海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > スウェーデン/ストックホルム特派員ブログ

スウェーデン/ストックホルム特派員ブログ たってぃ さん

スウェーデン・ストックホルム特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

Stockholmblog3107201.JPG


以前ストックホルムに住んでいた日本人の友人におすすめの散歩コースを教えていただきながら、往復5時間かけてストックホルムの美しい景色が眺められるスポットを散歩してきました。各おすすめスポットのほとんどには最寄駅がありますので、観光のついでに気軽に行くことができます。コロナが落ち着き、ストックホルムを訪れることができた時は、ぜひ散歩に出かけてみてください。


散歩のおすすめポイント
・段々畑のような庭園
・水沿いで過ごすストックホルムの夏
・アルフレッド・ノーベルの軌跡
この内容を3回に渡って紹介していこうと思います。題して北欧散歩〜ストックホルム編〜です!


Stockholms Södra Station(ストックホルム南駅)〜 Hornstull(ホルンストゥル)〜 Trekanten(トレーカンテン)〜 Nobels spränggropar(ノーベルズスプレンググローパル)〜 Örnsbergs klippbad(エルンズベリーズクリップバッド)〜 Gröndal(グレーンダール)〜 Årstaberg(オーシュタベリ)と、約5時間かけて歩きました。今回はストックホルム南駅からホルンストゥル間について紹介します。



地図の星がついたところ、ストックホルム南駅から徒歩15分ほどでTant norra koloni(タントノラコロニー)に到着します。タントという地名の北側にある集落を意味します。ここには丘陵の上にあり、庭が所狭しと連なり、まるで棚田、段々畑のようになっています。


Stockholmblog3107202.JPG


写真の右寄りに見えるのが、たくさんの庭です。今の時期は緑真っ盛りで、生い茂って見えますが、実際に庭に訪れてみると色とりどりの植物がとてもきれいです。そして庭の中にはかわいい家も建っています。
この庭は、スウェーデン語でkoloniträdgård(コロニートレードゴルド)と言って、日本語に直訳すると集合ガーデン、庭の集落というところでしょうか。主に、自宅に庭を持たない方たちがレンタルしています。


他人の庭を盗み見るような感じですが、様々な趣向が凝らされた庭があって見て回るだけでもとてもおもしろいです。
例えば、こんな庭があります。


Stockholmblog3107203.JPG


所有者の皆さんは朝から手入れをしたり、特に夏はこの庭でフィーカ(カフェタイム)をしたり、ランチそして夕食までしたりしながらゆっくり過ごしています。ここを歩いていると、時々BBQをしているかのように、何かを焼く音やとても良い香ばしい香りがして、おなかが空いてきます。頂上からの眺めもよく、またいろんな鳥が飛んでいたり、野生のウサギがいたりと驚かされることも多いです。


Stockholmblog3107205.JPG


この段々畑を下っていくと、湖沿いに着きます。ここには大きな公園があり、多くの人がピクニックを楽しんだり、泳いだりしています。無料のトイレもあるので、ご安心ください。この公園内、そしてここはHornstullというエリアになりますが、爽やかな風に当たりながら、歩くだけでも十分気持ち良いですが、たくさんのレストランやバーもあり食にも困りません。水沿いを眺めながら食事を楽しむのも雰囲気があって良いです。


Stockholmblog3107206.JPG


次回は、スウェーデンを代表する発明家、アルフレッド・ノーベルのゆかりの地について紹介したいと思います。


2020年7月31日

Stockholmblog2607201.JPG


ストックホルムではすでにシーズンを迎え始めたベリー。
そのため、スウェーデンの夏の醍醐味とも言えるベリー狩りに行ってきました。
狙うのは、ブルーベリーとラズベリーです。
草木が肌に触れてかぶれてしまったり、虫刺されを防ぐため、長袖・長ズボン・長靴下を着用のうえ、いざ森へ向かいます。


森へ向かう途中、野生のハリネズミに遭遇しました。
食べ物があれば一心不乱に駆け寄ってくるものの、普段は臆病なようなので、木陰に隠れてしまいました。スウェーデンのみでなく、ドイツでも野生のハリネズミを見たことがあるので、ヨーロッパでは一般的な野生動物かもしれません。


Stockholmblog2607203.JPG


森に入ると、すぐにブルーベリーを見つけました。まだ誰も採っていないからか、あたり一面、ブルーベリー、ブルーベリー、ブルーベリー……です。1株に30粒以上もたわわに実っている場合もあるため、おもしろいほど採れます。


