海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > フランス/ストラスブール特派員ブログ

フランス/ストラスブール特派員ブログ Coquelicot

フランス・ストラスブール特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。


メール プリント もっと見る

フランスのワインと言えば、ボルドーやブルゴーニュ、シャンパンなどの方が有名ですが、アルザス地方は白ワインで有名な所で、170kmに及ぶワイン街道もあります。今回はそんなアルザスワインをざっくりとご紹介していきます。

14102587_10154434140503497_6067809656575938548_n.jpg

●アルザスワインの特徴

アルザスワインの一般的な特徴として<辛口>のワインに仕上げると言われています。

とは言え実は香りがフル―テイなものから、甘口ワインも多く、アルザスの甘口ワインはデザートワインとして飲むほど甘くて美味しいものも多いです。また、魚介類や魚料理に合わせやすく、日本食にも合わせやすいワインとも言えるでしょう。そしてやはり食事と合わすのであれば多少辛口のワインをお勧めします。

14051589_10154434137183497_2645118106289358057_n.jpg

●アルザスワインの代表的な種類

リースリング、ゲヴェルツトラミネール、ピノ・グリ、ミュスカ、ピノ・ノワールなどがあります。

それでは一つずつご紹介していきます。

14079653_10154434141993497_7693720903776336464_n.jpg

シルヴァネール

フレッシュ、控えめな果実と花の香がするワインです。その爽やかさから夏のワインとも言えるでしょう。

軽く繊細なワインなので、あらゆる貝類や魚やハム・ソーセージ類にも合います。

ーリースリング(Riesling)

アルザスの代表的なワインです。

フランスとドイツの間を流れるライン河の代表的な最高級ワインになる品種で、上品な香りと力強い味わいで有名です。 気品のある香りがすると言われ、繊細な柑橘系果実の香や花の香りのする辛口ワインです。辛口で高級料理と抜群な相性を生み出すワインでアルザス料理にもよく合ます。

ーミュスカ(Muscat)-

いわゆるマスカットのことです。香りは甘いフルーテイな良い香りがするのですが、飲んでみると辛口のワインです。個人的には誰かのお土産で辛口が良いか、甘口が良いか迷ったときにはこれを持っていきます。今の季節、アスパラガスに合わせると良いワインと言われているので、春から初夏にかけてのワインとも言えるでしょう。

ーピノ・グリ(Pinot Gris)

ブルゴーニュの赤ワインを生むピノ・ノワールの枝変わり品種だそうで、果皮は灰紫色ですが、白ワインです。他の品種に比べると、ワインにはコクがありとても複雑な香りがし、スモーキーな香りやコケ、キノコ、ドライフルーツ、アプリコット、ハチミツ、など様々な香りがするのが特徴です。

甘口がお好きな方はワイナリーにもよりますが、甘めで複雑ですが味じはフレツシュで、しなやかな味の飲みやすいワインです。肉料理を中心に穀類やキノコにも合います。

ーゲヴュルツトラミネール(Gewürztraminer)

ゲヴルツトラミネールはドイツ語で香辛料と言う意味で、ばらの花やライチの香りが特長的なワインです。甘いお酒が好き、と言う方には是非お勧めです。ただし、かなり甘口のワインなので、単独で飲むか、食前酒、デザートワインとして飲むと良いでしょう。また、フォアグラと合わせると良いと言われています。

ーピノ・ノワール(Pinot Noir)

アルザス唯一の赤ワインです。アルザスでは、明るい朱色で軽くフレッシュなワインで、ベリー系の香りが感じられるものが多いです。ハム・ソーセージ類、グリル料理、サラダが並ぶピクニックに最適です。 やっぱワインは赤でしょう、と言う方にはこちら。

15326338_10154756080098497_4729902151683320411_n.jpg

●アルザスシャンパン?Cremant D’Alsaceクレマンダルザス

クレマン・ダルザスは、生き生きとして繊細で、フランス国内市場では、最も多く飲まれている発泡ワインです。シャンパンはシャンパーニュ地方のスパークリングワインなので、その名前を使うことはできませんが、分かりやすいようにワイナリーさんに、「アルザスのシャンパン(みたいなもの)だよ。」と勧められたことがあります。気軽に飲めるスパークリングワインです。

主にピノ・ブランをつかいますが、その他ピノ・グリ、ピノ・ノワール、リースリング、シャルドネも使われています。

15350481_10154756080358497_5532083782568067302_n.jpg

●その他の高級アルザスワイン

また、ぶどうの種類だけではなく、高級品のアルザスワイン、51の区画で作られているグラン・クリュ(特級品)と呼ばれるワインもあります。アルザスのぶどう品種の中でグラン・クリュに認可されているのは、例外を除いて、リースリング、ゲヴルツトラミネール、ピノ・グリ、ミュスカの4品種です。 手摘みで収穫され、土地の個性を色濃く映した個性的なワインです。

14089137_10154434132763497_7449227021758265181_n.jpg

また、他にも特別表記のワインがあり、果汁1Lあたりの糖の最低含有量が一定以上であれば、ヴァンダンジュ・タルディヴ(遅摘み)、セレクション・グラン・ノーブル(粒選り摘み、貴腐)ワインと付記することができ、これらは通常のものよりも遅くに収穫されたもので、さらに少量生産ですが、とても飲みやすい甘口のワインです。

15492597_10154790808123497_1500362528368359509_n.jpg

いかがでしたでしょうか?

