海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > スウェーデン/ストックホルム特派員ブログ

スウェーデン/ストックホルム特派員ブログ たってぃ さん

スウェーデン・ストックホルム特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

Stockholmblog3011201.JPG


クリスマスまでおよそ4週間となりました。ここスウェーデンには、クリスマスまでの4週間をadvent(アドベント)と言います。ラテン語で「到来」を意味するadventusを語源とし、イエス・キリストの誕生を祝う日である12月25日を待ち望む期間とされています。
advent期間中は、毎週日曜日にろうそくに火を灯して、クリスマスまでのカウントダウンをします。ろうそくに火を灯していくという習慣は1890年代に始まったようです。


Stockholmblog3011202.JPG


11月29日は、アドベント最初の日曜日にあたり、第1本目のろうそくに火を点けました。
次の日曜日には1本目と2本目に火を灯し、その次の日曜日には1〜 3本目にというように、毎週火を点けるろうそくの数を増やしていくので、最終的には4本すべてが階段状に火を灯されることとなります。


そしてadventsstjärna(アドベンツシャーナ) と呼ぼれる紙でできた星形の飾りも、このアドベントの時期ならではです。中に電球を入れて窓に吊したり、窓際に立てたりします。もともとはチェコ共和国の習慣のようですが、1930年代にスウェーデンに広まりました。


Stockholmblog3011203.JPG


ちなみに、火を使わず電気で輝くadventsljusstake(アドベンツリューススターケ)も多くの家庭にあり、この時期大活躍します。


Stockholmblog3011205.JPG


スウェーデン文化に欠かせないフィーカでは、glögg(グレッグ)というシナモンやカルダモンなどのスパイスの効いたホットワインを飲んだり、pepparkaka(ペッパーカーカ)というショウガやシナモンが混ざったジンジャーブレッドクッキーをアドベントのお供にいただきます。


暗い時間が長い冬を過ごすスウェーデンでは、こういったろうそくやデコレーションの明かりが温もりや安心感を与えてくれます。また特に外にいると、いろんな家庭のさまざまなデコレーションを垣間見ることができるので、それもおもしろさのひとつであったりします。


Stockholmblog3011204.JPG


皆さんはどのようにクリスマスの準備をしますか。ローソク4本を立てられるローソク立てadventsstake(アドベンツスターケ)など今回のアドベントグッズはほとんどIKEAで購入しました。日本のIKEAには残念ながらadventsstakeは置いてないようですが、adventsstjärnaをはじめ、いろんなクリスマス関連グッズや食品があります。ぜひIKEAを利用して、スウェーデンのクリスマスを家庭で味わってみてください。


参考:SWEDEN.SE https://sweden.se/culture-traditions/advent/


2020年11月30日

Stockholmblog2911201.JPG


ストックホルムでは先週初雪が降り、そして今日も今冬2度目の雪が降っています。
風が冷たいので、外に出たくなくなります。


前回ブログで紹介したクリスマスイルミネーションは果たしてどのようにライトアップされたのでしょうか。
前回の記事はこちら↓
https://tokuhain.arukikata.co.jp/stockholm/2020/11/14.html
ぜひライトアップ前後で比較してみてください。


ちなみに、当日のライブストリーミングはトラブルがあったようで、開始時間になってもなかなか始まりませんでした。興味のある方、見逃した方、もう一度見たい方は
#Stockholmsjul公式ウェブページ(スウェーデン語のみ)にアーカイブがあるのでご覧ください。


それでは、イルミネーション点灯後の様子はこちらになります。


Stockholmblog2911202.JPG
Sergels Torg(セルゲル広場)


Stockholmblog2911203.JPG
Ohléns City(オーレンズシティ)前


Stockholmblog2911204.JPG
ストックホルム中央駅前


Stockholmblog2911205 (2).JPG
ストックホルム宮殿へと続くNorrbro(ノルブロー)


Stockholmblog2911206.JPG
Kungsträdgården(王立公園)


40以上あるイルミネーションのごく一部ではありますが、いかがだったでしょうか。
なお、Skeppsholmsbron(スケップスホルムスブローン)から対岸に見えるはずの大きなクリスマスツリーはまだ準備中のため、クリスマスまでには例年どおりの輝かしい姿を見ることができることを期待したいと思います。
最後に、日本でも間もなくクリスマスイルミネーションが楽しめる頃でしょうか。だんだん暗くなっていく季節なのに、新型コロナでさらに気が滅入りやすいかもしれませんが、ライトアップされたイルミネーションのように明るく乗り越えていきましょう。


