海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > ストックホルム特派員ブログ > 11月6日、7日はスウェーデンのお盆、Allhel...

スウェーデン/ストックホルム特派員ブログ たってぃ さん

スウェーデン・ストックホルム特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2021年11月 8日

11月6日、7日はスウェーデンのお盆、Allhelgonahelgen


11月6日、7日はスウェーデンのお盆、Allhelgonahelgen

IMG_0588.jpg
Allhelgonahelgen(アールヘルゴナヘリエン)は、10月31日から11月6日の間に来る最初の土曜日であるAlla helgons dag(アッラ ヘルゴンズ ダーグ、諸聖人の日)と翌日の日曜日に当たるAlla själars dag(アッラ フェーラシュ ダーグ、死者の日)を合わせた休日(helgen)のことです。今年は、Alla helgons dagが11月6日、Alla själars dagが7日となっています。


この休日に、スウェーデンでは多くの方が墓参りに向かい、亡くなった家族や友人などにキャンドルや花などを捧げます。そのため、日本の習慣でいうと、お盆の感覚に近いです。
あちらこちらでキャンドルが灯された墓地はとても幻想的で、神秘的な雰囲気を醸し出します。とても美しい情景なので、それを眺め、厳かな雰囲気を味わうために、墓参りでなくても墓地を訪れる価値があると言われるほどです。


ストックホルムにある世界遺産Skogskyrkogården(スコーグスシルコゴーデン、森の墓地)もその例外ではありません。この週末は多くの人が訪れ、お墓にはもちろんのこと、木の下であったり、石碑の周りに多くのキャンドルが灯されました。
コロナ禍の今、多くの方がその犠牲となっています。それぞれが思い思いに点けるキャンドルは、より意味合いの強い灯のように感じられました。
IMG_0630.jpg
Skogskyrkogårdenは俳優Greta Garbo(グレタ・ガルボ)やAviciiこと、Tim Bergling(ティム・ベリリング)も眠る墓地です。やはり墓地ということもあり、気軽に訪れたり、写真を撮ったりすることに躊躇してしまいますが、Skogskyrkogårdenは観光地化されています。そのため、もしこの時期ストックホルム旅行の機会があったら、この森の墓地を一度訪れてみてください。キャンドルに輝く墓地は一見の価値があります。来年のAllhelgonahelgenは11月5日、6日です。
IMG_0639.jpg IMG_0642.jpg

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー イベント・行事・お祭り 文化・芸術・美術 生活・習慣・マナー 自然・風景 見所・観光・定番スポット
2021年11月 8日
« 前の記事「北欧発祥の格安航空Norwegian航空とは?」へ
»次の記事「2年ぶり!ストックホルム・ガムラスタンにクリスマスマーケットがオープン」 へ
ストックホルム特派員 新着記事
実に奇跡!2日連続でストックホルムの空にオーロラ現る
圧巻の美!オーロラがストックホルムの夜空を彩る
スウェーデンでの年越しの過ごし方
入国時の陰性証明必須に!スウェーデンにおける新型コロナによる行動制限について
ストックホルムの中心にオアシス登場
ドバイの大地にスウェーデンの森が広がる
寒空の下、身も心も温まるスカンセンのクリスマスマーケット
ストックホルムの中心にデジタルカルチャーセンターSpaceがグランドオープン
1年前の同じ月に投稿された記事
アドベントー クリスマスまでのカウントダウン始まる
ストックホルムのクリスマスイルミネーションはこのように輝き始めました
野外博物館スカンセン、129年の歴史において初の閉園へ追い込まれる
【明日14日生配信あり】ストックホルムのクリスマスをひと足早く!イルミネーションライトアップのライブストリーミング

ヨーロッパ 航空券情報


スウェーデン旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■スウェーデンの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/ウェルシュプールイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンダルイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イギリス/ロンドン4イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/ナポリ3イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ベネチアイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2イタリア/ローマ3ウクライナ/オデッサエストニア/タリンエストニア/タルツオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デルフトオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/ウィーン2オーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スペイン/レオンスロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュイスブルクドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ブレーメンドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/アンボアーズフランス/カンヌフランス/コートダジュールフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/トゥールーズフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/パリ3フランス/ブールジュフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンフランス/リヨン2フランス/レンヌブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/アントワープベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ブリュッセル2ベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/サンクトペテルブルグロシア/モスクワ

ヨーロッパにもどる

  • 特派員プロフィール
  • ストックホルム特派員

    ストックホルム特派員
    たってぃ さん
    2017年スウェーデンへ、2020年から首都ストックホルムに移住。英語や海外に興味を持ちはじめたのは12歳の時、『地球の歩き方』に出会ったのが十数年前。旅行前も道中も、いつも『地球の歩き方』を熟読。ガイドブックと同様、皆さんに読み込んでいただけるようなブログを目指してストックホルムの旬や”瞬”をお届けしていきます。石川県出身。 質問等ありましたらInstagramまでDMお願いします。 DISQUS ID @disqus_EW4rAOD5hg

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集