海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > ストラスブール特派員ブログ > アルザスで食べられる!フランス一美味しいバゲット

フランス/ストラスブール特派員ブログ Coquelicot

フランス・ストラスブール特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2018年5月13日

アルザスで食べられる!フランス一美味しいバゲット


メール プリント もっと見る

アルザスで食べられる!フランス一美味しいバゲット

フランスでは毎年、全国で1番美味しいバゲット(パン)を決める
「バゲットコンクール」が開催されているのをご存じでしょうか。
今年で5回目を迎える同大会、昨年はフランス東部の
小さな村のパン屋さんに務める女性が優勝しましたが、
この方、実は成澤さんという日本人の方です。

これは、初の女性優勝者、そして初の外国人、ということで話題を詰集めました。

そしてこの成澤さんはアルザス地方、ハグノーに近いメルツヴィラー(Mertzwiller)という村のBOULANGERIE DURRENBERGERパン屋さんで働いており、フランス一番美味しいバゲットがアルザス地方で食べられるのです。

32768344_10156295738058497_8754348770474328064_n.jpg

●BOULANGERIE DURRENBERGER行き方

ストラスブールから40kmほど北にある村Mertzwillerへは電車でストラスブールからアグノーまで30分、そこからバスで20分ほどです。パン屋さんは、バス停Mertzwiller/ Monument-mortから歩いて2~3分です。

●なぜここに日本人?

かなり大きなパン屋さんでここでは数人の日本人の方が働いたり、研修をしたりしているそうです。一度日本人の方を引き受けたことがあり、それからずっと日本人の方がここで働いているようです。実はアルザス地方は焼き菓子などがかなり有名で、この地方のケーキ屋さんやケーキ屋兼パン屋さんには日本人の研修の方やお仕事をされている方も意外と多いようです。現在こちらのBOULANGERIE DURRENBERGER には(2018年4月)には3名の日本人スタッフがいるそうです。

●1位のバゲットはこちら

一般的なバゲットは1€、ですがコンクールで優勝したのはバゲット・トラディションのほうが近いようで、こちらはお値段1.10€(2018年現在)。バゲット・トラディションはより質のいい小麦粉を使っているので、お値段が少し高くなります。

32699010_10156295737998497_1779122500798513152_n.jpgのサムネイル画像

と言う事で早速買ってみました。

バゲット2.jpgのサムネイル画像のサムネイル画像

バゲット3.jpgのサムネイル画像

●食してみると

さっそく、1つ買って試食してみました。外はパリっとしていて、中はちょっとモチモチしています。そのモチモチ感が日本人好みのフランスパンな感じです。モチモチ感を考えるとどっしりした味の濃いものとも合いそうです。

バゲット5.jpgのサムネイル画像

バゲット4.jpg

●そしてストラスブールに支店が!

とは言え、なかなか小さい村に行く時間がなかったり、パンを買いに行くのは大変だったりもします。ですが実は支店が今年2018年4月にストラスブールにオープンしたようです。

ストラスブールの駅の目の前の通りをまっずぐ歩いていくと、運河に突き当たりますが、その運河の手間、左手にあるパン屋さんがBOULANGERIE DURRENBERGERです。2階はサロンドテ(喫茶店)になっているので、中で食べることもできます。ですが、まだ色々準備中のところもあるようで、看板やサイトなどはまだないようです(2018年5月現在)

バゲット6.jpg

バゲット1.jpgのサムネイル画像

●Durrenberger情報

住所:3 rue de la liberté 67580 Mertzwiller

電話:03 88 90 39 27

時間:月―金 4時半―19時 土 5時―17時 日 7時―12時

Facebook : https://www.facebook.com/boulangeriedurrenberger

●Durrenbergerストラスブール店情報

住所:7 Quai Saint Jean 67000 Strasbourg

電話:03 88 22 13 33

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー レストラン・料理・食材
2018年5月13日
« 前の記事「ストラスブール大聖堂―現地の人しか知らない小ネタをご紹介」へ
»次の記事「アルザスワインってどんなワイン?」 へ
おすすめ記事
    ストラスブール特派員 新着記事
    アルザスワインってどんなワイン?
    アルザスで食べられる!フランス一美味しいバゲット
    ストラスブール大聖堂―現地の人しか知らない小ネタをご紹介

    フランス 航空券情報


    フランス旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■フランスの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    ヨーロッパ特派員ブログ一覧

    アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2ウクライナ/オデッサエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ

    ヨーロッパにもどる

    • 特派員プロフィール
    • ストラスブール特派員

      ストラスブール特派員
      Coquelicot
      行ったり来たりしながらフランス、アルザス地方に10代、20代、30代と過ごし早10年以上、(それ以上は数えないようにしています。) 美味しいものが大好きでアルザス地方のカフェ巡りとワイナリー巡りが趣味です。クリスマスマーケットや映画『ハウルの動く城』の舞台になったことでも知られてはいますが、パリや南仏に比べたらまだまだ知られていないアルザス地方は実は日本との関係も強く、そんなアルザスの良さをお届けできればと思っています。普段は国際展示会のアテンド、コーデイネート、PR、通訳などもしています。
      アルザスの動画も配信中
      インスタ
      ブログ DISQUS ID @disqus_8XBrt1CReG

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集