Stockholmblog2607202.JPG


お腹が空けば(もちろん空いていなくても)、つまみ食いしつつ黙々と採り続けます。基本的に甘酸っぱいブルーベリーが多いですが、ときどきジューシーで本当においしいものに出合うと、採る手が止まり、つまみ食いが先行してしまいます。「甘い」と叫びたくなるほどです。
気を取り直して、できるだけ成熟した、粒が大きなものを選んで採り続けます。小さいものはまた大きくなったときに採りにきます。2時間ほどで、持参したボウルが満杯になりました。


Stockholmblog2607206.JPG


今回は手摘みにしましたが、正直に言うとだんだん飽きてきます。理由はというと、bärplockare(ベールプロッカレ)という、ホームセンターで購入できるベリー摘み取り器の便利さを知っているからです。以前別の場所では、友人のものを借りて、何時間も夢中になりながらブルーベリーを採ったことが幾度となくあります。


Stockholmblog2607207.jpg


この道具があったほうがいい理由は、おもに3つあります。ひとつ目は、簡単に、そして短時間で大量のブルーベリーを収穫できます。ふたつ目は、精神的に楽なことです。本当におもしろいほどブルーベリーを採ることができるので、だんだん楽しくなってきます。そして3つ目、腰を痛めにくいです。立ちながらブルーベリー摘み取り器を木にザーザー擦るだけなので、身体的にも楽です。手摘みだと腰をかがめて摘まないといけないため、腰に負担がかかってきます。また手摘みの場合は、手がブルーベリー色に染まってしまいますが、道具を使用することでこの手の汚れも最小限に抑えられます。
この道具があったほうが確実にいいと痛感したので、次回に向けて購入しようと心に決めました。


またもうひとつ、ブルーベリー摘みにおいて欠かせないことがあります。それは、ブルーベリーがまだ新鮮なうちに混ざってしまった葉っぱなどをできる限り取り除いて、きれいにすることです。ブルーベリーを採っていると確実に葉、木の枝やクモ、カメムシなどの虫が混入してきます。


これらを取り除くためにbärrensare(ベールレンサレ)というあみ目の粗い粉ふるいのような道具にブルーベリーを入れて、葉などを振るい落とします。取り除ききれない大きなものは手で取ります。こうすることで、持ち帰ってからがたいへん楽になります。自宅にあるあみ目の粗いザルでも代用できます。


もし自宅に戻ってからこの作業を行うと、ブルーベリーの水分がすでに出てきているため、葉などがブルーベリーから離れにくく、除去作業がしにくいです。また、取り除いたものや虫をもとの自然に返すことがなかなか困難なので、できる限りブルーベリーを採った森などで行うほうがよいです。


森の話に戻ります。
ブルーベリーのボウルが満杯になったところで、続いてはラズベリー探しへ。ブルーベリーは森のいたるところに生えているので、簡単に見つかるうえ、たくさん採れるのですが、ラズベリー探索は困難を極めます。どこにあるか見当もつきません。赤いものがあると思って近づいてみると、紅葉したブルーベリーの葉だったり、色づき始めているリンゴンベリー(コケモモ)だったりします。結局今回は、ラズベリー探しを諦めました。


Stockholmblog2607204.JPG


持ち帰ったブルーベリーは約2kgあったので、朝食にそのまま食べたり、パイやタルトやジャムにしたり、使い切れないブルーベリーは新鮮なうちにできる限り早く冷凍保存したりします。


スウェーデンにはAllemansrätten(アッレマンスレッテン)、直訳すると「みんなの権利」という名の自然享受権があります。そのため、国有地・私有地問わず、原則的にベリーやキノコなどを誰でも自由に採ってよいとされています。そのほかには、例えば通行のために私有地に立ち入ったり、農場のなかでピクニックしたりすることも可能です。ただし、特別なルールや注意書き看板がある場合はそれに従うこととなりますし、立入禁止されている場所ももちろんあります。


動植物などの自然、そして所有者など関わりのある人間に対して常に思いやりとリスペクトを忘れないこと、また妨害・破壊行為はしないということを守れば、国民・観光客を問わずに、誰でもこの権利を享受できます。


そのため、もし皆さんが夏にスウェーデンを訪れることがあれば、ベリーピッキングを楽しんだり、可能であれば採ったベリーでジャムを作って日本へのお土産にしたりするのもいいかもしれません。


2020年7月26日

Stockholmblog2407201.JPG


まだ8月前というのに、風もひんやりしていて、とても涼しい夏となっているストックホルムです。
そんな夏は、多くのスウェーデン国民が長期休暇に入る季節です。2020年の今年は新型コロナの影響もあって、通常とは異なる過ごし方をしている方が大半のようです。このような状況から話題となっている、ある言葉があります。


