海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > スウェーデン/ストックホルム特派員ブログ

スウェーデン/ストックホルム特派員ブログ たってぃ さん

スウェーデン・ストックホルム特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

IMG_1692.JPG


この週末から30度を超える真夏日となっているストックホルム。乾いた気持ちのいい風があったり、朝晩涼しいことがせめてもの救いです。

そんな暑い限られた夏の時間を外で楽しむのがスウェーデン。暑さ、そして日長とともに、新型コロナによる制限が緩和され、レストランなど飲食店の営業時間が延長可能になってから、町なかにはさらに人通りが増えました。


人通りで言えば、夏には歩行者天国があらゆる通りに登場します。今年(2021年)は、その数は34ヵ所になります。年中歩行者天国のところも5ヵ所ありますが、新たに歩行者天国となった箇所は9ヵ所あります。


新たに加わった9ヵ所

Gullmarsplans torg、Liljeholmshamnen、Malmskillnadsgatan、Rinkeby Torg、Rinkebystråket 100、Riksdalertorget/Hägersten、Skeppsbron、Järnvägsparken、Sergelgatan


終日歩行者天国の5ヵ所

Swedenborgsgatan、Skånegatan、Rörstrandsgatan förlängs till S:t Eriksplan、Nybrogatan、Hornsbergsstrand (förlängs till delar av Kristinebergs strand)


夏季限定歩行者天国20ヵ所

Akalla torg、Bagarmossen/Lagaplan、Bergsgatan、Bredäng、Drottninggatan、Gamla Brogatan、Gubbängstorget、Gustav Adolfs torg、Holger Bloms plats、Nockeby torg、Norra Agnegatan、Norra Stationsgatan、Odenplan、Rågsvedstorget、Strömgatan、Tenstagången、Tenstaplan、Taxingeplan、Älvsjö torg、Östberga torg


歩行者天国には臨時的にベンチが置かれたり、アイスクリームやコーヒーを売る出店が出たりします。もちろん通り沿いにあるレストランも店先にテーブルやイスを並べるので、飲食を楽しむ人や、通りを歩く人で、一際にぎやかになります。

IMG_1695.JPG IMG_1696.JPG


5月はじめから、9月終わりまで続く歩行者天国。
ストックホルムへ訪れることができた際は、ぜひ町歩きを楽しんでみてください。


(参考)
■SVTニュース
・URL: https://www.svt.se/nyheter/lokalt/stockholm/har-ar-arets-nya-sommargagator


2021年6月19日

IMG_2059_Original.jpg


EU、EES加盟国など一部の国を除く他国居住者の入国を2021年8月31日まで原則禁止としているスウェーデンですが、日本居住者の入国を明日14日から許可することとしました。今年2月6日の入国禁止措置から実に4ヵ月ぶりとなります。その理由は、日本において新型コロナの感染リスクが低いということが挙げられています。


ただし入国に際して、18歳以上の人は、スウェーデン入国から遡って48時間以内に発行された新型コロナの陰性証明が必須です(スウェーデン居住許可所持者など一部例外あり)。
陰性証明には、スウェーデン語、英語、ノルウェー語、デンマーク語またはフランス語で
・被検者名
・検査日時
・検査の種類(抗原検査、PCR検査、LAMP検査、TMA検査のいずれか)
・検査結果
・証明発行者名
・検査実施者の名前、電話番号、住所
が記載されていることが必要です。たとえワクチンを接種していたり、抗体を保持している場合でも、陰性証明は必ず携行しなければなりません。


ちなみに、この入国禁止措置対象外となっている国は、6月13日現在、オーストラリア、ニュージーランド、ルワンダ、シンガポール、韓国、タイ、イスラエルの7か国あり、ここに明日から日本が加わります。


また日本は、6月10日から不要不急の渡航禁止国リストからも除外されたため、日本からの入国の場合、公衆衛生庁が勧告している自己隔離や到着5日後の検査も対象外となっています。しかし、今後の状況により変更となる場合もありますので、スウェーデンへの渡航前は、必ず公衆衛生庁ウェブサイトを確認することをおすすめします。


一方で、日本入国の際は隔離が必要となっているので、気軽に海外へ出かけられるわけではないでしょうが、今後の旅行先候補として、ぜひスウェーデンをよろしくお願いします。


(参考)
■スウェーデン政府
・URL: 
https://www.regeringen.se/pressmeddelanden/2021/06/andringar-i-undantaget-fran-det-tillfalliga-inreseforbudet-for-personer-som-bor-i-japan/

■スウェーデン警察
・URL: https://polisen.se/om-polisen/polisens-arbete/granspolisen/sa-paverkas/

■スウェーデン外務省
・URL: https://www.regeringen.se/uds-reseinformation/ud-avrader/a—andringar-av-avradan-fran-icke-nodvandiga-resor-till-alla-lander/


