海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > ストックホルム特派員ブログ > お目当てのアーティストとともに歌えるチャンスも!4...

スウェーデン/ストックホルム特派員ブログ たってぃ さん

スウェーデン・ストックホルム特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2021年8月22日

お目当てのアーティストとともに歌えるチャンスも!40年以上続く歌番組Allsång på Skansenの観覧参加


お目当てのアーティストとともに歌えるチャンスも!40年以上続く歌番組Allsång på Skansen...

IMG_2611 (2).JPG
Allsång på Skansen(アールソング・ポー・スカンセン)は、時代を彩る旬のアーティストから、長年のキャリアを築くアーティストまでさまざまなゲストやスペシャルゲストが自曲と、allsångと呼ばれるみんなで一緒に歌ったり踊ったりして楽しめるような歌謡曲を歌う番組です。例年、6月終わりから8月半ばまでの毎週火曜日20時からSVT放送にて全8回、会場のスカンセンからライブ放送されます。


この番組の目玉は、そのライブ放送に観覧者として参加できることです。会場で大好きなアーティストの生演奏を楽しめるだけでなく、allsångをそのアーティストとともに歌うことができ、運がよければ、会場内を周るアーティストが自分の近くまで来て、マイクを向けられるといったことも起きます。
そのため、人気アーティストが出る日は一層盛り上がります。


会場には座席、立ち見のスペースが通常あり、特に座席は座れるだけでなく前方に位置するため、争奪戦になります。しかしながら、新型コロナの影響で昨年は無観客、今年はついに有観客となったものの、放送初月の6月に緩和された新型コロナ制限ルールに合わせて、着席500人のみに制限されました。


その代わりに昨年から活躍しているのが、allsångを一緒に歌えるアプリ「Duo」です。カメラ機能と連携していて、自分の歌う姿が番組中、ワイプとして映し出されます。老若男女問わず、いろんな方が参加していて、ときには映し出された自分の顔をテレビで確認して、驚き喜ぶ姿を見ることもでき、番組を見る人みんなが楽しむことができます。


通常観覧者として参加するには、一昨年まではスカンセンの年間パスや入場券のみの購入で可能でした。しかし今年は別途特別入場券の購入が必要となり、年間パスだけでは原則観覧できなくなりました。来年はどうなるでしょうか。


ちなみに、番組放送前にはgenrep(ジェーンネレープ)と呼ばれるリハーサルがあり、これを観覧することもできます。リハーサルと本番の2回観覧すると、その違いを楽しむこともできます。経験上、より盛り上がるのは間違いなく本番です。
今年は、好きなアーティストSmith&Thellが出演した回のリハーサルに参加してきました。最近になってようやくツアーを開始したものの、なかなか生歌を聴けるチャンスはなかったため、とても貴重な体験でした。


また、司会のSanna Nielsen(サンナ・ニルセン)は今年で6回目を迎えるベテランです。彼女が毎年新しい楽器に挑戦したり、さまざまな衣装を身に着け役に徹し、歌ったりする姿は見ものです。現在彼女は妊娠中にもかかわらず、大きなおなかを抱えながら会場内をハイヒールを履きながら縦横無尽に動き回る姿には内心ヒヤヒヤしますが、さすがSannaと思わせてくれます。そして、毎シーズン、最終回には来シーズンの去就がどうなるか発表があります。これもドキドキさせてくれるのですが、来シーズンも続投するいうことで、来年も力強いパワーをスウェーデン中に与えてくれることになりそうです。


番組はほぼ全編スウェーデン語となりますが、スウェーデンのアーティストを知ることができたり、見ているだけでスウェーデン音楽に浸れる有意義な1時間です。テレビ放送はスウェーデン国内でのみ見ることができますが、YoutubeのSVTチャンネル でも一部閲覧することが可能なので、ぜひ覗いてみてください。


もし来夏スウェーデンに旅行できた際は、ぜひ番組観覧に参加して、スウェーデン音楽に浸ってみてはいかがでしょうか。
Allsång på Skansenの情報は、スカンセンウェブサイトInstagram で確認することができます。例年6月3週目に出演アーティスト情報が解禁になり、同時にチケット情報も発表されます。


↓2019年シーズン最終回本番前の様子
IMG_3986-1.jpg

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー エンターテイメント・音楽・ショー 文化・芸術・美術 見所・観光・定番スポット
2021年8月22日
« 前の記事「ストックホルムの陸上競技場で初開催の野外映画祭へ」へ
»次の記事「Nobel Prize Museum再オープン!新たに始まったノーベル賞晩餐会の裏側に迫る特別展は必見」 へ
ストックホルム特派員 新着記事
2年ぶり!ストックホルム・ガムラスタンにクリスマスマーケットがオープン
11月6日、7日はスウェーデンのお盆、Allhelgonahelgen
北欧発祥の格安航空Norwegian航空とは?
人気をますます取り戻しつつある10月のストックホルム・アーランダ空港
収穫の秋!週末開催の青空マーケットでスウェーデンの旬の食材を手に入れる
10月4日はシナモンロールの日、そして今年のノーベル賞第1号が発表へ
世界最大の木造帆船Göteborg号は2022年スウェーデンからアジアの旅へ
季節外れのセムラをストックホルムで食す
1年前の同じ月に投稿された記事
アーランダ国際空港およびスウェーデン国内線機内の現状について
スウェーデンの夏といえば......あるある7選
北欧散歩〜ストックホルム編〜③
北欧散歩〜ストックホルム編〜②

ヨーロッパ 航空券情報


スウェーデン旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■スウェーデンの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/ウェルシュプールイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンダルイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イギリス/ロンドン4イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/ナポリ3イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ベネチアイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2イタリア/ローマ3ウクライナ/オデッサエストニア/タリンエストニア/タルツオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デルフトオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/ウィーン2オーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スペイン/レオンスロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュイスブルクドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ブレーメンドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/アンボアーズフランス/カンヌフランス/コートダジュールフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/トゥールーズフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/パリ3フランス/ブールジュフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンフランス/リヨン2フランス/レンヌブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/アントワープベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ブリュッセル2ベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/サンクトペテルブルグロシア/モスクワ

ヨーロッパにもどる

  • 特派員プロフィール
  • ストックホルム特派員

    ストックホルム特派員
    たってぃ さん
    2017年スウェーデンへ、2020年から首都ストックホルムに移住。英語や海外に興味を持ちはじめたのは12歳の時、『地球の歩き方』に出会ったのが十数年前。旅行前も道中も、いつも『地球の歩き方』を熟読。ガイドブックと同様、皆さんに読み込んでいただけるようなブログを目指してストックホルムの旬や”瞬”をお届けしていきます。石川県出身。 質問等ありましたらInstagramまでDMお願いします。 DISQUS ID @disqus_EW4rAOD5hg

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集