海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > フランス/ストラスブール特派員ブログ

フランス/ストラスブール特派員ブログ Coquelicot

フランス・ストラスブール特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。


皆さんこんにちは、フランス、アルザス在住Coquelicotです。

今回はストラスブールにあるグルテンフリーのカフェをご紹介します。

グルテンフリーなので、実はここのケーキなどは全て米粉で作られています。

私は個人的には米粉のみというのはまだまだ珍しいので、米粉カフェと呼びたいなと思っています。

ストラスブールのGrande rue にできた意外と新しいお店です。

グルテンフリーとか、オーガニックとか、実は私自身はこだわっていないのですが、美味しくて、おまけに身体に優しければ嬉しいですよね。日本でも小麦粉アレルギーの方もいますし、米粉スイーツも流行りな気がします。

内装はこんな感じです。

お話を聞くと、オーナーの奥様がグルテンNGで始めたお店で、奥のキッチンで奥様がケーキなど全て作っているそう。

米粉の可愛いケーキがたくさんあり、又パンも多いので、小麦粉がNGな方にはお勧めです。

時期は過ぎたけど、こちらはバレンタイン用ハート型のラズベリームース、美味しかったです。

他にもキャロットケーキとか、アルザスらしいタルト系などもあります。

こんな面白い大きな丸のチョコレートのケーキなども。

ケーキはその時事に変わるので、何度来ても違うケーキが食べられるそうです。

ランチもあるので、しっかり食べたい方はこちら。

この日はハンバーガーやキッシュ、本日のスープなどがありました。

お一人様でも、お友達とでも入りやすいカフェです。

週末は夜8時まで開いているので夜カフェもできるし、wifiあるし、ノマドにも嬉しいカフェです。

週末遅くまで開いているのは、パンを買いに来るかたなどもいるそうで、その為に週末だけは夜8時まで開いているそう。

店舗情報

M’zelle sans gêne

住所 51 Grand’Rue, 67000 Strasbourg

電話 03 88 38 27 15

開店時間 AM9時~PM7時、(金曜、土曜はPM8時まで) 月曜定休

サイト mzellesansgene.com


2019年3月17日

皆さんこんにちは。フランス、アルザス在住Coquelicotです。

29541341_10156175386798497_8248357571416420626_n.jpg

年に一回開催されるB to C のワイン展示会

Salon des vins des vinerons indépendants

情報その②をお送り致します。

1回ではなかなかご紹介できるワイナリーさんも少ないので、
個人ワイナリー生産者のみが参加できる展示会で普段スーパーなどで見かける事の少ないワインが揃っています。
色々回ったので、折角なので幾つかアルザスのワイナリーさんをご紹介します。

Le domaine de Pierre Koch & fils

住所 2, route du Vin
67680 NOTHALTEN
Tel: 03 88 92 42 30

ワイナリーさんの特別なワインには、ご家族の方のお名前がついていることも多いのですが

こちらのワインなのですが

このお嬢さんの名前が付いているワインです。

家族経営が多いワイナリーでは、こうして小さいお嬢さんも週末にはお手伝いに来ることもあります。

アルザスは辛口ムスカが多い中、ほんのり甘くておいしい、このお嬢さんみたいなワインでした。

Domaine Du Bollenberg

住所 68250 Westhalten Alsace

TEL 03 89 49 60 04 

グランクリュはないのですが、逆に面白いワインがありました。

アルザスでは珍しい

アイスワインです。凍ったぶどうを積んでワインを作るので、甘口ワインができます。



Domaine Hubert Metz vigneron

住所 3 Rue du Winzenberg, 67650 Blienschwiller

TEL 03 88 92 64 94 

先ほどのように、よくご家族の名前が入っているワインも多いのですが、

こちらも息子さんの名前で『ピエールの月』と言う名のワインでした。

古い畑で作っているピノブランですが、やっぱりご家族の名前がついているワインは思い入れがあるワインの事も多いので、特別なワインが多いイメージです。

これが畑の土地です。これがワインの味にも反映されます。

アルザスはワインの品種でワインの味が決まりますが、それだけではなく、畑でも味が変わってきます。

こちらの展示会はパリやリヨンなどでも開催されていますので、ぜひその機会にアルザスワインもお楽しみください。

ストラスブールでの展示会開催期間は2月22日~25日でした。


因みにこちらが他都市の開催期間情報です。


●ボルドー
Salon des Vins des Vignerons Indépendants - Bordeaux
Du 08 mars 2019 au 10 mars
https://www.vigneron-independant.com/20%C3%A8me-salon-des-vins-des-vignerons-ind%C3%A9pendants-bordeaux


●リヨン
13ème Salon des Vins des Vignerons Indépendants - Lyon Eurexpo
Du 15 mars 2019 au 17 mars
https://www.vigneron-independant.com/13%C3%A8me-salon-des-vins-des-vignerons-ind%C3%A9pendants-lyon-eurexpo


●パリ
26ème Salon des Vins des Vignerons Indépendants - Paris Champerret
Du 22 mars 2019 au 25 mars