ワインは同じ村によってもグランクリュのせいで味わいが変わりますし、同じ村でもワイナリーによってかなり味も違います。ワインの美味しさはその人の好みによりますので、一概にこのワイナリーが良いとも言えません。是非アルザスにいらしたらご自分のお好みのワインを探してみて下さい。


2018年5月20日

フランスでは毎年、全国で1番美味しいバゲット(パン)を決める
「バゲットコンクール」が開催されているのをご存じでしょうか。
今年で5回目を迎える同大会、昨年はフランス東部の
小さな村のパン屋さんに務める女性が優勝しましたが、
この方、実は成澤さんという日本人の方です。

これは、初の女性優勝者、そして初の外国人、ということで話題を詰集めました。

そしてこの成澤さんはアルザス地方、ハグノーに近いメルツヴィラー(Mertzwiller)という村のBOULANGERIE DURRENBERGERパン屋さんで働いており、フランス一番美味しいバゲットがアルザス地方で食べられるのです。

32768344_10156295738058497_8754348770474328064_n.jpg

●BOULANGERIE DURRENBERGER行き方

ストラスブールから40kmほど北にある村Mertzwillerへは電車でストラスブールからアグノーまで30分、そこからバスで20分ほどです。パン屋さんは、バス停Mertzwiller/ Monument-mortから歩いて2~3分です。

●なぜここに日本人?

かなり大きなパン屋さんでここでは数人の日本人の方が働いたり、研修をしたりしているそうです。一度日本人の方を引き受けたことがあり、それからずっと日本人の方がここで働いているようです。実はアルザス地方は焼き菓子などがかなり有名で、この地方のケーキ屋さんやケーキ屋兼パン屋さんには日本人の研修の方やお仕事をされている方も意外と多いようです。現在こちらのBOULANGERIE DURRENBERGER には(2018年4月)には3名の日本人スタッフがいるそうです。

●1位のバゲットはこちら

一般的なバゲットは1€、ですがコンクールで優勝したのはバゲット・トラディションのほうが近いようで、こちらはお値段1.10€(2018年現在)。バゲット・トラディションはより質のいい小麦粉を使っているので、お値段が少し高くなります。

32699010_10156295737998497_1779122500798513152_n.jpgのサムネイル画像

と言う事で早速買ってみました。

バゲット2.jpgのサムネイル画像のサムネイル画像

バゲット3.jpgのサムネイル画像

●食してみると

さっそく、1つ買って試食してみました。外はパリっとしていて、中はちょっとモチモチしています。そのモチモチ感が日本人好みのフランスパンな感じです。モチモチ感を考えるとどっしりした味の濃いものとも合いそうです。

バゲット5.jpgのサムネイル画像

バゲット4.jpg

●そしてストラスブールに支店が!

とは言え、なかなか小さい村に行く時間がなかったり、パンを買いに行くのは大変だったりもします。ですが実は支店が今年2018年4月にストラスブールにオープンしたようです。

ストラスブールの駅の目の前の通りをまっずぐ歩いていくと、運河に突き当たりますが、その運河の手間、左手にあるパン屋さんがBOULANGERIE DURRENBERGERです。2階はサロンドテ(喫茶店)になっているので、中で食べることもできます。ですが、まだ色々準備中のところもあるようで、看板やサイトなどはまだないようです(2018年5月現在)

バゲット6.jpg

バゲット1.jpgのサムネイル画像

●Durrenberger情報

住所:3 rue de la liberté 67580 Mertzwiller

電話:03 88 90 39 27

時間:月―金 4時半―19時 土 5時―17時 日 7時―12時

Facebook : https://www.facebook.com/boulangeriedurrenberger

●Durrenbergerストラスブール店情報

住所:7 Quai Saint Jean 67000 Strasbourg

電話:03 88 22 13 33


2018年5月13日

初めまして。この度フランス、アルザス地方の特派員ブログを担当することになりましたCOQUELICO(コクリコ)です。最初のアルザス在住は12歳の時、親元離れてコルマールから10キロの小さい村にあった全寮制の学校に入学したことから始まりました。そこからアルザス行ったり来たりを繰り返し、その後ストラスブールの大学院で勉強する為アルザスに戻り、アルザス滞在歴10年以上、現在はストラスブールに住んでいます。

