海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > ストラスブール特派員ブログ > ストラスブール大聖堂―現地の人しか知らない小ネタを...

フランス/ストラスブール特派員ブログ Coquelicot

フランス・ストラスブール特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2018年5月 7日

ストラスブール大聖堂―現地の人しか知らない小ネタをご紹介


メール プリント もっと見る

ストラスブール大聖堂―現地の人しか知らない小ネタをご紹介

初めまして。この度フランス、アルザス地方の特派員ブログを担当することになりましたCOQUELICO(コクリコ)です。最初のアルザス在住は12歳の時、親元離れてコルマールから10キロの小さい村にあった全寮制の学校に入学したことから始まりました。そこからアルザス行ったり来たりを繰り返し、その後ストラスブールの大学院で勉強する為アルザスに戻り、アルザス滞在歴10年以上、現在はストラスブールに住んでいます。

アルザス地方は冬は寒く、夏は暑く...なんて言うとあまり魅力的でないかもしれませんが、食べ物も美味しく、ワインも有名で、とても過ごしやすい街です。そんなアルザス地方の魅力を皆さんにアルザスの魅力をお届けしていきたいと思います。

東フランス、ドイツ国境の街で世界遺産の街ストラスブール。最近ではクリスマスマーケットの時などでも知られるようになってきていますが、まだまだ日本では認知度は低いのかなと思っています。

さて、今回は観光の王道、ストラスブール大聖堂、またの名をノートルダム=ド=ストラスブール大聖堂(フランス語: Cathédrale Notre-Dame-de-Strasbourg)をご紹介します。

ストラスブール大聖堂とは?
この大聖堂はカトリックの大聖堂で、一般にゴシック建築の代表作とされています。ヴォージュ産の砂岩を建材として使っており、建物全体が独特なピンク色をしており、その大部分はロマネスク建築ですが、ゴシック建築の傑作として数えられ、ヴィクトル・ユーゴーは「巨大で繊細な驚異」と評したと言われています。

創建は11世紀といわれ、高さ142mの尖塔が完成したのは1439年です。1647年から1874年まで世界一の高層建築だったのですが、1874年にハンブルクの聖ニコライ教会に高さを追い抜かれてしまい、現在は教会として高さ世界第6位です。

image1.jpg

見どころ
高さ142m、全長: 112 m の大聖堂の見どころは、1484年に作られた精巧な彫刻を施した説教壇、『最後の審判』を描いた南袖廊の"天使の柱"、12~15世紀のステンドグラスの数々です。また、毎日12時30分にからくり人形が動きだす南袖廊の高さ18mの天文時計があり世界最大の天文時計として有名です。この天文時計は天文学的部分は非常に正確で、閏年や分点など様々な天文データを計算でき、単なる時計ではなく一種の複雑な計算機になっています。

さらに大聖堂の外側正面右手の入り口から332段の石段を登ると、高さ66mの屋上展望台から市街のパノラマが開けます。

image2.jpg

更なる見どころ 現地の人しか知らない小ネタご紹介
ストラスブールの大聖堂のもう一つの特徴は片方しか建てられなかった塔です。本来2つの塔を建てる予定でしたが、建設中に計画が何度か変更され、結局2つ目の塔は作られることはありませんでした。地盤のせいで片方の塔しか建てられなかったとか...という話も聞いたことがあります。

ですが、これは地元のごく少数の人しか知らないあるワザがあり、大聖堂の塔を2つにすることができるんです。ですがそれは毎日ではなく、晴天の日のみ、しか綺麗に見ることができません。

これは、大聖堂の前にあるお店のショーウインドウを使って撮ったものです。
こちらのお店のこの場所で

image3.jpg

ショーウインドウを覗いて見ると...
こうして塔を二つにすることができるんです。

image4.jpg

見え方にもよりますが、これでカテドラルの塔を2つにすることができます。
いかがでしょうか?あまりこのネタを知っている方がいないのか、このお店の近辺で人だかりを見ることはないのですが、偶にここのショーウインドウを覗いている人をみかけます。

ぜひストラスブールにいらしたときにはこちらで写真を撮ってみてはいかがでしょう?

名称 ストラスブール大聖堂
名称(英語) Cathédrale Notre-Dame-de-Strasbourg
住所 Place de la Cathedrale, 67082 Strasbourg(
営業時間・開場時間 4月~9月7時00 ~19時30  10月~3月10時00 ~17時30日曜14:00 - 18:00( 1月1日, 5日1日、 12月25日を除く)
利用料金や入場料 無料, 天文時計4,4€ 天文台3€
参考サイト http://www.cathedrale-strasbourg.fr/

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 文化・芸術・美術 見所・観光・定番スポット
2018年5月 7日
»次の記事「アルザスで食べられる!フランス一美味しいバゲット」 へ
おすすめ記事
    ストラスブール特派員 新着記事
    アルザスワインってどんなワイン?
    アルザスで食べられる!フランス一美味しいバゲット
    ストラスブール大聖堂―現地の人しか知らない小ネタをご紹介

    フランス 航空券情報


    フランス旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■フランスの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    ヨーロッパ特派員ブログ一覧

    アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2ウクライナ/オデッサエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ

    ヨーロッパにもどる

    • 特派員プロフィール
    • ストラスブール特派員

      ストラスブール特派員
      Coquelicot
      行ったり来たりしながらフランス、アルザス地方に10代、20代、30代と過ごし早10年以上、(それ以上は数えないようにしています。) 美味しいものが大好きでアルザス地方のカフェ巡りとワイナリー巡りが趣味です。クリスマスマーケットや映画『ハウルの動く城』の舞台になったことでも知られてはいますが、パリや南仏に比べたらまだまだ知られていないアルザス地方は実は日本との関係も強く、そんなアルザスの良さをお届けできればと思っています。普段は国際展示会のアテンド、コーデイネート、PR、通訳などもしています。
      アルザスの動画も配信中
      インスタ
      ブログ DISQUS ID @disqus_8XBrt1CReG

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集