海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > ストックホルム特派員ブログ > Nobel Prize Museum再オープン!新...

スウェーデン/ストックホルム特派員ブログ たってぃ さん

スウェーデン・ストックホルム特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2021年8月29日

Nobel Prize Museum再オープン!新たに始まったノーベル賞晩餐会の裏側に迫る特別展は必見


Nobel Prize Museum再オープン!新たに始まったノーベル賞晩餐会の裏側に迫る特別展は必見

IMG_2816.JPG
新型コロナの影響で長らく閉館していたNobel Prize Museumが2021年8月21日に再オープンしました。
これにともない、21日と22日の両日、サーカス団Cirkörによるアクロバティックなパフォーマンスが館外で、ライブパフォーマンスや英語とスウェーデン語によるガイドが館内で行われたりしました。また、入館時にノーベル賞メダルをひとり1枚プレゼントされるという計らいもありました。
IMG_29761.JPG


そして、今回の再オープンから始まった特別展が「Nobelfesten - festernas fest(ノーベルフェステン-フェステナズ フェスト)」です。日本語に直訳すると、あらゆるパーティのなかのパーティということで、ノーベル賞晩餐会に登場する食事、ゲストの衣装、会場内装飾、そしてゲストによるスピーチの裏側に迫った興味深い内容となっています。2023年3月まで続く長期のエキシビジョンです。

展示内容の一部を紹介します。
IMG_2859.JPG
常設展示とともに、エントランス付近には学生が各賞をイメージしてデザインした環境に配慮されたカラフルなドレス


IMG_2821.JPG
(左)カール16世グスタフ王の燕尾服と(右)シルヴィア王妃が1995年に着用し、娘であるヴィクトリア皇太子が2018年に再着用したドレス
バックにはフラワーデコレーションの一部も(授賞式の会場となるコンサートホールや晩餐会の会場となるストックホルム市庁舎は、ノーベルが晩年を過ごしたイタリア・サンレモから届く2万5000本もの花で毎年彩られます。)


IMG_2837.JPG
座席表(1250名のゲストをもてなすために、プランニングはその年の春先から始まります)


IMG_2851.JPG
メニューの紹介


IMG_2852.JPG
晩餐会は1929年までグランドホテルで開催されていました。ゲストが増えてきたので、1930年から現在までストックホルム市庁舎で開かれています。

IMG_2840 (1).JPG
また、過去のテレビ放送を流す演出もあります。


なかでも興味が注がれたのは、食事に使用される食材についてです。スウェーデンの選りすぐりの食材を利用し、ノルディックな味を提供していて、また、できる限りムダを出さないように、食材のあらゆる部位を使用しているとのことでした。
IMG_2838.JPG


毎年スウェーデン国内はもとより、世界中から注目を浴びるノーベル賞晩餐会。裏方として関わる方たちが伝統を守りつつ、時代の変化とともに、新たなことにチャレンジしたり、切磋琢磨していることがわかる展示となっています。
コロナが落ち着いたら、ぜひこちらの博物館に足を運んで、実際に味わってほしい体験です。


※紹介した写真については、Nobel Prize Museumの許可を得て掲載しています。また展示内容については、予告なく変更される場合があります。
Nobel Prize Museum

・住所: Börshuset, Stortorget 2, Old Town, Stockholm

・営業時間: 木~日 11:00~17:00(変更の可能性があるので、ウェブサイトで要チェック)

・入場料: 65歳以上90kr、19歳以上130kr、18歳以下無料、学生90kr、団体(15人以上)100kr/人、無料/12月10日(ノーベル賞の日)、Stockholm Passの利用など

・URL: https://nobelprizemuseum.se/en/

・最寄りの駅: 地下鉄グリーンライン又はレッドライン「Gamla Stan」下車後、徒歩約約5分

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー イベント・行事・お祭り エンターテイメント・音楽・ショー 文化・芸術・美術 見所・観光・定番スポット
2021年8月29日
« 前の記事「お目当てのアーティストとともに歌えるチャンスも!40年以上続く歌番組Allsång på Skansen...」へ
»次の記事「スウェーデン、そして世界を代表する音楽グループABBAがおよそ40年の時を経て活動再開へ。新アルバム発売...」 へ
ストックホルム特派員 新着記事
2年ぶり!ストックホルム・ガムラスタンにクリスマスマーケットがオープン
11月6日、7日はスウェーデンのお盆、Allhelgonahelgen
北欧発祥の格安航空Norwegian航空とは?
人気をますます取り戻しつつある10月のストックホルム・アーランダ空港
収穫の秋!週末開催の青空マーケットでスウェーデンの旬の食材を手に入れる
10月4日はシナモンロールの日、そして今年のノーベル賞第1号が発表へ
世界最大の木造帆船Göteborg号は2022年スウェーデンからアジアの旅へ
季節外れのセムラをストックホルムで食す
1年前の同じ月に投稿された記事
アーランダ国際空港およびスウェーデン国内線機内の現状について
スウェーデンの夏といえば......あるある7選
北欧散歩〜ストックホルム編〜③
北欧散歩〜ストックホルム編〜②

ヨーロッパ 航空券情報


スウェーデン旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■スウェーデンの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/ウェルシュプールイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンダルイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イギリス/ロンドン4イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/ナポリ3イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ベネチアイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2イタリア/ローマ3ウクライナ/オデッサエストニア/タリンエストニア/タルツオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デルフトオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/ウィーン2オーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スペイン/レオンスロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュイスブルクドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ブレーメンドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/アンボアーズフランス/カンヌフランス/コートダジュールフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/トゥールーズフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/パリ3フランス/ブールジュフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンフランス/リヨン2フランス/レンヌブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/アントワープベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ブリュッセル2ベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/サンクトペテルブルグロシア/モスクワ

ヨーロッパにもどる

  • 特派員プロフィール
  • ストックホルム特派員

    ストックホルム特派員
    たってぃ さん
    2017年スウェーデンへ、2020年から首都ストックホルムに移住。英語や海外に興味を持ちはじめたのは12歳の時、『地球の歩き方』に出会ったのが十数年前。旅行前も道中も、いつも『地球の歩き方』を熟読。ガイドブックと同様、皆さんに読み込んでいただけるようなブログを目指してストックホルムの旬や”瞬”をお届けしていきます。石川県出身。 質問等ありましたらInstagramまでDMお願いします。 DISQUS ID @disqus_EW4rAOD5hg

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集