海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > ストックホルム特派員ブログ > ストックホルムにおける新型コロナ抗体検査について①

スウェーデン/ストックホルム特派員ブログ たってぃ さん

スウェーデン・ストックホルム特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2020年6月30日

ストックホルムにおける新型コロナ抗体検査について①


ストックホルムにおける新型コロナ抗体検査について①

covid191.jpg
ストックホルム県において今月2020年6月15日から始まった新型コロナウイルスのPCRおよび抗体検査について、2回にわたってお伝えしていきます。この回では、実際に体験した抗体検査の予約から実施までについて記します。


これまで医療従事者や疾病者等を対象に行われてきた公的機関による検査ですが、ストックホルム県は政府との合意のもと、県民全体が無料で受検できるように門戸を広げました。現在新型コロナのような症状がある方にはPCR検査を、以前に感染したと思っている方には抗体検査ができるようになっています。


まずは予約ですが、開始と同時に1万人もの希望者が殺到するほどのたいへんな人気ぶりでした。
おもな予約の流れは、
1. ストックホルム県医療アプリにパーソナルナンバーでログイン
2. 設問に回答後、PCR検査あるいは抗体検査の決定、そして予約に必要なコードを入手
3. 1177.seというスウェーデン医療情報ウェブサイトにパーソナルナンバーでログインして、入手したコードを用いて予約
の順となっていますが、予約開始日はすでに1の段階で、アプリがほぼ1日クラッシュ状態でした。なかなかアクセスできず、やっとコードを入手できたのは開始後およそ3時間が経った頃でした。


2では、「どうして受検したいか? 」という質問(回答は「現在感染しているか知りたい」または「以前感染していたか知りたい」のいずれかを選択)から始まり、「コロナのような症状があったか」、「現在症状があるか」、「いつ症状があったか」といった設問に回答しながら、最終的にはPCR検査あるいは抗体検査に割り振られます。 検査実施箇所は約100ヵ所あり、検査分析を担当するカロリンスカ大学研究所が県内病院内に持つ分室などで行われます。


無事に抗体検査をできることになったので、職場から最寄りの検査実施場所を選び、日程を確認すると翌日16日から検査を受けられる状況になっていました。同僚と調整のうえ、17日に受検することにしました。

covid192.jpg
検査当日は番号票を取り、検査予定時間から20分程度待ちました。1日のほぼ最後のほうだったので、1日あたり60人程度が受検しているようでした。順番が来ると個室に入り、パーソナルナンバーの入った本人確認書類(運転免許証など)を看護師に渡しました。看護師は運転免許証を機械で読み取り、それをもって受付は完了しました。そのあとは両腕を見せて、血液を取りやすい腕のほうで採血し、あっという間に終了でした。部屋に入ってから出るまで、2分ほどで終わりました。検査時間より待ち時間のほうが長かったです。ちなみに、結果が出るまでに最短で2日、最長1週間程度かかるとのことでした。


報道によると、初日だけで3万人もの方が予約に成功したということですが、検査対象内訳は2万5000人が抗体検査、残る5000人がPCR検査ということでした。


3月末におもに微熱、咳、咽喉痛といった症状が1週間ほどあり、ちょうど周りの方から感染したような形だったので、コロナにかかったような感じでしたが、果たして検査結果はどうなるでしょうか。次回に続きます。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 治安・渡航安全情報 生活・習慣・マナー
2020年6月30日
« 前の記事「コロナ禍におけるスウェーデンの現状について、2020年6月13日から旅行が徐々に解禁へ」へ
ストックホルム特派員 新着記事
ストックホルムにおける新型コロナ抗体検査について①
コロナ禍におけるスウェーデンの現状について、2020年6月13日から旅行が徐々に解禁へ
【本日19日生配信あり】自宅でスウェーデンを感じる!ミッドサマーライブストリーミング
はじめまして/思い立ったらストックホルム!一度は訪れたい観光地4選
特派員交代のお知らせ
バレンタインの定番チョコ?!
試してみたい、ラップセムラ
今年もやってきた、セムラの季節

スウェーデン ツアー最安値


2020/3/31更新

ヨーロッパ 航空券情報


スウェーデン旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■スウェーデンの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/ウェルシュプールイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンダルイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イギリス/ロンドン4イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/ナポリ3イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ベネチアイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2イタリア/ローマ3ウクライナ/オデッサエストニア/タリンエストニア/タルツオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/ウィーン2オーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スペイン/レオンスロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュイスブルクドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ブレーメンドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/アンボアーズフランス/カンヌフランス/コートダジュールフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/トゥールーズフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/パリ3フランス/ブールジュフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンフランス/リヨン2フランス/レンヌブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/サンクトペテルブルグロシア/モスクワ

ヨーロッパにもどる

  • 特派員プロフィール
  • ストックホルム特派員

    ストックホルム特派員
    たってぃ さん
    2017年スウェーデンへ、2020年から首都ストックホルムに移住。英語や海外に興味を持ちはじめたのは12歳の時、『地球の歩き方』に出会ったのが十数年前。旅行前も道中も、いつも『地球の歩き方』を熟読。ガイドブックと同様、皆さんに読み込んでいただけるようなブログを目指してストックホルムの旬や”瞬”をお届けしていきます。石川県出身。 質問等ありましたらInstagramまでDMお願いします。 DISQUS ID @disqus_EW4rAOD5hg

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集