海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > シュタインバッハ特派員ブログ > ベルリンを歩くPart2:ハッケシャー・マルクト駅...

ドイツ/シュタインバッハ特派員ブログ 増井 尚美

ドイツ・シュタインバッハ特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2018年1月18日

ベルリンを歩くPart2:ハッケシャー・マルクト駅周辺をブラリ歩けば...


ベルリンを歩くPart2:ハッケシャー・マルクト駅周辺をブラリ歩けば...

観光地再発見の旅⑬-3
今回のベルリンの旅では、大きな水槽のあるラディソン ブル ホテル ベルリン"Radison Blu Hotel Berlin"に4泊5日の滞在でした。
このホテルは、旧東側ミッテ地区にあり、"Alexander Platz(アレクサンダー・プラッツ)駅や"Hackescher Markt(ハッケシャー・マルクト)"駅にほど近いロケーションにあり、おかげでハッケシャーマルクト駅周辺をブラブラと良く歩き回った今回の旅です。
Hackescher Markt 1.JPG

ハッケシャーマルクト駅、実はこんなに美しい駅なんです。
後ろにテレビ塔が見えますネ。 とても雰囲気のあるステキな駅で一見の価値アリです。

DDRのシンボル皆が愛するアンぺルマン

Hackescher Markt 4.jpg

ベルリンを歩く際、旧西側なのか旧東側なのかを簡単に見分ける方法は、信号です。
旧東ドイツ、ドイツ民主共和国DDR=" Deutsche Demokratische Republik(ドイチェ・デモクラティッシェ・レプブリック)"の信号は、愛らしい子供がモチーフの信号です。
あまりにも有名なDDRの信号、皆様もご存知の通りアンぺルマン"Ampelmann"の愛称で親しまれています。
最近では、新しい信号機にこのアンぺルマンを起用するところも多く、シュタインバッハのお隣の町オーバーウアゼルにもアンぺルマンの信号機があるくらいです。
あまりに普通になると希少価値が下がるのでは?と心配になる程です。

上の写真は、ハッケシャー・ホーフ前の信号です。 珍しく黄色の信号があり、この黄色信号が他の2つに比べて一回り大きい。 歩行者が多いので注意を惹くためなのでしょうか?
Apelmann.JPG



(こぼれ話)

シャルロッテン通り"Charlottenstraße(シャルロッテン・シュトラーセ)"を歩いていて工事中のため設けられた臨時の信号に注目!
一時的に設置された信号にもかかわらず、こんな臨時信号もベルリンではアンぺルマンでした。
当たり前と言えば当たり前なのかもしれませんが、ちょっぴりビックリ。

ハッケシャーマルクト駅周辺とユダヤ人街の痕跡


Radissonblu_Berlin 3.jpg

ホテル周辺の通りを、ベルリン大聖堂とは逆の方へ歩いて行くと"Alexander Platz(アレクサンダー・プラッツ)駅や"Hackescher Markt(ハッケシャー・マルクト)"駅へ向かいます。
クリスマスの時期だったので、クリスマスのイルミネーションも美しい通りの数々。
Hackescher Markt 15.JPG

今急激に変化を遂げているベルリンミッテ地区、イルミネーションで賑やかなハッケシャーマルクト駅からハッケシャー・ホーフ周辺を歩いていると、時折『つまずきの石』"Stolpersteine (シュトルパーシュタイン)"に出会います。
『つまずきの石』については、ケルン特派員のタンジ・ユカリさんが詳しく紹介されていますので、そちらを是非一読下さい。
(ケルン特派員タンジ・ユカリさんの記事:No. 11 過去を振りかえさせる躓き石 )
Hackescher Markt 14.JPG

ハッケシャー・ホーフについて知りたくて、オフィシャルサイトを読んでいくと、実は、ハッケシャーマルクト駅周辺は、ベルリンのユダヤ人街の歴史と大きく関わっていたことが分かります。
この辺は、ベルリンのユダヤ人街だったのですね。 ですから、必然的に多くのユダヤ人が住んでいた訳です。
『つまずきの石』を通して、この周辺から強制連行され各収容所へと送られた多くのユダヤ人の痕跡を垣間見ることになります。

歴史の教科書やテレビや本で見聞きする過去の恐ろしい史実、「実際にここにこういうユダヤ人の家族が住んでいて、収容所へ送られたのだ」と知るだけで、現実感の伴う恐ろしい事件に変わるから不思議です。 『つまずきの石』プロジェクトの意義を感じました。

ハッケシャーマルクト駅のナイトライフ

Hackescher Markt 10.JPG

最初の写真でご覧いただいた美しい昼のハッケシャーマルクト駅ですが、夜の顔もまた別の魅力があります。
Hackescher Markt 11.JPG

この界隈には、駅周辺だけでも様々な飲食店があります。 駅の目の前にはイタリアンやアイリッシュパブなんかがあってナイトライフも楽しめます。

初日、赤の市庁舎前ヴァイナハツマルクトで遊んだ後、ハッケシャーマルクト駅前のイタリアンでディナーをしました。
前回訪れた際にとても美味しかったイメージがあって再来店。
今回は、マルクトで色々とつまみ食いをしてしまったこともあってか、今一な感じでちょっぴり残念。
Hackescher Markt 12.JPG

