ディー・ハッケシェン・ヘーフェ】


ハッケシャー・ホーフは、ミッテ地区"Mitte(ミッテ)"にある、8つの中庭のある、住居・商業・芸術(アート)など異なる目的のための空間が混在するマルチカルチャー集合ビル。
もともと1900年代初めにビジネス空間と住居空間が融合した場として発展、当時経済の中心地として栄えたものらしい。
この地区は、ベルリンのユダヤ人街の歴史と深く関わっていて、ナチスが台頭する時代のハッケシャー・ホーフの当時のオーナーもユダヤ人だったとのこと。 困難な時期を経て今に至っていると言う、ベルリンらしい歴史がバックグラウンドにあったりします。


Official Website: http://www.hackesche-hoefe.de/  (ドイツ語/英語)

ローゼンターラー通りに面した入口から入ると、美しいアールヌーボー、ドイツ語では"Jugendstil(ユーゲントシュティール)"調のファサードに目を奪われます。
一歩足を踏み入れれば、そのお洒落な空間に惹きつけれられます。 是非この感覚を体験してみて下さい。
こちらの第1の中庭("Hof Ⅰ")には、コンテンポラリーサーカス、アクロバティックなショーを見せてくれる劇場"CHAMÄLEON Theater(カメレオン・テアター)"や映画館、レストラン・カフェ、我が家も大好きなアイスクリームとワッフルが美味しい"Wafffel oder Becher(ヴァッフェル・オダ・ベッヒャー)"などが入っています。

ドイツの映画館、吹き替えのことが多くオリジナルの英語で上映してくれる映画館は少ないのですが、こちらの映画館はドイツ語字幕オリジナル上映の劇場。 「住んでいたら通うのにぃ~...」 アクロバティックショーも面白そうなので、次回は鑑賞してみたいと思います。
Hackescher Markt 5.JPG

それ以外にも各中庭には、個性的なショップが...
以前訪れた時には、オリジナル服やカバンを手掛けているショップで、ブルーのショルダーバックを購入しましたが、どのショップだったかの記憶が...
Hackescher Markt 9.JPG

最も皆から愛されている東ドイツ文化を代表するものと言えば、アンぺルマン"Ampelmann"。 東ドイツの信号は、可愛らしい子供モチーフ、アンペルマンという愛称で親しまれています。 第5の中庭には、そのアンぺルマングッズ専門のお店もあります。
日本に本帰国する友人へのプレゼントに可愛らしいアンぺルマンの缶とハーブティーのセットを購入。
Hackescher Markt 6.JPG

お隣のローゼンターラー通り36番地には、H&Mの店舗が入っています。 こんなにお洒落な場所にあるH&M、なかなか貴重です。
Hackescher Markt 8.JPG

ハッケシャー・ホーフの中庭を散策していると、いつの間にかH&Mのあるお隣の中庭へと誘われます。 この近辺には、お洒落なブティックがたくさん軒を連ねていますので、町ブラも楽しいですネ。

長くなってしまったので続きは次回へ。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー ショッピング・雑貨・お土産 見所・観光・定番スポット
2018年1月15日
« 前の記事「楽しいことが盛りだくさん!ベルリン旅行は、年末年始が狙い目!」へ
»次の記事「ベルリンを歩くPart2:ハッケシャー・マルクト駅周辺をブラリ歩けば...」 へ
おすすめ記事
    シュタインバッハ特派員 新着記事
    DIY初級者の実体験レポ:ドイツでキッチンリフォーム
    ドイツ四季便り第25号:日本の桜、ドイツの桜 近所の桜も真っ盛り! ~春の装い旅支度(どんな服装?)~
    ドイツへ来たら是非食べよう! 自家製ハンバーガー天国なドイツ
    ベルリンを歩くPart 4: 1冊の本を携えて負の記憶をたどる旅②
    ベルリンを歩くPart4: 1冊の本を携えて負の記憶をたどる旅①
    ベルリンを歩くPart3: ポツダム広場周辺 観光モデルコース~必見!ソニーセンター
    本場のドイツで伝統的なバウムクーヘンを食べよう!
    オリジナルリッタースポーツチョコを作ろう!
    1年前の同じ月に投稿された記事
    フランクフルトのWACKER'S KAFFEEを愉しむ裏ワザ教えます!
    ドイツのモノ語り 第3話: ドイツで人気の赤ちゃんグッズ
    ドイツのモノ語り 第2話: 赤ちゃん用布製絵本
    言葉図鑑④ドイツ語の~まで"bis(ビス)"の使い方
    ヨーグルト売り場が面白い♪ 意外とイケる!チョコ入りヨーグルト
    ドイツの常識、日本の非常識③ ドイツの祝日2017
    ドイツのモノ語り 第1話:とっても実用的!ドイツの4連カレンダー
    2016年クリスマスディナーの風景
    1月6日は、東方三博士の日:クリスマスが終わる日
    Frohes neues Jahr! 明けましておめでとうございます!

    ドイツ 航空券情報


    ドイツ旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■ドイツの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    ヨーロッパ特派員ブログ一覧

    アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2ウクライナ/オデッサエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ

    ヨーロッパにもどる

    • 特派員プロフィール
    • シュタインバッハ特派員

      シュタインバッハ特派員
      増井 尚美
      ヨーロッパの街並みや文化、歴史が大好きで、「ヨーロッパに住んでみたい!」と、ずっとヨーロッパ生活に憧れていました。念願かなってドイツに就職先が見つかり、2001年の9月に渡独、そこから私のドイツ生活が始まりました。現在は、“家庭と仕事の両立”を目指し日々奮闘中です。そんなドイツ生活の中から、色々な旬の情報を発信できたらと思っています。 DISQUS ID @disqus_gT480tjXAD

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集