2020年11月30日

Stockholmblog2711201.JPG


スウェーデンでは早くて2020年1月に新型コロナワクチンの接種が始まると昨日11月26日に発表がありましたが、まだまだ予断を許さず、ますます感染が広がる新型コロナです。それは数々の歴史に影響を及ぼし続けています。10月末には、北スウェーデンのヨックモックで1605年から続くウィンターマーケットが416年目にして初めての中止を決定したと報道がありました。


11月24日から有効となった8人以上で集まることを禁止した新しい制限のため、それに先立ち、22日にはStefan Löfven(ステファン・ロフヴェーン)首相が国民に向けた声明を発表しました。その中で、多くの人が集まるようなイベントなどの中止・延期をするように話しました。こういった流れから、博物館・美術館、市民プール、映画館などは閉鎖することとし、ついにスウェーデンが誇る観光名所にして、国民の憩いの場であるスカンセンも残念ながら今回ばかりは大きな決断をすることとなりました。それが129年目にして開園以来初の閉園です。
スカンセンについてはこちら↓
https://tokuhain.arukikata.co.jp/stockholm/2020/06/4.html


スカンセンは新型コロナが流行し始めてから数々のイベントを中止したり、従業員を減らしたりしながら営業を続けてきました。来園者が減りながらも、多くの国民が年間パスを買うなどといったサポートに助けられて難局を乗り越えてきましたが、今回ばかりは致し方ないのかもしれません。


閉園発表後、最初で最後の週末は多くの来園者でにぎわっていました。年間パスを購入した人が並ぶ行列もそこにはありました。


Stockholmblog2711202.JPG


園内には小ヘラジカ1頭分のソーシャルディスタンスを取ろうというユーモアにあふれた看板がいたるところにあります。


Stockholmblog2711203.JPG


動物たちも来園者に会えなくなるのが寂しくなるのか、それともサービス精神が旺盛だけなのかはわかりませんが、スウェーデン語でlodjur(ローユール)と呼ばれるオオヤマネコの1頭が木のかなり高いところまで登っていました。それはジャンプしたら間違いなく柵越えして脱走事件が発生しかねない高さでした。来園者をマジマジと見たり、木の上でくつろいだりしていました。


Stockholmblog2711205.jpg
Stockholmblog2711204.jpg


興味津々で写真を撮ろうと多くの来園者が集まりつつ、皆さん、本当に跳んできたらパニックになりかねないと内心気が気でなかったことと思います。怖くてその場を離れたいと叫ぶ子供もいました。


そんな多くの方に愛されるスカンセンは本日11月27日の営業をもって、一時休業に入ります。来春に再開する予定とのことですが、具体的な日にちはまだ決まっていません。
再び多くの人であふれるスカンセンが戻ってくる日を期待しつつ今冬を乗り越えていきます。


2020年11月27日
2020年11月13日
2020年10月30日
2020年10月25日
2020年10月 5日
⇒すべての記事を見る

スウェーデン旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■スウェーデンの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/ウェルシュプールイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンダルイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イギリス/ロンドン4イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/ナポリ3イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ベネチアイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2イタリア/ローマ3ウクライナ/オデッサエストニア/タリンエストニア/タルツオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/ウィーン2オーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スペイン/レオンスロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュイスブルクドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ブレーメンドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/アンボアーズフランス/カンヌフランス/コートダジュールフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/トゥールーズフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/パリ3フランス/ブールジュフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンフランス/リヨン2フランス/レンヌブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/サンクトペテルブルグロシア/モスクワ

ヨーロッパにもどる

  • 特派員プロフィール
  • ストックホルム特派員

    ストックホルム特派員
    たってぃ さん
    2017年スウェーデンへ、2020年から首都ストックホルムに移住。英語や海外に興味を持ちはじめたのは12歳の時、『地球の歩き方』に出会ったのが十数年前。旅行前も道中も、いつも『地球の歩き方』を熟読。ガイドブックと同様、皆さんに読み込んでいただけるようなブログを目指してストックホルムの旬や”瞬”をお届けしていきます。石川県出身。 質問等ありましたらInstagramまでDMお願いします。 DISQUS ID @disqus_EW4rAOD5hg

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集