2021年6月13日

IMG_1818.JPG


音楽あり、ダンスあり、クッキングありのストリーミング配信イベントが明日2021年6月6日に開催されます。ヴィクトリア皇太子陛下ファミリーをはじめ、スウェーデン歌手、オリンピック代表選手などが登場する約1時間30分のイベントです。また、スウェーデンスタイルのイチゴケーキやヴィーガンサンドイッチケーキの作り方も紹介されるようです。


日本時間6日17時からと7日3時からの2回、こちら(スウェーデン公式YouTubeチャンネル)で英語でのストリーミング配信
また日本時間6日18時からはこちら(スウェーデン大使館公式YouTubeチャンネル)で日本語字幕付きのストリーミング配信


を楽しむことができます。スウェーデン文化や旬に触れられるいい機会となるので、ぜひ視聴してみてください。
ストリーミング配信のスケジュールや詳しい出演者情報、料理レシピについてはこちら(スウェーデン公式ウェブサイト、英語)で確認することができます。


ナショナルデーの由来

隣国のデンマークとノルウェーがナショナルデーを作ったことに触発されて、思案し始めたのがきっかけです。日程についてはいくつか候補がありましたが、6月6日はスウェーデンにとって大きな出来事が過去にあったことから、この日に決まったようです。


そのふたつの出来事とは、1523年6月6日にスウェーデンが初めて独立国家となり、Gustav Vasa(グスタヴ・ヴァーサ)が初代国王に選ばれたこと、そして1809年6月6日にできた統治法で、国王から権力分離した政府が初めて誕生したことです。


このようなことから、1893年からナショナルデーを祝い始めました。祝い事には欠かせない国旗はナショナルデーの象徴となり、当初は「フラッグデー」と呼ばれていましたが、1983年にナショナルデーとして定められ、2005年には晴れて祝日となりました。
IMG_1936.JPG
Gustav Vasa像


ナショナルデーとスカンセンの深い関係

例年6月6日は、ストックホルムにある野外博物園スカンセンに民族衣装を身にまとったロイヤルファミリーが来園し、来園者と共にナショナルデーを祝うのが習わしです。しかしながら新型コロナの影響で、昨年と今年はこのイベントが中止となっています。その代わりに、今回のストリーミング配信があるというわけです。夜には、スウェーデン国内限定ですが、閉園後のスカンセンから民放SVTにて生放送も予定されています。


そもそも「スカンセン」でナショナルデーを祝うようになったのはどうしてでしょうか。それは、スカンセン創設者であるArtur Hazelius(アットゥール・ハセリウス)が1891年に開園したスカンセンで春を祝うイベントを開催していて、その最終日となった6月5日を「歴史的な出来事があった6月6日を祝うための日」としていたからです。このようなこともナショナルデーが6月6日となったことに少なからず影響があるようです。


そんなスカンセンでは、ナショナルデー当日は、来園した子供に小さな国旗を配るそうです。


ちなみに、皆さんもご存じの四角形の国旗とは違い、王室と軍隊だけの使用が認められている国旗の形状があります。それがこちら、片方の側面が三角に割れています。
IMG_1916.JPG
ガムラスタンンにある王宮で目にすることができる国旗です。


それでは明日6日、時間がある方は一緒にナショナルデーイベントを楽しみましょう。


(参考)
■Nordiska Museet
・URL: https://www.nordiskamuseet.se/aretsdagar/sveriges-nationaldag
■Skansen
・URL: https://www.skansen.se/sv/sveriges-nationaldag


2021年6月 5日
2021年5月30日
2021年5月25日
2021年5月17日
2021年5月14日
⇒すべての記事を見る

スウェーデン旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■スウェーデンの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/ウェルシュプールイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンダルイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イギリス/ロンドン4イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/ナポリ3イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ベネチアイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2イタリア/ローマ3ウクライナ/オデッサエストニア/タリンエストニア/タルツオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デルフトオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/ウィーン2オーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スペイン/レオンスロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュイスブルクドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ブレーメンドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/アンボアーズフランス/カンヌフランス/コートダジュールフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/トゥールーズフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/パリ3フランス/ブールジュフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンフランス/リヨン2フランス/レンヌブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/アントワープベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/サンクトペテルブルグロシア/モスクワ

ヨーロッパにもどる

  • 特派員プロフィール
  • ストックホルム特派員

    ストックホルム特派員
    たってぃ さん
    2017年スウェーデンへ、2020年から首都ストックホルムに移住。英語や海外に興味を持ちはじめたのは12歳の時、『地球の歩き方』に出会ったのが十数年前。旅行前も道中も、いつも『地球の歩き方』を熟読。ガイドブックと同様、皆さんに読み込んでいただけるようなブログを目指してストックホルムの旬や”瞬”をお届けしていきます。石川県出身。 質問等ありましたらInstagramまでDMお願いします。 DISQUS ID @disqus_EW4rAOD5hg

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集