海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > シュタインバッハ特派員ブログ > 本場のドイツで伝統的なバウムクーヘンを食べよう!

ドイツ/シュタインバッハ特派員ブログ 増井 尚美

ドイツ・シュタインバッハ特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2018年1月23日

本場のドイツで伝統的なバウムクーヘンを食べよう!


メール プリント もっと見る

本場のドイツで伝統的なバウムクーヘンを食べよう!

観光地再発見の旅⑬-5
Baumkuchen 8.JPG

日本で人気のバウムクーヘン、ドイツ語が苦手な私でもドイツ在住歴17年ともなれば、バウムクーヘンがドイツ語だということくらいはすぐに分かります。
そうです、バウムクーヘンは、ドイツ語で"Baumkuchen"、Baum(バウム)が木のことで、Kuchen(クーヘン)がケーキのことです。
Baumkuchen 9.JPG

切った時に見える層が、木の年輪に見えるからとか、本来木の枝に生地を回しかけて焼いたからとかバウムクーヘンと呼ばれる所以には諸説ある様ですネ。

ドイツでバウムクーヘンって、どちらかと言うと普通にどこにでも置いてある身近な焼き菓子ではありません。 値段も結構お高めです。
ドイツでは、バウムクーヘンのことを、ケーキの王様"Der König der Kuchen)"と呼び、ドイツ菓子協会 "Deutscher Konditorenbund(ドイチェ・コンディトーレンブント" のシンボルマークにもなっているくらいです。 熟練の技が要る奥の深いお菓子なんですネ。

そんなバウムクーヘンの有名店がベルリンには2つあります。

1つ目は、お店のホームページに日本語版があるほど日本でもお馴染みの名店、"Konditorei Rabien(コンディトライ・ラビーン)"
こちらは、ベルリン特派員の松永朋子さんが、紹介されています。(→ )

私たちは、今回もう1つのバウムクーヘンの名店と称される"Konditorei Buchwald(コンディトライ・ブッフヴァルト)"へ行ってきました。
1852年創業の老舗コンディトライです。 ベルリンで最も古いコンディトライだそうです。
Baukuchen 4.JPG



《INFORMATION》
Konditorei Buchwald

住所:Bartningallee 29 in 10557 Berlin
最寄駅
Sバーン(9番・7番・5番・3番):ベルビュー駅"Bellevue"

営業時間:月曜~日曜・祝日/9:00~19:00

Website: http://www.konditorei-buchwald.de/index.php

コンディトライ・ブッフヴァルトは、中央駅"Hauptbahnhof(ハオプトバーンホフ)"とティアガルテン "Tiergarten"からSバーンで1つ目の駅、ベルビュー駅から歩いてすぐのところにあります。 比較的旅行者にも行きやすいアクセスの良いロケーションなのが良いですネ。

地図で位置を確認してみましょう。 歩いてすぐのところにあります。 お店の前からも駅が見えます。
Baumkuchen 5.JPG

お店と駅の関係はこんな感じです。 右手にコンディトライ・ブッフヴァルト、左奥に見えているのが、ベルビュー駅です。
コンディトライ・ブッフヴァルトは、なぜか両欄干にクマの像があるシュプレー川の橋の手前、住宅街の一角にあります。
Baumkuchen 7.JPG

周辺の景色はこんな感じです。 シュプレー川沿いには、オフィスビルやアパートが立ち並んでいます。
船上レストラン?カフェ?でしょうか。 「入ってみたいなぁ~」と思わせる佇まいのお洒落なお店が目を惹きます。
Baumkuchen 3.JPG

お店の中は、伝統的な感じの重厚なインテリアでした。 何だかオーマ(おばあちゃん)の家に遊びに来たような感覚で居られるとても居心地の良い落ち着いた店内。
Baumkuchen 6.JPG



窓辺をかざっていたこのミニツリー、可愛くないですか?
ヴァイナハツマルクトやKaDeWeで探してみましたが、見つけることができませんでした。
残念。 見つけていたら速攻お買い上げだったのに...

