海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > ストックホルム特派員ブログ > ストックホルムのスーパーで見つけたpinjekot...

スウェーデン/ストックホルム特派員ブログ たってぃ さん

スウェーデン・ストックホルム特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2021年1月31日

ストックホルムのスーパーで見つけたpinjekotteという名の食べ物を試してみました


ストックホルムのスーパーで見つけたpinjekotteという名の食べ物を試してみました

IMG_6779[1].jpg


2021年が始まり、あっという間に1ヵ月が経ちました。
皆さんは、いかがお過ごしですか。


僕は今年はいろいろチャレンジの年にしようと考えており、そんな矢先にICA(イーカ)というスーパーマーケットで見つけたのがこちらです。


IMG_6751.jpg


直径15cmほどでパイナップルのようにも見えますが、ずっしりと重みがあり、そのうえ、カメの甲羅のように硬いです。グレープフルーツのような柑橘系の香りがします。
皆さんはこれが何かわかりますか。ちなみに、イタリア産とのことです。
答えは最後に明かします。


名前は「pinjekotte」(ピニエコッテ)というものですが、その名の通り「松笠」、いわゆる松ぼっくりです。


それでは、商品タグの隣にあったレシピに従って調理していきます。
まずは200度のオーブンで2時間ローストします。
とりあえず見た目がきれいになるように、立てたままオーブンに入れます。
ロースト途中で倒れてしまいましたが。


IMG_6787[1].jpg


しばらくすると、香ばしい香りがしてきました。


そして2時間経って、できあがったのがこちらです。これが何かまだ想像がつかないことでしょう。よく知る松ぼっくりのような見た目になりました。しばらく冷まします。

IMG_6791[1].jpg


一部焦げついていますが、かなりツヤツヤしています。これはもともとの油脂が溶け出したものなのか、防腐剤なのか定かではありません。
そしてよく見ると、豆のような種のような、黒い物体が見て取れます。


IMG_6802[1].jpg


この黒い塊をナッツ割り器で砕くと、中から黄色いナッツが出てきました。
この時点で、これが何かわかった方は多いのではないでしょうか。


IMG_6808[1].jpg


そうです、これは「松の実」です。スウェーデン語ではpinjenöt(ピニエヌット)と言います。
松の実はこのようにして採取されるようです。この大きな松ぼっくりから採れたのは20粒でした。


ナッツを掻き出すのが若干手間であり、またナッツ割り器を使う際は優しく割らないと、中のナッツまで割れてしまうので注意が必要です。
そういったことを鑑みて、市場に出回るまでにどれくらいの量と労力が必要なのか想像をはるかに超えました。


味は香ばしくて、おいしかったです。
栄養価も高いスーパーフードのようですが、高価な理由がよくわかります。


残った松ぼっくりは、とてもきれいで形もいいので、今年のクリスマスで使うことにします。


IMG_6805[1].jpg


とてもすてきな体験をした1年の始まりでした。
2021年、皆さんにとって実り多き1年になることを願っています。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー レストラン・料理・食材
2021年1月31日
« 前の記事「アクティブなスウェーデンの冬の過ごし方」へ
»次の記事「2月6日以降の入国において48時間以内の陰性証明必須へ、また日本からの入国は原則禁止へ」 へ
ストックホルム特派員 新着記事
ストックホルムの中心にデジタルカルチャーセンターSpaceがグランドオープン
2年ぶり!ストックホルム・ガムラスタンにクリスマスマーケットがオープン
11月6日、7日はスウェーデンのお盆、Allhelgonahelgen
北欧発祥の格安航空Norwegian航空とは?
人気をますます取り戻しつつある10月のストックホルム・アーランダ空港
収穫の秋!週末開催の青空マーケットでスウェーデンの旬の食材を手に入れる
10月4日はシナモンロールの日、そして今年のノーベル賞第1号が発表へ
世界最大の木造帆船Göteborg号は2022年スウェーデンからアジアの旅へ

ヨーロッパ 航空券情報


スウェーデン旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■スウェーデンの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/ウェルシュプールイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンダルイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イギリス/ロンドン4イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/ナポリ3イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ベネチアイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2イタリア/ローマ3ウクライナ/オデッサエストニア/タリンエストニア/タルツオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デルフトオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/ウィーン2オーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スペイン/レオンスロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュイスブルクドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ブレーメンドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/アンボアーズフランス/カンヌフランス/コートダジュールフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/トゥールーズフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/パリ3フランス/ブールジュフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンフランス/リヨン2フランス/レンヌブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/アントワープベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ブリュッセル2ベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/サンクトペテルブルグロシア/モスクワ

ヨーロッパにもどる

  • 特派員プロフィール
  • ストックホルム特派員

    ストックホルム特派員
    たってぃ さん
    2017年スウェーデンへ、2020年から首都ストックホルムに移住。英語や海外に興味を持ちはじめたのは12歳の時、『地球の歩き方』に出会ったのが十数年前。旅行前も道中も、いつも『地球の歩き方』を熟読。ガイドブックと同様、皆さんに読み込んでいただけるようなブログを目指してストックホルムの旬や”瞬”をお届けしていきます。石川県出身。 質問等ありましたらInstagramまでDMお願いします。 DISQUS ID @disqus_EW4rAOD5hg

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集