海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > ストックホルム特派員ブログ > 北欧散歩〜ストックホルム編〜③

スウェーデン/ストックホルム特派員ブログ たってぃ さん

スウェーデン・ストックホルム特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2020年8月25日

北欧散歩〜ストックホルム編〜③


北欧散歩〜ストックホルム編〜③

最終回は、Örnsbergs klippbad(エルンズベリーズクリップバッド)〜Gröndal(グレーンダール)〜Årstaberg(オーシュタベリ)を紹介します。



夏の憩いの場Örnsbergs klippbad(エルンズベリーズクリップバッド)

前回紹介したNobels spränggroparからそのまま湖沿いを進んでいくと、木でできた遊歩道にたどり着き、多くのボートが見えてきます。Örnsbergs klippbadに到着です。
ここから眺める景色はとても開放的でさらにゆったりしていて、心を落ち着かせてくれます。遠くには大きな船が見えたりして海のように感じますが、ストックホルム市庁舎やスカンセンがあるユールゴーデンなど、中心街をつなぐメラーレン湖なのです。


Stockholmblog2508201.JPG


岩肌を登ってランチやフィーカ、読書、睡眠をするのもおすすめです。
また夏にはたくさんの人が泳いだり、肌を焼いたり、カヤックを楽しんだりと、それぞれが思い思いに満喫しています。どのような過ごし方をしているのか眺めるのもおもしろいです。


Stockholmblog2508202.JPG


異国のような雰囲気を味わえるGröndal(グレーンダール)

来た道を戻り、Gröndalへと向かいます。大きなメラーレン湖を間近に歩ける遊歩道があります。遊歩道と湖の間には柵など隔てるものがないので、歩くときは十分注意したほうがよいかもしれません。
遠くには、ストックホルム市庁舎をはじめ、町の景色を望むことができ、開けた雰囲気がまたいいです。


Stockholmblog2508203.JPG


町の中心部に出ると、路面電車が走り、まるで違う国に来たような錯覚に陥ります。その理由は、「テラスハウス」と呼ばれるテラスがある赤レンガでできた低層のアパートが建っているからです。スウェーデン離れした雰囲気のある町並みに浸ることができます。静かで落ち着いた雰囲気があり、お気に入りの町のひとつです。


Stockholmblog2508204.JPG


目指すはÅrstaberg(オーシュタベリ)駅

そのあとLiljeholmenに戻ったのち、Hornstullから渡ってきた橋を渡らず、そのままHornstullと湖を挟んで向かい側のエリアへ行きます。湖沿いに低層から高層まで新しいマンションが数多く建ち並び、さらにその数はまだまだ増える新興住宅街に到着です。Liljeholmskajen (リリエホルムスカイエン)と呼ばれるエリアです。


Stockholmblog2508205.JPG


広場の周りには、イタリア料理やインド料理、日本料理などさまざまなレストランがあります。ここで食べるのはもちろん、テイクアウトしてベンチに座り、湖を眺めながらゆっくりするのもおすすめです。


Stockholmblog2508206.JPG


ここからは地下鉄のLiljeholmen駅が最寄りとなりますが、せっかくなのでpendeltåg(ペンデルトーグ)という名の普通電車用の駅、Årstaberg(オーシュタベリ)まで20分程度歩きます。
ここから、今回の散歩の起点となったSödra Stockholm駅まではストックホルム中央駅方面までは1駅です。


進行方向へ向かって左側の座席に座ると、この散歩で通ったTantのkoloniträdgårdやHornstullとLiljeholmen間をつなぐ橋など、散歩のハイライトとしてすてきな景色を窓越しに眺めることができます。またこの線路の横には歩道もあるので、歩いて岸から岸へと渡ることもできます。


Stockholmblog2508207.JPG


少し長めの散歩コースを紹介しました。
興味があるところがありましたら、スウェーデン旅行が叶った際にはぜひ訪れてみてください。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 自然・風景 見所・観光・定番スポット
2020年8月25日
« 前の記事「北欧散歩〜ストックホルム編〜②」へ
»次の記事「スウェーデンの夏といえば......あるある7選」 へ
ストックホルム特派員 新着記事
実に奇跡!2日連続でストックホルムの空にオーロラ現る
圧巻の美!オーロラがストックホルムの夜空を彩る
スウェーデンでの年越しの過ごし方
入国時の陰性証明必須に!スウェーデンにおける新型コロナによる行動制限について
ストックホルムの中心にオアシス登場
ドバイの大地にスウェーデンの森が広がる
寒空の下、身も心も温まるスカンセンのクリスマスマーケット
ストックホルムの中心にデジタルカルチャーセンターSpaceがグランドオープン

ヨーロッパ 航空券情報


スウェーデン旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■スウェーデンの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/ウェルシュプールイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンダルイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イギリス/ロンドン4イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/ナポリ3イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ベネチアイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2イタリア/ローマ3ウクライナ/オデッサエストニア/タリンエストニア/タルツオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デルフトオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/ウィーン2オーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スペイン/レオンスロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュイスブルクドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ブレーメンドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/アンボアーズフランス/カンヌフランス/コートダジュールフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/トゥールーズフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/パリ3フランス/ブールジュフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンフランス/リヨン2フランス/レンヌブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/アントワープベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ブリュッセル2ベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/サンクトペテルブルグロシア/モスクワ

ヨーロッパにもどる

  • 特派員プロフィール
  • ストックホルム特派員

    ストックホルム特派員
    たってぃ さん
    2017年スウェーデンへ、2020年から首都ストックホルムに移住。英語や海外に興味を持ちはじめたのは12歳の時、『地球の歩き方』に出会ったのが十数年前。旅行前も道中も、いつも『地球の歩き方』を熟読。ガイドブックと同様、皆さんに読み込んでいただけるようなブログを目指してストックホルムの旬や”瞬”をお届けしていきます。石川県出身。 質問等ありましたらInstagramまでDMお願いします。 DISQUS ID @disqus_EW4rAOD5hg

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集