海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > シュタインバッハ特派員ブログ > 私が出会ったインスタ映えヨーロッパ!シリーズ第1弾

ドイツ/シュタインバッハ特派員ブログ 増井 尚美

ドイツ・シュタインバッハ特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2019年2月23日

私が出会ったインスタ映えヨーロッパ!シリーズ第1弾


私が出会ったインスタ映えヨーロッパ!シリーズ第1弾

①大自然マッターホルンと父娘の後ろ姿が絵になる1枚

我が家のアルバムから「これってフォトジェニック?」な1枚を選んでヨーロッパの色々な風景を紹介するシリーズのスタートです。 
あくまでも、独断と偏見で選んだ1枚をベースに、今まで出会った絵になるヨーロッパの街並み、風景、大自然、建物など、その時の旅のエピソードや旅情報、その場所に纏わる話などを盛り込みながら紹介して行きます。
思い出のアルバムを開くような感じで綴ってみたいと思いますので、一緒に楽しんで頂ければ嬉しいです。


【今日の1枚: スイス・マッターホルンの雄姿と父娘の後ろ姿にほっこり】
Matterhorn.JPG  

今回は、2008年8月、娘が3歳(2歳の間違いでした。修正します。)になる少し前にマイ両親と、母方の伯父夫婦と共に行ったスイス旅行でマイ母が撮影した1枚をセレクト。
グリンデルヴァルト(Grindelwald)のロッジに1週間滞在中、マッターホルン(Matterhorn)を拝みにツェルマット(Zermatt)まで日帰りで行った時のもの。
美しいマッターホルンへ向かって歩く父と小さな娘の後ろ姿に思わずほっこりしてしまうお気に入りの1枚です。

この写真、絵心をくすぐる様で、義理父やマイ母の知人がこの写真を絵に描いてくれています。


グリンデルヴァルトからマッターホルンへのドライブでは車ごと列車移動体験!

Matterhorn 3.JPG
グリンデルヴァルトからツェルマットまでの道中、面白い初体験をしています。
車ごと列車で移動するなんてなかなか体験できることではないので、この体験はとても印象に残っています。




グリンデルヴァルトからツェルマットまでは約130km、2時間半~3時間程の道のりですが、途中、カンダーステーク(Kandersteg)-フェルデン(Ferden)/ゴッペンシュタイン(Goppenstein)間のレッチベルク(Lötschberg)トンネルを車に乗ったまま電車で移動します。
日本ではなかなかできない貴重な体験ですね、これは。


Matterhorn 2.JPG

車に乗ったまま15分程の移動中、だんだんとスイスの美しい山並みが
近づいてくる感じを運転手も味わえます。
スイスのドライブ、景色が最高なのに、なかなか運転手は景色を楽しめないのでですが、このカートレインなら運転手も束の間の楽しみが味わえます。


< Lötschberg Car Train
Website: BLS (Bern-Lötschberg-Simplon Bahn)



マッターホルンの良いとこどりができる初級者コース

Matterhorn 1.JPG

幼い子供と高齢者が一緒だったこともあり、選んだコースは初級者コース。
写真(上)の様な「逆さマッターホルン」が楽しめる湖、リッフェルゼー(Riffelsee)に立ち寄るハイキングコースです。
ツェルマットから登山鉄道に乗ってローテンボーデン(Rotenboden)下車、リッフェルゼーを経由してリッフェルベルク(Riffelberg)駅から再び登山列車にのってツェルマットへ戻るコースでしたが、最初の写真もそうですが、マッターホルンの美しさを思う存分満喫できるステキなハイキングコースでした。

≪参考資料≫
山と渓谷社 「2ヨーロッパアルプス・ハイキングガイド・ツェルマット周辺を歩く」



老若男女全てを包み込む雄大な絵になる景色がそこに...

スイスの雄大な山々の美しい景色を前に佇む姿は、老若男女どんな人でも何か物語りが感じられる1枚になるからとても不思議です。
Z_Grindelwald 2.JPG

こちらの写真、マイ父と母方の伯父夫婦がベンチに座る写真ですが、味のある1枚で大好きです。
スイスの山々の景色、雄大で美しく本当にフォトジェニックな絵になる景色だなぁ~と改めて思います。


記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー お題 自然・風景 見所・観光・定番スポット
2019年2月23日
« 前の記事「ドイツ四季便り第27号:秋の楽しみフェダーヴァイサーを求めてツェルへ!」へ
»次の記事「私が出会ったインスタ映えヨーロッパ!シリーズ第2弾」 へ
シュタインバッハ特派員 新着記事
私が出会ったインスタ映えヨーロッパ!シリーズ第2弾
私が出会ったインスタ映えヨーロッパ!シリーズ第1弾
ドイツ四季便り第27号:秋の楽しみフェダーヴァイサーを求めてツェルへ!
DIY初級者の実体験レポ:ドイツでキッチンリフォーム
ドイツ四季便り第25号:日本の桜、ドイツの桜 近所の桜も真っ盛り! ~春の装い旅支度(どんな服装?)~
ドイツへ来たら是非食べよう! 自家製ハンバーガー天国なドイツ
ベルリンを歩くPart 4: 1冊の本を携えて負の記憶をたどる旅②
ベルリンを歩くPart4: 1冊の本を携えて負の記憶をたどる旅①
1年前の同じ月に投稿された記事
ドイツへ来たら是非食べよう! 自家製ハンバーガー天国なドイツ
ベルリンを歩くPart 4: 1冊の本を携えて負の記憶をたどる旅②
ベルリンを歩くPart4: 1冊の本を携えて負の記憶をたどる旅①

ドイツ ツアー最安値


2021/3/31更新

ドイツ 航空券情報


ドイツ旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■ドイツの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/ウェルシュプールイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンダルイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イギリス/ロンドン4イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/ナポリ3イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ベネチアイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2イタリア/ローマ3ウクライナ/オデッサエストニア/タリンエストニア/タルツオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デルフトオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/ウィーン2オーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スペイン/レオンスロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュイスブルクドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ブレーメンドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/アンボアーズフランス/カンヌフランス/コートダジュールフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/トゥールーズフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/パリ3フランス/ブールジュフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンフランス/リヨン2フランス/レンヌブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/アントワープベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/サンクトペテルブルグロシア/モスクワ

ヨーロッパにもどる

  • 特派員プロフィール
  • シュタインバッハ特派員

    シュタインバッハ特派員
    増井 尚美
    ヨーロッパの街並みや文化、歴史が大好きで、「ヨーロッパに住んでみたい!」と、ずっとヨーロッパ生活に憧れていました。念願かなってドイツに就職先が見つかり、2001年の9月に渡独、そこから私のドイツ生活が始まりました。現在は、“家庭と仕事の両立”を目指し日々奮闘中です。そんなドイツ生活の中から、色々な旬の情報を発信できたらと思っています。 DISQUS ID @disqus_gT480tjXAD

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集