翌日、駅前のアイリッシュパブでショッピングの後一杯ギネスを飲んで帰りました。ドイツではこういう場に子供連れで入ることはあまり宜しくないのですが(つまり、周りのドイツ人は子供を連れていない)、真っ暗だけどまだ19時過ぎ、なので「1杯だけ」と、子連れでギネスを頂きました。
Hackescher Markt 13.JPG

せっかくですから、アイリッシュパブの昼間の顔も載せておきます。

1900年第前半黄金時代当時のオリジナルを残した天井と窓をもつハッケシャー・ホーフのレストランで、ワインと食事を楽しむというのも良いかも...と思う私です。


《INFORMATION》
Kilkenny Irish Pub
住所:Sバーン Hackescher Markt駅前/Am Zwirngraben 17-20, 10178 Berlin-Mitte
営業時間:月~木 12:00~/金~日 10:00~
最寄駅:
地下鉄Uバーン / U8 "Weinmeisterstraße(ヴァイマールシュトラーセ)"駅下車
Sバーン / S5, S7, S75 "Hackescher Markt(ハッケッシャー・マルクト) "駅下車
トラム/ M1, M2, M4, M5, M6"Hackescher Markt(ハッケッシャー・マルクト) "駅下車
夜専用バスNachtbus(ナハトブス)/ N2, N5, N8, N40, N42, N65
Website: https://www.kilkenny-pub.de/ (ドイツ語)

Radisson Blu Hotel, Berlin
住所:Karl-Liebknecht-Strasse 3, D-10178 Berlin, Germany
Tel: +49 (0)30 23828 0
Website: https://www.radissonblu.com/en/hotel-berlin

ホテルの詳細レポートについては、ニュース&レポートでより詳しく紹介していますので、合せてそちらもご覧下さい。ドイツの大晦日Silvesterの過ごし方:ドイツで年越しするならベルリンがおススメ!

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 夜遊び・クラブ・お酒 文化・芸術・美術 見所・観光・定番スポット
2018年1月18日
« 前の記事「ベルリンを歩くPart1:買い物天国 HOP! HOP! HOP!」へ
»次の記事「オリジナルリッタースポーツチョコを作ろう!」 へ
おすすめ記事
    シュタインバッハ特派員 新着記事
    DIY初級者の実体験レポ:ドイツでキッチンリフォーム
    ドイツ四季便り第25号:日本の桜、ドイツの桜 近所の桜も真っ盛り! ~春の装い旅支度(どんな服装?)~
    ドイツへ来たら是非食べよう! 自家製ハンバーガー天国なドイツ
    ベルリンを歩くPart 4: 1冊の本を携えて負の記憶をたどる旅②
    ベルリンを歩くPart4: 1冊の本を携えて負の記憶をたどる旅①
    ベルリンを歩くPart3: ポツダム広場周辺 観光モデルコース~必見!ソニーセンター
    本場のドイツで伝統的なバウムクーヘンを食べよう!
    オリジナルリッタースポーツチョコを作ろう!
    1年前の同じ月に投稿された記事
    フランクフルトのWACKER'S KAFFEEを愉しむ裏ワザ教えます!
    ドイツのモノ語り 第3話: ドイツで人気の赤ちゃんグッズ
    ドイツのモノ語り 第2話: 赤ちゃん用布製絵本
    言葉図鑑④ドイツ語の~まで"bis(ビス)"の使い方
    ヨーグルト売り場が面白い♪ 意外とイケる!チョコ入りヨーグルト
    ドイツの常識、日本の非常識③ ドイツの祝日2017
    ドイツのモノ語り 第1話:とっても実用的!ドイツの4連カレンダー
    2016年クリスマスディナーの風景
    1月6日は、東方三博士の日:クリスマスが終わる日
    Frohes neues Jahr! 明けましておめでとうございます!

    ドイツ 航空券情報


    ドイツ旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■ドイツの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    ヨーロッパ特派員ブログ一覧

    アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2ウクライナ/オデッサエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/コートダジュールフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ

    ヨーロッパにもどる

    • 特派員プロフィール
    • シュタインバッハ特派員

      シュタインバッハ特派員
      増井 尚美
      ヨーロッパの街並みや文化、歴史が大好きで、「ヨーロッパに住んでみたい!」と、ずっとヨーロッパ生活に憧れていました。念願かなってドイツに就職先が見つかり、2001年の9月に渡独、そこから私のドイツ生活が始まりました。現在は、“家庭と仕事の両立”を目指し日々奮闘中です。そんなドイツ生活の中から、色々な旬の情報を発信できたらと思っています。 DISQUS ID @disqus_gT480tjXAD

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集