2019年3月13日

皆さんこんにちは、フランス、アルザス在住Coquelicotです。

29542928_10156175387063497_7136290789735443360_n.jpg

今回は先週開催されたB to C のワイン展示会をご紹介します。


Salon des vins des vinerons indépendants は個人ワイナリー生産者のみが参加できる展示会です。その為、小規模のワイナリー生産者も多く、普段スーパーなどで見かける事の少ないワインが揃っています。


実はこの展示会は各都市で開催されていて、ワイナリーが各地を周っているので、他の都市にお住まいの方にも興味深いワインの展示会です。今年の開催期間は2月22日~25日の4日間。


ストラスブールはWakenにある展示会会場で開催されています。

週末に行ったのですが兎に角すごい人でした。
300ものワイナリーが出展し、何が何だか分からないくらいですが

色別で各地方が分かれているので、自分に好きな産地がある場合は分かりやすいです。

アルザスワインに特化しているわけではなく、フランス各地方のワインが揃うので、

アルザスにいながらも、各地の個人ワイナリーのワインが楽しめるのは良ことです。

けれどやはり、メインはアルザスのワイナリーとも言え、今回は51種類あるグランクリュから、20種類ほどのグランクリュが飲めるという、アルザスワインを堪能するにも、いい機会の展示会です。

アルザスの展示会とは言え、遠方から来る人も多く、英語やドイツ語が多く聞こえる、ある意味とても国際的な展示会です。

アルザスで開催されているものの特徴は、やはりアルザスのワイナリーの参加が多いことですが、今回はなんと51あるグランクリュから、半分ほどのグランクリュがここに来ると飲めました。

もちろん、そんなに多くは飲めないので、選んで飲んで行かないといけないのですが、そういう意味でも興味深いイベントです。

Domaine WELTY Jean-Michel Earl

住所 24 Grand Rue, 68500 Orschwihr

TEL 03 89 76 09 03

先日、パリの他のワイン展示会に出展して、日本のコンタクトも得られたから、日本に販売展開もしたいと話していたワイナリーさんです。

Chateau d’Orschwihr

住所: 1 Rue du Ctre, 68500 Orschwihr
TEL: 03 89 74 25 00

こちらはアルザスなのにシャトーと言う名前なのですが実は本当にワイナリーがお城なんだそうです。

そしてここの特徴は、年代が結構経ったワイン を販売しています。

ワインを20年寝かせてから販売しているワインなどがあり、味がどっしりとしていてアルザスにしたら珍しいワインが多いワイナリーさんです。

BOTCのワイン展示会なのですが、兎に角、この展示会での皆さんの買い方がすごいのが特徴です。

業者?と思う量なのですが、恐らく家庭用に1年分買っているようにも思います。

ストラスブールでの展示会開催期間は2月22日~25日でした。

因みにこちらが他都市の開催期間情報です。

●ボルドー

Salon des Vins des Vignerons Indépendants - Bordeaux

Du 08 mars 2019 au 10 mars

https://www.vigneron-independant.com/20%C3%A8me-salon-des-vins-des-vignerons-ind%C3%A9pendants-bordeaux

●リヨン

13ème Salon des Vins des Vignerons Indépendants - Lyon Eurexpo

Du 15 mars 2019 au 17 mars

https://www.vigneron-independant.com/13%C3%A8me-salon-des-vins-des-vignerons-ind%C3%A9pendants-lyon-eurexpo

●パリ

26ème Salon des Vins des Vignerons Indépendants - Paris Champerret

Du 22 mars 2019 au 25 mars


2019年3月10日
2019年3月 9日
2019年2月24日
2019年2月17日
2019年2月11日
⇒すべての記事を見る

フランス旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■フランスの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンダルイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イギリス/ロンドン4イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2ウクライナ/オデッサエストニア/タリンエストニア/タルツオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スペイン/レオンスロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュイスブルクドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ブレーメンドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/アンボアーズフランス/カンヌフランス/コートダジュールフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/トゥールーズフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンフランス/リヨン2フランス/レンヌブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/サンクトペテルブルグロシア/モスクワ

ヨーロッパにもどる

  • 特派員プロフィール
  • ストラスブール特派員

    ストラスブール特派員
    Coquelicot
    行ったり来たりしながらフランス、アルザス地方に10代、20代、30代と過ごし早10年以上、(それ以上は数えないようにしています。) 美味しいものが大好きでアルザス地方のカフェ巡りとワイナリー巡りが趣味です。クリスマスマーケットや映画『ハウルの動く城』の舞台になったことでも知られてはいますが、パリや南仏に比べたらまだまだ知られていないアルザス地方は実は日本との関係も強く、そんなアルザスの良さをお届けできればと思っています。普段は国際展示会のアテンド、コーデイネート、PR、通訳などもしています。
    アルザスの動画も配信中
    インスタ
    ブログ DISQUS ID @disqus_8XBrt1CReG

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集