アルザス地方は冬は寒く、夏は暑く…なんて言うとあまり魅力的でないかもしれませんが、食べ物も美味しく、ワインも有名で、とても過ごしやすい街です。そんなアルザス地方の魅力を皆さんにアルザスの魅力をお届けしていきたいと思います。

東フランス、ドイツ国境の街で世界遺産の街ストラスブール。最近ではクリスマスマーケットの時などでも知られるようになってきていますが、まだまだ日本では認知度は低いのかなと思っています。

さて、今回は観光の王道、ストラスブール大聖堂、またの名をノートルダム=ド=ストラスブール大聖堂(フランス語: Cathédrale Notre-Dame-de-Strasbourg)をご紹介します。

ストラスブール大聖堂とは?
この大聖堂はカトリックの大聖堂で、一般にゴシック建築の代表作とされています。ヴォージュ産の砂岩を建材として使っており、建物全体が独特なピンク色をしており、その大部分はロマネスク建築ですが、ゴシック建築の傑作として数えられ、ヴィクトル・ユーゴーは「巨大で繊細な驚異」と評したと言われています。

創建は11世紀といわれ、高さ142mの尖塔が完成したのは1439年です。1647年から1874年まで世界一の高層建築だったのですが、1874年にハンブルクの聖ニコライ教会に高さを追い抜かれてしまい、現在は教会として高さ世界第6位です。

image1.jpg

見どころ
高さ142m、全長: 112 m の大聖堂の見どころは、1484年に作られた精巧な彫刻を施した説教壇、『最後の審判』を描いた南袖廊の”天使の柱”、12~15世紀のステンドグラスの数々です。また、毎日12時30分にからくり人形が動きだす南袖廊の高さ18mの天文時計があり世界最大の天文時計として有名です。この天文時計は天文学的部分は非常に正確で、閏年や分点など様々な天文データを計算でき、単なる時計ではなく一種の複雑な計算機になっています。

さらに大聖堂の外側正面右手の入り口から332段の石段を登ると、高さ66mの屋上展望台から市街のパノラマが開けます。

image2.jpg

更なる見どころ 現地の人しか知らない小ネタご紹介
ストラスブールの大聖堂のもう一つの特徴は片方しか建てられなかった塔です。本来2つの塔を建てる予定でしたが、建設中に計画が何度か変更され、結局2つ目の塔は作られることはありませんでした。地盤のせいで片方の塔しか建てられなかったとか…という話も聞いたことがあります。

ですが、これは地元のごく少数の人しか知らないあるワザがあり、大聖堂の塔を2つにすることができるんです。ですがそれは毎日ではなく、晴天の日のみ、しか綺麗に見ることができません。

これは、大聖堂の前にあるお店のショーウインドウを使って撮ったものです。
こちらのお店のこの場所で

image3.jpg

ショーウインドウを覗いて見ると…
こうして塔を二つにすることができるんです。

image4.jpg

見え方にもよりますが、これでカテドラルの塔を2つにすることができます。
いかがでしょうか?あまりこのネタを知っている方がいないのか、このお店の近辺で人だかりを見ることはないのですが、偶にここのショーウインドウを覗いている人をみかけます。

ぜひストラスブールにいらしたときにはこちらで写真を撮ってみてはいかがでしょう?

名称 ストラスブール大聖堂
名称(英語) Cathédrale Notre-Dame-de-Strasbourg
住所 Place de la Cathedrale, 67082 Strasbourg(
営業時間・開場時間 4月~9月7時00 ~19時30  10月~3月10時00 ~17時30日曜14:00 - 18:00( 1月1日, 5日1日、 12月25日を除く)
利用料金や入場料 無料, 天文時計4,4€ 天文台3€
参考サイト http://www.cathedrale-strasbourg.fr/


2018年5月 7日
⇒すべての記事を見る

フランス旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■フランスの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2ウクライナ/オデッサエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ

ヨーロッパにもどる

  • 特派員プロフィール
  • ストラスブール特派員

    ストラスブール特派員
    Coquelicot
    行ったり来たりしながらフランス、アルザス地方に10代、20代、30代と過ごし早10年以上、(それ以上は数えないようにしています。) 美味しいものが大好きでアルザス地方のカフェ巡りとワイナリー巡りが趣味です。クリスマスマーケットや映画『ハウルの動く城』の舞台になったことでも知られてはいますが、パリや南仏に比べたらまだまだ知られていないアルザス地方は実は日本との関係も強く、そんなアルザスの良さをお届けできればと思っています。普段は国際展示会のアテンド、コーデイネート、PR、通訳などもしています。
    アルザスの動画も配信中
    インスタ
    ブログ DISQUS ID @disqus_8XBrt1CReG

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集