海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アジア  > 蘇州特派員ブログ > 建物好き必見の美術館!蘇州博物館

中国/蘇州特派員ブログ もりもりん

中国・蘇州特派員が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2019年9月11日

建物好き必見の美術館!蘇州博物館


建物好き必見の美術館!蘇州博物館

ニーハオ!蘇州特派員もりもりんです。


蘇州の観光スポット、蘇州博物館をご紹介します。こちら、収蔵されている美術品が素晴らしいのはもちろんですが、建物(新館)が美しいのです! 設計者は、ルーブル美術館のガラスピラミッドや滋賀県のMIHO MUSEUMの設計者、イオ・ミン・ペイ氏。


なお、入場料は無料!また入場券は予約制となっています。予約方法はこちらの記事『蘇州博物館の入場券の事前予約方法(①中国の携帯電話がある場合) 』、『蘇州博物館の入場券の事前予約方法(②中国の携帯電話がない場合) 』をご覧ください。

IMG_0968-500.jpg


地下鉄最寄り駅からの行き方


最寄り駅は、地下鉄4号線「北寺塔」駅です。駅の中に、注意書きの案内が。「蘇州博物館、拙政園、獅子林は時間別予約制が実施されています。未予約の方は前に進まないでください。WeChatにログインし"苏州旅游总入口"から予約・購入をお願いします。」と書かれています。 IMG_0961-500.jpg

その下の案内文の通り、4番出口から地上に出ます。

IMG_0962-500.jpg

出口を出てからは、「西北街」という道路沿いにひたすら東に向かって歩きます。だいたい800メートルほど、およそ10分の距離です。この「西北街」は朝夕は非常に混雑する道路。車が全く動かない横を、歩行者がどんどん追い抜いていく感じでした。地下鉄+徒歩が便利。


蘇州博物館の入場方法


蘇州博物館前に到着!蘇州博物館の目の前の道路は歩行者天国になっています。


IMG_0963-500.jpg


事前予約していますが、テーマパークさながら、入場にもすごい行列です。今回、9:00~10:00の時間帯で予約したので9:30に行ってみました。この日は平日でしたが、この行列...! 人気ぶりが伺えます。

IMG_0964-500.jpg

テントの入口付近で、警備員さんに予約画面を見せるように言われました。ちゃんと予約していることがわかると、そのまま並んでよいとのこと。20分ほど並んでようやく入口までたどり着きました。

入口では、中国人の方は、身分証をピッとかざすだけで入場OK。外国人である私の場合は、警備員さんにパスポートを見せると、警備員さんが持っていた端末にパスポート番号を入力して、予約されていることを確認し、晴れて無事入場!(^o^) 予約画面は、この時点ではもう必要ありませんでした。


新旧建築物と蘇州の歴史・文化を融合した蘇州博物館


蘇州博物館は、1960年に太平天国忠王府(太平天国の乱の際に太平天国軍が蘇州の拠点とした場所)跡地に成立しました。2006年に先述のイオ・ミン・ペイ氏による新館が公開。太平天国忠王府と新館部分を合わせた総建築面積は2万6500平方メートルを誇り、蘇州の歴史ある建築と、現代建築、蘇州の文化が融合した博物館となっています。

IMG_0971-500.jpg

天井の高い、広々とした入口。中庭が臨めます。


中庭を臨む窓枠は、蘇州の園林にある「空窓」のような形をしています。

IMG_0974-500.jpg


中庭の池を囲むように、建物と回廊が配置されています。これもまさに蘇州園林の庭園のスタイルなのです。

IMG_0998-500.jpg


蘇州博物館のすぐ近くにある園林や、昔からの白壁の民家を彷彿させるデザインです。

IMG_1004-500.jpg


蘇州博物館の展示品は蘇州で出土、保管されていたものが中心です


展示されているのは、蘇州周辺で保管されていた陶器、玉器、蘇州刺繍、扇子、仏像、木工品など...。多岐にわたります。

IMG_1147連結.jpg


1・2階にある展示品、建物、ミュージアムショップ(博物館内のお土産屋)をゆっくり見て回ると、1~2時間必要かと思います。ミュージアムショップには、蘇州にまつわる柄の文具から、博物館収蔵陶器のレプリカ、蘇州刺繍など豊富に販売されています。


楽しい旅を~^^


■■情報■■
苏州博物馆
住所:苏州市东北街204号
公式ホームページ:http://www.szmuseum.com/


開館時間:火曜~日曜9:00-17:00(16:00入館停止)
月曜休館(国家法定祝日除外)
入場無料(要予約)

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 文化・芸術・美術 見所・観光・定番スポット
2019年9月11日
« 前の記事「消えつつある蘇州のローカルグルメ「米飯餅」」へ
»次の記事「蘇州の地元グルメが味わえる「老啊爸 江浙土菜馆」」 へ
おすすめ記事
蘇州特派員 新着記事
蘇州の地元グルメが味わえる「老啊爸 江浙土菜馆」
建物好き必見の美術館!蘇州博物館
消えつつある蘇州のローカルグルメ「米飯餅」
蘇州博物館の入場券の事前予約方法(②中国の携帯電話がない場合)
蘇州博物館の入場券の事前予約方法(①中国の携帯電話がある場合)
ローカル市場で売買されていた怪しい缶
台風9号の影響で蘇州の観光地が本日閉園になっています
中国レストランウィーク2019秋がやって来る!

中国 ツアー最安値


2019/9/21更新

中国 航空券情報


中国旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■中国の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

アジア特派員ブログ一覧

インドネシア/ジャカルタインドネシア/ジャカルタ2インドネシア/バリ島インドネシア/バリ島2インドネシア/バンドゥンインド/デリーインド/トリヴァンドラムインド/ベンガルールインド/ムンバイウズベキスタン/タシケントカザフスタン/アスタナカンボジア/カンポットカンボジア/シェムリアップカンボジア/プノンペンシンガポール/シンガポールシンガポール/シンガポール2スリランカ/コロンボタイ/チェンマイタイ/バンコクタイ/バンコク2タイ/バンコク3タイ/バンコク4ネパール/カトマンドゥバングラデシュ/チッタゴンパキスタン/カラチフィリピン/セブフィリピン/セブ2フィリピン/パナイ島フィリピン/パナイ島2フィリピン/マニラベトナム/タインホアベトナム/ニンビンベトナム/ハノイベトナム/ハノイ2ベトナム/ホーチミンマレーシア/クアラルンプールマレーシア/クアラルンプール2マレーシア/ペナンミャンマー/バガンミャンマー/ヤンゴンモンゴル/ウランバートルラオス/パークセーラオス/ビエンチャン中国/フフホト中国/マカオ中国/上海中国/上海2中国/上海3中国/北京中国/南京中国/広州中国/深セン中国/蘇州中国/香港中国/香港2台湾/北投台湾/台北台湾/台北2台湾/高雄東ティモール/ディリ韓国/ソウル韓国/ソウル2韓国/ソウル3韓国/済州韓国/釜山

アジアにもどる

  • 特派員プロフィール
  • 蘇州特派員

    蘇州特派員
    もりもりん
    2012年から中国・蘇州で暮らしています。中国の面白い生活と、美味しいものに目がありません! 東洋のベニスと呼ばれる水の都・蘇州の魅力をお伝えしていきたいと思います。ブログで蘇州での日々の生活をつづっています。 DISQUS ID @disqus_85Lwu6hnL7

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集