それが「hemester」(ヘメステル)です。これはスウェーデン語の「hemma」(意味:家)と「semester」(意味:有給休暇)を合わせた造語で、「自宅で休暇を過ごす」という意味です。アメリカでのリーマンショックによって登場した「staycation」のスウェーデン語訳として、2009年にスウェーデンにおいて新語登録されました。それが、今回似たような状況から使用頻度が上がっています。hemesterをどう過ごすか、朝のニュース番組などで特集が組まれたりしました。


hemesterの過ごし方としては、大掃除をしたり、料理やお菓子作りに凝ったり、あるいは休日の延長線でずっとテレビやインターネットオンデマンドを見続けたりと、皆さんそれぞれの過ごした方をしています。


ただ、短い夏をめいいっぱい楽しむために、外で過ごすのがやはり主流となっています。 またそのようにおすすめられています。
水辺や公園でのピクニック、森や山でのハイキング、湖での水泳や日光浴、カヌー、ボート、ヨットや水上バイク、釣りなどのマリンスポーツなど、自然のなかでのアクティビティが人気です。また、庭の手入れをしたり、サマーハウスでいつもより長めに過ごす方もいます。 ビーチバレーができるところもいたるところにあるため、僕はもっぱらこれに励んでいます。


Stockholmblog2407202.JPG


来夏スウェーデンに訪れることを計画しているのであれば、皆さんにはぜひ自然のなかで時間を過ごしてほしいです。町なかのいたるところに自然にあふれた公園があったり、少し電車やバスに乗って移動すると、森に行くことができたりします。ストックホルムでは今の時期は、ブルーベリーやラズベリーのベリー類、そしてポルチーニやカンタレラ(アンズダケ)をはじめとしたキノコを採ることができます。ストックホルムで見つかるかは定かではありませんが、北スウェーデンではマツタケを見つけることも可能です。最近は雨が降ることが多かったので、今年はキノコがたくさん採れるといわれています。


Stockholmblog2407203.jpg


町の喧騒から離れ、森のなかにいると、鳥のさえずりや木々のささやきに自然と耳が傾けられ、 自然にどっぷり浸かることができます。そしてリラックスできます。スマホを一旦オフにすれば、さらに自然を味わうことができます。リスやウサギにときどき出くわすこともあり、うれしくなります。
日本でもできないことはないと思いますので、ぜひ涼しさを求めて、森や山のなかに足を踏み入れてみてはいかがでしょうか?


Stockholmblog2407204.JPG


そしてもうひとつ、「svemester」(スヴェメステル)という言葉もあります。これは「Sverige」(意味:スウェーデン)と「semester」の造語で、スウェーデン国内で休暇を過ごすという、こちらは「americation」のスウェーデン語訳で、hemesterと同様、2009年に新規登録されました。スウェーデンの国際空港であるアーランダ空港をはじめ、観光業界のキャンペーンで使用されているのをよく目にします。海外用に「swemester」(Sweden + semester)という言葉もあります。
コロナ前までの水準には戻っていないにしても、フライトや列車は毎日運航されているので、国内のいたるところに旅行に出かけることができます。


Instagramでhemesterやsvemesterの言葉を検索すると、いろんな写真が出てきます。他人の日常を垣間見ながら、スウェーデンの夏気分に少々浸ってみてはいかがでしょうか。


2020年7月24日
2020年7月12日
2020年6月30日
2020年6月20日
2020年6月19日
⇒すべての記事を見る

スウェーデン旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■スウェーデンの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/ウェルシュプールイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンダルイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イギリス/ロンドン4イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/ナポリ3イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ベネチアイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2イタリア/ローマ3ウクライナ/オデッサエストニア/タリンエストニア/タルツオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/ウィーン2オーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スペイン/レオンスロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュイスブルクドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ブレーメンドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/アンボアーズフランス/カンヌフランス/コートダジュールフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/トゥールーズフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/パリ3フランス/ブールジュフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンフランス/リヨン2フランス/レンヌブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/サンクトペテルブルグロシア/モスクワ

ヨーロッパにもどる

  • 特派員プロフィール
  • ストックホルム特派員

    ストックホルム特派員
    たってぃ さん
    2017年スウェーデンへ、2020年から首都ストックホルムに移住。英語や海外に興味を持ちはじめたのは12歳の時、『地球の歩き方』に出会ったのが十数年前。旅行前も道中も、いつも『地球の歩き方』を熟読。ガイドブックと同様、皆さんに読み込んでいただけるようなブログを目指してストックホルムの旬や”瞬”をお届けしていきます。石川県出身。 質問等ありましたらInstagramまでDMお願いします。 DISQUS ID @disqus_EW4rAOD5hg

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集