海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > ストラスブール特派員ブログ > ストラスブールからトラムに乗ってドイツへ?

フランス/ストラスブール特派員ブログ Coquelicot

フランス・ストラスブール特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2018年7月29日

ストラスブールからトラムに乗ってドイツへ?


ストラスブールからトラムに乗ってドイツへ?

フランス、アルザス地方はお隣のドイツの影響も多く受けている所です。

ドイツの国境まではストラスブールから自転車や歩いても行けるほど近く、ライン側を超えて国境を超える事ができます。

2017年4月29日フランス・ストラスブールのトラム(路面電車)隣町であるドイツのケール(KEHL)まで開通しました。

トラムで他の国に行くなんてちょっと不思議な体験かと思いますが、

「ちょっとドイツに行ってお茶をしてくる。」

なんてことも可能です。

それでは今回はストラスブールからトラムに乗ってドイツまで行ってみましょう。

フランス・ストラスブール〜ドイツ・ケール間のトラムが開通

フランス、ドイツ間の国境にはライン川が流れており川には橋が架かっています。

この橋を越えるとドイツです。

そんなストラスブールの重要な交通手段のトラム1本でドイツに行けるようになり今後更なる経済効果も見られると言われています。

行き方

ストラスブールの駅の地下からトラムA線 D線が出ています。

kehl18.jpg

トラムチケット販売機

トラムのチケットはこの機械で買うことができます。

Kehl1.jpgのサムネイル画像

ここからD線にのって

ドイツKehlまで行くことができます。

Kehl3.jpgのサムネイル画像

D線の最終駅がドイツです

kehl16.jpgのサムネイル画像

ストラスブール駅の地下からトラムに乗ります

(路面電車ですが駅からは地下が乗り場です)

kehl15.jpgのサムネイル画像

そしてライン川を越えて

kehl13.jpgのサムネイル画像

kehl14.jpgのサムネイル画像

ドイツKehlに到着です。

Kehl5.jpgのサムネイル画像

ドイツのトラムチケット販売機

ここでトラムチケット販売機を比較してもドイツとフランスで異なっています。

駅に到着するとドイツ語のチケット販売機があります。

kehl12.jpgのサムネイル画像

ドイツ銀行

ああ、ドイツに到着したんだなと感じます。

当たり前ですが急に看板などもドイツ語になります。

Kehl7.jpgのサムネイル画像

こちらもドイツの銀行

Kehl8.jpgのサムネイル画像

看板は2言語のところも

ですが、やはりフランスからの人も多く、フランス語表記のところもありました。

最初に【Kehlへようこそ】とフランス語とドイツ語で書いてあります。

Kehl6.jpgのサムネイル画像

地図で見てみると

こちら、ストラスブール駅から

川を越えてドイツのKehl(ケール)へ

kehl10.jpgのサムネイル画像

kehl9.jpgのサムネイル画像

普通の買い物も国境を超えて行く人も

アルザスからは普通の買い物などでもドイツとフランスを行ったり来たりしている人も多いです。

私も生活用品を買いにたまにドイツに行きます。

例えばシャンプー、リンスなどの日用品はドイツの方が安く、たばこもドイツの方が安いです。

気軽に行けるので是非トラムでドイツに行ってみませんか?

ストラスブール駅からトラムに乗ってドイツまでは20分ほどです。

川を超えるとそこは言葉も違う国なので多少戸惑います。

こんな経験は島国の日本ではない経験ですし、トラムで国境超えができる場所はあまりないので

ストラスブールにいらしたら是非、体験してみてください。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 交通・鉄道・航空 見所・観光・定番スポット
2018年7月29日
« 前の記事「アルザス名物、アルザスマカロンって⁈」へ
»次の記事「ストラスブールの夏のイルミネーション LUX」 へ
おすすめ記事
    ストラスブール特派員 新着記事
    病院の中のワインカーヴ、レ・オスピス・ド・ストラスブール
    フランス、アルザスワイン街道の村Barrの収穫祭
    ストラスブールで一番美味しいフォーのお店
    150種のマドレーヌ?アルザスでヴィクトリア調のアフタヌーンティーを楽しめるお店
    ストラスブール恒例見本市 FOIRE EUROPEEN
    本屋のイベント『理想の図書館』Bibliotheques idealesのトークイベントでアメリさんに会ってきた
    チーズのアイス?ストラスブール大聖堂前のおススメアイスクリーム屋さん2軒
    オ・ブラッスール。アルザス名物タルトフランべを生ビールと一緒にいかが?

    フランス ツアー最安値


    2018/10/22更新

    フランス 航空券情報


    フランス旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■フランスの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    ヨーロッパ特派員ブログ一覧

    アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イギリス/ロンドン4イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2ウクライナ/オデッサエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/コートダジュールフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンフランス/リヨン2ブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ

    ヨーロッパにもどる

    • 特派員プロフィール
    • ストラスブール特派員

      ストラスブール特派員
      Coquelicot
      行ったり来たりしながらフランス、アルザス地方に10代、20代、30代と過ごし早10年以上、(それ以上は数えないようにしています。) 美味しいものが大好きでアルザス地方のカフェ巡りとワイナリー巡りが趣味です。クリスマスマーケットや映画『ハウルの動く城』の舞台になったことでも知られてはいますが、パリや南仏に比べたらまだまだ知られていないアルザス地方は実は日本との関係も強く、そんなアルザスの良さをお届けできればと思っています。普段は国際展示会のアテンド、コーデイネート、PR、通訳などもしています。
      アルザスの動画も配信中
      インスタ
      ブログ DISQUS ID @disqus_8XBrt1CReG

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集