お店のデコレーションは、年末でしたが、ドイツでは一連のクリスマスシーズンは東方の3博士の日"Dreikönigstags(ドライケーニヒスターク)"までと考えるのでまだまだクリスマス仕様でした。
ベルリンでは、まだまだヴァイナハツマルクトもやっていますしね。
Baumkuchen 1.jpg

お目当てのバウムクーヘンですが、コンディトライ・ブッフヴァルトのバウムクーヘンは2種類。
オリジナルとチョココーティングのもの。
伝統のバウムクーヘン、オリジナルの方は、シュガーコーティングされています。 かなり甘めで、私たち家族にはちょっと甘過ぎな感じでしたが、素朴ですが老舗の風格を感じさせます。
Baumkuchen 2.JPG

私たちのお気に入りは、チョココーティングのバウムクーヘン。
チョコがかかっていますが、程よいチョコの甘さとバウムクーヘンのコンビネーションが絶妙です。

両親へのお土産にこちらのチョココーティングのバウムクーヘンを2つほどお持ち帰りしましたが、お店の方からは、「こっち(シュガーがけのバウムクーヘン)の方がオリジナルなのよ!」とアドバイスされました。

好みは人それぞれです。 もしかしたら皆さんは、オリジナルの方が良いというかもしれません。 
皆さんも是非食べ比べてみて下さい。 感想をシェアしましょう。
本場のドイツのバウムクーヘン、是非味わってみましょう!

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー ショッピング・雑貨・お土産 レストラン・料理・食材
2018年1月23日
« 前の記事「オリジナルリッタースポーツチョコを作ろう!」へ
»次の記事「ベルリンを歩くPart3: ポツダム広場周辺 観光モデルコース~必見!ソニーセンター」 へ
おすすめ記事
    シュタインバッハ特派員 新着記事
    DIY初級者の実体験レポ:ドイツでキッチンリフォーム
    ドイツ四季便り第25号:日本の桜、ドイツの桜 近所の桜も真っ盛り! ~春の装い旅支度(どんな服装?)~
    ドイツへ来たら是非食べよう! 自家製ハンバーガー天国なドイツ
    ベルリンを歩くPart 4: 1冊の本を携えて負の記憶をたどる旅②
    ベルリンを歩くPart4: 1冊の本を携えて負の記憶をたどる旅①
    ベルリンを歩くPart3: ポツダム広場周辺 観光モデルコース~必見!ソニーセンター
    本場のドイツで伝統的なバウムクーヘンを食べよう!
    オリジナルリッタースポーツチョコを作ろう!
    1年前の同じ月に投稿された記事
    フランクフルトのWACKER'S KAFFEEを愉しむ裏ワザ教えます!
    ドイツのモノ語り 第3話: ドイツで人気の赤ちゃんグッズ
    ドイツのモノ語り 第2話: 赤ちゃん用布製絵本
    言葉図鑑④ドイツ語の~まで"bis(ビス)"の使い方
    ヨーグルト売り場が面白い♪ 意外とイケる!チョコ入りヨーグルト
    ドイツの常識、日本の非常識③ ドイツの祝日2017
    ドイツのモノ語り 第1話:とっても実用的!ドイツの4連カレンダー
    2016年クリスマスディナーの風景
    1月6日は、東方三博士の日:クリスマスが終わる日
    Frohes neues Jahr! 明けましておめでとうございます!

    ドイツ ツアー最安値


    2018/7/17更新

    ドイツ 航空券情報


    ドイツ旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■ドイツの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    ヨーロッパ特派員ブログ一覧

    アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2ウクライナ/オデッサエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ

    ヨーロッパにもどる

    • 特派員プロフィール
    • シュタインバッハ特派員

      シュタインバッハ特派員
      増井 尚美
      ヨーロッパの街並みや文化、歴史が大好きで、「ヨーロッパに住んでみたい!」と、ずっとヨーロッパ生活に憧れていました。念願かなってドイツに就職先が見つかり、2001年の9月に渡独、そこから私のドイツ生活が始まりました。現在は、“家庭と仕事の両立”を目指し日々奮闘中です。そんなドイツ生活の中から、色々な旬の情報を発信できたらと思っています。 DISQUS ID @disqus_gT480tjXAD

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集